40代ならハローワークよりリクルートエージェントが優秀な理由



こんにちは!


中小企業診断士でハローワーク嫌いの40代営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 40代で転職を考えている
  • 今までハローワークだけの転職経験しかない
  • リクルートエージェントが気になっている



以上の項目に当てはまる40代のあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います!


私は転職歴7回、しかも40代で3回転職しております。

なので経験上分かるのですが、はっきり言ってハローワークだけで、

40代以上の転職は難しい!!



と思います。

40代の転職おっさんが言っても説得力ねーな。。

40代のフリーターみたいなもんでしゅからね。。



。。。


なぜなら、各企業で求めている能力や人物像がバラバラであり各企業ごとの対応が必要なので、ハローワークの当たり障りのない支援方法では対応できないからです。


ハローワークが悪いとは言いませんが、正直、機械的な求人案内だけでアドバイスもいまいち。。

なので、私はハローワークは失業手当以外、一切使っていませんでした。


では、ハローワーク以外でどうすればいいのか!?

転職エージェントであるリクルートエージェントを使うべきです!

なぜなら、求人企業数自体が圧倒的に多いですし、ハローワークよりよっぽど役立つからなんですね。


30代以上で特に40代になると求人数が激減します。

なので、求人数自体が多いことはかなり重要な要素となりますし、リクルートエージェントではハローワークよりも専門的でサポートを受けられるんです!



私は過去に転職エージェントを使いこなせずに、焦ってグレーの会社に入社した過去があります。。

なので、私のようにならないために、40代なら是非ともハローワーク以外も活用していただきたいです!


ということで今回は、

  • 40代がハローワークだけでは難しい理由
  • ハローワークよりリクルートエージェントが優秀な理由



以上の内容をお伝えします。

30代以上であれば参考になると思いますので、転職に失敗したくなければあれば是非ともチェックしてください!

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

40代がハローワークだけでは難しい理由



40代の求人は本当に少ないです。

少ないことに加え、40代には高度な能力や即戦力を求められており、各企業で求めている人物像も違うので、はっきり言ってハローワークの支援方法だけでは対応できません!


ハローワークでも求人内容を見ることはできますし助言もいただけますが、各求人企業向けではなく一般的な助言内容なんですよね。。

応募書類の書き方も各求人企業向けではないですし。。


まあ公的機関なのでしょうがないのですが、ハローワークだけに頼っていては他の40代ライバル転職者に勝てません!


また、40代で転職先が簡単に決まらないのは当然なんです!


実際の能力が読めない40代を雇うくらいなら、新卒や第二新卒を雇った方が将来性があり、給料も低く抑えられるのでリスクが少ないですから。

万が一、役に立たない年配さんを雇うと人件費が無駄になりますし、若手が扱いに困り会社の雰囲気も悪くなりますしね。。


このように、年齢以外に求められている能力や求める給料の認識が、特に40代以降では求職者と求人企業との間で大きなへだたりが出てきます。

求職者と求人企業とのギャップの詳細は下記記事で記載していますので、こちらを参考にしていただければと思います。


【参考記事】40代転職の現実が厳しい理由 40代で3回転職した私が感じたこと



そして求職者である我々は、求人企業が本当に求めていることが何かを把握する必要があるのですが、ハローワークにそこまで求めるのは酷ですし、難しいです。

でも、転職エージェントの担当コンサルタントなら把握しているんですね!


なので、ハローワークではなく、私は絶対に転職エージェントを使うべきだと思っているんです。


ただ、特にハローワークしか転職活動で使ったことがない人にとっては、転職エージェントどころか転職サイトもよく分からないと思いますし、抵抗があるかもしれませんね。。


ただ、それは使ったことがないから当然であり、使い方を知れば大丈夫です!

なんか面倒くせーな。。
ハローワークだけでいいんじゃね?



そもそも、なぜ私がハローワークより転職エージェントである「リクルートエージェント」をおススメするのかと言いますと、、

40代の転職は簡単には決まらないからです!

しつこいな。
それ、さっき聞いたよ。。



それぐらい難しいということです!


私の経験上、40代の転職は人によってはかなり条件も悪くなり、求人も多くないので、最悪、転職先が全くないという状況もあり得るんですね。。

そんな状況なのに一人で転職活動はかなりリスクが高いですし、良い転職先を見つけるのは至難の業だと思います!


なので、私はハローワークは一切使わず転職エージェントばかり使っていましたが、40代には必須だと思っているんです。


でも数ある転職エージェントの中でなぜ、「リクルートエージェント」なのか?

次にお話したいと思います!

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

ハローワークよりリクルートエージェントが優秀な理由



40代の私が実感した、ハローワークよりリクルートエージェントが優秀な理由は下記です。

  • 大手ならではの多彩な転職支援や情報が満載
  • 求人数や紹介メールが半端ない!
  • メールでの対応が早く電話対応も可能
  • 応募書類添削や面接対策が抜かりない
  • 条件交渉や聞きにくいことを求人企業に聞いてくれる



以上なのですが、リクルートエージェントの強みとも言えますね!

順番に私の体験談と共にお話します!


大手ならではの多彩な転職支援や情報が満載



リクルートエージェントは “転職支援実績No.1” であり、業界や業種も多岐にわたっているため、様々な業界の転職ノウハウがあります。

参照:リクルートエージェントHP




なので、どんな業界であれ有効なノウハウや助言を求めることが可能です。

また、専門領域に特化した支援をしているのも大手ができる技ですね!




また、大手ならではの転職情報も満載なんです。


まずは転職活動の進め方の記事 ↓




そして、セミナーや面接対策、オンライン講座等、、

色々と初心者に優しいじゃねぇかよ。。



初心者にとっては嬉しい内容です!

会社ではベテランでも転職活動は初心者の人は、周りに聞けないですもんね。。

ましてや転職したいとは言えないでしょうし。。


私の場合は転職回数が多いので見ることはなかったですが、初めてであれば参考になることが多いと思いますよ!

また、簡単に職務経歴書を作成できる「職務経歴書エディター」という機能があります。




こちらでキャリアシート情報を反映させて、記入していけば職務経歴書が完成します。

職務経歴書を作成したことがない人がどんなフォーマットにすれば良いとか、書き方が分からない場合はこちらを使うといいかもしれませんね。


求人数や紹介メールが半端ない!



私が40代でリクルートエージェントを使った感想で一番感じたのは、求人数の多さです。

実際に、

  • リクルートエージェント 公開求人数:約10万件 非公開求人数:約14万件
  • doda(デューダ) 公開求人数:約6万件 非公開求人数:非公開
  • マイナビエージェント 公開求人数:約2万件 非公開求人数:約7万件



上記のデータがあり、リクルートエージェントの求人数が非公開も含め、圧倒的だというのが分かると思います。


本当に、紹介メールが半端なく多い!

どうせ、あみだくじで適当に会社選んでメールしてんだろ?

そんなことするの、こっちゃんぐらいでしゅよ。。



私は実際、他の転職エージェントも使っていたのですが、40代では案件自体が少ないし紹介してくれる会社もあまりなかったので、本当にびっくりしました!

毎日毎日、私に合った案件をメールしてくるんですよ!


この求人の多さが「40代の転職」ではかなり重要な要素となります。

なぜなら、転職活動をすれば分かりますが、本当に40代の求人が少ないんですね。


実際、私は他社の転職エージェントを使いましたが、電話面談ではあまり前向きな話はされなかったですし、その後に紹介案件もありませんでした。。


「40代で転職ってマジ大変。。」


と凹みました。

なので、求人自体が多いというのは40代には貴重なことなんです!



そして私の条件に合った案件をメールにも書いてますが、下記のように「自動送信メール」で送ってくれます。

うわ、きたね。。




まあ、実際に私に来たメールなので、名前や会社名等は伏せておかないとね。。


こんな感じのおススメ求人が毎日来るんです。

ほんと、毎日です!


先ほども言いましたが、私が他に使っていた転職エージェントからは紹介案件どころかメールすら全然来ませんでした。

40代だと思ってバカにでもしてるんですかね。。


「40代のおっさんに食わせる求人はねぇ!」

「お前に食わせるタンメンはねえ!」のことでしゅか?

ふる。。

クソつまんね。



。。。


私は40代の転職はかなり厳しいと実感していた時だったので、40代の私に毎日紹介メールが来ること自体、驚きと同時に戸惑いを感じたものでした。


また、リクルートエージェントではさらに良い機能として、下記のような “検討中の求人一覧と応募状況メール” が別で送られます。



赤〇部分が応募状況になるのですが、検討中〇名、応募済み〇名と記載されています。

上の赤〇企業は人気で「314名検討の41名」もすでに応募していますね!

まあ想定年収が800万~1200万なので人気なのも当然でしょうが、40代の私には無理でしょう。。



試しに応募してみたのですが、案の定、書類で一発アウトでした!

行く気もなくIT苦手な私が申し込む時点でどうかと思いますが。。(笑)


一方、一番下の赤〇企業ですが、検討中2人で応募がたった1人。。

めちゃ不人気企業ですね。(笑)

競争率が低いので書類で受かりそうですが、行く気もない会社だったので遠慮しておきました。


このようにライバルが少ない会社であれば、40代でも転職できる可能性は高まります!

確かにライバルが何人いるのが分かるっていいよな。




ちなみに検討中の求人とは「お気に入りの求人」のことです。


私の担当キャリアアドバイザーも、気になった求人はお気に入りに入れておくことをおススメしてました。

お気に入りにいれておくと上記のような応募状況が分かるのと、下記のように求人企業からスカウトが来ることもあります。



お気に入りにするには、お気に入りボタンを押すだけなのでバンバン押していくのがいいですね!

ただ、私みたいに行く気もないのに押してしまうと会社が多くなりすぎて見なくなってしまうので注意が必要です。

どうでもいい会社をお気に入りにするのは、自己承認欲求が高いモテないヤツの典型だな。。

まるでこっちゃんみたいでしゅね。。

でしゅね。

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

メールでの対応が早く電話対応も可能



リクルートエージェントは大手のくせに対応が早い!

いや、大手だらからこそ対応が早いのかもしれません。


私の経験では、他の中小転職エージェントでここまで対応が早かったことはなかったので、少し驚きでした。

何かメールで質問をすれば次の日には返事がきます。


実際のメールはこれですね。↓



しかもリクルートエージェントの凄いところは、担当のキャリアアドバイザーにアシスタントがいて、担当アドバイザーが不在の時にはアシスタントか代理対応者のどちらからか必ずメールが来ることです。↓



さすが大手ですね!

また、私の場合は夜に連絡することがほとんどだったのでメールにしていましたが、電話連絡も可能です。

ただ、電話だと相手の都合で繋がらないこともありますし、キャリアアドバイザーも求職者を多く抱えて忙しいと思うので、出来る限りメールにした方がいいと思います。


私の場合、電話で直接話したのは登録した時と面接前の2回しかありません。

メールで質問をすればすぐに返事が返ってくるので会う必要もなかったですし。。


もちろん、キャリアアドバイザーと直接会って話することもできると共に、電話やZoomの対応も可能です。

なので、遠方の場合でも気軽に相談することができます。


ついでに恋愛相談にも乗って欲しいんだけどー。。

マジきも。。

でしゅね。。

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

応募書類添削や面接対策が抜かりない



私と担当キャリアアドバイザーとの電話面談では1時間ほど話をしたのですが、私の希望職種や経歴を聞いておすすめの求人の紹介と職務経歴書の内容の修正部分を細かく話し合いました。

転職回数が多い私の職務経歴書の内容には自信があったんですけどね。。


それでも修正内容が的確だったので、アドバイスをもらい作り直すことにしたんです。

そして職務経歴書を2度修正して何とか完成!


かなり良い感じに仕上がりました!

こんなに細かく書く必要あんのか。。
1枚で適当に書けばいいんじゃねーの?



まあ私の場合は転職回数が多いので3枚になりましたが、最低2枚は必要だと思っています。

なぜなら、書類審査はこの職務経歴書次第であり、話をしないで書類だけで自分の今までを語らなければならないからです。


1つの席を20代や30代もまざって争う転職合戦に40代が参戦するのであれば、自分の今までの経験をアピールして若手を差し置いて採用するメリットが必要になります。

また、応募者も多いので真剣に書かなければ40代では間違いなく落とされます!


なので私は職務経歴書は本当に重要だと実感しましたし、転職エージェントの助言を聞く必要があるんですね。


そして、私はキャリアアドバイザーのアドバイスのおかげで思ったよりあっさりと書類審査が通りました!

前回は書類審査でかなり苦しんだんですけどね。。


やはり転職エージェント、おそるべしでした!


また、面接対策にも抜かりはありません。


私が書類審査に通った後に、面接対策めちゃメールが来ました!

めちゃ多い。。
まるでストーカーだな。



ですよね?(笑)

しかも、面接前にキャリアドバイザーと面談があるんです!


メールや動画等に加え面談までこなせば、もうバッチリですね!

おかげで私は面接も通過しました。


そして二次面接対策の助言と、ついでに社風も聞いたところ、、




かなり細かく丁寧に答えてもらいました。

一番下の2次選考のポイントみたいな有力情報もありますね!


確かにリクルートエージェントのメールをしつこいと感じるかもしれませんが、40代の転職活動は難しいうえ、時間の制約もあるので細かくアドバイスをもらうことは重要です。

有休を多く使ってむやみやたら面接に行くことはできませんし、少ない求人の中で自分に合った求人を勝ち取るには、転職エージェントの助言は必須になります。

また、かなり役に立つこと間違いありません!


条件交渉や聞きにくいことを求人企業に聞いてくれる



面接等で面接官に直接、条件交渉の話、特に気になる年収については話しずらいですよね。。

転職回数7回を誇る私ですら聞きづらいです。(笑)


そんな時にリクルートエージェントが交渉してくれるのでありがたいんですよね!

超エリートの俺でも、さすがに年収1000万くれとは面と向かって言いづらいな。
まあ言わなくても分かってるだろうが。。

分かるわけないでしょ。
クソして寝てろ。

みっちゃん、お下品でしゅよ。。




私も年収は当然気になるので、キャリアアドバイザーに聞いてみました!

そうすると、、↓




やはり交渉してくれるので心強いですね!

しかも内定時にモデル年収も提示してもらえそうです。


ただ、希望年収を高くし過ぎると採用されない可能性もあり難しいところですね。。

なので、キャリアアドバイザーに相談して希望年収を決めた方がいいです。


一人で転職活動をすると独自の判断で面接時に条件を細かく聞いてしまうこともあり得ますが、条件を後でも聞けて交渉もしてくれる転職エージェントはありがたい存在だと改めて思いました。



以上となりますが、おかげで私は面接にも無事に通りました。

訳があって辞退することになりましたが、大変お世話になりましたね!


実際にキャリアアドバイザーや面接対策等は下記記事で詳細をご確認できます。


【参考記事】リクルートエージェントで電話面談のみで転職活動した感想



本当にハローワークより役に立ちますし、40代ならリクルートエージェントは必須だと実体験で感じた私でした。

今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!!


下記の公式サイトから登録できるので是非とも試してみてください。

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA