【アジア一人旅 ベトナム編】バスでサパからホーチミン!



こんにちは!


中小企業診断士でバックパッカーのアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


今回は、なんと!

前回から約20年前のアジア一人旅記事をUPするという、いつもとかなり違った内容となっております!

前回は中国で今回はベトナム?
どこまで引っ張るつもりだよ。。

友達いないから終わるまで聞かされるでしゅ。




一人旅。。


旅は人生と同じで一期一会であり、二度と同じことを繰り返すことができません。

なので私はめちゃ楽しむことにしたんです!

勝手に楽しんでろ。



。。。


と言っても今回の旅行は「ただの楽しい海外旅行」ではなかったんですね。。

なぜなら、仕事のストレスで身も心もボロボロになって、退職した後の話だからです。


心がボロボロのまま、中国を横断してきましたが、次はベトナムに入りました!

行き着く先は天国か地獄か!?


いちいち大げさなんだよ。
地獄でも。

でしゅね。。



。。。


ということで、今回も一人旅ブログをお楽しみください!


【前回までの記事】「アジア一人旅 中国編」ストレスで仕事を辞めて出発!


悪路の中、ベトナムのサパへ到着!



前回の中国からの引き続きです。


中国の昆明から深夜バスで早朝に河口に到着し、ベトナム国境の街ラオカイに到着!



河口からラオカイに行く途中に橋を渡るんですが、かなり良い感じの国境ぽいところでした。



結構好きでしたね、ここは。。



時間かけて通関が終わり、すぐ近くの闇両替屋で両替したけど、失敗しましたわ〜。

中国の通貨、元を多く持ちすぎた!


元とベトナムの通貨であるドンの貨幣価値が違い過ぎるために、闇両替おっさんのバイクで隠れて両替したんですよ。

元が多すぎたため、めっさ時間かかったし、あまりの多くの札束に野次馬の見物客が凄かった!


その後、乗合ワゴンの乗客待ちで、1時間待たされようやく週数民族の街サパへ出発!!


今はどうか分かりませんが、サパへの道はヤバいぐらい悪路でした!


山道を途中で何回か止まりつつ、数時間かけて何とか到着。

今思えば、横は崖だったんで結構危ない道でしたな〜。



サパは民族衣装が豊かで狭くのんびりした良い街でした。


ちょうど、「世界ふしぎ発見!」の取材クルーとお姉さんも来てましたよ!


さりげなく映ろうとしたら避けられました。(笑)

どうも日本人が映るのが嫌みたいです。。


でも、とりあえず寒い!

寒いし安宿はお湯が出ないから、宿の水シャワーで死にかけました。(笑)


でもね、びっくりしたのが、散歩して宿に帰ってきたら私の部屋に日本人がいたことです!

私の許可なく、無理やり部屋をシェアしたみたいです。。


まあ宿代が半分になるのはいいけど、俺の許可を得てよね!

うわ、無茶苦茶だな。。
強盗だったらどうすんだよ。



私も最初は少し腹が立ったんですが、このシェア男は元ホストだったみたいですが、意外と良いヤツで意気投合したんですよ。

さすが、人生を踏み外した者同士。
落伍者は違うよ。

でしゅね。



。。。


でもサパはいいところでしたね。

風情もあり最高です!


シェアしたホスト男と、鬱になって薬漬けで少し頭がおかしい一人旅の日本人女性も加わり、一緒に現地民と一緒にご飯を食べましたが、特に焼き餃子は美味しかったですね!

うわ汚ね。。
しかも薬漬けとか口が悪いぞ。。

こっさんも頭おかしいでしゅね。




バスで日曜バザーにも活きました。



あ、また世界ふしぎを発見しました!



そして、ホテルで無理やり部屋をシェアしようとしてきた元ホストの日本人と何日か一緒にサパで過ごし、夜に電車でハノイへ向かいました!


ベトナム北部のハノイは最高!



電車で早朝にハノイ近くに付いて、朝フォーを2人で食べました。




そしてハノイ中心部に行ったのですが、ベトナムはハノイが一番過ごしやすいですね。

程よく都会でホーチミンほどうるさくないし、フォーやパンもうまいし最高!


ハノイでものんびりと過ごし色々と観光したのですが、ある日元ホストと一泊ツアーでハロン湾へ行くことにしたんです。


今回の旅で初めてのツアーだったんですが、ツアーって楽だしご飯も出てくるしいいですね!

途中のランチで中華を食べたんやけど、いっぱい量も出てきたし、めっさ美味い!

餃子もシュウマイも美味しくてご飯が進みますな!!


久しぶりにお金を気にせずたらふく食べましたえ!


あれ・・?


周りの白人ツアー客らを見渡すと全然食べてない。

どうやら実はマズかったみたい。。


私らは今まで貧乏旅のせいであまり良い物を食べてなかったので美味しかったんですけどね。。

まあ、貧乏人は何を食べても美味しいからな。。

でしゅね。




でも、ハロン湾ツアーはなかなか良かったですわ~。

船に乗りながら、捕まえてもらったシャコを食べたり、ボートで鍾乳洞に行ったり、船上の現地民の生活を見れたり!




のんびり船に揺られ、島で宿泊。

貧乏旅のプチ贅沢やったせいかもしれないけど、良い思い出になったし私は気に入った!


このハロン湾宿泊ツアーは結構お薦めでっせ!!



一方で楽しくない話も。

ハノイでは昼間に食べたチェー(甘く煮た豆類や芋類、寒天や果物など複数の具材を合わせて食べる伝統的なかき氷デザート)に食あたりして死にかけることもあったんです!



これこれ!

たまたま写真に撮ったこいつが犯人だ!!

うわ、衛生的にヤバそうだろ。。




その時は高熱を出していたけれど、泊まる宿もなくさまよっていたんですね。

でも何とか宿が見つかり、無理やり女性用ドミトリーに泊めてもらいました!


白人女性二人。。

お、羨ましい~。

やらしいでしゅね。




確かに、羨ましいシチュエーション!

ただ、高熱のしんどさでそれどころではなかったんですけど。。

残念!!



ハノイでは今までと違って、夜にビアホイによく飲みに行きました。

なぜなら、サパで出会った鬱で薬漬けで少し頭がおかしい一人旅女性も途中で加わったからです!

サパにしばらくいたのですが、現地民と喧嘩してハノイに来たようです。。


まあ、それは良しとして、元ホストと鬱女性とよく三人でビアホイに行ってましたが、ほんと楽しかったですね!




そのビアホイで日本人が2人加わったのですが、さらに日本語ペラペラの白人ケビン(写真一番右)と出会い、カンボジアのベンメリアという遺跡が最高と言うのを聞いたんです。

それもビアホイで毎日。


ベンメリア。。

聞いたことがないけど、どんな遺跡だろう?


ベンメリアは今では結構有名になった遺跡なのですが、当時は無名で誰も知らない遺跡でした。


ただ、ベトナムの後はマレーシアの予定。

どうしよ。。


めちゃ気になる!

もう帰った方がいいんじゃね?




いや、もう行くっきゃない!

行かないで後悔したくないんだよ!!


。。。




。。。


知るかよ。
俺にはどうでもいいし。。

でしゅね。



。。。


ということで、急遽ベトナムからマレーシアではなく、行き先をカンボジアに変更することにしました。

いや~、一人旅は計画通りいかないもんですし、それが楽しいんですよね!



でも、ハノイでカンボジアビザを取るのは苦労しました。。

ビザ事務局が意味不明の休みのせいで一週間かかったですけど、何とかカンボジアビザを取得!


そして、ハノイからはまた一人になりましたが、定番の乗合バスでホーチミンへレッツゴー!三匹。

レッツゴー三匹って。
ふる。。

もう誰も知らないでしゅよ。。

ハノイからバスでホーチミンへ急げ!



ハノイからホーチミンへ向かう途中でフエに寄りました。

フエではレンタサイクルでブラブラ。


フエ城などの観光名所を軽くまわりました。




ブンボーフエも美味しかったし、フエで知り合った日本人らで地元の鍋屋さんで宴会も盛り上がったんです!


久しぶりに酒も飲んだし、飲んだ勢いで地元民らと合流でお祭り騒ぎ!

あー、楽しかった!


あ、ちなみにフエではこの旅初めてのお湯シャワーを浴びて感動しましたね。



その後はホイアンへ向かいました。

ホイアンは情緒があって良いとこでしたが、狭い街でした。




提灯を見たりラオカウを食べたりしたけれど、1人ではなんか寂しいので、さっさとダナン経由でリゾート地ニャチャンへ!




でもね、、一人旅のリゾート地ほど面白くないものはありませんわ。。


暇すぎたから、ニャチャンのスラム街にお邪魔した。

すぐ先には開発されたリゾート地があり、陽と陰のコントラストが残酷すぎる。。




ただ、ニャチャンで1番興奮したのは、地元で有名な店での一人焼き肉!!

贅沢やったけど、めちゃ美味かったな〜。


その後に地名は忘れたけど、1つリゾート地に寄ってからサイゴンへ向かったんです。

いよいよベトナム最終地ホーチミン!!



ホーチミン(サイゴン)には夜に着きました。

ホーチミンでは市場にある300円くらいの宿に泊まったんです。

300円て。。
安すぎだろ。



基本的にホテルは500円以内、食事で300円以内、移動観光合わせても1日1000円以内がモットーです!

とにかく貧乏なんで。

貧乏万歳!たまに悲惨。。


ホーチミンでもレンタサイクルを使い観光しました。




美味しい牛乳屋やフォー、バインセオ等、ベトナム料理最高!

アジアでダントツに美味しい!


まあ香港、個人的にはネパールも好きですが。。


また、安宿のおっさんは寡黙でしたが良い人で良かったです。




ということで、ホーチミンをチャリで観光した後、ベトナムとは別れを告げ、ホーチミンからクーラーなしのオンボロ乗合ワゴンで貧困の国、カンボジアに向かうのだ!




ただ、この旅では英語を喋れたな〜と思うことがしばしば。

当時は全く喋れず、外国人を避けてました。

相部屋のドミトリーにもかかわらず。


今やったら前よりも楽しかったかも。。

一応、片言は喋れるしね。


なので、一人で海外旅行に行く際は英語を勉強るすることをおススメします!!


ということで、カンボジア編に続きます!

【アジア一人旅 カンボジア編】プノンペンからアンコールワット、ベンメリアへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA