アパレル仕事(会社)の将来が不安しかない。。転職すべきか悩んでいるあなたは何をすべきか?


こんにちは!


中小企業診断士で将来の頭皮が心配なアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 今アパレル業界で仕事をしているけれど斜陽産業なので将来が不安
  • 給料は低いし今のアパレル会社でずっと仕事してていいのか悩んでいる
  • 今の内に転職すべきか、また転職先があるのか心配



以上のようにアパレル仕事の将来に不安を抱えているあなたに、今回の記事を参考にしていただければと思います。


あなたは今アパレル業界にいるけれど、斜陽産業と言われ、実際に商品があまり売れていないし同僚もアパレル業界から去っていくし、将来が不安でしょうがないのではないでしょうか?

そうなんだよ。
アパレル業界は適当だから好きなんだけど、先がめちゃ心配なんだよな。。
給料も低いし。

適当って。。
そんな仕事でいいんでしゅか?

あんたみたいな肥溜め野郎は、どこ行っても通用しないっつーの。
ブサイクが贅沢言うんじゃないよ。

クソ扱い。。



その気持ち、非常~によく分かります!


アパレル業界は斜陽産業だと言われており実際に会社や店の倒産が多いし、給料が低いし、意外と肉体労働も多いし。。

今の内に違う業種に転職したほうがいいかも、と考えてしまいますよね。


私も過去に二度、アパレル業界を離れたことがありますし、「このままアパレル業界にい続けていいのか?」と悩むことは言わばアパレル仕事の登竜門なんです。


つまり、悩んで当然!


でも、悩んだままだとずっとモヤモヤが残りますし、何もしないと後悔してしまうかもしれません。


なので、アパレル仕事(会社)の将来が不安で転職すべきか悩んでいるのであれば、今すぐにでも行動したほうがいいです!


ということで今回は、私のアパレル会社転職話や異業種転職の話をしますので、参考にしていただければと思います。

  • アパレル業界は本当に斜陽産業で給料が低いのか?
  • なぜあなたはアパレル仕事(会社)の将来が不安なのか?
  • 転職すべきか悩んでいるあなたは今すぐに転職すべきなのか?
  • アパレル業界から異業界へ転職したらどうなるのか?



以上の内容を私の経験談も踏まえ、お伝えします!

アパレル業界は本当に斜陽産業で給料が低いのか?



転職すべきかどうかを考える前に、まずはあなたが不安に思っていることが事実なのかを知る必要があります。

なぜなら、不安要素だと思っていたことが実は間違いなのでであれば、転職すべきか悩む必要がなくなりますからね。。

確かにそうだけど。。
証拠でもあんのかよ?




まず、あなたの不安要素の1つとして、アパレル業界が斜陽産業だと言われていることが挙げられます。

実際に過去のデータを見ますと、

  • 国内の衣料品市場規模が、1990年に約15兆円であったのが、2010年には約10兆円にまで縮小している
  • 同時期の国内生産と輸入を合わせた国内供給量は、約20億点から約40億点へと倍増した



つまり、市場は2/3になっているのに、供給量が2倍になっているんですね。

そして、単純に計算すれば国内の供給単価は、20年の間に1/3に下がったことになると、「アパレル・サプライチェーン研究会報告書」に記載されています。

マジか。。
やっぱり早くアパレルを脱出しないとやばいよな。



なるほど。

確かにアパレル業界は市場規模が縮小しているうえ、過剰供給によって値段が下がり利益を上げにくい状態になっています。


結果、従業員の給料は安いままですし、いつ破綻するか分からない状態の会社も当然あるでしょう。


でも、10兆円の市場規模(2016年データ)だけで言えば、

  • 通信産業(スマホの普及で現在はさらに増加していますが。。)
  • コンビニ業界
  • 中食産業(総菜やお弁当)
  • 健康医療産業 等



2016年の話にはなりますが、以上の業界と同じぐらいのマーケットがあるんですね。

しかも、アパレル市場は15兆円から10兆円となりましたが、実はアパレルの購入点数自体はほとんど一緒です。


そう考えると、アパレル業界は縮小はして斜陽産業と言われてもしょうがないですが、市場規模自体はまだまだ大きいと言えます。


【参考記事】ファッション業界の現状と問題点3つ!解決策と未来がないビジネス?


アパレル業界は給料が安いって本当?



次に将来が不安なのは、アパレル業界の平均年収が低いと言われていることですよね。。

実際はどうなんでしょうか?

参照:マイナビ【業種別 モデル年収平均ランキング】



マイナビのデータを見ていただくと、83位に繊維・アパレル、88位に専門店がランクインしていますね。

マイナビデータなので詳細が分かりませんが、おそらく繊維・アパレルはメーカーで専門店はアパレル小売チェーン店だと思います。

あら、平均が俺よりだいぶ高い。。
俺、こき使われてるんじゃね?

妥当でしょ。




調査対象を見ると、”マイナビ転職に掲載された求人の「モデル年収例」から平均値を算出” となっていますので、若手から年配の人まで混ざっています。

しかも、全業種の営業から企画、デザイナー等まで全て含まれているので、アパレルでもどの業種が実際に給料が高い低いのかは分かりません。


ただ、上の表だけを見ると、アパレルが断トツで給料が低いわけではなさそうですね。


そして、次に営業に限ったデータになりますが、

参照:リクナビ【営業1000人の「年収・満足度・不安」業種別ランキング】



こちらはリクナビのデータになります。

リクナビの調査結果を見たところ、少し前のデータになりますが、関東1都3県、愛知、関西2府1県に在住する25~39歳の営業職1000人にアンケート(調査会社:メディアパーク)した結果のようです。


こちらのリクナビデータは25歳から39歳までと比較的若手になっていることからマイナビデータより年収が低くなっています。

営業限定のリクナビは現実味があるアパレル営業の年収になりますが、表を見る限りアパレル営業マンの給料はやはり低いですね。



私はアパレル営業マン時代に中小企業診断士という資格を取得して、コンサル会社に転職したことがあるのですが、その時に様々な業種の従業員賃金を見たのですが、アパレル業界の給料は低いと感じました。

なので、アパレル業界の平均給与は確かに安いと言えると思います。


【↓こちらの記事もどうぞ】

なぜあなたはアパレル仕事(会社)の将来が不安なのか?



先ほど、アパレル業界は斜陽産業だけれども市場規模は決して小さくない。

ただ、確かに給料は低いと言いました。

やっぱダメじゃん。
さっさと可愛いギャルがいる会社に転職しよっと。

キモ。。

その浅はかな考えがダメなんじゃないでしゅか?




今までの情報を聞いて悲観するのもいいのですが、まずは、

なぜあなたはアパレル仕事の将来が不安なのか?

を今一度しっかりと冷静かつ具体的に考えることが大事だと思うんですね。


斜陽産業だからとか、アパレル業界の平均給与が安いからでは理由が漠然としています。

斜陽産業でも儲けている会社はいっぱいありますし、アパレルで給料が良い会社を私は何社も知っていますから。


なので、あなたにとって “現状の何が不満で不安なのか” を知ることが重要なんです。

つまり、根本的な原因ですね。

俺の営業成績が悪くて、モテない、無視されることかな。

それ、全部こっちゃんのせい。



例えば、

  • 今の仕事が単調なのでこのまま続けて大丈夫なのか
  • 上司の給料が低いから今後の給料が上がりそうもない
  • 今の会社や商品に魅力を感じられないまま仕事をすべきなのか
  • 将来的にもっと専門的な知識、経験を得たほうがいいのではないのか 等



上記のような悩みや別の悩みでもいいのですが、ここでまず考えることは、

将来が不安である原因は本当にアパレル業界だからなのか?

どゆこと?



つまり、あなたのアパレル業界の将来不安は、実は今の会社への不満や不安ではないか?ということです。


例えば、


商品が売れない = アパレル不況だから

給料が安い = アパレル業界が斜陽産業だから


と勝手に決めつけていないかということですね。


もし、あなたの営業成績がずっと悪いのであれば給料は上がらなくて当然ですし、あなた以外の営業マンは売上が良くてあなただけ商品が売れないと嘆いているのであれば、もうアパレル業界とは関係のない話になります。

え、違うの?

めちゃダメ営業マンでしゅね。。



なので、あなたの不安は本当にアパレル業界だからなのか?と冷静になって考えて欲しいと思います。


【↓こちらの記事もおすすめです】

転職すべきか悩んでいるあなたは今すぐに転職すべきなのか?



先ほど、あなたの将来に対する悩みは本当にアパレル業界だからなのか?ということをお聞きしました。

まあ俺は楽な仕事でギャルにモテれば何でもいいよ。

。。。

。。。

ほら、バカにされたでしゅ。




そして、転職すべきか悩んでいるあなたは、まず、

  • 今の会社で解決できるのか
  • 他のアパレル会社で解決できるのか
  • 他業種でないと解決できないのか



の3つに区分して掘り下げ、今すぐ転職を考える前にまずは自社内で解決できないのかを考えていただきたいです。


もし営業、販売成績が悪いのであれば、なぜ売れないのかを考えます。

  • あなたが自分自身の強みを活かせられているか
  • あなたの強み、得意なことを活かせられる会社なのか
  • 商品に魅力はあるのか、魅力を伝えられているか



あなた自身の強みや得意なことを把握すると共に活かすことができないと、なかなか売上が上がりませんし、活かせられる職場でないと力を発揮できません。

なので、アパレル業界を嘆く前にまずは自分自身を見つめ直すことをおすすめします。


自分のことを把握しておかないと仮に転職した場合、仕事や職場が合わず転職失敗となってしまう可能性がありますからね。


また、コピーの安売り商品ばかりで企画力もなく魅力のある商品を作れていないのであれば、いつか値段で他社に負けてしまうかもしれませんので、一から企画のやり方を変える方法が考えられます。


売上を上げるために、あなた自身の強みを知り、活かせる会社で魅力ある商品を販売することの大切さと考え方の詳細は下記記事を参考にしてください。


【参考記事】営業の仕事ができる男になるには?できるようになりたい人がすべき3つの考え方



ただ、あなたの悩みが深刻なほど、今の会社では解決することは難しいと思います。

なぜなら、今までもあなたなりに解決しようと試みたことがあると思うからですね。


なので、もし今の会社では解決できない、あなたの強みを活かすことができない、クソ会社なのであれば、転職を考えるのがいいと思います。


そして、あなたの悩みが他社アパレル会社で解消できそうなのであれば、他社に転職すべきだと私は考えていますし、実際に私は何度も転職しました。

私の場合は、社長が嫌すぎるとか、他のことがしたいのが理由でしたが。。


私の経験からすると、できれば異業種への転職ではなく同業種であるアパレル会社に転職したほうが良いと思います。

なぜなら、「共にアパレル業界を盛り上げましょう!」という私の勝手な願望もあるのですが、特別な能力がないと異業種への転職は条件が悪くなるのが普通だからです。


例えば同じ営業職であっても、食品の営業とアパレルの営業では求められる知識や経験が違いますし、今までの人脈も活かせられないですから。

なので、異業種であってもすぐに売上を上げることが可能な能力や人脈を持っているとか、マネジメントスキル等の特別な知識、経験が無い限りは新卒とほとんど同じ扱い、給料になることを覚悟してください。

え~。
俺なら顔パスで給料UPじゃねーの?

なわけないでしょ。
怪しい裏稼業系なら顔パスだろうけどね。



もし、同じアパレル業界であれば、あなたの今までの営業、販売経験等を活かすことはできますし、人脈も活きてきます。

なので、今よりも待遇が良い求人や職場環境が良い会社、あなたがもっと輝くことができる環境が見つかる可能性は十分あるんです!


ただ、動いてみないと何も分かりませんので、まずは転職活動することをおすすめします。

転職活動をすることで実際に転職がどんなものなのか、自分の価値がどれぐらいなのか、あなたが活きる会社はどんな会社なのかが分かってくると思いますよ!


そして転職活動をすると決め、アパレル業界内で探す場合は自分一人で探すのではなくアパレル専門のエージェントを使ってください。

大手の転職サイトや転職エージェントは確かに求人数は多いので、アパレル求人も多く扱っているのですが、いかんせん、アパレル業界をあまり知らない人が多いのが難点なんですね。


アパレル専門のエージェントであれば、大手転職サイトには掲載されていない求人も多く、エージェントでアパレル業界や専門用語を使っても分かってくれますし、あなたのアパレル業界の悩みにも現実的な解決策を教えてくれると思います。

なので、あなたに合った会社が見つかるはずです。


【参考記事】アパレル転職 経験者なら専門のクリーデンスが良い?実際に使ってみたアパレル営業マンの感想



では次に、アパレルではなく異業種に転職した場合、実際にどうなるのかを私の体験談になりますが、お話しますね!

おめぇの話かよ。
じゃあ、いらね。

こっさんの話は聞き飽きたでしゅ。

私もイケメンから話が聞きたいわ。



。。。


ちょっとぐらい聞いてよ。。

アパレル業界から異業界へ転職したらどうなるのか?



私は過去に二度、アパレル業界から異業種へ転職した経験があります。


一度目はアパレル業界からコピー機販売業者、二度目はアパレルからコンサル会社です。

ほんとに異業種だな。
アパレルみたいなぬるま湯業界から違う業界に行っても通用しねぇんじゃねーの?



まあ、結果的に2回ともアパレル業界に戻ることになったので、こっちゃんの言う通りかもしれませんね!

コピー機販売業者へ転職した理由は、IT業界(実際はIT業界ではなかった)に興味があり、「違う業界へ行ってみたい!」といった安易な考えからでした。


そして、結果的にブラックな営業会社についていけず、3ヶ月で辞めたんです。


【参考記事】ブラック営業会社は無理!転職 3ヶ月で辞めた理由と退職方法



コピー機販売業者への転職は私の若気の至りとバカさによるため、あまり参考にならないと思いますが、二度目は40歳で未経験業種であるコンサル会社への転職でした。

40歳の未経験おっさんなので、アパレル時代から大幅に給料が下がりましたね。。


しかも下記記事の通り、1社目のコンサル会社は一ヶ月で辞めましたし。(笑)


【参考記事】社長と合わないなら今すぐ辞めろ! 1ヶ月で辞めた私が思う短期間転職のメリット

そして2社目のコンサル会社では、最初は本当に大変でした。

なんせ未経験な上に、おっさんですからね。


なぜアパレル営業の私がコンサルタントになったかの話は下記記事をご覧ください。


【参考記事】俺は成長したいんだよ!バカな30代の私が勉強して資格を取り転職した話




給料が激減したので、何とか頑張って給料を上げてもらうようにしなければならないのですが、未経験なので仕事を覚えるだけで精いっぱい。


ただ、アパレル業界にしか経験がない人が違う業界に行くとびっくりすると思います。

何がって、大手企業は別ですが、中小企業はおじさん社会なんですよ。


私が所属していたコンサル会社時代に顧問先の製造業や小さな町工場、運送業等、様々な業種のお客さんのもとへ訪問しましたが、アパレルと違ってめちゃ男臭い。。(笑)


アパレルから離れた気付くことは、アパレル業界と違って職場に女性が少ないんですよね。

特にレディースアパレルだと、会社はおっさんだけというのもあり得ますが、お客さんがほとんど女性ですし、合同展示会も女性が多く華やかです。


一方、アパレル以外の製造業等は職場がきったない会社も多いですし、男ばかりで体育会系みたいな会社、雰囲気が地味、小汚い変なおっさんが多い、等でアパレル会社とは違うと思いましたね。

きったないとか小汚いおっさんとか、言い過ぎだろ。。

つまり、こっちゃんみたいなブサイクで小汚いヤツが多いってことだよね。

あい~ん。



同時にアパレル業界のゆるさ、適当さにも気付いたんです。

高級なブランドを生産、販売していたり、大手を相手にしているメーカー等は品質や納期に厳しい場合がありますが、基本、アパレルはいい加減なんですね。


値ごろ感がある商品を扱っているアパレルメーカーの納期は適当、しかも上がって来た商品は縫製が汚い、色が違ったり色別でサイズが違うこともありますし、生地検査・表示偽造、かしこまった提案書類を作成することもありませんし、数え上げればキリがありません。

一番ゆるいと感じるのは、上下関係、他社社長との関係です。


アパレル会社の社長もいい加減な人が多いですし、ノリが若くて軽い社長が多いので、とてもフランクです。

上司と部下の関係も緩いし、同僚の女性に対してもかなりセクハラ的な発言も多いですからね。

まあ私個人的にはノリが軽いのは好きですけど。

セクハラ発言も。。(笑)

俺も~。
やっぱりアパレル最高!

ダメだろ。
私だったら、フルチンにしてフルボッコにしてやるわよ。

おそろしいでしゅ。。



。。。


なので、アパレル特有のゆるさに慣れてしまうと他業種では大変ですし、おっさん社会についていくのも面倒くさくなり、結果的に嫌になってアパレル業界に戻ってくる人が多いのもアパレルの特徴です。

まあ、私もそうですが。(笑)


ただ、私は他の業界に転職した経験があるからこそ、アパレル業界に対して漠然とした不安を持つ気持ちは分かりますし、違う業種で挑戦したいという気持ちも分かります。

なので、もしどうしてもアパレル業界以外に行きたいのであれば挑戦すべきだと思いますし、挑戦しないで後悔するよりも良いと思いますね。

失敗しても戻ればいいだけですから。


ただ、異業種の場合はより慎重に転職活動をしてください。

なんせ未知の世界なので、ここは必ず転職エージェントを使うことが大切です。


勝手に一人で判断すると失敗する可能性は高まりますから。


もし転職に慣れていないのであれば、下の記事を参考にしてくださいね。


【参考記事】<体験談>30代でやりたい仕事へ! 転職サイトと転職エージェント比較します

【関連記事】<転職体験談>JACリクルートメントの評判は最悪?場違いな私でもJACで転職相談できた話


最後に



今回は「アパレル仕事(会社)の将来が不安しかない。。転職すべきか悩んでいるあなたは何をすべきか?」として、

  • アパレル業界は本当に斜陽産業で給料が低いのか?
  • なぜあなたはアパレル仕事(会社)の将来が不安なのか?
  • 転職すべきか悩んでいるあなたは今すぐに転職すべきなのか?
  • アパレル業界から異業界へ転職したらどうなるのか?



以上のお話をさせていただきました。

よくよく考えてみたら、実はあなたの将来への不安は、漠然としたものであってアパレル業界は関係ない可能性があります。


なので、今一度不安要素を掘り下げていただき、今の状況で何とかならないのであれば、まずは同じアパレル業界で転職を考える。

もしどうしても異業種へ行きたいのであれば、給料が下がる覚悟で転職活動を行ってください。


今回の記事が参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA