やりたいことができない理由 やりたい仕事の前にすべき1つのこと



こんにちは!


中小企業診断士で自分探しの旅が大好きな営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 仕事でやりたいことができていない
  • やりたいことがあるけど会社が許してくれない
  • 周囲に反対された場合、どうすればいい?



以上の悩みを抱えているあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います!


今の仕事とは違う本当にやりたいことはあるけれど、周囲は非協力的だし、何よりも会社が許してくれない。。

そうそう。
俺もアパレルで営業しているけど、企画やMDみたいな格好いい仕事したいんだよな。。

絶対ダメ!
まずは整形からスタートです。
それから、バカとクズとつるっぱげと。。

道のりは長く険しいでしゅね。。

やりたいことする前に寿命が尽きるかも。。



分かります!

私も過去、やりたいことがありましたが、上司や社長には相手にされず、実現しなかった経験がありますから。


でも、悔しいですよね。。

やりたいことがあるのにできない、させてくれない。。


なので、私の結論としては、やりたいことをするためにはまず、

今の仕事で成果を出すしかありません!

なぜなら、皆忙しく暇ではありませんし、仕事で実績のない人の意見は会社では通らないからです。

残念ながら、これは事実なんですよね。。


なので、やりたいことの前にして欲しいことがあります!

ということで今回は、

  • なぜ本当にやりたい仕事ができていないのか?
  • 仕事で成果を出すためにすべきこと



以上の内容をお伝えしますので、是非とも参考にしてください!


なぜ本当にやりたい仕事ができていないのか?



やりたい仕事。。

誰にでもあるはずですし、ひょっとしたら過去の話かもしれません。


それが今では仕事の多さにやりたい仕事どころではなく、今の仕事をこなすことが精いっぱいかもしれませんし、責任が重くなって行動に移せない場合もあると思います。

俺は企画系の仕事をしてモテたいんだよ!
早くやり方教えろよな!

こりないでしゅね。
またみっちゃんに怒られるでしゅよ。。



うっせーよ。。

あ~ん?
今小声で「うっせー」って言わなかったか?

怒ってるでしゅ。



ただ、やりたいことがあっても、会社が許可してくれるかどうかは別の話です。

当然、実績がない人や仕事ができない人が「やりたいこと」持論を持ってきたら腹が立ちますよね!?

知るかよ。。
早く教えろ、このなんちゃってコンサルタントが。



なんちゃってコンサルタント・・?


。。。


めちゃ怒ってるでしゅよ!

①口臭い化け物に食われる
②お姉さんの炎とサンダーで焦げ焦げ
③鳥山先生の元気玉で木っ端みじん

選択肢は3つ、どれかを選ぶでしゅ!!

どれも選ぶわけねーだろ。。




会社内でやりたいことをする場合、実績がないと聞いてくれません!

逆に有能であれば、会社内でもやりたいことができます。


ただ、やりたいことのスケールの大きさやリスクにもよります。

例えば、営業で新しい分野のお客さんの新規開拓訪問であれば、リスクもないので実績がない人でも許されるとは思いますが、新しい分野の商品開発や展示会を行うことは無理です。

つまり、やりたいことができるかどうかは、有能もしくはリスクやコストがかかるかどうかが判断基準になります。


なので、もしやりたいことがリスクがあってコストもかかる大きな仕事の場合、営業であればトップセールスマン、営業以外であればその人がいないと会社がまわらない位の地位を確立していることが条件となるんです。



私は若い頃、企画をしたかったし海外にも行きたかったのですが、営業で実績がなかったのでダメでした。

私が企画をする場合、他の営業マンが必要となり人件費がかかりますし、海外へ行くにも当然費用がかかりますからね。。


でも、営業でトップになってからは状況が一変したんです!


誰に反対されるでもなく簡単に海外に行けるようになりましたし、海外で展示会をすることもできました。

コストもかかるしリスクもありますが、辞められたら困るので、もう好き放題です。(笑)

俺も早く、好き放題にお姉さんがいる店へ行きたいな~。

頭イカれてるでしゅね。。




私はコンサルタントとして様々な人に出会いましたが、好きなことをしている人って、ほとんどが過去に実績がある人です。

どちらかと言うと、好きでもない仕事で実績を出し、今はようやく好きなことができている人が多いですね。。


決して嫌な仕事をしろと言っているわけではありませんが、やりたいことをしたいのであれば、まずは実績、成果を出すことが大事だということです!


では次に実績を上げる方法をお伝えします!


仕事で成果を出すためにすべきこと



では、やりたいことをするために成果を出す方法ですが、

  • 自分の能力を知ること
  • 自分の能力が活きる環境であること
  • 自社や商品の魅力を理解して伝えること



以上となりますので、順番にお話しします!


自分の能力を知ること



例えば営業の場合、何も考えず営業をしても売上はなかなか上がりませんし、ラッキーパンチがヒットしたとしても継続できません。


では、成果を出すために何が必要かと言いますと、自分の魅力や強みが何かを把握することなんです!

「己を知り敵を知れば百戦危うからず」



この言葉のように、あなた自身を知らなければどうすれば勝てるのか分かりませんし、自分自身(己)を知ればたとえ勝たなくても、負けることはないということですね。

怖いぐらい優秀すぎる自分をもっと知りたいです。。

うっせーわ。



あなたは何を得意とし苦手としているのでしょうか!?

例えば、社交的なのか人見知りなのか、1つのことにじっくり取り組むタイプなのか飽き性タイプなのか等ですね。


そのためには「自己分析」をすることが必要となります。


私は自己分析することで、ほんとは内向的だけれど社交的だと思われたいし、成長志向、飽き性であることも分かっています。

なので、7回も転職しているのだと思うんですね。(笑)


営業で例えると、自分はどのような営業スタイルが合っているのかを深く考え、理解しておくことがとても重要になります!

でないと、自分に合わない間違った方法で営業をすることになってしまい、成績が上がらないということになるんです。


私はあまり後先を考えないタイプで数打てば当たると思ってましたので、過去、かなり見境なく飛び込み営業をしていました。

なので、成果も上がった一方、後でトラブルになることも結構ありましたね。。


取引先から怒られることはしょっちゅうでしたし、財務状況を調べずに無理やり取引を始めた新規先がいきなり倒産したり、詐欺に遭ったこともありました。

そんなトラブルメーカーの私なので、今でもたまにトラブルが発生しております。(笑)


新規開拓であれば、私みたいに何も考えないのか、じっくり作戦を練ってから飛び込むタイプなのか、テレアポが得意なタイプなのか。

事務仕事であれば、早さよりも正確さを得意としている等ですね。



私はトラブルも多かったですが、自分には考えるよりも行動する方が合っていましたし、結果、成果が付いてきたと考えています。

もし自由が利かず細かいことを言い、管理ばかりする会社では無理だったと思いますね!


つまり、自分の能力にあった仕事や活かせることをしないと成果を出すことが難しくなるので、自分の能力を把握することが大切だということです。


もし、自己分析をしたことがない場合は、強みが何なのかを抽出するのが難しいと思うので、下記記事が参考になるかもしれません。


【参考記事】SWOT分析で自己分析のやり方と事例を紹介します

【関連記事】効果あり!マインドマップの自己分析の使い方と具体例


自分の能力が活きる環境であること



先ほどは、自分の能力である強みを理解する大切さをお話しました。

でも、せっかく自分の強みを知ったのに、それを活かせられなければ意味がありませんよね!?


なので、活きる場所が必要ですし、職場環境が重要になります!


例えば営業で言いますと、先ほどお話した “飛び込み営業” でも種類があります。

成果給の軍隊的な飛び込み営業会社もあれば、飛び込みに固執していない営業会社等。。

私の場合は、軍隊式のコピー機飛び込み営業が嫌になって3ヶ月で会社を辞めましたが、飛び込み営業自体が合っていないとは思いませんでした。


実際に私は転職したアパレル会社では飛び込み営業で成果を出せましたし。。


私のように、営業で成果を出せるかどうかは能力自体より、能力が活かせられる職場であるかが大事だということです!


なので、もし仮に今の会社が合わないのであれば、あなたの営業スタイルが活かせる会社に行くべきだと私は思います。

転職は大げさだと思われるかもしれませんが、職場環境が全てだと言っても過言ではない、と私は7回の経験からそう思っていますから。。


ただ、ここまでお話した、あなたの強みを活かして実績を出す方法は、

あなたの現在の能力で勝てる場所



である必要があります!

強みを活かせても周りが強すぎれば、その場所で頑張っても勝てる見込みは薄いですし、成果も上がらずやりたいことができなくなるかもしれません。


極端な営業マンの例になりますが、営業部員が60代ばかりの職場であれば、あなたは経験こそ少ないものの、60歳の人たちより動けるので、違った営業ができますよね?

また、営業が誰もいない会社に転職すれば、あなたは社内で誰にも負けない営業マンになれます。


商品面でも同じことですが、他の会社では売っていないシェア100%の商品を販売している会社に転職すれば、あなたでも売ることが可能です。


このように、たとえ今は成果が出ていなくても、それはあなたの能力的な問題ではなく、環境があなたに合っていないだけかもしれません。


もし今の会社であなたが勝てる場所がないのであれば、レベルや給料を落としてでも転職すべきですし、あなたの力が活きる転職先で力をつけていけばいいんですよ!

転職して最初は給料が安くても、あなたの能力に合った会社であれば徐々に給料が上がっていくと共にやりたいことができるようになるので、長い目で見れば、今の会社よりもやりたいことが早くできる可能性が高くなります。


そして成績も大切ですが、あなたに合った環境選びはもっと大事です!

嫌な職場で、今後何十年も働き続けるのは地獄ですからね。。


やりたいことのための転職は下記記事も参考にしてください。


【体験談】30代でやりたい仕事へ! 転職サイトと転職エージェント比較します


自社や商品の魅力を理解して伝えること



あなた自身の強みを把握し、活かせる場所を見つければ、次に必要となるのが、自社・自社商品の強み、得意なことを理解することになります。


なぜ自社や自社商品強みを知ることが大事なのかと言いますと、自己分析と一緒で、強みを知れば自社に合ったお客さんにアプローチでき、お客さんは自身は合った商品を仕入れることができることで、お客さんも喜びますし、結果的に売上が上がるからです。


車営業でも言えることですが、いくら車(例えばベンツ)に魅力があっても、貧乏人にアプローチしても売れないですよね。。

アパレルもその他商品も一緒ですが、例え自社商品が優れていても、何が優れているのかを理解できなければ、アプローチする相手を間違ってしまいます。


その結果、営業マンもお客さんも無駄な時間となるんです!


私の今のアパレル会社で言えば、ウリが商品のデザイン数と在庫量ですが、値段は決して安くありませんし、安く売れば多くの在庫を抱えるために必要な利益が取れず資金ショートしてしまいます。

なので、間違っても大手チェーン店に営業してはいけないんです!


結果的に、専門店もしくは数店舗展開していても値段が合って、当社の在庫量に魅力を感じるお店がお客さん像となるんですね。

実際、私は過去に大手へ営業に行きましたが、全く話にならず10分でさっさと帰ったこともありました。(笑)

お互いに時間の無駄だと感じたからです。


なので、営業マンの場合、自社の強みは何なのかを考えて理解し、自社商品の魅力を伝えることが、結果的に既存客の売上をあげることになります。


自社の強みが活きるお客さんとは誰なのかを考えれば、強みが合わないお客さんへアプローチする時間を減少させ、結果的にあなたの成果が早く上がることになるんですね!


また、他の人はそう思わないかもしれませんが、自分だけは絶対に自社商品がお客にとって役に立つ!と信じることも大切です。


例えば、ネットで紹介されている商品で、

「この商品のスペックは〇〇なので、便利だと思いますよ。」


という説明より、

「この商品は私が実際に使ったのですが、具体的に〇〇の部分が〇〇の場面で使えて、本当に便利なんです!」


このような実体験に加え、熱のこもった説明をされたら、「あ、いいかも」と思いませんか!?

なので、皆さん口コミサイト見るわけなんですよね。

確かに俺も、食べログとかアマゾンでも口コミは見るな。。



なので一番の根拠は、あなた自身が使っている、または使ったことがあることになりますね。

でも、嘘はバレるからだめですよ!


もし、体験したけどあまり良くなかった商品やサービスに関しては、事実を伝えればいいんです。


例えばスペックが小さい冷蔵庫であれば、私は機能が多くサイズも大きい方がいいからこの商品は私には合わなかった。

でも、機能が少なくても安い方がいいとか小さい方がいいのであれば、この冷蔵庫は使いやすいですよ!と伝えることができますよね。


あなたが合わなかったからと言って、全ての人に合わない訳でもないですし、合いそうな人にすすめればいいだけです。


逆にその商品をおとりにして、違う商品を目立たせることもできますよね。

高い商品からワザとすすめて、最後に本当に売りたい手頃な商品を紹介するのはよくある手です。


もし、体験できない商品やサービスの場合は、誰かに体験してもらえばいいと思います。

で、体験者の話を伝えればいいだけですし、私はよくこの手を使いますよ!

でも、うちの商品は特色がないんだよな~。




こっちゃんのように、自社製品やサービスが他社よりも優れた部分がないと思っている場合はどうすればいいのか?


正直、この世にある商品なんて大概が特別凄いものではありませんし、どこにでもあるような商品ばっかり。

でもね、その中でも光る部分があるはずです!


商品の歴史であったり、作る工程であったり、小ロット生産、在庫を多く持っていることもある意味強みです。

探せば、一部分だけは他社にないものが絶対にあるはず!!


他社と言っても、大手ではなくライバル会社のことです。


そして、ライバル会社よりも少しでも強い部分を好きになって、徹底的にその部分を熱く語るんです!


自社製品を信じて熱く語れば、全員ではありませんが、共感してくれる人はいますから!

共感してくれない人は、元々あなたのお客さんになる人ではないんです。


なので、共感してくれる人だけに絞れば、あなたの仕事は今までとは違うものになると思いますよ!



もし営業に苦労している・自己分析を行いたい場合は、下記から営業能力を上げるための自己分析シートをゲットしてください。


【参考記事】売れない・面白くない営業人生を変える!無料で自己分析シートをプレゼントします


最後に




今回は「やりたいことができない理由 やりたい仕事の前にすべき1つのこと」として、

  • なぜ本当にやりたい仕事ができていないのか?
  • 仕事で成果を出すためにすべきこと



以上の内容をお伝えしました。


あなたのやりたいことが、会社にとってリスクがあったりコストがかかるのであれば、簡単に認めてはくれません。

なので、やりたいことをするにはまず、社内での実績が必要であり、会社に認めてもらう必要があります。


そして、会社で成果を出すには、自分の能力を知って自分の強みを活かし、誰にも負けない環境にいることが重要です。



後は行動です!

そして実際にやりたいことができるようになれば、下記記事に進んでください。


今回の記事がきっかけで、将来あなたがやりたいことができていれば本当に嬉しいです!


【次に読んで欲しい記事】

実体験版 仕事で本当にやりたいことをやる具体的方法



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA