サングローブ株式会社でテレアポはやめとけ!評判・口コミが最悪の理由 



こんにちは!


テレアポが大嫌いだった営業マンかつ中小企業診断士、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • サングローブ株式会社は稼げると聞くから気になっている
  • サングローブ株式会社のテレアポの評判が悪いって本当?
  • テレアポ営業の経験がないけど大丈夫かな?



以上のようにサングローブ株式会社のテレアポ仕事が気になっているあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います!

テレアポって完全実力主義の会社がほとんどですし、成果を出せば給料がめちゃ貰えるイメージですよね!?

そうそう。
テレアポって稼げるらしいから、俺も転職しようかな!

それいいかも。。
なんせ電話だから、あんたの超絶ブサイクな顔をさらす必要がないし、お客さんは気分害してゲロぶちまけることもなくなるし、マジWINWINだよね。

そ、そう?
褒められて嬉しいけど、なぜだか涙が出ちゃう。。

悲しい話でしゅね。。



私は過去、ITへの興味とお金欲しさにコピー機販売会社に転職したことがありますが、テレアポをしていて全然契約が取れず、3ヶ月もたなくて逃げた経験があります。。

そのコピー機会社ではアポが取れないと犯罪者みたいな扱いをされましたし、ほんとつらかったです。


なので、テレアポの辛さは分かってますし私の経験で、

サングローブみたいなテレアポ会社はやめとけ!!

と思うわけなんですよ。

ということで今回は、

  • サングローブ株式会社の事業内容は?
  • ザングローブ株式会社のテレアポの評判・口コミが最悪の理由
  • サングローブみたいなテレアポ会社はやめとけ!
  • つらいテレアポは時間の無駄!
  • テレアポ会社で悲惨な目に遭った実話



以上の内容をお伝えしたいと思います!


サングローブ株式会社の事業内容は?



サングローブ株式会社は東京新宿、大阪梅田を拠点にしているマーケティングに特化したWebサイト制作を行うWeb制作会社です。


そして事業内容は、Webサイト制作、SEM、福利厚生会社との提携、動画製作、Web広告制作、ECサイト構築、デザイン制作、採用コンサルティングで、なんと8つもあるんですよ!

めちゃ多いな。。
で、何が得意なの?



サングローブ株式会社の事業のメインとなるのが、CMS制作です。


Webサイトの制作を代行する企業はたくさんありますが、サングローブ株式会社の強みは「ワンストップ(自社制作)CMS制作」という部分にあります。

店舗の売上や集客を高めることに特化したホームページを、独自にカスタマイズしたWordPressを活用して構築するんですね。


そして、依頼する会社の業種やターゲットユーザーに合わせて、ホームページを最適化してくれるので、デザイン性だけでなく、集客や売上につながるホームページを作成してもらえるのが魅力です!



また、Webサイト運営には欠かすことのできないSEOも同時に行うことができるのも強みです。

Web集客の最大化や、成約率を高めるための提案、SEO対策などホームページ作成だけにとどまらず、Webに関することをワンストップで提供してくれるのもサングローブ株式会社の魅力なんですね。


実際にサングローブにWeb制作を依頼した企業の評判も悪くないうえ、人材のレベルが高いとの評判です!


ふ~ん。
ここまでの話を聞いていると良い会社じゃね?

こっちゃんも転職してお金を稼ぐでしゅよ。




“ここまでは” です!

テレアポになると話が変わってくるんですよ。。


次にお話します!


ザングローブ株式会社のテレアポの評判・口コミが最悪の理由



では、初期段階のテレアポの評判についてお話しますね。

はっきり言って、テレアポの評判は良くないです!


口コミでも、

「ザングローブ株式会社の電話がしつこい!」

「結構ですと断っても、懲りずにまだ営業電話を掛けて来る!」


といった苦情がありますし、営業マンもしつこいとの評判です。。


実際にサングローブでテレアポしている人も、、

  • 求人に書かれている給料はかなりのインセンティブの場合になり、メンタルが強くないと精神的に病んでしまう。
  • 午前中のノルマを達成できていない方は、午後には帰らされる。
  • 急成長中の会社なので勢いはあるが、体育会系で完全実力主義で付いていけない。
  • 結果を出さないと休日出勤が命じられるうえ、コロナ渦でも出社を上司から強要される。
  • 人の入れ替えが激しく、気付いたら同期はほとんど辞めている。
  • 営業とお客さんが直接会うまでは、案件の管理も任されるので休日を挟む場合社用スマホで時間問わず、お客様と連絡を取らなければならない。
  • 業務時間外にすることがとても多く、総合的に1000円程の時給と合わないように思う方にはオススメできない。。

ありゃ?
さっきと違って怪しくなってきたぞ。。

そんなの気にしないで、転職してお金を稼ぐでしゅ!




また、営業マンも

  • プライベートを優先させたいという人にはお勧めできない。
  • 社内携帯が配布され、連絡は休日や夜中なども関係なくいつでも来る。
  • 休みには到底できない膨大な量の課題を言い渡されたりもする。
  • 成績が悪いと土曜日も出勤させられる。
  • 土日祝は休みというのが契約内容にもあり、残業も一切ないと言われていたが、実際は毎日残業があった。
  • 23時までオフィスに残っている事は当たり前で、土日祝も急遽商談が入れば出勤しないといけなく、休日出勤も当たり前。
  • 先輩や役職クラスの人も「残業=頑張っている」という社風に疑問を感じる。

あ、やっぱり今の会社が好き。
転職できずで残念だけど。。

そんなこと言ってないで転職してお金を稼ぐでしゅ!
で、僕にゲーム買うでしゅよ!

お前の目的はそれか。



そうなんです!

でも、Web制作の評判は悪くないのに、テレアポの評判・口コミは良くないのでしょうか!?

口が臭いからじゃね?

面白くないジョークをバカにされたでしゅ。

。。。



サングローブのテレアポの評判・口コミが悪い要因は、、

分業制だからです!



サングローブ株式会社は、

  • テレアポする人
  • 営業する人
  • Web制作する人 等



と分業制になっています。

営業と製作が分かれているのはよくある話ですが、テレアポと営業が分業なのは珍しいですね!


分業には下記メリットがあります。

  • 人材の適材適所が可能になり仕事に習熟しやすい
  • 従業員は得意な仕事に専念できスペシャリストを育成できる
  • 教育費の削減や業務が効率化される



分業制にすれば、テレアポが得意な人にはテレアポだけ、テレアポは苦手だけど営業は得意な人には営業のみをさせる。

そうすれば、力を発揮しやすいですしその道のスペシャリストになることもできます。


また、分野に特化した教育が可能になるので、全てを網羅した教育を行う必要がなくなり、する仕事が限られるので業務が効率化されます。

いいことばっかりじゃねーかよ。



モノゴトにはメリットとデメリットがあります!

分業制のデメリットは、仕事の全体像が見えない、後のことを考えなくなることです。


つまり、テレアポをしている人は営業に行く必要がないので、難しい案件であったりやばそうなお客さんであっても、アポをとってしまうことになります。


私みたいにテレアポから営業まで自分で行う場合、どうみても無理そうなお客さんは時間の無駄になるのでアポは取らないですし、後で問題になりそうなお客さんは結局自分の首を絞めることになるので避けます。


でも、テレアポだけをしている人にはそんなこと知ったことではないですよね!

アポ獲得数が給料に影響するのであれば、何が何でもアポを取るようになります。


これが、ザングローブ株式会社のテレアポの評判・口コミが最悪な理由なんですね!


分業制に完全実力主義の成果給。

私的には最悪のコンボだと思っているんですね。


分業制は大企業では当たり前ですが、成果給の割合は高くありません。

なぜなら、成果給にすると個人主義に走ってしまうからです。


生命保険の営業マンみたいに集客から営業、成約まで一人で行っての成果給であればいいのですが、分業のテレアポ成果給は極論を言えば後先を考える必要がないので、無茶な勧誘になったりトラブルになったりするんですね!


まあ、これはサングローブだけの話ではないのですが。。


ただ、サングローブ株式会社の評判・口コミが悪い理由は上記のように、分業制と成果給が要因だと私は思っています。


転職しようかな。転職活動は何から始めるのがいいか分からない人へ


サングローブみたいなテレアポ会社はやめとけ!



ここまで、サングローブのテレアポの評判話をしましたが、

テレアポ会社はやめとけ!!

と言いたいですね。

これはサングローブに限らずです!

ここまでの話聞くとさすがにな。。
まあ俺はもう転職する気はないけど。



テレアポ会社をおススメしない理由は下記です。

  • 成長できず時間の無駄
  • 成果給なので精神的にボロボロになる



テレアポ会社だとテレアポ技術が身に付くと思いがちですが、それは難しいかなと思います。

なぜなら、特に成果給の場合、教育はないがしろにされ周囲からのフォローもなく、自分の力で何とかするしかないからです。

なので成果給なんですね。


結果、稼げる人は稼ぎまくりですが、大半の人はうまくアポが取れない状況で挫折することになります。


また、テレアポ会社のノウハウを吸収できるうえ、優秀な人に囲まれているので成長できる、刺激を受けてやる気に満ちるから成長できると思いがちですが、それも難しいですね!


アポが取れる人はアポを取る方法を身に付けていますが、その人のやり方でありその人に合った方法論です。

なので、そのまま真似ることが難しいですし、きちんと教えてもらわねば方法論を学ぶことも難しいんですね。


でも成果給で周りがライバルな状態で、誰が自分の手の内をさらけだすでしょうか!?

あり得ないですよね。。



何より、やる気に満ちているのは最初だけで、アポが取れないと上からのプレッシャーがきつく精神的に追い込まれ、冷静な判断や知識の吸収が難しくなるのは、私のコピー機販売会社時代に経験済みです。


なので、テレアポ技術やノウハウを身に付ける前に精神的にやられてしまう可能性が高くなるんですよ!


しかも、”テレアポだけ” の経験を積んで、その後はどうするのでしょうか?

サングローブで一生働くとか、次はサングローブで営業をやる!みたいに計画的にステップアップを考えているのであればいいのですが、お金のためだけであれば止めておいた方がいいと思います。


分業の良いところは適材適所やスペシャリストになることでしたが、もし営業として今後やっていきたいのであれば、全てを経験すべきだと私は考えているんですね。

つまり、集客からアポ、商談、クロージングまで全てをマスターしておくことです!


理由は、お客さんに共感してもらえないからなんです。

営業は集客やアポの段階から始まっています!


営業は自分の強みを活かし、自分や会社、会社の商品を気に入って満足して購入してもらうことが重要なんです!


なので、分業ではお客さんに商品・サービスの良さや一貫性のある説明をすることが難しくなります。

それぞれが自分なりの説明を行うのでお客さんに誤解を与えてしまう可能性がありますし、お客さんに迷惑が掛かります。


なので、もしステップアップや通過点としてテレアポを1年ぐらいやりたいのなら良いのですが、お金のためとか成長のためみたいな感覚であれば、サングローブみたいなテレアポ会社は止めておいた方がいいですよ!


【関連記事】私が年収1000万稼げる職業に転職でJACリクルートメントを使った理由


つらいテレアポは時間の無駄!



だいたい電話だけでアポを取るっていう行為自体が難しいし無謀なんですよね!


テレアポのコツは、どれだけ多くの自宅に電話できるかであり、これしか方法はありません。

喋り方や心理を読むコツもありますが、はっきり言ってあまり役に立たないんですよね。。


なんせ、しっかりと話を聞いてくれる人なんて100人中1人ぐらいしかいないですから。。


なので、テレアポは、話を聞いてくれる人、たまたまタイミングが合う人をひたすら探す作業となります。


電話電話、休憩なしでひたすら電話!

もう電話しまくるしか方法はないですし、まさに地獄。。


私も軍隊みたいな会社でひたすらテレアポをしていたので、あなたが精神的に病む気持ちは本当によく分かりますよ!



そもそも、知らない人から電話にかかってくること自体すでに怪しいですし、振り込み詐欺等の電話もあり、用件を聞いた瞬間に90%以上切られてしまいますよね!?

なので、人に断られる毎日に耐えられる精神力を持っているかが重要になります。


でもほぼすべて断られるテレアポは、はっきり言って、

時間の無駄!



って思いませんか!?


あまりにも確率が低すぎるんですよ!

しかも、個人宅や個人事業主の場合は電話に出る頻度も少なく、ほとんどが最初の段階で断られるし。。


なので、一攫千金や精神的に強くなりたい以外に目的がないのであれば、精神的に病んでしまうのでテレアポだけの仕事はやめておいた方がいいですし、つらいから辞めたいのであれば辞めていいと思いますよ!


テレアポ仕事はとにかく、つらいだけですね。。

毎日毎日断られることを目的としたような仕事。


そんな毎日を過ごしたあなたは今までよく頑張りましたよ。。

私なんか3ヶ月ですからね。(笑)


なので今でもテレアポを頑張っているあなたは、純粋に凄いと思いますし尊敬します!

冗談抜きですよ!


ただ、90%以上の人間が3年も持たず辞めていく世界ですし、辞めて当然の世界です。

世間では営業の離職率は高いと言われていますが、原因はこのようなテレアポ業界であってルート営業は離職率は低いんですね。


それだけ辞めていく人間が多い世界で残る自信があればいいですが、大抵の人は辞める前に病んでしまいます。。


また、テレアポ会社はアポが取れる確率が低いので、辞めていく人間が多く、常に新しい人材を採用しなければなりませんし、人材が育ちません。

そんな人の入れ替わりが激しく、確率が低いテレアポが唯一の営業・集客手段である会社が、今後も継続的に売上を上げることは難しいと思うんですよ。


わざと最初は精神的に鍛えるためにテレアポをさせるのならまだ分かりますが、永遠にテレアポをしている会社に長くいることは難しいでしょうし、時間がもったいないです!

なので、テレアポ会社は辞めておくべきですし、何度も言いますが精神的に病んでしまいますからね。。


では、次に実際の私のテレアポ悲惨話をしたいと思います!


【関連記事】本当のテレアポとは テレアポで絶対に伝えて欲しい3つのこと


テレアポ会社で悲惨な目に遭った実話



過去の話ですが、私がIT業界だと間違って入社したコピー機販売の営業会社。。


元々は教材を販売している会社で、これからコピー機を販売していくらしい。。

で、どんな仕事かと簡単に言えば、大塚商会とかコピー機の営業電話や訪問が会社にたまに来ると思うんですけど、そんな押し売り営業的な仕事です!

すでに怪しいだろ。。



私は成果給で稼げるし、パソコンを使いこなすような仕事だから良いと思ってたのが、なぜかコピー機販売。。


「あれ?おっかしーな。」


と思った記憶がありますが、今でもなぜ、どういった経緯、考えで入ったのかは思い出せません。(笑)

ただ、何も考えてなかったんだと思いますね。。


若いって怖い!

いやいや、ただのバカだろ。

でしゅね。



。。。


そして、なにかよく分からないまま、いきなり研修で東京に飛ばされ、東京支店の近くに住み込み。


で、当社の社長は見るからにうさん臭く、まるでチンピラ。。

私が東京へ出発する時に駅へ送ってもらう前に、そのチンピラ社長はファミレスで私に熱く語ってましたよ。





だって。。

とる、って漢字がやばい。
まるでヤーちゃん会社じゃねーかよ。。

失敗したら消されるかもしれないでしゅね。。



ですよね。。

私も「この人、大丈夫!?」と思いましたが、もう東京に行くしかなかったんですよ。

なにしろ、断ったら消されるかもしれないので。。

まあ日本を殺るぐらいだから、それぐらいはするかもね。。




そして、東京ではすでに少し前から住み込みをしていた同僚の2人が滞在中。

挨拶もそこそこに、いきなり研修として山に連れていかれ、違う会社の人たちと共同で合宿することになったんですね。

うわ、こわ。。



で、その合宿はまるで軍隊でした。(笑)


腕立てや腹筋、山の中を走りまくり、帰ってきてからは勉強かと思いきや、座禅。

そして合間に、テーマを決めてどうやって相手を言い負かすかの討論合戦。


いかに自分を追い込めるか、相手を追い込むか。。

もう根性論の世界でしたね。


そして、夜は炎を囲んで大声大会で締めました!

なんかテレビで見たことあるな、そんな合宿。
俺はパス。。

こっちゃんも、その腐った根性を叩き直してもらったほうがいいわね。




二泊三日の最終日は、山の中ラリー。

その後に、教官から最後の質問で、


「お前のライバルは誰だ!?」


ですって。


。。。




と思いながらも、、


「教官、ライバルは自分です!!」

すっかり洗脳されてんじゃねーかよ。




「変な会社に入ってしまったかも。。」


と気付いた私はすでに遅かったんですよね。。


そして、軍隊合宿から戻ってきた私は次の日から東京の会社の方に出社しました。


東京支店と聞いていたのですが実は違っていて、出社した会社には軍隊合宿で一緒だった他社メンバーがいたんですね。

つまり、支店ではなく私達みたいな新人を教育する訓練所みたいなところだったんです!


コピー機販売の営業マン製造工場。


もう地獄でしたね。。

ほんと軍隊。


朝、出社した瞬間から音楽が大音量で流れており、挨拶は大声で


「オッス!!」

「声が小さい!」

こえ~。
俺は絶対に無理~。



そして、朝からひたすらテレアポ。


しかも立った状態でアポが取れるまで座れず、昼までにアポが取れなかった場合は昼からボロカスに怒られるわけですよ。


3日もアポが取れない日には、テレアポ中にお尻を蹴られ、「もう会社辞めろ!」「人間辞めろ!」だの、ノイローゼになりそうなことを大声で叫ばれます。

そして、アポが取れない同僚は皆の前で土下座をさせられたりして公開処刑。

結果、その同僚は泣いて辞めちゃいました。。


「この会社、ブラックすぎる。。」


私が隣で聞いてても、ひどいのなんのって。

もう完全にクズ扱いでしたね。


「お前はクズだ!ゴミだ!!」

「ゴミですみません。。」



そんなゴミ発言に加え、教官は座りながら机に足をのせて、あらゆる罵詈雑言を浴びせまくる。

今の時代にこんなことやってたら訴えられるぐらいですよ。(笑)


で、アポの取り方も営業方法も論理的な方法ではなく、とにかく根性と同情論。


それに、アポを取って訪問しても、私は全然コピー機の知識もないし高額なので全然売れないんですよね。。

そして、売れずに帰ってくるとボロカス言われるんです!


「なぜ売れてないのに帰ってきたの?」

「それでいいのなら、、」

ゾ~。



ですよね。。

教官曰く、売れるまでその場所に居続けろ、帰ってくるなだって。。


そしてある日、夕方に会社が少し騒がしくなり何があったのか聞いてみたところ、同僚が警察に捕まりました!

理由は、お客さんにコピー機の契約を断られたけれど、ずっとその会社に居続けたために警察を呼ばれて連れていかれたらしいんです。。

まるで犯罪者だな。。

そんな営業マンがきたら怖いでしゅ。。




教官の教えを守った結果が警察に連行。


「明日は我が身。。」


と思いつつ、来る日も来る日もアポ取り。

でも、アポも取れないし、運よくアポが取れて営業に出ても全然売れない。。


売れずに帰るわけにも行かないから、夜まで通りがかりの店や会社に飛び込み営業をする日々が続きました。


でも、私もとうとうやっちゃいましたよ!


私は売れてないから必死だったので、ある日、教官の教えを守りコピー機を売るまで会社に居続けたのです。

いらないと言われても、出て行けと言われても帰れない。。


すると警察を呼ばれてしまったんです!

いよいよ、こっさんも前科1犯か。。

犯罪者さん、さようならでしゅ。




まあ、警察とはその場の話で終わり、無事に帰してもらったんですけどね。。

いやー、犯罪者にならなくて良かった良かった!

ちっ。

残念でしゅ。



。。。


これがきっかけで、まだ3ヶ月(厳密に言うと3カ月弱)でしたが私は辞めることを決意したのです。


まあ、3ヶ月もよく頑張ったと思います!

1ヶ月で辞めるよりは長くもちましたからね。(笑)


以上が私のテレアポ会社の悲惨な話となります。


ザングローブ株式会社はここまでひどいとは思いませんが、成果給のテレアポ会社はどこも過酷な職場であることは間違いありません!

私は身をもって感じました。。


【体験談】リクルートエージェントの口コミはひどいし最悪?いえ、30代以上のあなたが使うべき理由


最後に



今回は「サングローブはやめとけ!テレアポの評判・口コミが最悪の理由」ということで、

  • サングローブ株式会社の事業内容は?
  • ザングローブ株式会社のテレアポの評判・口コミが最悪の理由
  • サングローブみたいなテレアポ会社はやめとけ!
  • テレアポ会社で悲惨な目に遭った実話



以上の内容をお伝えしました。


サングローブ株式会社はWeb制作の評判は良く、Web制作側で働く人の口コミも悪くないです。

ただ、テレアポや営業側の口コミは最悪ですね。。


なので、サングローブでテレアポ仕事をすることはおススメしませんし、何よりテレアポ会社に行くことをおススメしません!

成果給であれば成果を出せなければ、上からのプレッシャーがひどく地獄ですから。。


私もひどい目に遭いましたし。。


なので、テレアポ仕事でサングローブは止めておくべきですし、他に良い会社はいっぱいあります!

もし転職を考えているのであれば、下記記事を参考にしてください。

30代で転職をお考えの方はこちら

40代で転職をお考えの方はこちら

大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら



今回の記事が参考になれば嬉しいです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA