転職エージェントがマジうざい!むかつく、イライラした時の対処法



こんにちは!


中小企業診断士でうざい営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 登録している転職エージェントのメールがうざい!
  • 転職エージェントの態度がむかつく!
  • 転職エージェントの対応の遅さにイライラする!



以上のように転職を考えて転職エージェントに登録したけれど、ストレス溜まりまくりのあなたに、今回の記事を読んでいただきたいと思います!


私は今まで転職経験が7回あり、しかも40代で3回転職しております。


なので、あなたが怒っている気持ちは凄く分かりますよ!

そんなに怒るんじゃねぇって。
人生、楽しく生きようぜ~。

他人事だから気楽なもんでしゅね。。



。。。


私も過去、某リクルートエージェントでひどい目に遭いましたから。。

某じゃねーだろ。。
実名だしてっし。

訴えられるでしゅね。




でも、リクルートエージェントで2回目の時は非常にうまくいきました!

つまり、転職エージェントは担当者次第なんです!!

また、その他にも要因がありますので、お話したいと思います。


ということで今回は、

  • 転職エージェントがなぜうざいしむかつくのか?
  • 転職エージェントにイライラした時の対処法「体験談あり」



以上の内容を私の体験を踏まえてお話しますので、参考にしてください!


転職エージェントがなぜうざいしむかつくのか?



私の経験と口コミを加えた、転職エージェントがうざい、むかつく主な理由は下記です。

  • メールや電話が多い
  • 担当者の態度が偉そうで上から目線
  • 何に対しても対応が遅い



順番にお話します!


メールや電話が多い



おそらく、うざい一番の理由がメールや電話の多さではないでしょうか!?

大変だな~。
俺なんかメール全然来ないけど?

友達いないからでしゅね。




私は過去、転職サイトと転職エージェント併せて10社以上登録していたので、もうメールがやばかったです!

どこから来ているのかもよく分からないし、どこに応募したのかも全然分からないぐらい。(笑)

それ、自分のせいだろ?
おめぇがうざいっての。

でしゅね。



確かに、登録しすぎた私が悪かったのですが。。


特に大手の転職エージェントにメールが多い傾向があります。

ただ、メールが多いのは本当に悪でしょうか?


何もメールが来ないのは逆に不安になりますし、メールが多いのは求人数が多いという証拠であり、歓迎すべきことだと私は個人的に思っています!


求人数自体少ないと、メールは送れませんもんね。。


また、電話が多いと感じるのは、大手ではなくて小さい転職エージェントです。

大手だと、担当している人数も多いので頻繁に電話する暇はないはずですし、逆に大手で電話が多い場合は担当者の能力が相当低い証拠なので注意が必要です!


小さい転職エージェントのウリは密着転職活動なので、逆に電話が多いのを利用すべきですし、嫌なら小さい転職エージェントは避けた方が良いと思います。

私は密着型は嫌いではないですけどね。(笑)


担当者の態度が偉そうで上から目線



次に転職エージェントの態度がデカい問題ですが、私も当たったことがあります!

少し年配のおじさんだったのですが、めちゃ偉そうで腹が立ちましたよ!

まあまあ、そんなに怒るなって。
人生楽しければいいじゃ~ん。

お気楽なのは良い生き方でしゅね。。




「その経歴じゃちょっと。。」

「こちらの求人の方がいいでしょ?」

「もっと経験積んだほうがいいですよ?」


。。。





あやうくぶん殴るとこでした。。

暴力はいけないよ~。

今日のこっちゃん、気持ち悪いでしゅ。。




大丈夫です!私も大人になりましたから。。(笑)


ただ、私は7回の転職経験があり、今まで10社以上の転職エージェントにお世話になっておりメジャー系はほぼ全て網羅、小さい転職エージェントも経験しておりますが、、

態度がでかい偉そうな人は、たった1人でした!


また、態度はでかくないですが、冷たい人も1人ぐらいでしたね。。


つまり、態度がでかい人ばかりではないし、逆にそんな担当者に出会う方がめずらしいんです!

転職エージェントの担当者も仕事なんですね。


態度がでかいとお客さんである我々から苦情が出て査定にも影響があるので、普通であればそんな対応はしませんし、担当者もバカではありません。

なので、態度がでかい人が担当になった場合は運が悪かったと思うしかないですね。。(笑)


ただ、こちらの態度がでかい場合は逆に担当者が嫌がり、やる気もなくなるので注意が必要です!


何に対しても対応が遅い



なぜ、担当者の対応が遅いのか?


これもはっきり言って、担当者の問題です!


私は数多くの担当者とやり取りをしましたが、「この担当者はなかなかでできるな」と感じた担当者の対応は総じて早かったですね。

逆にこの人大丈夫?って人は。。

ただ、担当者も仕事であり人間です。

先ほども言いましたが、仮にこちらの態度がでかい場合は担当者も嫌になりますし、どう見ても無茶な求人を「何とかしろ!」と言えば、担当者もやる気がなく対応が遅くなって当然になります。

私は過去、ある転職エージェントで「副業」ができる大手求人を紹介して欲しいと無茶ぶりをしたら、その後に担当者の対応が急に遅くなった経験があります。

私がそのような求人はないことを知りながら言ったことに加え、私の能力も低かったため、担当者が「こいつダメだ」と判断したのでしょうね。(笑)


もう少し相手の立場になって考えれたら良かったと反省しました。。


もし、こちらが無茶ぶりや普通の対応をしていて相手が遅い場合は担当を代えてもらうか転職エージェント自体を変える必要があります!


転職エージェントにイライラした時の対処法



ここまで、転職エージェントがうざい、むかつくのは、

  • メールや電話が多い
  • 担当者の態度が偉そうで上から目線
  • 何に対しても対応が遅い



上記の理由だとお話しました。


そして、むかついてイライラした時の対処法は上記を克服することになります!

  • 自分を知る
  • 転職エージェントを知り担当者を味方につける
  • 担当者を代えてもらう
  • 転職エージェント自体を選び直す



次から対処法と共に転職活動のコツをお話しますね!


自分を知る



こちらは転職活動のコツにもなるのですが、 “自分自身” を知る必要があります。


たまに「転職活動で自己分析は必要ない」という意見もありますが、私は必須だと考えているんですね。


なぜなら、自分を知らなければ転職に失敗する可能性があるからです!

自分を知るとは

  • 自分の強みや特徴、やりたいこと
  • 自分の強みが活きる場所



上記のことであり、自分の強みを知らなければ活かすことはできませんし、活かすには自分を知らなければなりません!

俺の強みである男前はどこで活かせばいい?

ちょっと言ってる意味が分からないでしゅ。




自己分析をしないまま転職活動をすると、給料の良さにつられて自分の能力が活かせられない会社に転職してしまったり、性格に合わない会社に入社してしまう可能性があります。


そうなると、仕事に付いていけなくなったり会社内で浮いてしまうことで、ストレスで体を壊したり、再転職する必要が出てしまうんです!


また、自分の能力ややりたいことを把握しなければ、どういった転職先が良いのか自体分かりませんよね。。

これは転職エージェントを知ることでも大事なのですが、あまりにも自己分析や希望する転職先が漠然としていては、担当者も困りますし、どう提案すれば良いのか分かりません。


結果、自己分析が不十分だと、転職エージェントの対応が遅くなります!


まずはじっくり自己分析をしていかなければなりませんし、時間がかかりすぎるため、転職エージェントにとってはあまり良くない「お客さん」と認識されてしまうんですね。

完ぺきに自己分析すべきだと思いませんし、できない場合の方が多いのですが、やるのとやらないのではスタートラインが全く違いますし、転職エージェントもやる気を見ています。


全く自己分析をしない人は「転職する気があまりなし」と見られ、後回しされる可能性があるんです!


なので、一度思い返していただき、自分はそうだと思っていなくても担当者にやる気がないと見なされている場合があるかもしれません!

イライラした時は一度冷静に状況をみるのが良いと思います。


「それでも、やる気はあるし、自己分析もしっかりしているし、希望も伝えているし。。」


であれば、別の対応が必要となってきます!

また、せっかく転職するのであれば、どんな理由であれ、スキルアップできるとか、自分の強みが活きる会社、やりたいことができる会社でなければ意味がありませんし、継続することができません。

なので、転職活動のコツとして、しっかりと自己分析を行うことをおすすめします!


自己分析は自己投資であり、将来のリスク回避のためでもあります。

難しい場合は下記記事を参考にしてください。


【30代以上の転職者必見!】SWOT分析で自己分析のやり方と事例を紹介します


転職エージェントを知り担当者を味方につける



転職エージェントは無料とは言え、ビジネスです!

転職して求人企業から手数料をもらうことで会社が成り立っています。


なので、転職者に成功してもらわなければ一銭にもなりません!


であれば、当然可能性があるのであれば、メールや連絡もしますし、可能性がありそうな求人企業の紹介メールもしてきます。

それをありがたいと思うか、うざいと思うかは考え方次第です!


私は求人紹介メールが来るだけでありがたいと感じているんですね。

なぜなら、全然何のメールも連絡がない転職エージェントを経験しているからです。


メールも連絡もないのは、「あなたは無理ですよ」「あなたみたいなおじさんには用がないんですよね。。」と言われている気がしましたから。。

まあ、40代のブサイクでネガティブおっさんを雇うようなバカな会社はないからな。。

ブサイクはこっちゃんもでしゅよ。

ムカッ!



。。。


求人メールが多い、連絡が多いのはあなたが求められてる証拠です!

なので、誇りに感じても良いと思いますよ!!


そして先ほど、あらかじめ自己分析をしてないと転職エージェントの対応が遅れる、後回しにされる話をしました。

なぜなら、ほとんどの転職エージェントとの転職支援期間は3ヶ月と決められているからです。


なので、自己分析を最初から転職エージェントと一緒に行うとやり取りに1週間以上かかるため、初動がかなり遅れて嫌がられるんですね。


自己分析

希望職種や希望会社の選定

職務経歴書作成

職務経歴書修正

応募


以上の流れになるのですが、自己分析を行っていると、あらかじめ職務経歴書や希望の職種等が伝えられるので、上記の赤字部分が省略できます。


希望会社の選定

職務経歴書修正

応募


となるので、1週間以内に応募することが可能ですし、実際に私の場合はリクルートエージェントで速攻で仕上げました。

【体験談】リクルートエージェントは応募書類添削が凄い!


なんか面倒くせーな。
そんなの担当者が作ればいいだろが。
俺は神様お客様だぜ?

いつものブラックこっちゃんに戻ったでしゅ。



。。。


なぜ、事前に自己分析をして職務経歴書まで用意して、しかも修正も早くに仕上げる必要があるのかと言いますと、転職エージェントの担当者にとって良いからです。


いくらこちらがお客様とは言え、相手も人間ですし仕事です。

やる気があって素早く行動してくれる人を優先したいし、力を入れたくなるのは当然じゃないでしょうか!?


しかも初動が早くてしかも、素早く仕上げるということは3ヶ月以内の転職確率が高まります。

転職できれば自分の成績にもつながる。


初動が遅くて動きも遅い求職者、初動が速くて対応も速い求職者のどちらがいいでしょうか?


実はこれって、我々が転職エージェントの担当者に求めていることと一緒ですよね!

少し視点を変えてみれば、イライラが減少するかもしれません。


相手に対応を求めるのであれば、こちらも素早く対応すべきだと私は思いますし、相手の事情を知り味方につけることで、結果的に転職への近道となると私は考えています。


担当者を代えてもらう



こちらが素早く対応しても、相手が全然動いてくれないとか、能力が低すぎる場合はもう遠慮なく担当を代えてもらってください!

でも、そんなこと言ったら気まずいし、次もう会ってくれないじゃん。。

恋話じゃないでしゅよ。




大丈夫です!


転職エージェントは仕事ですし、こちらは人生がかかっているんですよ!!


能力が低い担当のせいで変な会社を紹介されたり、受かるものも落ちてしまえば大変なことになります!


たまにブラック企業を紹介されたという話を聞きますが、優秀な担当者であればそんなことは起こりえません。

なぜなら、転職が成功してもすぐに辞められてしまえば求人企業に仲介手数料を返金しなければなりませんし、担当の評価も落ちるうえ、求人企業にも避けられてしまうので良いことが1つもないからです。


ブラック企業を紹介してしまうのは、求人企業のことを把握していないボンクラ担当者だからです。

転職エージェントは担当者によってかなりレベルが違います。

なので、担当のレベルがその転職エージェントの全てではありませんし、担当者次第で合否が変わるんです!


実際に私は、リクルートエージェントで1回目は散々でしたが、2回目は面接に合格しました。

しかも2回目は40代にもかかわらずです。

リクルートエージェントの書類選考結果は遅い?実際に体験した話



なので、担当者が悪くても諦める必要はありませんよ!


転職エージェント自体を選び直す



先ほどお話した担当者を代えてもらう話ですが、「転職エージェント」自体のレベルが低ければ、担当をいくら代えても一緒です!

それに何度も担当を代えていれば時間の無駄にしかなりません。


なので、あなたに合った転職エージェントを使う必要があります。


30代以上であれば、おすすめは先ほどから話が出ている「リクルートエージェント」です。

なんといっても求人数が大手でもNO.1ですし、担当者のレベルも高いんですね。


30代以降、特に40代から求人数がガクッと減ります。

なので、分母数は大事ですし、40代であっても求人数が多いことに私はびっくりしました!

しかも担当者はうざくないですよ。(笑)


リクルートエージェントの電話がしつこいは嘘!うざい理由と有効活用法



なので、まずは「リクルートエージェント」は抑えておくべきだと思います。


【参考記事】40代転職の実体験談 リクルートエージェントが評判より意外と良かった件


そして、「リクルートエージェント」よりもさらに担当者のレベルが高い方が良い、ハイクラス案件を望むのであれば「JACリクルートメント」がおすすめです。


30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベルであり、私も大変お世話になりました!

私の職務経歴書の基礎は「JACリクルートメント」のおかげですし、担当コンサルタントのレベルは凄く高いです。


給料UPはもちろん、スキルアップを目指すことや、よりレベルの高い環境に身を置きたいのであれば、「JACリクルートメント」を使うべきだと身をもって感じました。

ちょっと敷居が高いのでは?

と思われる方でも大丈夫ですので、下記記事を参考にしてください!


【体験談】JACリクルートメントの評判は最悪?場違いな私でも転職相談できた話


最後に




今回は「転職エージェントがマジうざい!むかつく、イライラした時の対処法」として、

  • 転職エージェントがなぜうざいしむかつくのか?
  • 転職エージェントにイライラした時の対処法「体験談あり」



以上の内容をお伝えしました!


転職エージェントがうざい、むかつく理由は「あなたに求人がある」からであり、転職エージェントも仕事だからです。

連絡がないのは「求人がない」証拠なので、あまりカリカリしないほうがいいと思いますよ!


過去の私みたいに求人がない状況は悲惨で地獄ですから。。(笑)


そして、自己分析を行ってこちらは対応が速いのに、相手が遅くてイライラするのであれば、担当者を代えてもらうか転職エージェント自体を変えてください!


無能な担当者によって今後の人生を台無しにされたら、後悔してもしきれませんから。。


なので、あなたに合った転職エージェントを選んでください!


今回の記事が少しでもお役立てれば嬉しいです!


➡30代におすすめの転職サイト、エージェントはこちら

➡40代におすすめの転職エージェントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA