アパレル営業に必要なコミュニケーションを図る力・スキルとは?能力を高めるには喋りを鍛えるより大切なことがある!



こんにちは!


中小企業診断士でコミュ力が弱いアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • アパレル営業してるけどコミュニケーション力がなくて困っている
  • 営業に必要なコミュニケーションを図る力って何よ?
  • コミュ力を高めて営業力を高めたい!



以上のことで悩んでいて困っているあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います。


俺もコミュ力を高めてモテたいぜ!

あなたはコミュ力よりブサイクを何とかしなさいよ。

あーさひー美容外科~。

整形でしゅね。



あなたは周りの営業マンと比較して、もしくは「もっと喋れよ!」みたいな感じで言われており、コミュニケーション力・スキルが低いと悩んでいるのではないでしょうか?


でも、、


心配いりません!

そんな周りの営業マンや先輩、上司の言うことはどうでもいいんですよ!

バカは言い過ぎだろ。。

冒頭からいきなりの暴言でしゅね。



だって、その人たちはコミュニケーション力って、

ただ単に口数が多いかどうか



だけで判断しているからです。

なので、全く気にしなくていいんですよ。


それよりも大事なことがあります!

ということで今回は、

  • そもそもコミュニケーション力・スキルとは何?
  • アパレル営業に必要なコミュニケーションを図る力・スキルとは?
  • 能力を高めるには喋りを鍛えるより大切なことがある



以上の内容をお伝えしますので、是非このまま読み進めてくださいね。

そもそもコミュニケーション力・スキルとは何?



まず最初にコミュニケーション力が何かを知る必要があります。

  • 論理的思考ができる
  • 分かりやすく伝えることができる
  • 聞き上手であること
  • 的確な質問、回答ができる
  • 人のやる気(モチベーション)を高めることができる
  • 相手の気持ちを察することができる
  • 相手に共感することができる
  • 話をまとめることができる
  • 人に好感を与える、人を動かすことができる 等



上記のように色々な解釈がありますが、簡単に言えば「コミュニケーション力・スキル」とは、対人関係においてお互いの考えや意見をスムーズに伝え、

人との信頼関係を築く力・スキル



のことであり、コミュニケーションは人間関係を構築するための手段なんですね。

なので、相手の話をしっかり聞いて、相手の心理を汲み取りつつ、自分が言いたいことを伝えることが大事なんです。


以上のことを踏まえていただき、次項からの話を聞いていただきたいと思います。


アパレル営業に必要なコミュニケーションを図る力・スキルとは?



アパレル業界の営業マンって、お調子者と言いますか業界柄、ノリが軽い営業マンが多いんですよね。

なので、おしゃべり好きが多いんです!


まあアパレル業界歴が20年以上の私が言うので間違いありません!

しかも、変に自分に自信を持っていると言うか、

自分はコミュニケーション能力が高い!



と勘違いしている営業マンが非常に多いんですよね。

俺もアパレル業界だけど、確かに営業マンはお喋りが多いな。。



でしょ?

聞きたくもないのに、自分の話ばっかりして、、

俺は大丈夫。
お客さんは面白いって言ってくれるし。

嘘だよバ~カ。
銀河系ブサイクの話なんか誰も興味ないっつーの。

あーさひ~。。



問題は、

アパレル業界でコミュニケーション力が高い = お喋りがうまい・好き


となっていることです。

全員が同じ考えではないでしょうが、私はよくバイヤーからそんな話を聞きますし、お喋り好きな人が営業向きみたいな話をする人もいるんですよ、困ったことに。。


なので、あなたみたいに真面目で頑張っている営業マンがあまり話をしないと、「営業向きでない」とか「コミュニケーション力がない」と勝手にバカ上司が判断してしまうんですよね。

確かに俺より下の子は真面目で無口だから、上司からもっと喋れ!っていつも言われて可哀想なんだよな。



勘違いにも困ったもんですね。。


先ほど言いましたが、コミュニケーション力・スキルとは

人との信頼関係を築く力・スキル

でした。

つまり、お喋りかどうかは全く関係ないんです。


まあ、まったく喋らないのは論外ですが。。


なので、営業に必要なコミュニケーション力・スキルとは、

お客さんが何を求めているのかを聞く力と伝える力



なんですね。

これはアパレルに限った話ではありませんし、全業種で共通した営業に必要な能力と言えます。


そして、アパレルで言うと、

お客さんが欲しい情報や商品は何か、何を届ければ良いのか



以上のことを聞き出して求めているものを提供することで、お客さんとの信頼関係を構築することが必要なんです。


では、そのコミュニケーション力・スキルを高めるにはどうすればいいのか?

次にお話したいと思います。

能力を高めるには喋りを鍛えるより大切なことがある



コミュニケーション力・スキルとは「人との信頼関係を築く力・スキル」なので、別にお喋りになる必要も口数を多くする必要もありません。


要は、相手から話を聞き出せればいいんです。

なので、バカ上司から「もっと喋れ!」は無視していいんですよ。

俺はもっと喋りたい。
俺のことをもっと知って欲しいな~。

コンパかよ!

ぞ~。。
一瞬、寒気で死にそうになったわ。




お客さんが求めていることは何か、あなたや自社なら何を提供できるのか、結果、お客さんとの信頼関係は構築できるのか。


そのためにはまず、あなたの性格を知る必要があります。


あなたは喋り好きなのか、それとも話すことが苦手なのか。

話すことが苦手なら、なぜ苦手なのかを把握する必要があるんですね。


もし、会社や商品のことをよく知らないからなのであれば、勉強して知識を得ればいいだけですし、緊張してしまうのであれば、会話をある程度マニュアル化して不自然にならないように何度も声を出して練習すればいいんです。


また、私みたいに何を言っているのか、何を言われているのか分からない場合は、あまり話過ぎず、メモをしっかり取ること。

そして分からないことは必ず聞き返す、後で見直して間違えていないかを確認する。


このように自分の特徴を知っておかないと、どのようにコミュニケーションを取るべきかが分からないまま、改善もされないようになってしまいます。



そして、お客さんが求めていることが分かれば、会社の何を使って提供できるのかを考えなければなりませんが、会社のことや商品のことを知っていなければ、何をできるのかが分からないですよね。

また、自社商品の魅力が何かを理解していないと、自信を持って伝えることができませんし、お客さんもメリットを感じられません。


なぜ自信を持って伝える必要があるかと言いますと、お客さんにも自信を持って販売してもらわねばならないからです。


アパレルメーカーの営業マンならお客さんである小売・専門店に販売しますが、小売・専門店は消費者であるお店のお客さんに買ってもらわねばなりません。

お店の人が販売するときに、この商品の良いところは何かを知ってなければ、適当にすすめるだけで結果的に売れないですし、売る側があなたの商品が好きだからとか、自信を持って販売できる理由があって初めて消費者であるお客さんに伝わるんです。


あなたが商品の魅力をしっかり伝え、あなたのお客さんは自信を持って売るから、あなたの商品が売れる。

結果、信頼関係が構築できるんです。

でも、売れなくても信頼関係ぐらいは築けるんじゃね?



あなたとお客さんである小売・専門店は友達でもなければ、ボランティアで商売をしているわけではありません。


もちろん、毎日毎日あなたの会社の商品が売れる状態になるのは難しいですが、まったく売れない、在庫になって困っているのに、

「いやー、あなたは良い人だから全然売れなくても大丈夫だよ!」


みたいな人がいると思います?

すまん、ないわ。



ですよね。。

少なくても、ある程度はあなたの商品が売れるようになって初めて信頼関係は構築できるんですね。


なので、あなたに合った営業・コミュニケーションスタイルを理解し、あなたの商品の魅力の伝え方を知ることが、つまらない喋り方を学ぶことよりもよっぽど大切なことなんです。


そして、もう一つ大事なことは、今の会社でどうすれば自分の特徴を活かせられるかを考えること。

例えば、あなたは口数が少ないタイプなのに、体育会系のゴリゴリなアパレル会社やテレアポ主体の会社に居てもストレスが溜まるだけですよね。


また、商品の魅力を伝えたいのに、所属している会社の商品はお客さん軽視でぼったくりの商品を作っているとか、他社の真似しかしていない商品では魅力はなく、値段でしか話ができません。


なので、あなたのコミュニケーション力・スキルを活かせられると共に自信を持って伝えられる商品を作っている会社で働くべきなんです。

何も特別凄い商品でなくても良いと思います。


まずは勝手に魅力がないと決めつけずに、自社の商品の魅力を見つけて欲しいですね。

少しでも他社よりも魅力的な商品を作っているのであれば、それを熱意を持って伝えればいいだけです。


ここまで説明したことは下記記事にも詳細が記載されてますので、併せてお読みいただけると理解が深まると思います。


【参考記事】営業の仕事ができる男になるには?できるようになりたい人がすべき3つの考え方



ただ、もし今の会社がそうでないのであれば、今の内に転職することも視野に入れた方が良いと思います。

自分の能力を活かせられない、商品に魅力もない会社で働いていればコミュニケーション問題どころか、あなたの人生自体がつまらないものとなってしまいますからね。

最後に




今回は「アパレル営業に必要なコミュニケーションを図る力・スキルとは?能力を高めるには喋りを鍛えるより大切なことがある!」として、

  • そもそもコミュニケーション力・スキルとは何?
  • アパレル営業に必要なコミュニケーションを図る力・スキルとは?
  • 能力を高めるには喋りを鍛えるより大切なことがある



以上のお話をさせていただきました。


決してコミュニケーション力・スキルはお喋りができる能力ではありません。

お客さんとの信頼構築力のことであり、そのためには自分を知り、自分の能力が活かせられる環境で、商品の魅力を伝えることが大事なんです。


なので、上司から言われたからと言って、自分に合わないコミュニケーションを取る必要はありません。

ただ、自分に合わないことをする必要はありませんが、コミュ力自体を向上させる努力は必要なので、この後に是非、下記記事も読んでみてください。


今回の記事が参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA