大谷翔平で見る「やってみないと分からない」は転職でも同じだった件



こんにちは!


中小企業診断士で野球よりサッカーが大好きな営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


私はサッカー派ですが、大谷選手の毎日の活躍を楽しみにしている一人です!


二刀流でピッチャーをやりながらもホームラン王争いまでするって凄いですよね!

しかもオールスターのホームランダービーにも選出されて出場するって、ピッチャーでは初めての快挙ですし、楽しみで仕方ありません!!


ただ、ホームランダービー優勝者は後半戦で調子を崩すというジンクスがありますが、それに対して大谷選手は

「やってみないことには。何事にも経験しないことには分からないと思います。」

と言いました。


かっちょい~!!



と思うと同時に私は、

「あ、なにか転職と似てる!」

と少し思ったわけなんです。


私は転職するたびに、特に未経験転職するときに、


「失敗するかもしれないからやめておけ!」

「リスク高いって!」


みたいなことを言われました。


でも、これって大谷選手に、

「二刀流は失敗の可能性があるからやめとけ!」

「ホームランダービーはケガのリスクが高いからやめとけ!」

と言ってるのと近いなと思ったわけです。


もちろん、私と大谷選手のレベルの差は無視してくださいよ!(笑)


でも大谷選手は「出てみたい気持ちが強かった」と。。


私もそうでした!

転職に対しては、もちろん失敗のリスクはありますし、転職先で通用するか分からない、将来が不安になる気持ちはあるのですが、それよりも、

「やってみたい!」

という気持ちが強かったですね。


もちろん無謀なチャレンジはダメだと思います。

大谷選手は、日本での二刀流の実績が充分でしかも、エンゼルスがGOサインを出したわけですし、ホームランダービーもホームランという実績があるから選ばれたわけで、決して無謀な挑戦ではありません!


転職も同じで、無謀なチャレンジではなく、自分の実力や実績を認められての挑戦なので無謀ではないんです。

しかも、無謀であれば第一、内定なんか取れないですからね。。


なので、転職できるということは、実際はどうかは分かりませんが、ある程度できると判断されたからの挑戦なんです!

「やってみないことには。何事にも経験しないことには分からないと思います。」

私はこの言葉通り、やってみたかったことをした結果、転職を7回もしてしまいましたが、後悔はありません!

外から見ても失敗と思われる転職があったとは思いますが、「やってみないことには分からない」という気持ちでやってきたので、良かったと思います。


大谷選手も来年はホームランダービーに出るチャンスがないかもしれません。

ケガを恐れていてはやりたいことができなかった、と後悔するかもしれないと大谷選手は分かっているのかもしれませんね。。

人生は一度きり!

私はこれからも挑戦したいと思いますし、大谷選手に背中を押された気がしたので今回、記事にしてみました!


頑張れ、大谷選手!

頑張れ、サッカー日本代表!!


違うか。(笑)


【関連記事】転職で失敗するのが怖くて動けない!失敗しないおすすめ方法



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA