営業成績は運次第?成績が悪い人が売上を上げるには方法がある!秘策も教えます


こんにちは!


中小企業診断士で根本的には頭が悪いアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • アパレル営業成績が悪いから困っている
  • 営業成績を上げるように頑張っているけど上がらない!
  • 売上を上げる方法や裏技を教えてくれ、こっさん!



以上のような悩みを抱えているあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います。


あなたは今、アパレルメーカーで営業を頑張っているけれど、なかなか思うように営業成績が上がらず悩んでおり、売上を上げる方法を知りたいと思っているのではないでしょうか?

俺も営業成績が悪くて困ってんだよ。
なんか一発逆転方法はない?

こっちゃんは何も考えていないし、楽しようとばっかしてるでしゅよね。

バカでブサイクな上に営業成績が悪いって、生きている価値ゼロだよね。

ひ~ん。
まだ死にたくないですぅ~。



営業している限り、ノルマや予算はありますから達成できない時はしんどいですよね。。


分かります!

私もアパレル営業経験が18年以上あり今も営業をしていますが、営業成績が悪い時もありましたから。


ただ、営業成績が悪いままだと精神的に良くないですし、最悪リストラされる可能性もありますので、早急にでも対処する必要があります。

ということで今回は、

  • アパレル営業の営業成績は運しだい?
  • 営業成績が悪い人が運に頼らず売上を上げる方法
  • 売上を上げるための秘策を教えます!



以上の内容となっていますので、あなたの売上を上げるヒントにしていただきたいと思います。

アパレル営業の営業成績は運しだい?



アパレルメーカー営業の特徴として、お客さんからの要望で商品を作る営業(OEM、ODM)以外は、ある程度の売上までは簡単に上がります。

なぜなら、アパレル営業マンはサンプルや商品ありきの営業で、展示会や訪問等でお客さんに見せて注文を取るだけであれば、誰でもできるからです。


中規模から大規模のお客さんになると難しいですが、1店舗の小規模専門店営業であれば品質にも納期にもうるさくない店が多いので、知識のない新人でも簡単に注文は取れます。


そしてアパレルメーカー営業ではラッキーパンチがあるんですね。

専門店営業と同じように、ただサンプルや商品を見せるだけで大量の発注が来る大きいお店がたまにあるんですよ。

そうそう、そんな楽で大量発注をしてくれるお客さんが欲しいんだよ!



普通、多くの注文をする取引先は値段が安かったり、条件が悪かったり、バイヤーのクセが強かったり何かしらあるのですが、ややこしくない誰にでもできるような大手が稀にあります。

それも相手から突然来たりした場合、取引条件が緩くなりがちです。

なんせ、緊急で商品や取引先が欲しいから来るのですから、厳しい条件を提示してしまうとアパレルメーカーの方が取引をしてくれない可能性があるからですね。


そういう優良株なお客さんを担当できたらラッキーですね!

俺もロマンスの神様が欲しいよ~。

広瀬香美かよ!

あんたら、クソつまんねーよ。



ここまでお話した通り、アパレルメーカー営業の成績は運もあるってことです。


例えば、そこまで営業マンに能力がなくても取引ができるような大手顧客がある日いきなり来て、その場に誰も居なくたまたま商談したから担当になった場合が。

いきなり売上がハネ上がりますよね。


そして、運と関連した話で、関東担当か九州担当になるかでも売上は大きく変わってきます。

アパレルの場合は関東、特に東京の規模は九州とは比較にならないぐらい大きいですから。


また、アパレルだけでなく他業種でもそうですが、他社にない特殊な技術を用いた商品であれば、多少営業マンの能力が低くてもお客さんは欲しがります。


つまり、たまたまだったり、担当地域であったり、商品次第であなたの売上は大きく変わるってことです。


上記のように、大して能力がないくせに、運だけ、たまたま今営業成績が良いだけ、で偉そうにしているバカなアパレル営業マンがたまにいますが、見ていてほんと滑稽ですよ。

そうだそうだ、俺以外の営業マンは皆バカなんだよな!

その考え、腐ってるでしゅね。



昔に運よくたまたま売上が良かったおっさん上司にもこういう人いますよね。。

そんなバカな営業マンにはなってはいけませんよ!

でも運じゃあ、俺はどうしようもないじゃないのよ。



ですよね。

運ばかりに頼っていても営業成績は悪いままの可能性があるので、次に運に頼らない売上UP方法をお伝えします!

営業成績が悪い人が運に頼らず売上を上げる方法



先ほど、営業マンの売上成績は運しだいでもあることをお伝えしましたが、決して運しだいだから諦めろと言っているわけではありません。

そういう運だけで売上が上がることがあるので、ラッキーなことが上がっても天狗にならないこと、運だけで成績が良いだけの偉そうな営業マンが実際にいるということを伝えたかっただけです。

そうそう、俺以外の成績が良いヤツは皆、運がいいだけなんだよな!

そればっか。。



でも、あなたは運に頼る営業をしてはいけません!

運に頼らないことが大事なのですが、逆に “運を呼び寄せる” 営業方法は必要なんですね。

運に頼らない?
運を呼び寄せる?
どっちなんだよ!



ですよね。。

なので、それを今から説明していきます!


その運を呼び寄せて売上を上げる営業方法は下の3つです。

  • 飛び込み営業で運を呼び寄せる!
  • 人脈を構築して人に頼る!
  • 取引先を譲ってもらう
  • 企画をできる営業マンになる



以上となりますので、順番に説明しますね!


飛び込み営業で運を呼び寄せる!



まず1つ目は飛び込み営業です。

飛び込み営業はしんどいからパス。

即断即決でしゅね。。



。。。


飛び込み営業の目的は当然、新規取引先を増やすことですが、そんなに簡単には無理なのはあなたもご存知だと思います。

しかも飛び込み営業は効率が悪いので、誰しもが避けがちな営業方法ですね。


なので、私はいつかは飛び込み営業から卒業することを推進しておりますが、飛び込み営業自体が悪いことばかりではありません。


飛び込み営業は即効性があり、すぐに新規取引先が増える可能性がありますし、無謀だと思いながらも大手に飛び込み営業(テレアポ営業)することで、その後に運を呼び寄せることもあるからです。


実際に私は、無理だと言われていた大手に飛び込み営業したおかげで、後ほど同じ会社の他ブランドバイヤーから電話をいただいて取引が始まり、大量発注をもらえる取引先になったんです。

また、私は飛び込み営業しまくったおかげで、一度断られたお客さんと後ほど合同展示会で再開し、商売が始まったことは一度や二度ではありません。


私は飛び込み営業は種まきだと思っています。

幸運という種まきですね。


いつまでも飛び込んでばかりいるわけにはいきませんが、売上も人脈もない場合、ひたすら飛び込んで会社名と顔を覚えてもらうことで、私みたいに後ほど幸運がやってくるかもしれませんよ!


飛び込みやテレアポについては下記記事を参考に行ってくださいね。


【参考記事1】アパレル飛び込み営業のコツ 基本トークからテレアポ方法、資料、やり方まで全て教えます

【参考記事2】テレアポ営業マニュアルと極意 スクリプトから受付突破方法、時間帯まで全部教えます

人脈を構築して人に頼る!



運に頼らず、運を呼び寄せる営業方法の2つ目が「人に頼る営業」です。


なので、人に頼るためにはまず人脈を構築することが必要となります。

俺にはそんな人脈なんてねぇし、時間もかかるだろ?



確かに人脈は簡単にはできません。

ただ、商売上で取引がある人であれば、そこまで難しくはないですよね?


そこで頼るべき相手は、

  • 問屋
  • 取引業者
  • 他アパレルメーカー営業マン 等



以上が該当者になります。

私の知り合いのメーカーがそうなのですが、もし問屋との取引が禁止でないのであれば是非とも手を組みたい相手ですね。


特に遠方の問屋と組めば、あなたが出張で専門店を1軒1軒回る必要はなくなりますし、問屋と取引がある専門店の発注をまとめてくれるので、自分で営業回りするよりも売上も効率もよくなります。

なので、下記記事も参考にしていただき、是非とも問屋との商売を考えてみてください。


【参考記事】問屋営業とは?定義と意味、メリット例までわかりやすく説明します



また、今取引している業者に協力してもらい、お客さんを紹介してもらうことも考えられますね。

例えば、ネームや下げ札等の付属屋さんであれば情報をもっているかもしれませんし、取引している金融機関も協力してくれる場合があります。


一度、あなたの身の周りにいる業者さんとお話をしてみてください。



そして、他社アパレルメーカー営業マンと手を組むことも有効になります。

営業マンであれば、あなたと同じく新規開拓はしているでしょうし、仲良くなればお客さんを紹介してくれることも出てくるはずですから。


仲良くなる方法はメーカー同士の飲み会等、色々とありますよ!

他の会社の営業マンなんて知らないし、こっちから近付くのってなんか恥ずかしいです。

乙女でしゅね。

そのブサイク顔でシャイって、キモいの極みね。



まあ、飲み会等は私も苦手なのでほとんど行きませんが、もしあなたも皆が集まる会合が嫌なのであれば、合同展示会に参加することを考えてみてください。

しかも、特別に大きい合同展示会ではなく、3社から5社ぐらいでやっている展示会に参加させてもらえれば、メーカー同士の距離が近いので確実にメーカーの営業マンと仲良くなれます。


そして、お互いのお客さんを紹介し合えば、双方にお客さんが増えることになるんですね。

さらに合同展示会で仲良くなった他会社のアパレル営業マンに別の営業マンを紹介してもらえれば、さらに人脈が増えていくことになります。


もし、今は展示会形式の商売方法を取っていないのであれば、上司や社長にメリットを伝えて説得し、是非とも参加してみてください!


ただ、注意点は他メーカーの営業マンはボランティアではありませんし、頼りっぱなしでは関係は継続できません。

なので、しつこく紹介ばかりねだる営業マンにはならないようにしてくださいね!

え、ダメなの?

give精神がゼロでしゅね。。



こっちゃんみたいな自分のことしか考えていない営業マンは嫌われてしまいますので、注意が必要です。

ちっ。



他メーカーの営業マンと手を組むことについては、下記記事も参考にしてください。

取引先を譲ってもらう



次に売上を上げる方法としては、先輩や上司から取引先を譲ってもらうことです。

ただ、小さい専門店であれば先輩や上司は営業するのが面倒くさいので、譲ってもらうというより押し付けられるのですが、それなりに大きいお客さんは譲ってもらうことは難しいと思います。


なぜなら先輩や上司も売上予算がありますし、売上が取れるお客さんを渡せば自分の予算達成が難しくなるからです。

また、仮に取引先を後輩に渡して上司の売上予算が減少したとしても、上司は営業をしている限り、部下に売上を抜かされると自分の立場が弱くなるので、有力な取引先は渡さないと思いますね。

そうそう、俺の上司も、楽で売上が上がるお客さんはくれないんだよ。
さっさと譲って引退すればいいのに!

無能なあなたが辞めたほうが、会社にとっても良いと思うけどね。

無能ですみませ~ん。



まあ、上司も今までずっと営業してきた良い条件のお客さんを譲りたくない気持ちは分かりますし、譲ってもらえないのであれば、別の方法を取るしかありません。


それは、社長を使うことです。


社長に働きかけ、上司から譲ってもらうように説得する、もしくは社長が営業をしているのであれば、社長からお客さんを譲ってもらうことです。

でも社長だって、お客さんを取られるのは嫌なんじゃね?



違います!

社長の目的は会社の売上の向上です。


売上が上がれば誰が取引してくれてもいいですし、逆に他にする仕事もあり誰かに営業をしてもらいたい、と考えている社長が多いんですね。

現に私の会社も周りのメーカーの社長もそう言ってます。


なので、うまい方法を使って上司からお客を奪い取るように社長に働きかけることもありですし、社長から奪い取ることも考えてみてください。


社長が営業をしている場合、面倒くさくて営業の誰もやりたがらないお客さんや、かなり難しいお客さん、社長の昔からの知り合いが仕入れをしている場合なんです。

そういったお客さんは手がかかりますし、社長としても誰かにやって欲しいと考えているので、奪い取ることは可能ですね。


実際に私が行ったことは、上司からお客さんを奪い取ることは難しいと考えたので、お客さんではなく “担当地域” を奪うことでした。

私が今のアパレル会社に入社した時、入社前に聞かされていた担当地域からかなり削られており、はっきり言って期待されている売上を上げるにはかなり厳しい状態だったんですね。


後ほど分かったのは、私が入社する前に私の今の上司が担当地域を決めたのですが、上司は自分の担当範囲はかなり広げ、しかも大きい取引先は全て引き継がないということにしたんです。

結果、上司の思うがままで私は動きずらい担当地域に放り込まれました。

してやられましたな。。



「話が違うじゃないか!」


と私は心の中でずっと思ってましたが、思っていただけでは何も変わりません。

なので、私は社長に働きかけ、上司に内緒でこっそり担当地域を広げてもらったんです。


私の上司としては社長に言われたからには逆らうことはできませんからね。


また、私は社長が持っていた大きい取引先も狙っていたのですが、社長も誰かにやってもらいたがっていたので、時期を見てこっそり引き継いでもらいました。


このように私は社長に直接働きかけることで、今では社内で売上が一番になったんです。

姑息な手を使って、大変だったんだな。

人間としてクズの考えを持つあんたがよう言うわ。。

でしゅね。



倍返しですね!

違うか。(笑)


まあまずは売上を上げないと発言力もありませんし、私も良い歳なのでクビになるわけにもいかないんで。

ただ、会社に迷惑をかけてるわけでもなく、上司にも迷惑はかけず会社全体の売上が上がっているので良いことだらけですよね!


上司は面白くないかもしれませんが。(笑)


このように社長に直接働きかけることで売上を上げる例をお話しましたが、この方法は次にお話することも関連してくるんです。


企画をできる営業マンになる



あなたが今、目指すべき姿がこの「企画もできる営業マン」になることです。

企画もできる営業マンとは言葉の通り、企画もできることなんですが、企画と言っても別にデザイナーになれと言っているわけではありません。


一からデザインを起こすわけではなく、自社の商品を基盤にしてお客さんの要望の商品を作るというものですね。

なので、コスト計算や基礎的なデザインや仕様書を作成できる知識、生産背景の把握が必要となります。


企画ができることによって、大きな取引先に対応できるようになりますし、お客さんの要望に沿った商品も作ることができるんです。


企画ができることで大きい取引先とのコラボ商品(別注とも言います)ができれば売上も大幅にUPしますし、先ほどお話しました社長の取引先も引き継ぐことが可能になります。

社長の取引先はややこしいというか難しい取引先が多いと言いましたが、別で生産する取引先も多いので生産知識がないと引き継げない場合があるんですね。


なので、企画ができるようになれば、取引先の選択肢が多くなるということです。

ただ、そんな簡単に企画ができるわけではないので、徐々に知識を学び経験を積むことが大事になります。


売上を上げるための秘策を教えます!



ここまで売上を上げる方法として、

  • 飛び込み営業で運を呼び寄せる!
  • 人脈を構築して人に頼る!
  • 取引先を譲ってもらう
  • 企画をできる営業マンになる



以上の4つのお話をさせていただきました。


ただ、飛び込み営業や人脈構築が苦手であったり、取引先を譲ってもらえそうでもないし、今の会社の状況を見るとこの先企画営業どころではない。

また、会社や社長自身が腐っている場合、もうどのように売上を上げるとかの問題ではありません。


そこで最後に秘策をお伝えしますと、

自分に合った会社で働く



しかありません。

まあ秘策というものではないかもしれませんが、当然のことになります。


いくら知識を学び経験を積んだところで、その経験を活かせられない会社なのであれば意味がありませんし、あなたが苦手としていることを嫌々やっているようでは成長も遅いと思います。

成長どころか、精神的におかしくなって体を壊してしまうかもしれません。


なので、自分に合わない会社に居るより、自分の強みを活かせる会社へ転職することが、運に頼らず営業成績を上げる最善の方法になります。

今は嫌々やっているけれど、今後やりたいことをするためには今の仕事は必要と感じている場合は別ですが、自分の強みを活かせられていないと感じているのであれば、転職を考えてみるのは有りだと思いますね。


自分の強みや環境の大切さは下記記事を参考にしてください。


【参考記事】営業の仕事ができる男になるには?できるようになりたい人がすべき3つの考え方

最後に




今回は「営業成績は運次第?成績が悪い人が売上を上げるには方法がある!秘策も教えます」として、

  • アパレル営業の営業成績は運しだい?
  • 営業成績が悪い人が運に頼らず売上を上げる方法
  • 売上を上げるための秘策を教えます!



以上のお話をさせていただきました。


アパレル営業に関しては、運である程度売上が上がってしまう人がいるのは事実です。

でも、そんな運に頼った営業をしていると成長しませんし、今は良くても先が不安になります。


今回の記事を参考にしていただき、あなたには是非とも、運に頼らない営業をして欲しいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA