失業で40代無職は死ぬしかない?はいどうぞ!と言われる前にすべきこと


こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。

  • 40代で失業して無職になってしまった。
  • 無職でお金が尽きたら死ぬしかない。。
  • 失業したしもう人生終わりだ!



こんな風に嘆いている人に今回の記事を是非読んでいただきたいと思います。



失業で40代無職。死ぬしかない。。

そんなあなたは本当に死ぬしかないのでしょうか?

40代で失業って、辛いよな。。

こっちゃんもそうなるんだから、今から準備しておいたほうがいいわね。

あい~ん。




まあ、こっちゃんが言うとおり、他人から見れば所詮他人事ですし、この辛さは経験者にしか分からないんですよね。。

不安と絶望感に襲われる毎日を過ごしたことがない人には理解しがたいと思います。


ただ、そのままの状態でいるわけにいかないと本人も分かっているので余計にしんどいんです。。


ではどうすればいいのか?

先に結論を言いますと、

死ぬ必要はもちろんないし、失業なんか大したことない!



私はそう思ってるんです。


確かに失業は辛いですよね。。

私も40代で失業した経験がありますし、しかも40代で転職は3回!

40代で転職3回はやべぇな。。



なので、私はあなたの気持ちは分かりますし、対応の仕方も知っているつもりです。

ということで今回は、

  • 失業した40代無職は死ぬしかない?
  • 失業した程度で人生は終わらない!
  • あなたはなぜ失業したのか
  • じゃあ死ね!と言われる前にすべきこと



以上の内容を私の経験も踏まえてお話します。

死ぬとか言う前に、まずはこの記事を読んでみてください!

失業した40代無職は死ぬしかない?



そもそも、なぜあなたは40代で失業したら「死ぬしかない」と思うのでしょうか?

本当に失業したら死ぬのであれば、私は3回死んでますね。(笑)

笑ってる場合じゃねーだろ。。



まあ私の場合は転職が含まれますので、3回は大げさですが、失業したことはあります。

そして、あなたが「死ぬしかない」と考えている理由は、

  • お金がなくなるかもという不安
  • 再就職できないという不安
  • 家族から見捨てられるかもという不安



私の経験上、おそらく上記のようなことだと思います。

ただ、もし心に重い病気を抱えているのであれば対応方法が違ってきますので、その場合、まずは下の記事を見ていただければと思います。



では次から順番に説明します!


お金がなくなるかもという不安



私も失業した時には今後大丈夫かな・・と心配になりました。

貯金もないし、今後、給料はもちろん入ってこない。


しかも、私の場合は精神的に病んで仕事を辞めたので、もう人生終わったかもって思い詰めちゃいました。。


精神的に病んでいるときって、ほんと周りが見えてなくて考えがやばくなっちゃうんですよ。

街を歩いてても絶望感しかないし、お金の不安が私の頭から離れませんでした。


「この状態が続けば、あと何ヶ月かで金が尽きる。。」

「家を売って実家に帰ったらどうなるんだろうか。。」


さらに心が病むと、、

「俺の死亡保険金が出れば何とかなるのかな。。」


このように変なことを考えてしまいますし、今思い出しても嫌な気分になりますね。。



ただ、私も冷静に考えれば良かったのですが、確かにお金がなければ「死ぬ」こともあり得ると思いますが、無くなればの話です!

失業保険(自己都合の場合は3ヶ月後)はありますし、苦しければ税金や年金支払いをストップすることもできます。最悪、生活保護だってあります。

何よりも、再就職すれば、お金がなくなることはありませんよね!?


ただ、お金の不安=再就職できない、といった感じで再就職の心配が大きいのだと思います。


再就職できないという不安



再就職できなければ、当然お金がなくなっていきます。

つまり、お金の不安は前述通り、再就職できないかも→不安 という構図ですね。


私も経験がありますが、失業が決まってから次の仕事を見つけるまでは本当に不安で不安で仕方ありませんでしたよ。。

このまま仕事が見つからなかったら「人生終わりだ!」と思うぐらいでしたね!

ふ~ん、そうなんだ。
大変そうだね。。

めちゃ他人事でしゅね。。



そうなんです!

この不安は経験した者にしか分かりませんし、他人からすれば、しょせんは他人事なんです。

再就職できない不安。

これが「死ぬしかない」と思う一番の原因です!


家族から見捨てられるかもという不安



もう一つは、「家族に見捨てられるかも」「父親としての威厳が失われる」といった不安ですね。


もし今まで、家族に対して、


「誰のおかげで飯が喰えてると思ってんだ!」

「勉強しないと俺みたいに立派な人間になれないぞ!」


みたいに昭和な感じで威張り散らしていたのであれば、家族からは総スカンを喰らうでしょうし、もう取り返しがつかないかもしれませんね。(笑)

むちゃくちゃ言うなって。。
いつかお前、刺されんぞ?

それならもう、3回ぐらい刺されているでしゅね。




まあ、少し言いすぎましたが、あなたはおそらく昭和の親父風に威張り散らしていないと思います。


ただ、私も家族に対しての尊厳と言いますか、父親のプライドみたいなのはありましたね。

言葉にはしませんが、「お父さんは頑張ってるんだぞ!」みたいな。。


なので、転職先で給料が下がった時、私のプライドは無くなっちゃいました。(笑)


もし、あなたも私と同じように父親としてのプライドが邪魔をしているのであれば、気持ちは分かりますが、プライドにこだわっている場合ではありませんし、失業したぐらいで人生なんか終わりません!



【↓こちらの記事も参考にしてください】

失業した程度で人生終わらない!



はっきり言って失業した程度で人生終わりません!

死ぬしかないと思っているのは、自暴自棄だからです。


私は「失業で人生終わりかも。。」と嘆いていたとき、

  • 金銭的に困っているのであれば、金融機関に片っ端から頭を下げて回った
  • 条件を選ばずに何でもいいから再就職をしようと決めた
  • 家族に頭を下げて一緒に頑張るためのお願いをした



以上のように最善を尽くしました!!

と、、言いたいところですが、どれ一つとしてやってません。。

なんだそりゃ。
偉そうに言いやがって。



偉そうにすみませんでした。。(笑)


なので、私が失業して人生終わりかもと考えていたのは “単なる勘違い” だったと気付いたんです!

本当に最善を尽くしたのか!?と。


ほんとだよ。
やることやってから言えよ、ばーか。

こっちゃんも敵を作っちゃうタイプでしゅね。。




ほんとそうです!

失業した程度で、40代でおっさんの私がもし周囲に「死ぬしかない」って言ってたら笑われてますね。。


私のかつての同僚もよく「死にたい」って言ってましたが、陰で笑われてました。

「じゃあ死ねっつーの。(笑)」みたいな感じで。

もちろん表面的には皆、同情してましたけどね。。



先ほども言いましたが、しょせん失業は他人事なんです。

身内や親友以外からしたら、はっきり言って「どうでもいいこと」なんですよ!

私は失業してそう思いました。


実際、私は関係が薄い人から「なんとかなるって!」とよく言われましたが、適当な感じで心配なんかしてませんでしたね。

まあ、仮に再就職できなくても、慰てくれた人には何の影響もありませんし。。


しょうがないです。

想像以上に、世間も会社も冷たいですよね。。


なので、

自分自身で「なんとかするしかない」のです!




今の状況をよくできるのは、あなた以外他にいないんです!


「なんとかなるさ」と思って何もしなければ、下記記事のように「引きこもり無職」になってしまい、後戻りが難しくなります。


【参考記事】30代無職でなんとかなる?わけねぇだろ!引きこもり無職にならない方法



周りからの優しい言葉は心に沁みますよね、嬉しいですよね。。

分かります!

私もそうでしたから。


心の安らぎ、精神的に安定するのは良いことです。


ただ、周囲に「死ぬしかない」と言ったところで、同情はされても、あなたの今の状況は決して好転しません!

残念ながら、しょせんは40代おっさんの「愚痴」程度にしか思われてません。


「愚痴」を言いながら一生を過ごすのは嫌でしょうし、私もそんな弱い自分が死ぬほど嫌でした。

私は周りに情けない姿を見せたくなかったですし、特に家族には前を向いて頑張っている姿を見せたかった。。


ならば、辛くてもやるしかなかったんですよ。

なので、

やるしかないという覚悟を持つ!

そう決心するようになったんです。。

そうだよな、愚痴を言っても始まらない。。
お、俺、頑張るよ!!

いや、こっちゃんのことではないでしゅよ。。

勝手に言ってろ。




現実を認め受け入れた後に必要なことは、現状を打破すること、次に向かうための覚悟です。

覚悟がないと次へ進めません。

「覚悟」とは暗闇の荒野に進むべき道を切り開くことだッ!

ジョルノ・ジョバァーナ



かの有名な “ジョルノ・ジョバァーナ氏” もそう言ってますからね!


。。。



。。。


誰それ?

ジョジョの奇妙な冒険「Parte5 黄金の風」に登場する、ジョルノ・ジョバァーナの台詞でしゅよ。
知らないんでしゅか?

知るわけねーだろ。




ただ、目的もなく突き進むことではなく、自分自身で何が必要かを考え、すべきことをすることが覚悟なんです。


なので、あなたは今弱っていますが、是非とも自分で切り開いて欲しいんです!

ということで、次から具体的な行動に移していきましょう!


あなたはなぜ失業したのか



さきほど、かなり私の過去の情けなさを露呈してしまいましたが、あなたはまだ読んでいただいてるでしょうか!?(笑)

くだらんから、大半の人が去っていったと思うけど。



。。。


しょうがないです!

では、あなたにだけに対処法をお伝えしますね!


先ほど覚悟が必要だと言いましたが、覚悟を決めたらまずは、なぜあなたは失業したのかを考える必要があります。


まずは原因を把握しないと何をしていいのか分からないですよね。

また、原因が分からなければ再就職が難しくなりますし、結果、不安が払しょくされません!

  • 失業したのは、会社の業績の影響かあなたへの評価が原因か
  • あなたには何が足りなかったのか、何ができるのか
  • 回避する方法はなかったのか



以上のことを考えていきましょう!


失業は会社の業績の影響かあなたへの評価が原因?



会社の業績が悪化したためのリストラであれば、まだマシなのですが、あなたへの評価が低くて会社に必要とされなくなった末のリストラであれば、今後の行動に影響されます。


40代で失業して死にたいと思う人の大半がこの、「会社に必要とされなくなった絶望感」を持っています!

今までコツコツと会社のために頑張ってきた挙句、ポイ捨てですから、そりゃ悔しいですよね、腹立ちますよね。。

悔しいです!!

お前か~い。




ほんと悔しい、悲しいですよね。。

ただ、認めるしかありませんし、受け入れるしか方法がないんです!


会社の業績が悪化したせいであっても一緒です。

そんな状況でもあなたは残るよう求められませんでした。。


つらいでしょうが、是非とも現実を見て欲しいんですね。。


私は自分が必要とされていないから再就職先が見つからないんだと思ってましたので、なかなか現実を受け入れることができませんでしたが、認めることで次に進むことができました。


なので、もし評価が低かったのは自分の能力が足らなかったから、もしくは時代に付いていけなかったからだと気付き、認めるだけでも大きな一歩なんですよ!


大丈夫です。

ここまで読み進めたあなたは、もうすでにスタートラインに立っていますよ!!


あなたには何が足りなかったのか、何ができるのか



そして、次にあなたには何の能力が足らなかったのかを考えます。

専門職であれば、どんな専門的知識や技能が足りなかったのか。


40代であれば管理職であったかもしれませんが、ひょっとしたらマネジメントスキルが足りなかったのかもしれません。

また、人間関係が構築されておらず、実は周りから煙たがられていた可能性もありますね。。


とにかく、自分には何が足りなかったのかを把握することで、次の具体的な行動を考えることができるんです!


そして同じく今の自分は何が得意なのか、何ができるのかも考えてください。

つまり、あなたの強みですね。

自分の弱いところ、強いところを把握することが後ほど役に立ちます!


もしあなたの強みが分からない場合は下記記事を参考にしてください。


【参考記事】営業マンにおすすめの自己分析方法と診断例 シート・ツールを転職7回の私が紹介します!


回避する方法はなかったのか



最後に失業を回避することがなぜできなかったのかです。

「明日からもう来なくていい!」と言われたらどうしようもありませんが(実際は1ヶ月前の通告が必要です)、だいたい数カ月前に言われることが普通ですね。


なので、通告されて拒否することはできなかったのか、失業する前にどんな転職活動をしたのか、を振り返ることが大切です。

拒否することができなかったのは、自分のプライドが邪魔したせいなのか、具体的に転職活動は何を使ってどのような方法で行い、落ち度はなかったのか、と紙に書き出すぐらいはしたほうが良いと思います。


書くことで冷静に分析できますし、原因の漏れを防ぐことができますから。


では実際に行動に移していきます!


じゃあ死ね!と言われる前にすべきこと



「失業で40代無職は死ぬしかない。。」

と周囲に漏らし、「はいどうぞ!」と心の中で言われる前にすべきことは、再就職活動です!


再就職できるかどうかの不安は、再就職活動することで払しょくするしかないんですよ!

何もせずに考えるだけでは不安が募るだけですから。。


なので、「じゃあ死ね!」と言われる前にさっさと再就職活動をしちゃいましょう!



さきほどは、あなたが失業した原因を探りましたね。

原因を探ることができれば、もうあなたは前向きな姿勢になっているはずです!


今はもう周囲に「40代無職で死ぬしかない」と言っていたあなたとは違いますし、愚痴を言って「はいどうぞ!」と心の中でも言われることは、今後はないはずです。(笑)

嫌だったけど、失業した原因を探ることで自分に足りなかったことや、自分のことを知ることができて、少し前向きになったかな!

こっちゃんは失業してないのに、すっかり再就職する気になってるでしゅ。

放っときなさい。
バカがうつるって。




そして、まずあなたがすることは、「転職サイト、転職エージェントに無料登録」をして求人を探すことです!


少し前に現状の問題は「自分自身でなんとかするしかない」と言いましたが、他者の力を借りることも必要となります。

特に40代ともなると、自力で探すことも可能ですが、20、30代より求人数は少なくなると共に条件が悪かったり実はブラックな会社だったりすることもあり得るんです!


なので、できれば、というより絶対に活用したほうが良いと思います。

再就職には再就職のプロに頼ることは合理的ですし、他者に今の現状を相談することで心のケアにも繋がりますから。。


7回の転職経験を誇る私も散々お世話になりましたので、下記記事を参考に是非とも有効活用してみてください!


【体験談】30代でやりたい仕事へ! 転職サイトと転職エージェント比較します


あなたの強みが活きる求人を選ぶ



次に重要なのは、求人内容で、あなたが失業した原因である能力不足が該当していないもの、自分の得意分野を活かせる求人を探すことです!

もし、やりたいことがあればそれもいいのですが、自分の強みが活かせる職場を選ばないと能力が発揮できないですし、リストラされる可能性があります。


なんせ40代であれば、経験を求められますから。


経験を活かせられるということで、今まであなたが経験した業界を選ぶのが一番おすすめです!

もしマネジメント力があるのであれば、他業界でも可能ですが、結構しんどいと思います。


なんせ、業界のことが分からない新人マネージャーに指示されてハイハイと聞く人間は少ないですし、上からのプレッシャーも半端ないですからね。。


私は40代でアパレル営業からコンサル会社の経営コンサルタントになった経験があります。

つまり異業種に加え、異職種ですね。


やりたいことだったのですが、慣れないこともあり、肉体・精神的にも能力的にも限界で、結局2年で辞めてまたアパレル業界に戻ってきました。

ただ、私はやりたいことをして後悔はしていないのでおすすめではあるのですが、相当の覚悟を持ったほうが良いと感じましたので、参考にしてください。



下記記事は営業の話にはなるのですが、自分の強みや活かす環境の大事さを詳細にお伝えしていますので、営業以外の人も是非とも読んでみてくださいね!


【参考記事】営業の仕事ができる男になるには?できるようになりたい人がすべき3つの考え方


前職から年収が下がることを覚悟する



求人を探すうえで一番のキモは、「年収ダウンを受け入れられるかどうか」です。

え~。
給料ダウンするの?
それは勘弁してほしいな。。



ヘッドハンティングや、前職の給料がよっぽど低い場合は別ですが、通常の40代の人が転職すると大概ダウンします。


40代で転職を3回した私も当然ダウンしました。


このダウンを受け入れられない、受け入れたくない人が実に多いんですね。

私もそうだったのですが、失業している人の大半は、再就職できるかどうかに加え、せめて前職と同じぐらいの給与で再就職できないかと心配しているんです。

  • 今までの生活レベルを維持したい!
  • ローンや子供の教育費が払えなくなる!
  • 給料が下がると父親としての威厳がなくなる!



このような考えが私にはあったので、ほんと再就職するのに苦労したんですよ。。


はっきり言って、40代でも仕事を選ばなければ誰でも再就職は可能です!

新卒程度の給料ならいくらでもありますから。。

うっ。
痛いところを付いてきやがるな。。



再就職できるか心配で死ぬしかない!って言っていた私は、実は「自分がやりたくない仕事をしないで、尚かつ給料も前職と同じぐらいの仕事が見つかるか分からない!」と嘆いていただけだったんです。。

今思えば、そんな厚かましい条件での再就職は難しいですし、ちょっと考えが甘いですよね。(笑)

う、うぅぅ。。
ごめんなさい。。

だから、こっちゃんのことじゃないでしゅって。
しつこい。。




しばらくして、私の甘い考えが再就職の足を引っ張っていたことに気付いたんです!

なので、考えを改めるようにしたんですね。


つまらないプライドを捨てる



私は給料が下がって父親としての威厳がなくなるというプライドを捨てて、かなりダウンすることを受けいれたおかげで再就職することができました。

まあ、再就職できただけでも良かったと思います。

なんせ、少し前まで「人生終わりかも」と思ってたわけですし。。



別の話ですが、私はコンサルタントとして顧問先の採用にもかかわらさせていただきましたが、大企業出身の人ほど、この「つまらないプライド」をいっぱい持っちゃってます。

特に、今まで散々、能力もないくせに会社の看板で楽に商売してきて、部下にも偉そうにしてきた人です。

また、さぞかし見合ってない高給をもらっていたと思います。


その過去の栄光に縛られ、面接でも偉そうに色々と言ってきますね。

ひどい時には、たまに面接官に対してタメ口になることです。

そのときは、「こいつバカじゃね?」ってマジで思いましたもん。(笑)

ちょっと言い過ぎじゃね?



あなたとは違う人種ですが、こんな人になったら先がヤバいですよ!という例でした。

私も反面教師とさせていただきましたし、ありがとうございました!と今では感謝しています。



重要なことは、過去の栄光ではなく、今何ができて、次の会社でどういったことができるのかだと思うんですね。

私自身、その時の能力を把握することで給料が上がることはあり得ないと理解し、つまらないプライドを捨てて大幅な給料ダウンを受け入れました。


また、その再就職活動で感じたのは、自分には自分の能力に合った年収の求人しか来ないということです。


私には年収がUPもしくは維持できる求人が全然来なかったですし、来たとしても書類で速攻アウト。。

私の実力は提示された年収程度だということに気付きました。


なので、提示された給料に納得がいかないのであれば、社内で実力を見せつけて給料をUPさせてやる!と考えるようになったんですね。

なので、あなたももし何らかのプライドが邪魔しているのであれば、捨ててしまうことをおすすめします!



先ほど年収は下がることが多いと言いましたが、転職エージェントを頼れば、あなたの能力にあった転職先を紹介してもらうことで年収をキープかそれ以上にすることは可能です。

あなたは意外と自分の実力を低く見ているかもしれませんよ!


【転職体験談】JACリクルートメントの評判は最悪?場違いな私でもJACで転職相談できた話


最後に




いかがでしたでしょうか!

今回は「失業で40代無職は死ぬしかない?はいどうぞ!と言われる前にすべきこと」として、

  • 失業した40代無職は死ぬしかない?
  • 失業した程度で人生は終わらない!
  • あなたはなぜ失業したのか
  • じゃあ死ね!と言われる前にすべきこと



以上のお話をさせていただきました。


かなり厳しいことも言ったとは思いますが、失業した程度で「死ぬしかない」なんて考える必要はありません!

そして「はいどうぞ!」と言われる前に是非、再就職活動を行ってください!


“今すぐ” がおすすめです!


なぜなら、離職期間が長ければ長いほど、会社は敬遠していきますし、人間的に問題ありとみなされる場合があるからですね。

なので、できれば早く覚悟を決めて、失業した原因と自分の強みを把握し、転職エージェントを使って強みを活かせられる会社を見つけてください。


良い会社なのであれば、給料ダウンしたとしても受け入れるほうが良いですし、プライドを捨てて新しい会社で頑張って欲しいと思います!


ここからがまさにスタートです!

是非とも再就職活動を頑張ってくださいね!


ここまで読んでいただいたあなたなら大丈夫です。

経験者である私は頑張るあなたを心底応援していますよ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA