【ネガティブ営業マン日記】前期の売上結果を発表します!


こんにちは!


中小企業診断士でネガティブ営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。

いやー、またまた出張中です!

尾身クロン株が爆発の中、月曜から金曜まで。。


おっとっと、、つい悪口が。。


オミクロンでした!

失敬!


今回は福岡まで新幹線で入り、鹿児島、熊本経由で福岡にもどって広島へ。

今回もやばいぐらい移動してますね。。


少し前の「出張ブログ」で、移動時間の無駄と疲れて夜に何もできない疲労度が問題だと語りました!

ネガティブだと仕事ができない!どうすればいいか出張中に考えてみた



そして、ネガティブに考えても前進できないこと、出張先の主要地に取引先を増やすことで出張自体に意味があるものにする!とも言いました。

リスクが少し高く避けていた方法ではあるのですが。。


そして、どうなったのかをお伝えすると、約束してましたね!

なので、結果を発表します!!


結果は、、

会社で年間売上、1位を獲得しました!!




いやー、でもギリギリで危ないところでした。。

なんせ、2位との売上差は数十万円でしたから。。


売上総利益(粗利)はかなり差がついていたので実際は圧勝ではありますが、せっかくなら売上も1位の方が気持ちいいですからね!


会社で年間売上が1位になった要因は、最後の最後で危険を冒して「大きい新規取引先」をゲットしたことです!


危険(リスク)とは、「バッティング」ですね。

つまり、私はアパレル営業ですが、既存取引先のすぐ近くの店に新規取引先を増やしたことなんです。


アパレル業界ではバッティングを非常に嫌います!

なぜなら、食べ物と違って、同じ服が近くにあると他人とかぶるのが嫌でどちらかが売れなくなりますし、販売価格も合わせなければ苦情に近い文句が出るんですね。


なので、セールのタイミング等が難しくなるわけです。


既存取引先は、自社を軽視されたと感じることもあり、取引が停止になる可能性があるんです!

しかも、新規取引先で自社商品が売れるかどうかは未知数であり、今後も取引が続く保証はありません。


つまり、下手をすれば、新規も既存も両方失う可能性があるということです!


このことが私が言っている「リスク」だったんですね。


しかも既存取引先も私にとっては大きい大事な取引先だったので、めちゃ説得するのに苦労しました。。


そして、リスクを最小限に抑えることで既存も新規も両方ともうまくいったために売上が大幅に伸びた結果、逆転で年間売上1位を獲得することができたんです!!


いやー、良かった良かった。

ホッとしましたよ。。


ということで、今後は「この出張に意味があるのか?」といったネガティブな感情を持つことなく、積極的に行きたいと思います!

ようやく私にとっての九州市場が大きくなってきて嬉しいです!!


まだまだ、尾身クロン、、いやコロナ騒ぎでどの業界もしんどい状況が続きますが、お互いに乗り越えましょう!!!


➡ 正しいネガティブになる方法 思考改善よりメリットを活かすが正解!



どうすれば「ネガティブで弱い営業マンが仕事のできる人」になれるのか?




私は過去、何となく営業をして何となく成績が上がっていました。


でも、私はネガティブで自信がなかったので、将来は大丈夫だろうかとずっと不安でしたし、どうすれば「営業で仕事ができる男」になれるのか分かりませんでした。

結果、「営業で仕事ができる男」の条件を明確にするのに時間がかかり、とうとう40歳を超えてしまったんです!


ただ、コンサルタントといった寄り道等、7回の転職経験や長い営業経験があったからこそ、営業で仕事ができるワークを開発できたんですね!!


営業は小手先のテクニックや運に任せたやり方では継続的に安定した売上を達成することはできません。

そして営業ができる人や他者のやり方を真似ても状況は良くならないんです。


なぜなら、それは “その人のやり方” だからなんですよ!


つまり、営業ができる人のやり方は、その人の強みや環境があってこそなので、あなたには当てはまらない場合が多いということです。


根本的な営業の考え方や “ネガティブなあなたに合った” 営業方法を行う必要があるんですね!


ということで、あなたに合った営業方法や考え方を身につけることができる、7日間の無料メール講座を作りました。

このメール講座の中で、ワークもプレゼントさせていただきますので、少しでもお役に立てれば嬉しいです!


ネガティブでマイナス思考、自信がない弱っちい営業マンから卒業し、人生を変えてしまいましょう!!


➡ 無料のメール講座はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA