30代無職でなんとかなる?わけねぇだろ!引きこもり無職にならない方法





こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。

  • 30代で無職状態(または無職になる寸前)
  • 無職でもなんとかなると思っている
  • 仕事のやる気が起こらない
  • 将来を考えると少し心配



以上で悩んでいるあなたに今回の記事を是非読んでいただきたいです。

俺はまだ仕事してるけど、無職ってなんか自由でいいよな。。

じゃあ、辞めたら?
いや、いっそ辞めちまえ。
このクズが。。

最近のみっちゃんは殺人鬼でしゅね。。

ごめんなさい。
頑張りますから許してください。。



「30代で無職でもなんとかなるさ!」

と思っているのであれば、、




と私は思っています。

私には何を根拠に、「30代無職でなんとかなる」と言っているのかが分かりませんね。


なんとかなると思ってのんびりしていると、致命傷である「引きこもり無職」になる可能性がありますし、そうなると戻ってくることが非常に困難になります。

なので、早急になんとかする必要があるんです!


ということで今回は、

  • 30代無職でなんとかならないわけ
  • 本当になんとかなるの?
  • 引きこもり無職になったら終わり
  • 引きこもり無職にならない方法



以上の内容をお話します!

もし私の話が腹立つのであれば、この先も読み進めてください。


ほんとは「何とかしたい!」それが私の目的ですから。。

30代無職でなんとかならないわけ



あなたは今無職で収入がない状態ですよね。

もし、無職でも莫大な収入がある場合は、もちろんこの記事は読む必要ありません。(笑)


また、もし精神的に病んでしまって最近無職、もしくはもうすぐ無職になる、うつ病でなのであれば、少し対応の仕方が違いますので、その場合は下記の記事を参考にして下さい。


上記の状況ではなく、以前から無職になっているとか、仕事のやる気がなくて無職の状態なのであれば、すぐにでも就職活動してください。


今はどうやって生活しているんでしょうか?

貯金?それとも誰かのすねをかじっている?


まあ、お金があるのなら、しばらくは何とか生活できると思います。


でも、もう30代ですよね?

これからどうするんですか?

貯金も尽きますし、親もいつか死にますよね。

そんないきなり攻め込むなって。。
別に好きで無職になってるわけじゃないんだから。



いいえ!

ここでは私は鬼になって言います!


離職期間が長くなればなるほど、就職は難しくなります。

離職期間は平均で2.3ヶ月と言われてますが、これぐらいの期間なら採用する側で考えてもまあ何とかなるでしょう。

2.3ヶ月ぐらいなら、就職活動していたとか、勉強してたとか、まあ適当な嘘を言っても何とかなる期間ですし。

嘘って。。
おめぇ、めちゃくちゃだな。



そうですかね?

犯罪にならない嘘なら別にかまわないでしょ。

私は何個か転職歴を消してますしね。(笑)

。。。



でも、さすがに半年以上空くと、ちょっとの嘘ではごまかしきれません!

私は7回も転職してますし、その際に使った転職サイト、転職エージェントの話を聞いても半年以上はかなり不利になると分かってます。


私はコンサルタントとして顧問企業の採用相談を受けますし、採用面接にまで立ち会ったこともありますが、半年以上のブランクがある人は「かなりヤバい人」と見てましたし、よっぽどの理由や優秀な人でなければ採用しませんでした。

なぜなら、

半年以上のブランクがある人には問題があることが多い



からですね。

これは偏見ではなく、事実です。


半年以上のブランクがある人は、人間的に難があるか、能力低いくせに条件がうるさい、すぐにクレームをつける等の問題を抱えている人が多いんですね。


まだ20代なら若さで採用されるかもしれませんが、30代であれば、もう新人ではありませんし、何らかの経験が求められます。

なので、半年以上の離職期間があるということは、「人間的に難があるか、能力がない」と見られてしまうわけです!

まあ、事実ですけどね。。


そして、半年以上も経つと、普通の会社は警戒するため、ランクが低いブラック企業並みの会社しか残っていない。

しょうがなく入社した結果、ブラックなのですぐに辞めて、転職を繰り返すといった負のループに突入します。


私はそんな人間を何人も見てきました。

特に大手企業をリストラされた人は能力が低い割にプライドが高いし、退職金もあり余裕をぶっこいてるため、かなり危険な人が多かったです。


あなたもブラック企業巡りをしたくないのなら、すぐ、今すぐにでも動くようにしてください!

本当になんとかなるの?



ネットを見ていると、やたら、「無職でもなんとかなるさ!」みたいなことを言ってるサイトをよく見ます。

でも、、



って思うわけです。

何を根拠に、「なんとかなる」と言っているのが分からない。

ということで、詳しく見てみると、

  • 数ヶ月の無職期間くらいなら転職に影響はない
  • 一時的に無職でもなんとかなる
  • 体制を整えて再就職できるから大丈夫



。。。




なんとかなるのは、数カ月の離職期間のみで、転職活動をしっかりしている人。

つまり、「なんとかなるさ!」と何も考えずにダラダラしている人は、

なんともなりません!



ということみたいです。

ほんと、なんともなってねーな。。



まあ、転職活動を頑張っている人に向けた「なぐさめ」であったり、「しょせんは他人事」みたいなノリ、もしくは何かの勧誘ですね。

逆に長い離職期間の人には、「なんともなりませんよ!」と言ってるように感じました。


結論。

短期間にめちゃくちゃ転職活動を頑張っていない人はなんともなりません!

引きこもり無職になったら終わり



今、一生懸命に就職活動している人は別として、そうではない「あなた」はなぜ無職になっているのでしょうか?

おそらく理由があると思います。


会社、仕事で何らかの事情があり退職して、仕事のやる気がなくなっているのではないでしょうか。

なので、就職活動も乗り気でない。

ただ、将来を考えると心配。。

でも、動けない、動きたくない。。

知ったような口を利くなって!
誰にでも人には言えない事情があるんだから。。



分かりますよ。。

私も仕事のトラブルで心を病んだり、「死にたい」って思ったことありますから。。


下記のどれでも好きなのをどうぞ。。

【参考記事1】仕事で失敗。死にたい。。死がよぎった私の実体験と回避できた理由


【参考記事2】仕事ストレスが限界のサインと対処法 一般論ではない私の症状と対処法です


【参考記事3】仕事で大失敗の経験談 私が詐欺に遭って怖い世界を知った話

不幸話のオンパレードでしゅね。。




私は仕事で何度も地獄を見てきました。

そして、心が病んで仕事を辞めたりもして、しばらく就職活動をすることができなかったこともあります。


でも、運よく「無職で引きこもり」にはなりませんでした。


仕事のやる気がないまま、ズルズルと離職期間が長引けば長引くほど就職できる可能性は低くなりますし、そうなると心が折れて就活すらしなくなるようになります。

いつまでも無職のまま、友達と遊んでるお金もないですし、段々と外の世界と接する時間が減ってくると、私も経験がありますが自暴自棄になってしまいますね。


「俺は何をやってるんだろ。。」

「俺は世の中に必要とされていないのか。。」


部屋で一人でいると、マイナスのことばかり考えてしまいます。

そうなると余計に外に出るのが嫌になって、結果、さらに家に閉じこもるようになる。。

そうなれば、もう「引きこもり無職人」の完成です。


無職で引きこもってしまえば、もう立ち直ることができない可能性があります。


完全に心が病んでしまっているため、何をするにも億劫ですし、家族に対しては態度はデカいけれど、外の世界は怖い。

恐怖心に心を支配されることになるんです。



私はボロボロになりながらも「引きこもり無職」にならず復活できたのは、私の家族であったり、親、友達のおかげです。

周りのサポートがなければ、終わっていたと思いますね。


なので、誰かのサポートは必要です!


私はここまでボロクソに言いましたが、あなたにも「引きこもり無職」だけは避けて欲しいと思っているんです。


私が直接のサポートができませんが、この記事を見て、

「お前に言われたくねーわ!このボケ、見とけよ!!」

と思ってくれたら、逆に私は嬉しいですね。(笑)

引きこもり無職にならない方法



「引きこもり無職」にならないためには、嫌でもなんでも活動しなければなりません。


そして、引きこもり無職にならない方法は、「就職活動」しかないです。

王道はありません。


一発逆転で起業とか、変な副業を始めるのはリスクが高いので、まずは就職してからにして欲しいです。

まずは嫌でも就職活動をして、会社の仕事でお金を稼ぐしかないし、したいことがあるのなら、会社勤めをしながらやってください。



じゃあ、ここから気を取り直して、就職活動をしちゃいましょうか!

急にテンション変わってっし。
付いていけねーわ。。



このまま、落ち込んだまま終わっちゃったら、今のままでしょ?

明日を変えたいのなら、今日を変える!!

たまにはいいこと言うじゃねーかよ。



まあ、どっかで聞いた言葉をパクっただけですけど。(笑)

いちいち、そんなこと言うなって。
テンション下がんじゃねーかよ。。



あなたは転職サイトを使ったことがありますか?

もし使っていないのなら、無料なので今すぐにでも登録してください!

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら

離職期間が半年以上でも大丈夫なのかよ?



仮にあなたの無職期間が半年空いていようが、向こうは仕事なんで無下にされることはないでしょうし、いいように利用したらいいんですよ。

なんなら、半年間の期間を「親の介護」とか適当に嘘付いたらいいだけの話ですから。

むちゃくちゃ言うなって。
おめぇ、それで本当に中小企業診断士なのかよ。。



まあ、受かったもん勝ちですから!

実際に私も嘘をついてましたし、別に仕事とは関係ないからいいでしょ。


例えば、病気で休んでて、それを正直に言ったところで不採用にしてくださいって言ってるようなもんですからね。

仕事に支障がある病気ならマズいですが、完治しているのなら、いらないことを言う必要はありませんし、嘘も方便でしょ!


あ、ちなみに「親の介護」といった理由にするのなら、一応、アリバイづくりしておいてくださいよ!

ただ、資格の勉強とか、バレる嘘はやめたほうがいいですね。


バレにくい嘘にしましょう!

。。。




もし、転職サイトを使ったことがあるのなら、もう一度使いなおしてください。

それもじっくりと。


また併用して転職エージェントを使ってください。

転職エージェントに相談して、書類の書き方の見直し、あなたに合った求人を直接紹介してもらうといいと思います。

エージェントは転職のプロですし、向こうもお金がかかっているので、熱心に相談に乗ってくれます。

私も過去には履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わりましたし、面接企業の情報も教えてもらったりと、本当にお世話になりました。

転職エージェントは無料なので、気軽に使ってみてください。


登録していないのであれば、まずは大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。

【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



30代であれば、離職期間が長くても、贅沢を言わなければ、それなりの求人があるはずです。


そして、転職サイトや転職エージェントをうまく使って、履歴書や面接を何度もこなしてください。

最初は落ちるかもしれませんが、慣れればコツというものが分かってきますので。


下の記事は転職用ですが、もちろん就職活動でも役に立ちますので、後でじっくり見てください。



とにかく、根気よく活動してください!


今動かねば、一生今の状態が続いてしまいます。

あなたはそれが嫌だから、このサイトに辿り着いたはずです。


ここまで読んでいただいたのであれば、もうあなたは大丈夫ですよ!

なぜなら、あなたは心底変わりたいと思っているのですから。

【婚活のご相談はこちら(公式サイト)】はじめての婚活、結婚相談所なら安心の大手ゼクシィ縁結びエージェントがおすすめ!

最後に




今回は「30代無職でなんとかなる?わけねぇだろ!引きこもり無職にならない方法」として、

  • 30代無職でなんとかならないわけ
  • 本当になんとかなる?
  • 引きこもり無職になったら終わり
  • 引きこもり無職にならない方法



以上のお話をさせていただきました。

もうあなたは、私に腹が立って腹が立って仕方がないかもしれませんね。(笑)


私を見返すためにも、まずは就職してください!


そして、いつか私に向かって「バカなお前に腹立ったから就職してやったぞ!」と言ってもらえる日を楽しみにしてますよ!!

転職しようか悩んでいる時にすべきこと




転職しようか悩む。。


もし、今の状態で転職してしまうと、逃げの転職になってしまうとか、会社に迷惑をかけてしまうとか、今後の人生についても考えてしまうかもしれませんね。


ただ、私は逃げの転職が悪いとは思ってませんし、実際に私は何度か逃げております。


でもね、会社を辞めてしまえば、意外とすっきりしますよ!

まあ、会社を辞める前はすっきりするかどうか分からないですし、もう辞めれば人生が終わりみたいな考えになってしまいますよね。


私がそうでしたが、心が疲れているときは、冷静に考えられる状態ではありません。

冷静に考えられないと共に周りが見えていない状態なので、今の会社が全てだと勘違いして自分にプレッシャーをかけてしまうわけですね。

勝手に自分を追い込んでますが、実際はそうでもないんですよ。

会社は1人いなくなってもどうってことないですし、ましてや営業で成績がいまいちなのであれば、会社も引き留めませんから。(笑)


残念ながら会社ってそんなもので、7回も転職している私が感じたことです。


そして、今の会社を辞めても人生は終わりませんし、むしろ今よりも自分の能力を活かせる場所であれば、今後の人生は間違いなく好転します!


実際、今の会社に固執しなくても他に会社はいくらでもありますし、良い会社も多いんです。

私は気付くのが遅かったですが、今では本当にそう思ってます。


なので今の会社に固執する必要はありません!

成績を上げても評価されない、今の会社が嫌いなのであれば残る方が危険です!


逃げるが勝ち!


だいたい、逃げの転職が失敗かどうかは、次の転職先次第です。

次の転職先でやりがいを見つけたり、今よりも幸せなのであれば、転職は失敗どころか成功ですから!


なぜ転職しまくっている私が今の自分に満足できているのか?

それは、転職することで自分がやりたいことをしてきましたし、転職で私は成長できたからです。


でも、何も考えずに転職したわけではなく(若い時は何も考えていないときもありましたが。。)、転職のことでエージェントに相談したり情報を集めて再就職先を探したりして、転職先をしっかりと選んだことが大きいんですね。


その方法として私は、転職サイトに登録して、転職エージェントも使い、自分に合った会社を選んだのです。


特に、転職エージェントはかなり使いました。


企業情報から残業がどれぐらいとかまで、面談と電話の両方でかなり話しました。

もちろん、転職エージェントのアドバイザーもすべてを包み隠さずに言うわけではないのですが、参考になる情報が多くかなり役に立ちましたね。

もし、あなたはまだ転職に迷っていたり、今は転職する気がなくても、まずは転職サイトに登録しておいたほうがいいです。

なぜなら、あなたの仕事が忙しくなったり、さらなる過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくんです。

そして、仕事がつらくて逃げたくなった時や辞めたくなった時、転職したくなった時に「転職する!と言う選択肢」を使えばいいんですね。

転職サイトは無料で登録できます。



無料で、しかもあなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめ求人がメールで自動的に届くので、今すぐには転職できない場合でも転職したい気持ちがあるならぜひ登録しておくべきです!

私が逃げの転職でも成功できたのは、転職サイトに登録しておいて求人をマメにチェックして、たまたま募集をしていた優良求人を見逃さなかったから。


なので転職サイトは登録はしておいたほうがいいのですが、おすすめは私も使っていた「リクナビNEXT」です。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら



また、先ほども言いましたが、逃げ転職で成功したのは転職エージェントの力が大きかったです。


私が独自で再就職活動をしていても全然決まらないときがありました。

精神的に疲れ途方に暮れていた時、転職エージェントのアドバイザーに親身に相談に乗ってもらいアドバイスを受けたおかげで、余裕を持って面接を受けることができ、未経験ながら希望のアパレル企画職に就くことができました。


上記とは違う話ですが、私がコンサル会社で毎日深夜まで仕事をしていて心身の疲れと能力的にも、今の会社では今後厳しいと感じた時にも転職エージェントに相談に乗ってもらいました。

そして非公開求人で残業が少ない有名会社を紹介してもらい、本音で残業がどれぐらいなのかや職場の雰囲気を求人会社から聞き出してもらうと共に給与交渉までしてくれて、求人内容より給与がUPしましたね。


また、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わったのですが、特に大手企業の求人に対する職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

大手企業という会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PRの書き方まで。

ただ単に自分の強みの羅列ではなく、大手企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


転職エージェントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。

このように転職エージェントは親身になって転職の手助けをしてくれますし、何かと役に立ちますので、活用しないともったいないですね。


そんな利点が多いのに、転職エージェントは無料っていうのがいいんですよ!


登録していないのであれば、まずは「リクナビNEXT」と連携している大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。

【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



なぜ転職サイトと転職エージェントなのか?

なぜリクナビNEXT、リクルートエージェントなのか?

の詳細は下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。


【参考記事】転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?30代のおすすめはこれだ!


もう一つ、ご紹介したい転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベル!


私はこのエージェントもよく使いましたね。

しかも、めちゃくちゃお世話になった会社です。


最初に訪問した時は、接客の丁寧さにびっくりしましたし、転職のイロハを教えてもらいすぎて申し訳なかったなと思ってるぐらいです。(笑)


しかも、紹介してくれる求人は有名企業やハイクラス求人も多いのですが、普通の求人もあるのがいいですよね。


ネットを見てると、年収600万以上の方向けとか、なにか敷居が高いような書き込みがみられますが、そんなことありません!

私の場合、年収なんか500万もなかったですし、アパレルだったので、汚い私服で訪問したにもかかわらず丁寧に対応してもらい、しかもいい求人を紹介してもらえました。


私はJACリクルートメントに訪問する以前に何回か転職していたのですが、それでも色々と知らないことを教えてもらったおかげで転職力もさらに上がりましたね。


なので、年収とかハイキャリアにこだわる人はもちろんですが、普通の求人でも活用したほうがいいと感じた転職エージェントです。

無料なので、是非とも登録しておいてください!

【公式サイト】JACリクルートメントの登録はこちら




また、転職サイトや転職エージェントを使いながら、別の方法で応募企業の評判を調べることも大事です。

調べる方法は「会社の口コミサイト」です。


気になる会社を調べることは当然、応募する前にしておいた方がいいので、今の内に登録して情報を集めることをおすすめします!


そして、おすすめ口コミサイトは「転職会議」です。

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら




正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりましたね。

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなります。


私の反省もこめて、是非登録はしておくべきだと思います!

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA