プルデンシャルは転職失敗で後悔する理由 ブラック?激務で最悪?



こんにちは!


中小企業診断士で失敗だらけのブラック営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • プルデンシャルは給料がいいから転職しようか悩んでいる
  • 転職したいけど失敗して後悔したくない!
  • プルデンシャルはブラックや激務かどうか心配



以上のように、もしあなたがお金が欲しいがためにプルデンシャルに転職しようか悩んでいるのであれば、私は、

プルデンシャルは後悔するからやめとけ!



と言いたいです!

なんで?
貧乏人はマジ嫌だよ。。

さすが貧乏人!
言葉に重みがあるでしゅ!

ブサイクでハゲで貧乏って地獄だよね。

俺も転職しようかな。。




なぜなら、プルデンシャルみたいな生命保険営業は成果給のため、人脈や営業力がなければ稼げないうえ、精神的にボロボロになる可能性が高いからです。


私も実はかつて営業マンとして入社しようかと思ったことがあるのですが、知り合いの保険営業マンに話を聞くと、「後悔するから絶対にやめとけ!」と言われて断念したことがあります。

昔と違って保険営業は稼げないうえ、競合が多いからです。


なので、もし人脈や能力、お金、強いハートががなければ、転職が失敗に終わり後悔する可能性が高いのでやめておくべきだと思います!


ということで今回は、

  • プルデンシャル転職は失敗して後悔する理由
  • プルデンシャルは超ブラック?激務で最悪は本当か



以上の内容を、知り合いの保険営業マンやコンサル会社時にお世話になったプルデンシャル営業マン、私の経験を踏まえてお伝えします!


プルデンシャル転職は失敗して後悔する理由



プルデンシャル生命の営業マンは完全成果給なので、年収1000万越えは珍しくありませんし、1億稼いでいる人もおり夢のある職業ですね!

マジか!稼ぎたい俺にはぴったりだぜぇ!
イエスイエスイエ~ス!!

さすが貧乏人!
お金の亡者でしゅね!

おまえ、いちいちうっせーんだよ。。




ただし、それは稼げる人だけです!

皆が皆、年収1000万以上なわけがありませんし、逆に稼いでいる人は少数なのが現状なんですよね。。


実際、入社3年で8割~9割の人がいなくなる世界であり、転職に後悔して辞めていく人が多いんです。


では、プルデンシャルに転職して後悔する理由は何でしょうか?

  • 成績が上がらずプライドとお金を失う
  • 身内や知人、最悪、家族まで失う
  • 精神的にボロボロになり時間まで失う



以上なのですが、順番にお話しますね!


成績が上がらずプライドとお金を失う



お金だけを目当てにプルデンシャルに転職すると後悔することになると思います。


プルデンシャル営業マンの賃金体系は、

基本給 + 成果給 + 賞与

となっており、「成果給」の割合が大きいため、契約すればするほど報酬が上がり、サラリーマンより稼ぐことができるのは確かです!

そうそう!
俺は普通リーマンはもうこりごりだぜぃ!

黙れ、ブサイク貧乏リーマン。

ブサイク貧乏リーマン。。
か、かっちょいい。。




そして、プルデンシャル生命営業マンの2年間は最低の基本給が保証されています。

プルデンシャル生命は入社から2年目までがコミッション制で、研修期間として一定の固定給が支払われますが、そこから歩合で稼いだ給与が上乗せされる仕組みです。


ただ、3年目以降はフルコミッション制(完全成果給)へと移行し、3年目からほぼ固定給がなくなるため、成果を上げないと生活が厳しく窮地に陥ることになるんです!

それは普通リーマンの話だろ?
俺みたいに成果をあげりゃいいんだよ!

うっせーわ、ブサイクハゲバカ貧乏リーマン。

凄い、パワーアップしたでしゅ。。




言うのは簡単ですが。。


でも、営業ツールとしてのアポイントリストなんかありませんし、自分一人で顧客を開拓しなければならないんです。

ずっと、、ずっとです!!


転職した時はいいんですよね。。

最初は前職の人脈等でしばらく営業することができます。


元々知っている人たちなので話も聞いてもらえますし、契約してくれたり知り合いを紹介してくれる人もいるでしょう。

なので入社したては順調な人もいると思います。


ただ、過去の人脈が尽きた頃に怪しくなってくるんですね。。


過去の人脈もいつかは無くなりますし、紹介してくれる人も減っていきます。

となると、本当の新規顧客を開拓しなければならないのですが、新規顧客を開拓するのは本当に大変です!


私は過去のコピー機販売会社で経験済みですが、契約どころかアポを取ることさえ至難の業です!


テレアポなんかマジ地獄ですよ。。

ひたすら電話してもすぐに切られるわ文句も言われるわ、挙句、上司からもボコボコに言われます!


それにめげずに毎日毎日、電話の日々。。

でもアポが取れない!


なので、苦肉の策として知らない会社に飛び込み営業も行うことになります。


ただ、飛び込み営業もきついですね。。

想像してください。。

たまに会社に飛び込み営業で保険屋さんがやって来ることがありませんか?


入りま~す♥

僕が先でしゅよ!

なわけねーだろ。。



そんな怪しい飛び込み保険営業マンと契約どころか、門前払いですよね。

ましてや、変なおじさんが来たとなれば尚更。。


おっさんはダメ!

NOでしゅよ!




結果、私はコピー機販売でテレアポと飛び込み営業で地獄をみて3ヶ月で辞めました。。


ただ、紹介であれば話を聞いてもらえますし、契約率も格段に上がるのですが、そもそも紹介してくれる人がいなければ無理です!

過去の人脈であれば嫌々でも紹介してくれるかもしれませんが、紹介してもらった人は別に知り合いではありませんし、紹介しなくても気まずくありません。


なので、徐々に紹介してくれる人が減少して、いつしか紹介してくれそうな人がほとんどいなくなるんですね。

結果、紹介先が減ると比例して成績が下がることなり、成績が下がれば当然給料が減ることになります。


2年目までは辛うじて最低保証してくれるのですが、2年目以降はもう保証はないので、貯蓄を潰しながら細々と生活せざるを得なくなるのです!


そ、そっか。
俺はもう少し考えてみよっかな。。

怖気づいてきたでしゅね。。




そしてお金がなくなると生活ができなくなると共に、家族にも迷惑をかけることになります。


転職して最初に順調だった人は特に大変だと思いますね。。

奥さんは心配するでしょうし、子供がいれば教育費の心配も出てきます。


でも、たぶん家族には本当のことは言えないと思います。

「契約が取れないから生活費を半分にしてくれ!」

「子供の塾をやめさせてくれないか?」


なんて言えるでしょうか?


そんなことを言えば、父親としての威厳はなくなり、窓際族みたいに家で肩身の狭い思いをしなければならないじゃないですか。。



なので、絶対に言えないんです!

私がそうでしたから。。


営業成績が悪いから我慢してくれだなんて、「自分は役に立たない」と言ってるようなものなので自分から言えるわけがありません!


本当のことを言うわけにはいかないんです!!

「じっちゃんの名にかけて!!!」


。。。



。。。


知るかよ。。
ていうか、使い方間違ってるし。

クソつまんないでしゅね。。



。。。


とにかく、「お金がなくなってプライドがズタズタになるのでプルデンシャルはやめとけ!」っていう話でした。。


身内や知人、最悪、家族まで失う



保険営業マンが身内や知り合いを勧誘することはよくある話ですよね。


ただ、誰だって身内はともかく、知人友人までを勧誘したくないと思いますよ!

なぜなら嫌がられるのが分かってますし、何より恥ずかしいですよね。


ましてや周囲から反対されてまで入社したプルデンシャルなのであれば、反対した知人友人を勧誘するのは、考えるだけでも地獄です!


そうか?
俺には痛くもかゆくもないけどな!

あんたには知人友人がいないからね。

貧乏に加え知人友人ゼロ。
本当の地獄でしゅね。。




できれば、知り合いや友達を勧誘しても嫌われる可能性が高いので、勧誘したくないと本人も思っているはずです!


では、分かっているにもかかわらず、なぜ友達を勧誘してしまうのでしょうか!?


答えは、

成績を上げるために勧誘せざるを得ない

からなんですね!


私はコピー機販売営業で経験しましたが、保険営業の知り合いやプルデンシャル生命の営業マンに聞くと完全成果主義の実態が分かります。


誰でも最初は格好よく仕事をしたいため、身内や友達には目もくれず、前職の人脈や取引先を辿ったりして紹介を得ようと試みるんですね。


ただ、前職の人脈もいつかは尽きてしまいます。

そうなると契約が取れず給料が下がってしまうので、本当の新規顧客を開拓しなければなりません。


でも、保険営業なんかしたことがない人ばかりですし、それが難しい。。

なんで?
嘘付いてでも契約させたらいいじゃん。

それ、犯罪でしゅよ。。




では、なぜ新規顧客開拓が難しいと言いますと、基本間に合っているからです。

新卒の若手なら別ですが、ほとんどの人がすでに生命保険に入っています。


しかも、生命保険を切り替えるってかなり面倒くさいですし、本人も契約内容を把握していないし、保険屋さんとの付き合いもあるので、よほどの人脈かメリットがないと難しいと思います!

知り合いでもなければ、尚更切り替えるメリットがないうえ、忙しい中会うのもうっとおしいですしね。。



そして競合も多いです!


最近ではライフネット生命のような、旧来の保険営業の手数料を排除し、格安の保険料で同等の内容の保障が受けることができる商品も増えています。


また、現在の保険業界は元プルデンシャル営業マンが多くの保険会社に引き抜きや転職しており、同じようなコンサルティング営業をしているんですね。

しかも、同じような保証内容でプルデンシャルの商品よりかなり安く、法人の保険に関しては勝負にならないんです!


ただ、ここで営業力がある人は、お客さん像の見直しや自社保険の強みが活きる人や会社に絞って営業をするのですが、そうでない人はひたすら薄い人脈に頼った営業をしてしまいます。


でも、結果が出ないので、「こんなはずじゃない!」と言う気持ちから焦って何とかしようと思うのですが、それでもうまくいかないんですね。


「どうすればいいのだろう。。」

「このままではお金がマジでやばい。。」


このような不安を抱えると共に、月曜のミーティングで「成果はありませんでした。。」と報告するのが嫌で、月曜のミーティングがだんだん憂鬱になり精神的に追い込まれていきます。。


さらに契約が取れない状況では、上からのプレッシャーに加え「同期入社の中には羨ましいぐらいの成績を残している人がいるのに・・」という自己嫌悪、、そして給料の減少。。



私も経験がありますが、周囲がアポを取っていると焦りますし、毎日喉が渇き、震え、手汗がやばいぐらいプレッシャーがかかり、精神状態がもう普通ではありません。


しかも、お金がなくなるかもという不安は凄まじく、常に強烈な不安を抱えながら仕事をしていているので、本当に少し頭がおかしくなるんですよね。。

視界がなくなると言うか、周りが見えなくなるんです。


マジ?
どうしよ。。




そして、契約が取れず精神的に追い込まれた結果、友人知人等を勧誘をしてしまうんです。


もう成績を上げるためには遠慮なんかしてる場合ではありませんからね。。

ただ、精神的に普通の状態ではないため、泣きついてでも契約を取る人もいますし、無理な勧誘となりがちなので、やばいヤツとなって友達の縁が切れることになります。


そして、身内や友達の数にも限界があるので、契約も継続できず友達もいなくなって廃人みたいに辞めていく人が多いのがプルデンシャルみたいな外資保険会社の実態なんです。


まあ、中には別に追い込まれていなくても、気軽な感じで友人たちを勧誘するメンタルモンスター営業マンもいますが、そんな人はまれです。

逆にそれぐらいハートが強くないと、生き残れないのかもしれませんね。。


私の知り合いは契約が取れず、ストレスで2年目の頃に円形脱毛症になると共に爪が青くボロボロになってました。

本当の話です。


また、私の別の友人は身内や知り合いばかりに声をかけまくっても結局契約が取れず知人友人を失い、お金がなくなって家族までも失って半分廃人になって辞めましたね。。

あ、やっぱし俺は今の会社が大好きでした。
今まで嘘ついてごめんね。。

本性が出たでしゅね。。

精神的にボロボロになり時間まで失う



先ほど知人がストレスでボロボロになった話をしました。

それほど精神的な重圧が半端ないんです。


毎日新しい顧客を探す日々、フルコミッションの重圧、保険と聞いただけで嫌がられる、毎年毎月毎週が勝負。。


気の休まる時がありませんし、将来が不安でしかない。。


保険業は毎年の成績次第で収入が変わり、良い時は一瞬で、後は悲惨な結果になる人ばかりです。

たとえ成績がいまいちでも新しい人に会い続け、心配かけまいと知人友人にいつでも明るく接し「プルデンシャルに転職して成功している自分」を演じ続けるも、不安は大きくなるばかり。。

そして家では家族を不安にさせたくないので、普段通りの父親を演じる。


簡単に辞めるわけにはいかないし、辞めれば自分が負けたと感じるうえ、周囲に対しても恥ずかしい。。


結果、無理をして続けるのですが、私の知り合いのように契約が取れないわ、不安とストレスで爪が青くボロボロになるわ、で精神的に病んでしまうことになります。


あ、そう?なんか大変だね。
俺、今の会社好きだから関係ないけど。。

とうとう逃げたでしゅ。。




そもそも、なぜプルデンシャルに転職しようと思ったのでしょうか?

たぶん、会社員では考えられない収入を得て成功者になりたいと思ったからではないでしょうか!?


でも現実は違います!


プルデンシャルに転職しても、徐々に人脈や紹介が尽きてアポイントに空きが目立ち、今月の見込みリストを作るのも難しくなるうえ、お金も尽きていくんです。


描いているプルデンシャルでの成功の姿を得ることなく、大半が辞めていくんですよ!


では、成功して大金を得るまで精神がボロボロになってでも続けるのでしょうか!?


無理だと思います。

たぶんその前に病んで倒れてしまいますよ。。



もちろん、プルデンシャルは精鋭ぞろいなので刺激にもなり、同僚から得るものもあると思います。

なので、勉強するつもりであったりお金を度外視して経験を積むのなら良い環境かもしれません。


でも、もし目的の大半が「お金」なのであれば、成果が出せなくなった時点で精神が崩れボロボロになる可能性が高いです!

そうなると立ち直るのにも時間がかかりますし、得るものも少なく最初から違う会社に行っておけば良かったと後悔することになります!!


私は過去に精神的にボロボロになりながらも無理をして1年間頑張ったことがあります。

そこで得たものは、「1年間我慢したこと」だけだったんですね。。


それ以外、何も得るものはありませんでした。


なぜなら、精神的に病んでいたのでまともに仕事ができなかったからです。

仕事の不安と辞めた後の心配ばかり考えてましたし、仕事はミスばかりでしたから。。


ただ、私が元々やりたい仕事だったので、結果的にはその会社に転職したことは良かったと思っているのですが、もっと早くに辞めるべきだったと思っています。

我慢しすぎて、しばらく精神的に立ち直れなかったですから。。


それでも保険会社が気になるのであれば、一度面接等で試してみるのが良いと思います。


でも、もし、保険会社への転職の目的が金銭面であったりスキルアップなのであれば、違う会社をおススメします!


私も一度、年収をかなりUPさせたいがために保険会社に転職を考えたことがありましたが止めました。

なぜなら、保険会社では私の強みがあまり活きないため、前述通り心が病んでしまうと共に、熾烈な競争社会が私には合わないからです。


また、長い人生を考えると一時期に稼ぐのではなく、地道にスキルアップしながらも年収を上げていく方が自分に合っており、リスクも少ないと考えたんですね。

保険会社で稼げるメリットより、1年で辞める可能性があるリスクの方が高いと判断しました。


なので、稼ぎたいのが目的であれば、別に保険会社にこだわる必要がない!と思うようになったのです。


であれば、自分の強みが活きる会社の方が年収とスキルの両方をUPさせることができると。。


では、自分の強みを活かすことができるハイクラス案件はどう探せばいいのか?


転職のプロである「転職エージェント」に頼る必要があります。

しかも、ハイクラス案件に強い「転職エージェント」です。


私のおススメは私もお世話になった「JACリクルートメント」になりますが、求人内容も担当コンサルタントもハイクラスなので、かなり役に立ちましたし、まずは抑えておく転職エージェントだと思います。

詳細は下記記事をご確認ください。


JACリクルートメントで年収アップのハイキャリア案件に転職できる理由


【体験談】私が年収1000万稼げる職業に転職でJACリクルートメントを使った理由


プルデンシャルは超ブラック?激務で最悪は本当か



では、プルデンシャルは超ブラックなのか?激務なのか!?

評判や口コミで検証してみましょう!


プルデンシャル生命の営業職には様々な評判や口コミがあります。

ただ、はっきり言ってあまり良くない評判が目立ちますね。。


なぜなのかは後述しますが、まずは良い評判です!

どうやったら成果が上がるかを考える毎日で、営業という分野におけるスキルは自然と高まると思う。研修制度や勉強会も充実しているため、自分から情報を取りに行く姿勢があれば成長できると思う。

参照:エン・ジャパン

自分で全て(給料・時間・休み等)管理しなければならないので、生活面仕事面で独立する力がつく。
圧倒的成長力で20代だが30,40代の方にも負けない営業力はついた自信がある。

参照:エン・ジャパン




その他では、

  • テレワークが進んでいて多様な働き方があるのは外資系ならでは
  • リモート商談ができるので在宅も可能
  • ワークライフバランスは自分次第なので恵まれた環境である
  • 国内の一般企業と違い上司部下という関係ではなく、支社長やマネージャーはあくまでサポーターで営業所によるが風通しは良い
  • 成果を上げている人の声は通りやすい
  • 個人プレー中心だが、お互いに学び合う風習がある
  • 成果主義の報酬なのでやりがいを感じられる
  • 男女での評価に差がなく女性でも管理職になることができる
  • 日々の業務と勉強や研修課題取り組みをやりきることで知識や経験値がかなり上がる



良い評判としては、前述した成果主義なのでやりがいがあること、リモートワーク、スキルアップや人脈が挙げられますね!


競争が激しいので商品知識はもちろん営業能力はスキルアップするはずですし、スキルアップがなければ生き残れません。

また、様々な業界の人が社内にはいますし、社長との出会いも多いので人脈が広がるのも間違いありませんね!

良い評判多いじゃん。
今までのは何だったんだ?




そうですね。。

ただ、良い評判を見て感じたのは、やはり「仕事ができる人」、つまり「売れる人」的な視点が多かったことです。


「売れない人」がテレワークをしていても何も言われないでしょうか?

「売れない人」が成果を上げずに生活できるでしょうか?

「売れない人」の上司がずっと優しく接してくれて、風通しは良いままでしょうか!?


私的には無理だと考えています。

でなければ、プルデンシャル生命のほとんどの人が3年以内に挫折することはないと思いますから。。


一方で悪い評判としては、、

残業代は絶対に出ない。
9時から17時30分まで最初の2ヶ月は勉強をしテストに向けて,毎日夜中2.3時まで働いてた。最初の1ヶ月は休みは土日だがほぼなし。
毎日,出社。ロープレなどの練習。一回に40.50分かかる。

参照:エン・ジャパン

基本的に高飛車な人が多く、ゴリゴリの営業会社と同じ。営業所にもよるが、20時に商談が終わって帰ろうとしても事務所に帰ってきてロープレをして帰らないといけなかったり。紹介をもらえなかったりすると、上長達は帰宅してから、人と出会うために飲みに行くのを強制させられたり、事務所に泊まるのを強制させられたりした。

参照:エン・ジャパン

勤務時間・休日休暇:最初の2年間は24時間365日間死ぬ気でやれという風習。月曜日と木曜日は朝ミーティングがあり土日も研修期間は基本的に休ませてもらえない。研修期間中は資格試験などもかなりあるので、業績を出しながら資格試験の試験勉強をしていかないといけないので、早く帰れるような状況ではない。
多様な働き方支援:基本的に副業は出来ないし、生命保険の販売なのでリモートワークも当然出来ない。早帰りをする風習は全くなく、当然のように夜中までロープレなどをしていく。研修期間の内は資格試験などもかなりあるので業績を出しながら勉強もしていかないといけない。

参照:エン・ジャパン




その他では、、

  • 仕事量が多すぎてやってもやっても終わらないし、仕事好きでなければ無理
  • 年齢や経験に合わない仕事レベルを要求される
  • どうしたら成果を上げれるのか等、教えてもらえるようなサポートがない
  • 最初の2年間はワークライフバランスがなく仕事漬けで辛い
  • 平日19時以降、土日のアポが多いので家族や友人と時間が合わない
  • プライベートの時間がなく契約がないと生活できない
  • 知人や友人に避けられ電話も警戒されるのが寂しい
  • 働き方は自由なので完全放置で人を育てる文化がない
  • 育成が抽象的な精神論となっており苦しんで多くの人が去っている
  • 精神的ストレスと報酬が見合っていない
  • 女性が活躍しているのはごく僅かで多様性を感じられない
  • 2年間が大変で稼げない営業マンが借金まみれになっている
  • 最初の2ヶ月は毎日夜中の2時3時まで働いていた
  • 次々と去っていく人を見るのがつらく自分もうつになる前に辞めたい 等




以上となりますが、興味深いのは良い評判と真逆の意見があることです。

ワークライフバランスが充実する人もいればしない人、女性が働きやすいとか多様性がないとか。。


私が思ったのは、悪い評判は「売れない人」の意見だということです!


つまり、売れる人にとっては良い会社で売れない人には悪い会社。

まあ当たり前のことですね。。

ふ~ん、大変だね。
まあ頑張ってちょ。

完全に他人事でしゅね。。




プルデンシャルの評判や口コミが良くない理由は、売れない人が多いことに加え、大半の人が辞めていくからです。


大半の人が売れなくて辞めるので、前述した悪い評判の分母の方がかなり多くなります。

そして、評判や口コミは現役の人はあまり書き込むことがなく、ほとんどが辞めてから記載することが多いんですね!


なぜなら転職活動時、情報を集めるために会社の評判サイトを見るからです。


会社の評判・口コミサイトを見るのには登録が必要で、登録するには以前に所属していた会社の口コミを記載しなければならないサイトもあります。

結果、辞めた人間は悪い印象を持っていることが多いため、悪い口コミが増えるという現象になるんです!


なので、プルデンシャルみたいに辞める人間が多い会社だと、当然、悪い口コミが増えることになります。

まあ、妬みも多いだろうし。




ただ、実際の評判は「プルデンシャル営業マンは死亡する」といった過酷なものではなくて少しは安心しました。

私の過去のコピー機会社では死亡級のレベルだったからですね。(笑)



でも実際に元プルデンシャルの知人や、私がコンサルタントとしてプルデンシャルの営業マンからクライアントを紹介してもらうことがあるので、実際に聞いてみると、やはり仕事はきつそうです。


私はプルデンシャル生命が私の過去のコピー機会社みたいに超ブラックだとは思いませんし、生命保険は必要なものだと思います。


なので、私はプルデンシャル自体を叩きたいわけではないのですが、普通の人には競争が激しく、過酷すぎる環境なんです!



なにしろ、プルデンシャルはやり手営業マンが集まる競争が激しい会社で、3年目からはフルコミッションとなり、お金の心配や周囲からのプレッシャーが半端ない。

ただ、成果給が高い会社はそうでない会社より仕事や職場環境がきつくなるのは当然です!


なので、仕事も精神的にも負担が大きくて病んでしまう人がいるのは仕方ないかもしれませんね。。


プルデンシャルの営業マンが稼いでいる話は有名ですし、一獲千金を狙う人が憧れるのは良いのですが、ほんの一握りの人間だけです。

私みたいに精神的に弱い人間には、このような熾烈な競争社会は私には無理ですね。。



ということで、結論としては、プルデンシャルは超ブラックではないけれど、売れない人には激務で最悪になる可能性が高いということでした!


【特徴と強み】JACリクルートメントでキャリアアップ転職できる理由


最後に




今回は「プルデンシャルは転職失敗で後悔する理由 ブラック?激務で最悪?」として

  • プルデンシャル転職は失敗して後悔する理由
  • プルデンシャルは超ブラック?激務で最悪は本当か



以上の内容をお伝えしました。


プルデンシャルに転職して後悔する理由は「お金が目的」だからです。


お金だけで転職すると、成果が上がらなくなれば給料が減るので不安と恐怖とストレスで精神的にボロボロになります。

しかも成果が出なければ、激務になりがちなうえ、無理な勧誘を行うことで知人友人を失い、最悪、家族まで失いかねません!


なので、お金意外が目的であればプルデンシャルはありですが、お金だけならやめておいたほうがいいですし、給料は負けますが他の会社で働く方が長い目で見ても良いと思います!

給料よりも優先すべきは、スキルアップや自分に合う職場環境です!



上記を少しでも意識していただき、今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!!


JACリクルートメントに登録してみた!利用した感想と体験談



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA