30代で営業が向いてない人の特徴は気にするな!たった1つの辞めるべき基準


こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 自分自身は内向的なので営業が向いていないと思っている
  • 営業が向いていないってどんな人なのか気になる
  • 30代になっても営業が向いていないから辞めたいと考えている



このような悩みを抱えているあなたに、今回の記事を読んでいただければ嬉しいです。


「俺って営業が向いていないのかも。。」

20代から営業をしているのにもかかわらず、30代でも成績がパッとしないと考えてしまいますよね。


挙句、向いていない営業を辞めて違う職にしたほうがいいのかもと、あなたは悩んでいるのかもしれません。

そう。
俺も成績がいまいちだから、営業を辞めようか考え中。

辞めても、あんたみたいなゴミを雇うところなんかないって。

冒頭からいきなりのアッパーストレートでしゅね。。

ゴミを拾ってくれる会社ないかな?



ただ、営業が本当に向いていない人っていうのは確かにいると思いますが、思い込みである人も案外多いのではないかと私は考えています。

現に私は営業していた当初、周りから営業が向いていないと言われてましたし、昔からデスクワークが苦手だと思ってましたが、転職を繰り返しているうち、案外、デスクワークも自分には合ってると思うようになりましたから。


なので、あなたが「営業が向いていない」と決めつけて営業を辞めることはないと思ってます。


そして、あなたが営業を辞めるべき基準はたった一つ、

あなたが営業が好きか嫌いか



だけだと思っているんです。

それはなぜか?をお伝えしたいと思います。


ということで今回は、

  • 30代で営業が向いていない人はこんなヤツ!
  • 営業が向いてない人の特徴なんか気にするな!
  • 内向的な人は営業に向いてないは嘘!
  • あなたが営業を辞めるべき理由は1つだけ



以上のお話をしますので、是非ともご参考にしてください!

30代で営業が向いていない人はこんなヤツ!


私は営業が向いてない人って、確かにいると思ってます。

私は18年以上営業をしてきて、


「この人、営業に向いてないな~。」


と思う場面が何度もありました。


営業が向いていない人が営業をやっていると成績も良くならないので、本当に地獄です。

なので、私が考える営業に向いていない人の特徴を下記に挙げておきますので、30代で当てはまるものが多ければ、営業を辞めるかどうか真剣に考えたほうがいいと思います。

  1. コミュニケーションスキルが低い
  2. 数字が分からず計画を立てられない
  3. 相手のことを考えない自分勝手な人
  4. プライドが高く動かないおっさん



以上の4つとなりますが、順番に説明しますね!


コミュニケーションスキルが低い



コミュニケーションスキルとは「対人的なやり取りにおいて、お互いの意思疎通をスムーズにするための能力のこと」です。

仕事をするにあたり、非常に重要なスキルであることは間違いないでしょう。


こちらの記事「営業が向いてないと言われた私が営業が向いている人になった理由」にも記載してありますが、私は営業が向いていないと言われていた時に「お前とはコミュニケーションが取れない」と先輩からよく言われましたね。


コミュニケーションスキルが低いのは営業にとって致命傷です。


私の若かりし頃がそうでしたが、相手の言っていることがよく分からない、何をして欲しいのかが分かっていない。

これが社内だけの話ならまだマシなのですが、お客さん相手だとどうでしょう?


お客さんとコミュニケーションがうまく取れなければ、当然トラブルにつながりますし、トラブルが発生した時もお客さんがして欲しいことが理解できなければ、さらに怒らせて取引が停止になることもあります。


私の場合、相手が言っていることの意味が分からないのに加え、自分が話していることもよく分からないことがありました。

話している途中に何が言いたいのか分からなくなるんですね。

なので、同僚にもよく「お前、何が言いたいのか分からん!」「もっと整理してから話してくれ!」とよく言われました。(笑)

まあ、笑ってる場合ではないけどね。



コミュニケーションスキルが高ければ、お客さんとトラブルが起きても、相手が何をして欲しいのかをうまく聞き出せるし、分かるのですぐの対処が可能です。


このように、営業マンはお客さんとかかわる以上、うまくコミュニケーションが取れない人は営業向きではないと思います。

新入社員であればまだ可愛いものかもしれませんが、30代ではちょっとね。。


数字が分からず計画を立てられない



過去の私のように、数字に弱くて計画を立てられない人も営業向きではありません。

新卒の20代前半であれば、まだ可愛いのですが、30を超えたおっさん予備軍が数字に弱いと恥ずかしいです!

30超えたおっさん予備軍の俺は、今でも数字に弱いんだけど。。

営業やめた方がいいかもでしゅ。



数字に強くなれと言っても、別に簿記の知識や決算書を読めるようになれとは言いません。

粗利は分かるでしょうが、せめて営業利益ぐらいまでは知っていたほうがいいと思います。

分かりません!
知る必要もありません!

完全に開き直ったでしゅ。。



なぜなら営業利益の概念を知らないと、ちゃんとした会社の数値計画が立てられないからです。

例えば、何かの展示会を開催する場合、会場代や設営する人の人件費に加え、我々の人件費も考慮しなければなりません。(自分の人件費を考慮しない計画が多いのですが。。)


詳細は避けますが、製造業でなければ、人件費は販管費となるため、粗利から引かれます。

営業利益の概念がなければ、粗利も営業利益も一緒になってしまい、分析ができなくなってしまうんです。


ただ、私の会社もそうでしたが、小さい会社だと売上だけの計画しか作らないんですよね。

なので、コストのことを考えない悲惨な計画となってしまうんです。


でもあなたができる営業マンになりたいのであれば、今後のことを考えても利益の詳細は知っておいた方がいいですね。

ついでに在庫の計算方法や簡単な原価計算もできれば、かなりいいと思います!


【参考記事1】営業利益とは?初心者かよ!営業なら知らないと恥ずかしい数字

【参考記事2】原価とは 売上原価と製造原価の違いを営業マンに分かりやすく解説


相手のことを考えない自分勝手な人



自分勝手な人も営業には向いてません。


私の取引先にもいましたが、こういう人って自分に自信があるし、新規も積極的に行くため、一見、営業に向いているように見えるんです。

でも、相手のことを考えないから、自分が売りたいものを売りつける人が多いのが特徴で、お客さんに平気で無理を言います。


とある取引先の30代営業マンのHさんは当社に納品する商品が納期遅れになったときに、

Hさん「すみません!〇〇の事情があって2週間納期が遅れるんです。」

私「えー!そんなに遅れるんだったら締め支払いの件があるから、来月納品にしてくださいよ!」

H「いや、それは無理ですよ~。2週間遅れてるのは申し訳ないんですけど、私の売上がちょっときついのもあって、何とか今月中に納品させてほしいんです。」


。。。


なかなか強気の営業マンだな。
俺にもそのハート欲しいかも。

こっちゃんのはガラスのハートでしゅもんね。。



ほんと、びっくりしますよね。

30代になっても(30代だから?)このような自分勝手さに腹が立ちました。


結果、自分のことしか考えてないこの営業マンHさんと、後ほど私は距離を置くことにしましたね。


このように、なぜか自信満々で自分勝手な営業マンは、取引先に嫌われることが多く営業に向いていないんです。


なので、自分勝手な営業マンにはならないように気を付けようと誓った私でした!


プライドが高く動かない



また、プライドが高い営業マンもうっとおしいですね。

営業にプライドを持つのはいいことなのですが、自分のプライドが高く、非を認めないおっさんは向いていません。

じゃあ、俺はプライドが低いから大丈夫だな!

それはそれでちょっと。。



あなたの周りも、理屈っぽく偉そうに言う割に何もしない変なおっさんがいませんか?


例えば、私が所属していた会社に転職してきたくせに、変な言い訳ばっかりして全然新規開拓しない年上のおっちゃんがいました。

「その新規開拓の方法って効率悪いし、無駄だと思うんだよね~。」


。。。



心の中で何度思ったことか。。

挙句、全然動かないし、当然売上も上がらないし。


どうも新規開拓ではなく、前の会社で取引があった大きいお客さんと商売をする気満々で当社に転職したみたいです。

ただ、そのプライドが高く上から目線なところが取引先から嫌われているらしく、結果、前会社の人脈を活かせず新規開拓もできずで1年もかからず辞めてしまいました。


人脈が活かせないのであれば、プライドを捨てて一から営業を頑張ればいいものを、プライドは高いまま生きたいらしいですね。


しょうもないプライドを持っているおっさんは営業向きではないという例でした。

営業が向いていない人の特徴なんか気にするな!


ここまで、私が思う「30代で営業が向いていない人の特徴」のお話をさせていただきました。

が、、

営業が向いていない人の特徴なんか気にするな!



と私は言いたいですね。

おめぇ、さっきから散々営業に向いていない人のことをボロクソ言っていたくせに!

なんか詐欺師みたいでしゅよね。



もちろん、悪いところは直すべきだと思います。

例えば、自分勝手とか変にプライドが高いとか。


ただ、結局は営業って「数字」を作った者勝ちなんですよね。


仮にコミュニケーションや数字に弱く、内向的だろうが性格に難があろうが、売上がトップなのであれば、その人は「営業に向いている」と周囲から判断されるわけです。

なので、知識も経験も豊富で人格的に素晴らしくても、売上が0であれば、「営業に向いていない」と評価されてしまうのが営業。


もちろん、1ヶ月だけとか短期ではなく継続できなければ意味がありませんし、法を犯すような行為はだめですが、売上が全てなんですね。

たとえ売上が少なかったとしても人格的に素晴らしければ、俺は良いと思うんですけど。



会社はボランティア事業ではないので売上、利益がなければ継続できません。

結果、売上をとれない営業マンは、会社にとっては必要のない人になってしまうんですね。


なので、あなたは「営業が向いていない特徴」なんか気にしないで、売上がトップになればいいだけの話です。

そんな簡単に言うなよ。。
それができれば苦労しねぇって。。



ですよね。(笑)


でも、売上をトップにするのは決して無理な話ではありません。

営業で売れるようになるには、凄いテクニックが必要なわけでもありませんし、ちょっとしたコツがあるんですね。


コツとは技術面より環境面が大事になるのですが、営業成績を良くするコツの詳細は下記記事をご確認いただければと思います。




ただ、性格が腐っている人が今は売上が良くても、いつか人に裏切られて転落するっていうのはよくある話ですので、くれぐれも人には嫌われないようにしたほうがいいと思います!

内向的な人は営業に向いてないは嘘!


“内向的” とは、興味や関心が自分の内部に向かいやすい人のことを指します。

色々な解釈がされる言葉ですが、「口数が少ない」とか「暗い」などのネガティブな印象を持つ人が多いと思いますね。


私も本当の自分を内向的だと思っているのですが、決して悪いことではないと思ってます。

例えば、マイペースなところですね。


私は人に自分のペースを乱されるのを極端に嫌うので、お客さんからの要望は大丈夫なのですが、指示ばっかりされたり管理されるのが嫌なんです。

なので、指示系統がしっかりしている大企業は難しいんですよね。


でも、小さい会社で極端に管理されることなく自分のペースで仕事をさせてもらえれば、私は力を発揮することができることを知っています。


口数が少ない人の場合は、「人の話を聞くこと」ができます。

営業は喋ることが好きな人が多いのですが、喋り好きな人は自分の話をしがちです。

なので、人の話を聞ける営業マンは喋りすぎな人よりもいいと私は思ってるんですね。


このように、内向的だろうが外交的だろうが、弱みは強みにもなることを知っていれば問題ないですし、自分の性格が営業の強みとなる会社にいれば関係ありません。


私は「営業に向いていない」言われてましたが、自分の強みが活かせるような環境に転職したおかげで、売上がトップになりました。

詳細は下記記事でご確認ください。

あなたが営業を辞めるべき理由は1つだけ


営業に向いていない特徴は関係ないと言いましたが、それでもあなたが営業を辞めるべき基準は一つだけあります。

営業自体が好きか嫌いか



これですね。

これだけでいいと思います。

たったそれだけ?
営業が好きでも成績が悪いままだったら辞めた方がいいんじゃね?



いえ、その場合、成績が良くなれば解決する話です。

前述しましたが、成績を良くする方法はこちらの記事「営業成績が悪いから辞めたい、辛い、死にたい。。 営業のコツを秘密で教えます」で解説しているので参考にしていただきたいのですが、営業が嫌で嫌でしょうがないのであれば話は別です。


私の場合は営業が向いていないと言われていた時も成績が悪い時も営業が苦痛ではありましたが、営業自体が嫌いではありませんでした。

ちょっとでも売上が上がれば嬉しかったですし。



新入社員とか営業歴がまだ1.2年ではなく、30代で今、営業成績が悪い人が「営業が楽しい」とは考えれないとは思います。

ただ、それでも営業していて、たまにやりがいを感じたり、お客さんと営業で話している時だけは楽しいといった、営業が少しでも好きに感じているのであれば、私は続けるべきだと思うんです。

俺も営業が嫌いではないんだけれど、ただ単に成績が悪いから嫌なだけなんだよな、たぶん。。



こっちゃんのように嫌いでないのであれば、営業環境を変えて売上が上がるようにすればいいだけです。


逆にたとえ今は成績が良くても、もし営業が心底嫌いなのであれば、私は営業は辞めるべきだと思います。


だって、心底嫌いな仕事を今後も続けるって嫌じゃないですか。。

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「30代で営業が向いてない人の特徴は気にするな!たった1つの辞めるべき基準」として、

  • 30代で営業が向いていない人はこんなヤツ!
  • 営業が向いてない人の特徴なんか気にするな!
  • 内向的な人は営業に向いてないは嘘!
  • あなたが営業を辞めるべき理由は1つだけ



以上のお話をさせていただきました。


営業が向いていない人の特徴は色々ありますが、そんなの関係ありません!

「勝てば官軍負ければ賊軍」ですね。

勝った方が営業に向いているだけの話。


なので、営業が心底嫌いでないのであれば、営業は続けるべきですし、あなたの性格に合って強みが活かせる会社で営業すべきです!

今の会社では難しいのであれば、転職を視野に動いた方がいいと思いますし、別に逃げの転職でも良い、と私は考えていますから。


でないと、「営業が向いていない人」と自分で解釈したままの状態が続いてしまいます。

もし今の会社では営業でトップになれないとか、今の会社に少しでも嫌悪感を抱えているのであれば、次項も参考にしてください。


あなたの今後が明るいものとなることを私は祈っています!


もし転職しようか悩んでいるのなら・・




転職しようか悩む。。


もし、今の状態で転職してしまうと、逃げの転職になってしまうとか、会社に迷惑をかけてしまうとか、今後の人生についても考えてしまうかもしれませんね。


ただ、私は逃げの転職が悪いとは思ってませんし、実際に私は何度か逃げております。


でもね、会社を辞めてしまえば、意外とすっきりしますよ!

まあ、会社を辞める前はすっきりするかどうか分からないですし、もう辞めれば人生が終わりみたいな考えになってしまいますよね。


私がそうでしたが、心が疲れているときは、冷静に考えられる状態ではありません。

冷静に考えられないと共に周りが見えていない状態なので、今の会社が全てだと勘違いして自分にプレッシャーをかけてしまうわけですね。

勝手に自分を追い込んでますが、実際はそうでもないんですよ。

会社は1人いなくなってもどうってことないですし、ましてや営業で成績がいまいちなのであれば、会社も引き留めませんから。(笑)


残念ながら会社ってそんなもので、7回も転職している私が感じたことです。


そして、今の会社を辞めても人生は終わりませんし、むしろ今よりも自分の能力を活かせる場所であれば、今後の人生は間違いなく好転します!


実際、今の会社に固執しなくても他に会社はいくらでもありますし、良い会社も多いんです。

私は気付くのが遅かったですが、今では本当にそう思ってます。


なので今の会社に固執する必要はありません!

成績を上げても評価されない、今の会社が嫌いなのであれば残る方が危険です!


逃げるが勝ち!


だいたい、逃げの転職が失敗かどうかは、次の転職先次第です。

次の転職先でやりがいを見つけたり、今よりも幸せなのであれば、転職は失敗どころか成功ですから!


なぜ転職しまくっている私が今の自分に満足できているのか?

それは、転職することで自分がやりたいことをしてきましたし、転職で私は成長できたからです。


でも、何も考えずに転職したわけではなく(若い時は何も考えていないときもありましたが。。)、転職のことでエージェントに相談したり情報を集めて再就職先を探したりして、転職先をしっかりと選んだことが大きいんですね。


その方法として私は、転職サイトに登録して、転職エージェントも使い、自分に合った会社を選んだのです。


特に、転職エージェントはかなり使いました。


企業情報から残業がどれぐらいとかまで、面談と電話の両方でかなり話しました。

もちろん、転職エージェントのアドバイザーもすべてを包み隠さずに言うわけではないのですが、参考になる情報が多くかなり役に立ちましたね。

もし、あなたはまだ転職に迷っていたり、今は転職する気がなくても、まずは転職サイトに登録しておいたほうがいいです。

なぜなら、あなたの仕事が忙しくなったり、さらなる過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくんです。

そして、仕事がつらくて逃げたくなった時や辞めたくなった時、転職したくなった時に「転職する!と言う選択肢」を使えばいいんですね。

転職サイトは無料で登録できます。



無料で、しかもあなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめ求人がメールで自動的に届くので、今すぐには転職できない場合でも転職したい気持ちがあるならぜひ登録しておくべきです!

私が逃げの転職でも成功できたのは、転職サイトに登録しておいて求人をマメにチェックして、たまたま募集をしていた優良求人を見逃さなかったから。


なので転職サイトは登録はしておいたほうがいいのですが、おすすめは私も使っていた「リクナビNEXT」です。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら



また、先ほども言いましたが、逃げ転職で成功したのは転職エージェントの力が大きかったです。


私が独自で再就職活動をしていても全然決まらないときがありました。

精神的に疲れ途方に暮れていた時、転職エージェントのアドバイザーに親身に相談に乗ってもらいアドバイスを受けたおかげで、余裕を持って面接を受けることができ、未経験ながら希望のアパレル企画職に就くことができました。


上記とは違う話ですが、私がコンサル会社で毎日深夜まで仕事をしていて心身の疲れと能力的にも、今の会社では今後厳しいと感じた時にも転職エージェントに相談に乗ってもらいました。

そして非公開求人で残業が少ない有名会社を紹介してもらい、本音で残業がどれぐらいなのかや職場の雰囲気を求人会社から聞き出してもらうと共に給与交渉までしてくれて、求人内容より給与がUPしましたね。


また、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わったのですが、特に大手企業の求人に対する職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

大手企業という会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PRの書き方まで。

ただ単に自分の強みの羅列ではなく、大手企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


転職エージェントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。

このように転職エージェントは親身になって転職の手助けをしてくれますし、何かと役に立ちますので、活用しないともったいないですね。


そんな利点が多いのに、転職エージェントは無料っていうのがいいんですよ!


登録していないのであれば、まずは「リクナビNEXT」と連携している大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。

【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



なぜ転職サイトと転職エージェントなのか?

なぜリクナビNEXT、リクルートエージェントなのか?

の詳細は下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。


【参考記事】転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?30代のおすすめはこれだ!


もう一つ、ご紹介したい転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベル!


私はこのエージェントもよく使いましたね。

しかも、めちゃくちゃお世話になった会社です。


最初に訪問した時は、接客の丁寧さにびっくりしましたし、転職のイロハを教えてもらいすぎて申し訳なかったなと思ってるぐらいです。(笑)


しかも、紹介してくれる求人は有名企業やハイクラス求人も多いのですが、普通の求人もあるのがいいですよね。


ネットを見てると、年収600万以上の方向けとか、なにか敷居が高いような書き込みがみられますが、そんなことありません!

私の場合、年収なんか500万もなかったですし、アパレルだったので、汚い私服で訪問したにもかかわらず丁寧に対応してもらい、しかもいい求人を紹介してもらえました。


私はJACリクルートメントに訪問する以前に何回か転職していたのですが、それでも色々と知らないことを教えてもらったおかげで転職力もさらに上がりましたね。


なので、年収とかハイキャリアにこだわる人はもちろんですが、普通の求人でも活用したほうがいいと感じた転職エージェントです。

無料なので、是非とも登録しておいてください!

【公式サイト】JACリクルートメントの登録はこちら




また、転職サイトや転職エージェントを使いながら、別の方法で応募企業の評判を調べることも大事です。

調べる方法は「会社の口コミサイト」です。


気になる会社を調べることは当然、応募する前にしておいた方がいいので、今の内に登録して情報を集めることをおすすめします!


そして、おすすめ口コミサイトは「転職会議」です。

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら




正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりましたね。

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなります。


私の反省もこめて、是非登録はしておくべきだと思います!

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA