【ロスジェネ世代の叫び 】就職氷河期は悲惨ではない理由と逆襲方法



こんにちは!


ロスジェネの申し子、中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。


「就職氷河期世代。」

「ロスジェネ世代。」


嫌な言葉ですね。。

あなたも就職氷河期を恨んだ世代の一人なのではないでしょうか!?


私がまさにそうです!


「就職氷河期世代」の年齢なのですが、当時は悲惨で就職するのに苦しみましたし、就職氷河期を恨んだもんです。

たま~に聞くけど、就職氷河期っていつのこと?

ロスジェネって、響きが格好いいでしゅね!

ロスジェネって言っちゃダメ!
そんな格好いいもんじゃなくて、聞くも無残よ。。



。。。


確かに就職氷河期は悲惨、、悲惨でした!

なので正直、売り手市場の時代の人は羨ましいですが、我々ロスジェネ世代の苦労を知らないのでバカにしてくるんですよ!!


いきなりなんだよ。。
びっくりするじゃねーか。



ロスジェネ世代が叫んでみただけです。。


でも、私は就職氷河期は悲惨ではないと思っています。

理由は、

就職氷河期を経験したからこそ、今の自分がある!!

と思っているからです。

経験していなければ、頑張ろうとか考えなかったと思いますし。。



ただ、このままでは就職氷河期が悲惨、我々が無能扱いされかねません!

なので復讐しなければならないんですよ!!


でも、どうすれば良いのか?

ということで今回は、

  • 就職氷河期とは?
  • なぜ就職氷河期が悲惨だと言われるのか
  • 就職氷河期世代の年齢である私の恨み
  • ロスジェネ世代の叫び!!
  • 就職氷河期は悲惨ではない理由と逆襲方法



以上の内容となってますので、今後のご参考までに少し見ていってください!


就職氷河期とは?



就職氷河期とは、バブル崩壊後の1993年(平成5年)頃から2005年(平成17年)頃までの時期のことを言い、日本全体が社会的に就職難となった時代を指します。

金融不安、消費税引き上げとアジア通貨危機で、さらに求人数がやばくなった1990年代後半~2000年頃を「超氷河期」ともいい、1999年が有効求人倍率の底で「0.48倍」という数値だったんです。


そう、まさに私がその底の歳に就職した運が悪い人間です。(笑)

笑えないジョーク。
悲惨だな。。



そして、就職氷河期世代とは、高卒では1975年から1985年頃、大卒者では1970年から1980年に生まれた人たちが該当し、40歳前後の年齢の人ですね!

この世代は、ロスジェネ世代(ロストジェネレーション世代)ともいわれ、バブル崩壊後の失われた約10年間に就職活動をした世代で、特に酷かった時代。。


私が大学に入る年には「神戸大震災」もあり、かなりツラいことが重なってましたね。。我々の世代は。

もう運が悪いとしか言えません。。

俺、この時代の人間じゃなくて良かった。。

でもやっぱり、ロスジェネって響きは格好いいでしゅ!




そして、就職活動の苦しさを知ることになります。。


【関連記事】転職しようかな。転職活動は何から始めるのがいいか分からない人へ


なぜ就職氷河期が悲惨だと言われるのか



就職氷河期は、求人倍率が1を切っている状態がよくあったのですが、1を切るって、「内定が1つもない」ということが起こりえる状態なんですね!


コロナ以前ではあまり考えられないことだったのですが、私の知人でも決まらない者がいましたし、わざと就職浪人して学校にい続けることを選ぶといった、就活生にとって非常に過酷な現実がありました。


また、正社員で就職するのが目標である就活生が多かったため、会社のランクをかなり下げざるをえなかったケースもあり、それでも内定が取れない状況が多々あったんですね。

結果、就職氷河期でさえなければ、もっと良い会社、例えば大手企業に行けたような人材が小さな会社に行くことありました。

小さな会社にとっては優秀な若手を採用できたため、良い時代だったかもしれませんが。。


ただ、就職できずフリーターやニートになってズルズルと歳をとってしまった人も多いのですが、だからといって積極的に中途採用される歳でもありません。

結果、問題の多い世代と言われ、日本の不運な情勢に巻き込まれた「悲惨な世代」という位置づけになってしまったのです。。


ロスジェネ世代の叫び!!



そして、ロスジェネ世代の申し子である私の叫びですね!

そりゃあ、もういっぱい叫びたいことがありますよ!!

かなりストレスが溜まってるご様子で。。



超氷河期の就職活動はもう大変!

新卒なのに50社ぐらい応募して、内定もらえたのはたったの1社ですよ!?

ストレスで爆発寸前でしゅね。。




しかも、ようやく入社できた会社が1年半で倒産!


「おら~!!」

あーやだやだ。
ヒステリーおっさんて、ほんとうざい。


。。。


そこから私の転職人生が始まりました。

ただ、何とか見つかった転職先では安月給でこき使われ、うつ病みたいにはなるわ、社長には殴られるわ、挙句自分探しの旅には出るわ。。


で30代にもなると、なかなか行きたい会社に転職できない!

転職できたとしてもブラックみたいな会社ばっかり!!


でも、私が転職で苦しんでいる同じ頃、新卒者は希望通りの会社へ。。

しかもVIP待遇と聞くわけじゃないですか!?


「うおぉぉぉぉぉ!!!」


泣くなって。。
もういいおっさんなんだから。




あなたもそう思いません!?

なんか、我ら世代って不運だし、悲惨と言われバカにもされるし、世の中不公平だと思いませんか!?


「悔しいぃぃぃぃ!!」


って思ってましたが、ある時に嘆いていてもしょうがないと、私は気付いたんですよね。。

なので、私は行動することにしました!


【40代でも3回転職できた秘訣】転職したい!と思った時に読んで欲しい


就職氷河期は悲惨ではない理由と逆襲方法



私は、世の中に振り回されることがない自分になろうと決心したんです!


「超氷河期」だろうが「不景気」だろうと、自分の力で打開できる人間になろうと。。

そして、もう就職氷河期が悲惨だったという過去に縛られたくないんですよ!!


そこで、なぜか英語を始めたんです!

なぜかって。。
無計画にもほどがあるわ。



まあ、なぜかっていうのは大げさですが、取りあえずこれからは世界、世界が相手だと、、



と思ったわけですよ。・

超、かっちょいいっす。。

おめぇらバカだろ。。



ただ、英語は何年も頑張ったんですけど、どうも私には向いていなくて、あまり上達することもなくやめちゃいました!

で、やめたんか~い。



しかし、ロスジェネ世代の私はそこで諦めなかったんですよ!

そこから簿記2級を取り、次に「中小企業診断士」という資格を “2000時間” 勉強して、ストレート合格で取得したんです!!

中小企業診断士ってなんじゃらほい。


中小企業診断士とは、簡単に言いますと「国が認めた唯一のコンサルタント資格」です。


詳細が気になる方はこちらの姉妹サイト記事をご確認ください。


【参考記事】中小企業診断士とは役に立つ資格?需要があるのかを本音で語る



そして、ここからロスジェネである私の逆襲が始まったわけです!


私は「氷河期」等の不景気に関係ない、コンサルタントになりたかったんですね。

そして、中小企業診断士をより活かすため、実践経験を積むために「経営コンサルティング会社」に転職したんですね!


40歳でコンサル未経験者が、しかも私の苦手分野である、財務、金融支援に特化した「経営コンサル会社」に転職って。。

バカというか、度胸があるっていうか。。



そのコンサル会社での悪戦苦闘ぶりは、こちらの記事「中小企業診断士の転職 私がアパレルからコンサル会社に就職した話」でご確認いただきたいのですが、2年弱で辞めました。。

でまた、やめたんか~い。




まあ、辞めたというオチにはなってしまいましたが、転職にて自分の人生を切り開くことができました!


それはなぜか?

人生を切り開く = 外部環境のせいにしない人生

持論ですが、私はこのように考えています。

でも結局、転職は失敗だったんだろ?
で、人生切り開いたっていうのは嘘っぽいけどな。。



確かに結果だけ見るとそうですよね!

ただ、ロスジェネ世代のおっさんが未経験で新たな挑戦を試み、自分の意志で転職して悪戦苦闘をした結果、凄まじい成長を遂げたんです。


まあ自分自身、コンサルタントだけで生きていくことは能力的に無理ですし、そうしたいとも思わないんですが、外部環境のせいにすることなく今は会社員兼コンサルタントという道を選ぶことができたんですよ!


今ではもう、就職氷河期の悲惨な過去の思い出はすっかり消えました!


ここまで「就職氷河期」の話と私の「ロスジェネ世代の叫び」や転職した話をしてきました。

で、結局何が言いたいのかですが、

就職氷河期の悲惨さを嘆いても現状は変わらない



ということです。

そんなこと言われても、こっさんはコンサルタントになって転職もできたからで、他の氷河期世代の人とは違うんじゃね?



確かに私の場合、「たまたま資格を取得できて、転職できて、コンサルタントにもなったから偉そうに言ってるだけだろ!」と思われるかもしれません。


でも、私も元々「超氷河期」のロスジェネ世代なんです。

別に私は成功者じゃないですし、転職を7回もして数々の失敗や鬱で悩んだり死にたくなったこともありました。


【参考記事】転職を繰り返す人はどうなる? 7回の転職経験者にリアルな話を聞いてみた



なので、大した人間ではありませんが、今では悲惨な過去を嘆くことはなくなりました。

なぜなら、私は自分の力では変えることができない「過去」に振り回されない人間になるように、行動したからなんですね!

今も決してお金持ちではありませんし、ただの会社員ではありますが、氷河期時代の経験があったからこそ、今の自分があると思えるようになったんです!

なので、、

就職氷河期は悲惨ではありません!!



逆に就職氷河期を経験したからこそ、頑張ろうと思えたんです。

今では感謝ですね。。



もし、今の現状が思わしくない、理想と違うしこんなはずではなかったと思うのであれば、今からでも決して遅くないですし、私みたいに少しもがいてみてはどうでしょう!?

60歳のおっちゃんが中小企業診断士を取って独立した話もありますし、何を始めるにも考え方次第です!

行動って、じゃあ何をすればいいんだよ?



私みたいに「資格」を取得すれば何もかもが変わるわけではないので、やみくもに資格を取得することには私は賛成できません。

なんせ、例えば中小企業診断士であれば2000時間は必要ですから。。


なので、まずは今の仕事をさらに頑張ってみることや社内で新しいことをすることをおすすめします!


でも、もし今の会社や仕事に不満があるのであれば、「転職活動」をおすすめします。

転職ではなく、「転職活動」です!

転職じゃなくて?




そうなんです。

決して転職ではありません!


転職活動をすることによって、

  • 自分が今どれぐらいの価値があるのか
  • 自分の能力は通用するのか
  • 何の能力が足らないのか
  • 何をする必要があるのか



上記のことが分かります。


その結果、もし能力が足りないのが分かれば、何をするのかを考えるんですね!

考えてみて必要な資格があるのであれば、その資格を全力で取る!


もしより良い環境、より良い条件やスキルアップが期待できるのであれば、転職すべきだと思います!!



私は転職で「氷河期」の呪縛を解きました。

今度はあなたの番です!


初めは小さい一歩かもしれませんが、現状を嘆いてるよりかはずっといいと思いますし、私は「行動するあなた」を応援します!!


➡30代で転職を考えておられる方はこちら

➡40代で転職を考えているのならこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA