ブラック営業会社は無理! 転職 3ヶ月で辞めた理由と退職方法






こんにちは!


中小企業診断士のMr.ブラックこと、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 転職してまだ3ヶ月だけど、すでに辞めたい!
  • 転職3ヶ月で辞めた場合どうなるのかな。。
  • ブラック企業だから辞めるの怖いし、うまい退職方法はない?



以上のことで悩んでいるあなたに、是非とも今回の記事を参考にして欲しいです。

また、今回は私がブラック営業会社に入社して3ヶ月で退職した話をしたいと思います!

厳密に言うと、3ヶ月弱なので2ヶ月なのですが、恥ずかしいので3ヶ月にしておいてください。(笑)

そんな目くそ鼻くそみたいな見栄を張るなっての。



そもそもなぜブラック企業に入社したかと言いますと、知らなかったからです。

私はIT業界に行きたかったのですが、求人内容をよく読んでいないで、勝手にIT業界だと思って入社したら、実はゴリゴリのコピー機販売会社だったんですね。

そんなバカなことがあり得るのかよ。。

バカの極みでしゅ。

こっちゃんを上回るバカね。。



まあ、普通に考えたらあり得ない話ですよね。(笑)

まだ転職に慣れていない頃だったので、しょうがないっす。


「これからはITだ!」


と思って勇んで入社したのですが、いきなり東京にて研修ということで東京で同僚と3人暮らししたのです。


これが地獄の始まりだったんですよね。。

ということで今回は、

  • 変な会社に入ってしまった・・
  • やばい、会社がブラックすぎる!
  • 入った会社がブラックだったら、どうする?
  • 真似したいブラック企業の退職方法



以上の私の経験話をさせていただきますね!

変な会社に入ってしまった・・


そもそもIT業界だと間違って入社した、コピー機販売の営業会社。


元々は教材を販売している会社らしく、これからコピー機を販売していくらしい。

簡単に言えば、大塚商会とかコピー機の営業電話や訪問が会社にたまに来ると思うんですけど、そんな仕事ですな。


私はパソコンを使いこなすような仕事と思ってたのが、なぜかコピー機販売。

「あれ?おっかしーな。」


と当時に思った記憶がありますが、今でもなぜ、どういった経緯、考えで入ったのかは思い出せません。

ただ、何も考えてなかったんだと思いますね。


若いって怖い。。

いやいや、ただのバカだろ。

でしゅね。



そして、なんかよく分からないまま、研修でいきなり東京支店の近くに住み込み。


で、社長は見るからにうさん臭く、まるでチンピラ。

私が東京へ出発する前に送ってもらう前に、そのチンピラ社長はファミレスで熱く語ってましたね。




と。。

とる、って漢字がやばい。
まるでヤーちゃん会社じゃねーかよ。

失敗したら消されるかもしれないでしゅね。。



私も少し恐怖に感じましたが、もう東京に行くしかなかったんですよ。

そして、東京ではすでに少し前から住み込みをしていた同僚の2人が滞在中。

挨拶もそこそこに、いきなり研修として山に連れていかれ、違う会社の人たちと共同で合宿することになったんですね。

うわ、こわ。。



その合宿はまるで軍隊。(笑)

腕立てや腹筋、山の中を走りまくり、帰ってきてからは勉強かと思いきや、座禅。

そして合間に、テーマを決めてどうやって相手を言い負かすかの討論合戦。


いかに自分を追い込めるか、相手を追い込むか、もう根性論の世界でしたね。

夜は炎を囲んで大声大会で締めました。

なんかテレビで見たことあるな、そんな合宿。
俺はパス。。

こっちゃんも、その腐った根性を叩き直してもらったほうがいいわね。



二泊三日の最終日は、山の中ラリー。

その後に、教官から最後の質問で、


「お前のライバルは誰だ!?」

と思いながらも、


「教官、ライバルは自分です!!」

すっかり洗脳されてんじゃねーかよ。



「変な会社に入ってしまったかも。。」


と気付いた私はすでに遅かったんですよね。。

やばい、会社がブラックすぎる!


軍隊合宿から戻ってきた私は、次の日から会社の方に出社しました。


東京支店と聞いていたのですが実は違っていて、出社した会社には軍隊合宿で一緒だったメンバーがいたんですね。

つまり、支店ではなく私みたいな新人を教育する訓練所みたいなところだったんです。

コピー機販売の営業マン製造工場。


もう地獄でしたね。

ほんと軍隊。


朝、出社した瞬間から音楽が大音量で流れており、挨拶は大声で


「オッス!!」

「声が小さい!」

こえ~。
俺は絶対に無理~。



そして、朝からひたすらテレアポ。

しかも立った状態でアポが取れるまで座れず、昼までにアポが取れなかった場合はボロカスに怒られるわけですよ。

3日もアポが取れない日には、もう会社辞めろ、人間辞めろだの、ノイローゼになりそうなことを大声で叫ばれます。


「この会社、ブラックすぎる。。」


私が隣で聞いてても、ひどいのなんのって。

もう完全にクズ扱いでしたね。

教官は座りながら机に足をのせて、あらゆる罵詈雑言を浴びせる。

今の時代にこんなことやってたら訴えられるぐらいでしたね。(笑)


で、アポの取り方も営業方法も論理的な方法ではなく、とにかく根性と同情論。


それに、アポを取って訪問しても、大したコピー機の知識もないし高額なので全然売れないんですよね。

そして、売れずに帰ってくるとボロカス言われるわけですよ、


「なぜ売れてないのに帰ってきたの?」

ゾ~。



と。

売れるまでその場所に居続けろ、帰ってくるなだって。。

ある日、夕方に会社が少し騒がしくなり聞いてみたところ、同僚が警察に捕まったそうだ。

理由は、コピー機を断られたけれど、ずっと会社に居続けたために警察を呼ばれて連れていかれたらしい。

まるで犯罪者だな。。

そんな営業マンがきたら怖いでしゅ。。



明日は我が身と思いつつ、来る日も来る日もアポを取る。

でも、営業に出ても全然売れない。

売れずに帰るわけにも行かないから、夜まで通りがかりの店や会社に飛び込み営業をする日々が続きましたね。


でも、私もとうとうやっちゃいました!

私は売れてないから必死だったので、ある日、コピー機を売るまで会社に居続けたのです。

いらないと言われても、出て行けと言われても。


すると警察を呼ばれてしまったんです!

いよいよ、こっさんも前科1犯か。。

犯罪者の話はもう聞く必要ないでしゅね。

「犯罪者はヤダ~!」



まあ、警察とはその場の話で終わり、無事に帰してもらったんですけどね。。

いやー、犯罪者にならなくて良かった良かった!

ちっ。

残念でしゅ。



。。。


これがきっかけで、まだ3ヶ月(厳密に言うと3カ月弱)でしたが私は辞めることを決意したのです。

入った会社がブラックだったら、どうする?


私はブラック営業会社を辞める決意をしました。


もう今すぐにでも東京から帰りたい、この会社から消えたい。

なので、私は逃げることにしたのです。


一応社長には電話で伝え、その日で辞めて、次の日に帰りました。

逃げるのだけは早い。



辞めた後に帰ったときは情けない気持ちでいっぱいでしたが、私はすぐに辞めて良かったと思ってます。

そのままブラック会社に居続けても普通の精神では、病んでいると思いますから。


ブラック企業に長居は禁物です。


別の話で、私の過去のブラック企業に長く勤めていた上司がいたのですが、その人が辞める時は大変そうでした。

なんせ長いこと所属していたので、社長は辞めさせたくない。

結果、しばらく辞めさせてもらえなかったのですが、その間に嫌がらせはされるわ、叩かれるわでもうボロボロになって、めちゃ可哀想でしたね。。


なので、もしあなたが入った会社がブラック企業だった場合は、すぐに逃げることをおすすめします!


まあ、私の場合はロクに調べずに何も考えず入社してしまったので、私が悪いのです。

そんな私が言えることは、転職する際はしっかりと転職先が何をしているのか、ブラックではないのかを把握してください!ってことです。

こっさんみたいなバカな転職はしねぇだろ。
でもよく、ブラック企業をすんなり辞めれたよな。。



ですよね。

次にコツをお話しましょう!

真似したいブラック企業の退職方法


ブラック企業からの退職方法ですが、「逃げること」です。


会社でブラック社長に説明したところで、うまく丸め込まれるか、辞めさせないように無視されるかどっちかです。

ひどい場合だと暴力を振るわれるかもしれません。


なので、電話一本入れて「今日で辞めます」でいいのですが、電話する前に準備しておく必要があります。

私は何も考えずに逃げましたが、できれば計画的に逃げて欲しいと思うからです。

そのために、まずは退職日を決める必要がありますが、一般的に退職日は「退職届の発送日から最短で2週間後」となります。

なぜなら民法で「退職の申し入れ日から2週間後が退職日」と規定されているからです。


退職日の設定についての例外は、有給休暇が2週間以上残っている場合ですが、この場合は退職日を有給休暇の最終日に設定してOKです。


そしてほとんどの人は、退職の意思表示から実際の退職日まで2週間待つ必要がありますが、その間は有給休暇もしくは欠勤扱いにしてもらうよう会社にお願いしてください。

でも、嫌がらせするような会社だったらどうすんだよ?



その場合は、次にもお話をしますが、弁護士もしくは退職代行を使うのがいいと思います。

退職成功率100% 業界知名度NO.1 退職代行EXIT【公式サイト】



ブラック企業は普通の会社ではありません。

なので、ブラック会社を辞める場合に注意していただきたいのは、

  • 欲をかかない
  • 証拠を押さえておく
  • 転職先を見つけておく



以上の3つですね。

順にご説明します!


欲をかかない



欲をかかないとは、給料とか退職金等、お金の件です。


たまにあるのが、辞める時に弁護士をたてて残業代を請求したり、賠償金を請求したりすることですが、やめておいたほうがいいですね。

なんでよ!
本来、もらうべき金だろ?



なんせ、相手はブラック企業ですよ?

何をしていくるか分かりませんからね!


ブラック企業の場合、怖いのは攻撃してくることなんですよ。

普通の会社ではあり得ないことが起こるのがブラック企業!


私の場合は下の記事に記載してますが、退職後に前社長に殴られ、危うく自殺しかけたことがあります。



なので、ブラック企業の場合、1か月分の給与が払われない可能性もあります。

現に私はある会社で辞めるとき、給料を諦めましたから。


もちろん交渉はすべきですが、過度な交渉は私みたいに後ほど相手から攻撃を受ける可能性もあり、リスクが高くなります。

大事なことはブラック企業から脱出することなので、欲をかかず給与の減額ぐらいであれば、交渉に力を割かずさっさと次の会社に集中しましょう!


証拠を押さえておく



ブラック企業の場合、退職するときに理不尽な要求をしてきたり、訴えてくる可能性もあります。

なので、残業時間をずっとメモにしておくとか、上司や社長の言動を録音するなり防御もしておいたほうがいいですね。


裁判は私も経験がありますが、本当に時間がかかりますし、精神的にもしんどいです。

なので、あなたがブラック企業の証拠で裁判を起こすことには反対ですが、いざとなった時の防御策としてとっておきましょう!


そして、何かあれば弁護士や退職代行に相談して欲しいのですが、弁護士となると大げさになりますし金額もバカになりません。

なので、退職代行の方が良いと思うのですが、退職代行も怪しいものもあります。


そこでおすすめは、「EXIT」です。


 業界ナンバーワンのメディア掲載実績でしかも、退職成功率が “100%” なんですよね。

しかも転職サポートも行っており、EXIT 指定の総合転職エージェントに登録して、転職が決定した場合、代行費用を全額キャッシュバック(条件あり)されるんです!

費用は少し高くなりますが、転職先を紹介してもらうと共に、確実に退職したいのであれば、安いものだと思います。


興味があれば下記からサイトを確認してください。

退職成功率100% 業界知名度NO.1 退職代行EXIT【公式サイト】

転職先を見つけておく



私の場合は、我慢が出来ずその日で退職してしまいましたが、絶対に次の職場を見つけてから辞めた方がいいです。


ブラック企業であれば私みたいにすぐにでも脱出する方がいいのですが、次の仕事先が決まっていなければ辞めてからお金に困ることになります。

会社を辞めてから仕事を探し出すと、採用が決まるまで時間がかかりますし、その間は給料もありません。


結果、お金がなくなってくる恐怖と、早く就職しなければという焦りで、またまたブラック企業に入社してしまう可能性があるんですね。


それに転職活動をしていると、ブラック企業にいたとしても心の余裕ができます。

他にも色々と良い会社があると分かり、「転職したらもうこの先、仕事がない」といった妄想もなくなります。


なので、下の記事も参考にしていただき、是非とも転職活動をしてください!


【参考記事】次の仕事決まってないけど辞める!デメリットと焦った私の悲惨話



逃げの転職でも全然かまいません。

私は人生、逃げまくってます。(笑)


たとえ、今は逃げても次の会社で挽回すれば、結果的には逃げではなくなりますからね。

なので、気にしないでください!

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「ブラック営業会社は無理! 転職 3ヶ月で辞めた理由と退職方法」として、

  • 変な会社に入ってしまった・・
  • やばい、会社がブラックすぎる!
  • 入った会社がブラックだったら、どうする?
  • 真似したいブラック企業の退職方法



以上の私の経験話をさせていただきました!


ブラック企業でも学べるものは多少あります。

私の場合は、飛び込み営業の度胸はつきました。


でも、長く残ると辞めづらくなるため、長居は禁物です!

なので退職準備を整え、欲をかかず証拠を集め、転職を見つけて計画的に逃げちゃいましょう!


あなたが無事にブラック企業から逃げれることを祈っています!!

転職しようか悩んでいる時にすべきこと




転職しようか悩む。。


もし、今の状態で転職してしまうと、逃げの転職になってしまうとか、会社に迷惑をかけてしまうとか、今後の人生についても考えてしまうかもしれませんね。


ただ、私は逃げの転職が悪いとは思ってませんし、実際に私は何度か逃げております。


でもね、会社を辞めてしまえば、意外とすっきりしますよ!

まあ、会社を辞める前はすっきりするかどうか分からないですし、もう辞めれば人生が終わりみたいな考えになってしまいますよね。


私がそうでしたが、心が疲れているときは、冷静に考えられる状態ではありません。

冷静に考えられないと共に周りが見えていない状態なので、今の会社が全てだと勘違いして自分にプレッシャーをかけてしまうわけですね。

勝手に自分を追い込んでますが、実際はそうでもないんですよ。

会社は1人いなくなってもどうってことないですし、ましてや営業で成績がいまいちなのであれば、会社も引き留めませんから。(笑)


残念ながら会社ってそんなもので、7回も転職している私が感じたことです。


そして、今の会社を辞めても人生は終わりませんし、むしろ今よりも自分の能力を活かせる場所であれば、今後の人生は間違いなく好転します!


実際、今の会社に固執しなくても他に会社はいくらでもありますし、良い会社も多いんです。

私は気付くのが遅かったですが、今では本当にそう思ってます。


なので今の会社に固執する必要はありません!

成績を上げても評価されない、今の会社が嫌いなのであれば残る方が危険です!


逃げるが勝ち!


だいたい、逃げの転職が失敗かどうかは、次の転職先次第です。

次の転職先でやりがいを見つけたり、今よりも幸せなのであれば、転職は失敗どころか成功ですから!


なぜ転職しまくっている私が今の自分に満足できているのか?

それは、転職することで自分がやりたいことをしてきましたし、転職で私は成長できたからです。


でも、何も考えずに転職したわけではなく(若い時は何も考えていないときもありましたが。。)、転職のことでエージェントに相談したり情報を集めて再就職先を探したりして、転職先をしっかりと選んだことが大きいんですね。


その方法として私は、転職サイトに登録して、転職エージェントも使い、自分に合った会社を選んだのです。


特に、転職エージェントはかなり使いました。


企業情報から残業がどれぐらいとかまで、面談と電話の両方でかなり話しました。

もちろん、転職エージェントのアドバイザーもすべてを包み隠さずに言うわけではないのですが、参考になる情報が多くかなり役に立ちましたね。

もし、あなたはまだ転職に迷っていたり、今は転職する気がなくても、まずは転職サイトに登録しておいたほうがいいです。

なぜなら、あなたの仕事が忙しくなったり、さらなる過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくんです。

そして、仕事がつらくて逃げたくなった時や辞めたくなった時、転職したくなった時に「転職する!と言う選択肢」を使えばいいんですね。

転職サイトは無料で登録できます。



無料で、しかもあなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめ求人がメールで自動的に届くので、今すぐには転職できない場合でも転職したい気持ちがあるならぜひ登録しておくべきです!

私が逃げの転職でも成功できたのは、転職サイトに登録しておいて求人をマメにチェックして、たまたま募集をしていた優良求人を見逃さなかったから。


なので転職サイトは登録はしておいたほうがいいのですが、おすすめは私も使っていた「リクナビNEXT」です。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら



また、先ほども言いましたが、逃げ転職で成功したのは転職エージェントの力が大きかったです。


私が独自で再就職活動をしていても全然決まらないときがありました。

精神的に疲れ途方に暮れていた時、転職エージェントのアドバイザーに親身に相談に乗ってもらいアドバイスを受けたおかげで、余裕を持って面接を受けることができ、未経験ながら希望のアパレル企画職に就くことができました。


上記とは違う話ですが、私がコンサル会社で毎日深夜まで仕事をしていて心身の疲れと能力的にも、今の会社では今後厳しいと感じた時にも転職エージェントに相談に乗ってもらいました。

そして非公開求人で残業が少ない有名会社を紹介してもらい、本音で残業がどれぐらいなのかや職場の雰囲気を求人会社から聞き出してもらうと共に給与交渉までしてくれて、求人内容より給与がUPしましたね。


また、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わったのですが、特に大手企業の求人に対する職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

大手企業という会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PRの書き方まで。

ただ単に自分の強みの羅列ではなく、大手企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


転職エージェントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。

このように転職エージェントは親身になって転職の手助けをしてくれますし、何かと役に立ちますので、活用しないともったいないですね。


そんな利点が多いのに、転職エージェントは無料っていうのがいいんですよ!


登録していないのであれば、まずは「リクナビNEXT」と連携している大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。

【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



なぜ転職サイトと転職エージェントなのか?

なぜリクナビNEXT、リクルートエージェントなのか?

の詳細は下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。


【参考記事】転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?30代のおすすめはこれだ!


もう一つ、ご紹介したい転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベル!


私はこのエージェントもよく使いましたね。

しかも、めちゃくちゃお世話になった会社です。


最初に訪問した時は、接客の丁寧さにびっくりしましたし、転職のイロハを教えてもらいすぎて申し訳なかったなと思ってるぐらいです。(笑)


しかも、紹介してくれる求人は有名企業やハイクラス求人も多いのですが、普通の求人もあるのがいいですよね。


ネットを見てると、年収600万以上の方向けとか、なにか敷居が高いような書き込みがみられますが、そんなことありません!

私の場合、年収なんか500万もなかったですし、アパレルだったので、汚い私服で訪問したにもかかわらず丁寧に対応してもらい、しかもいい求人を紹介してもらえました。


私はJACリクルートメントに訪問する以前に何回か転職していたのですが、それでも色々と知らないことを教えてもらったおかげで転職力もさらに上がりましたね。


なので、年収とかハイキャリアにこだわる人はもちろんですが、普通の求人でも活用したほうがいいと感じた転職エージェントです。

無料なので、是非とも登録しておいてください!

【公式サイト】JACリクルートメントの登録はこちら




また、転職サイトや転職エージェントを使いながら、別の方法で応募企業の評判を調べることも大事です。

調べる方法は「会社の口コミサイト」です。


気になる会社を調べることは当然、応募する前にしておいた方がいいので、今の内に登録して情報を集めることをおすすめします!


そして、おすすめ口コミサイトは「転職会議」です。

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら




正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりましたね。

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなります。


私の反省もこめて、是非登録はしておくべきだと思います!

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA