【アジア一人旅 カンボジア編】プノンペンからアンコールワット、ベンメリアへ!



こんにちは!


中小企業診断士でバックパッカーのアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


今回は、なんと!

前々回から約20年前のアジア一人旅記事をUPするという、いつもとかなり違った内容となっております!

中国からベトナムに来て今回はカンボジア?
もういい加減にしてくれよ。。

まだまだ続きそうでしゅ。




一人旅。。


旅は人生と同じで楽しいことも悲しいこともハプニングもあり、二度と同じことを繰り返すことができません。

なので私はめちゃ楽しんだのです!

知るかよ。。




と言っても今回の旅行は「ただの楽しい海外旅行」ではなかったんですね。。

なぜなら、仕事のストレスで身も心もボロボロになって、退職した後の話だからです。


心がボロボロのまま、中国を横断してきましたが、ベトナムの次はカンボジアに入りました!

行き着く先はゴートゥーヘブン!?


なにがヘブンだよ。。
地獄に行っとけ。

前回と同じパターンでしゅね。。



。。。


ということで、今回も一人旅ブログをお楽しみください!


【前回の記事】【アジア一人旅 ベトナム編】バスでサパからホーチミン!


悪路の中、恐怖の街プノンペンに到着!



ベトナムからはオンボロ乗合6人ワゴンで、プノンペンに向かいました。




国境では手続きに少し時間がかかりましたが、何とか無事に終わり、いよいよカンボジアへレッツラゴー!三匹。

またレッツゴー三匹。。
しつこいし古いんだよ。

うざいでしゅね。



暑い!

クソあっついわ〜!!




クーラー無しのオンボロワゴンなもんで、もちろん窓を開けるんやけど、悪路はずっと灼熱の砂ばかりで、砂ぼこりがヤバいっちゅうーの!

だっちゅうの!!

だ、だっちゅうのだってよ。。
古いし、口も悪いし、こいつやべーよマジで。。

頭イカれてるでしゅね。。



。。。


途中休憩する度にTシャツや黒のズボンが、冗談抜きでベージュぽくなり、鼻くそは真っ黒!




このワゴンにはなぜか、雰囲気が違う綺麗系な日本人女性も乗ってましたが、その子も砂まみれでしたね。。


ホーチミンを朝出発したワゴンがプノンペンに着いたのは夜でした。

10時間ちょっとかかりましたね。。



プノンペン。

今はかなり都会になってるみたいですが、当時のプノンペンはまだそこまで発展してなく、この旅では唯一ちょっと感じが違いました。


夜出歩ける雰囲気ではなくて初めて恐怖を感じたんです。

ベトナムで旅人からプノンペンでは鉄パイプで襲われた話とか、様々な恐怖体験を聞いていた雰囲気が、確かにそこにはあったんですね。

こわ。。
大人しくしとけって。



ですよね。。

中国の旅の途中にバリでテロがあった話も聞いたこともあり、少し怖くなったのでプノンペンでは夜出歩く事もなく、宿で大人しく、、


女の子4人とコンパを楽しんだんです!!


なんだそりゃ。。
心配して損した。

羨ましいでしゅ。。




ワゴンで一緒だった可愛いギャルと、宿が一緒だった日本人の女の子を2人加え、宿のレストランで楽しくお酒を飲んじゃいましたよ~。

いやー、プノンペンは怖い怖い。。

何が怖いだよ。。
浮かれてるおめぇの方が怖いわ。

僕もコンパしたいでしゅ。



というわけで、ご飯と酒を飲んで楽しい会は終わりました。

ギャル等とは名残惜しかったのですが、次の日の朝にアンコールワットの街、シェリムアップに向かうことにしたんです!


アンコールワットの街、シェムリアップへ!



ワゴンでシェムリアップまでは時間もかかるし、悪路も嫌だったのでスピードボートも考えました。

ただ、噂でスピードボートは速すぎて息がしづらくしんどいらしい。。


「どっちにしてもしんどいんか~い!」

「だっふんだ!」

今度はだっふんだ、だってよ。。

もう寒いでしゅね。。



。。。


と突っ込みを入れたところでバスの方が安かったのでワゴンにしました!




でも、乗合軽トラ風よりはマシだと後で思いましたね。。

軽トラ(厳密に言えば軽トラではない)に溢れる人が乗ってのをよく見たけど、あれはヤバい!



やばくね!?

落ちるって!

あんなガタガタ道の長距離で乗り合い軽トラは無理!!

バイクまで乗ってるし。。


それに比べれば、バス最高!だと思いました。



てな感じで、のどかな風景を見ながら赤砂道をトラブルもあり、確か8時間ぐらいでシェリムアップ到着!


少し汚いけど、フレンドリーな安宿に泊まることにしました。



その宿にいた数人の日本人らや現地のバイクタクシー兄ちゃんらとも仲良くなり、ダラダラ毎日を過ごしてましたね。

なんせめちゃ暑いし。。


ただ、ずっと宿にいても暇なので、得意のレンタルサイクルでいつも通り街散策。

川遊び、高床式の住居や地元住民の暮らしを興味深く見てました。


そしてポルポトの黒歴史も。。

アンコールワット、ベンメリアは最高だった!



そして、バイクタクシー兄ちゃんを一人貸し切り、いよいよ一人でアンコールワットへ!


アンコールワットへ向かう途中、池から徐々に見えてくる壮大なアンコールワットの姿が忘れられません。。

やっぱりバイクを選択して良かった、最高~!!


ただクソ暑い。。

アンコールトムも見てアンコールワットで夕日を見るまでダラダラしながらも満喫!



アンコールワットの上に登って見る夕日は綺麗でしたね。。




ただ、暗くなりすぎて電灯も無かったので、バイクの兄ちゃんを探すのにめちゃ苦労して迷子になったけど。(笑)



そして、違う日に一人旅の元スチュワーデスおばちゃんも加えて、日本人8人でワゴンをチャーター。

いざベンメリアへ!


ベトナムで知り合ったケビンが良いと言っていたベンメリア。

ベンメリアを見るために行き先を変えたぐらいですからね。。

いやー、楽しみ!



ただ、道がボコボコでワゴンの中は蒸し風呂状態。。


2時間で到着。

でも着いた時には皆ぐったり。。


ベンメリアは今はちょっと有名らしいのですが、まだその時はあまり知られていなく、ほぼ観光客はゼロ。

ただ、ちょうど映画の撮影をしてる時期でした!

後で聞いた話だと、この映画で人気になったらしいですね。



まるで天空の城ラピュタ!

そう感じたし、素晴らしい遺跡。。


ただ、ベンメリア遺跡はほぼ壊滅状態でした。


何もない、観光客も土産屋もなければ、うさいくさいオッサン等もいない。

それが何より良かった。


しかも、ベンメリア遺跡内は子供らの遊び場になっていたんです。




見るも無残だけれど、逆にその崩れまくった遺跡が潔く、気持ちが良かった。

そして静かで、時間がゆっくり進む。。


遊んでる子供らは愛想がよく、その大人達らも笑顔だったので、私は気に入りました!



ほんとに良かった!

道中の道さえなければ、、と皆は言ってましたけどね。(笑)


その後は皆で贅沢に中華を食べたりとか、カンボジア屋台で食べたりで、シェムリアップを満喫!


私は行きませんでしたけれど、ある日、皆は現地で有名なハッピーピザを食べに行ったんです。

食べるとハッピー、おっぱっぴ〜になるピザ。

なんだよそれ。
おっぱっぴーも古いけどな。。

ハッピーになるなら食べたいでしゅ。




つまり、麻薬ピザです。

まあ微量らしいので大丈夫らしいですけど。。

やべぇな。。



ともかく、シェムリアップは遺跡にもメンバーにも恵まれたこともあり、めちゃ楽しかった!!

またいつか行きたいですね。


道がよくなれば。。


皆とは最後に送別会を兼ねて一緒に飲んで、名残惜しくも、またまた一人でバスに乗りいざタイへ!れっつごー!

タイとの国境の街ポイペトまでは地獄だった!



シェリムアップからタイ国境の街ポイペトまでは、噂に名高い世界三大悪路の1つなのである。


この道、、想像以上にひどい!

マジ、やばいって!!


バスは時速20キロが限界。

揺れが凄すぎて、酔うどころか痛い!


揺れすぎてバスのシートに叩きつけられまくるから痛いんです!!

これが8時間も続くんですよね、冗談抜きで。。


最初の30分は皆キャッキャ言うてたけど、後は皆無言。

打たれ過ぎて心臓が痛いし、もう笑えない。。


ただ、無事に着いただけでも良かった!


周りに聞くと、雨の中何回も止まって、24時間ぐらいかかった人もいた。

あの道を24時間は地獄ですな。。


私はスムーズに着いたほうだったらしくてマシだったんですって。。



ちなみにこの悪路は、懐かしの電波少年での「アンコールワットへの道」で修復した後の道。

意味がなかった事を知ったらさぞかし残念でしょうな。。


あともう一つ、最近聞いた話ですと、この悪路は今はコンクリートになって非常に走りやすいみたいです!

羨ましいやら少し寂しい気持ちもあり、複雑ではありますね。。


次は、微笑みの国タイに向かいます!

【アジア一人旅 タイ マレーシア編】マラッカ、クアラルンプールから日本に戻る完結編


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA