【7回転職有】転職後1年で再転職は可能?1年で退職しても問題ない理由



こんにちは!


中小企業診断士で転職を繰り返す営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 転職後1年でも再転職は可能!
  • 1年で退職しても問題ない理由
  • 短期間転職での注意点とデメリット
  • 転職を繰り返すとどうなるのか?



以上の内容を私が合計7回も転職経験をして感じたことを含めてお話させていただきます!


しかも、40代で3回も転職。。

なので、「転職マスター」と呼んでください!

何が転職マスターだ。
ただのプー太郎のプーちゃんじゃねぇかよ。。

プーちゃんって可愛いでしゅね。

いい歳こいてフリーターって嫌ね。。



。。。


まあ、色々と失敗しましたよ。。

良かったこともあれば嫌なこともありましたし。。



そして、転職を繰り返す人の末路はどうなるのか!?

しかも40代で3回も転職すればどうなってしまうのか!


乞うご期待ください!!

また、おめぇの話?
もう飽きたし、プーちゃんは引っ込んどけって。

だめでしゅよ。
プーちゃんも一生懸命にプープー言ってるでしゅよ。

プープーってなによ。。
でも、ブサイクプーちゃんよりイケメンの話が聞きたいわね。



。。。


ちょっとだけでも聞いてよ。。


転職後1年でも再転職は可能!



先ほど私は今まで7回も転職したと言いましたが、内容は下記です。

  • 1社目(1年):一部上場アパレルメーカー 
  • 2社目(3ヶ月):ブラックコピー機販売営業会社
  • 3社目(1年):二部上場アパレルメーカー
  • 4社目(4年):小規模アパレルメーカー
  • 5社目(10年):小規模アパレルメーカー
  • 6社目(1ヶ月):グレーのコンサル会社
  • 7社目(1年半~2年):本当のコンサル会社
  • 8社目:小規模アパレルメーカー

うわっ。。
改めて見ると多すぎてゲロ吐きそうだぜ。

さすがプーちゃんでしゅ。



。。。


40代までの転職や7回の転職詳細は私の「プロフィール」でご確認いただきたいのですが、私がなぜ40代になって3回も転職したのかを簡単にお話します!

私の主な転職理由は、

  • やむを得なかった
  • やりたいことがあった
  • 成長して凄い人になりたかった



上記なのですが、結果、1年どころか1ヶ月や3ヶ月で辞めたこともありました。


でも経歴を見ていただければ分かると思いますが、無事に再就職できています!


7社目なんかもう40代ですよ?

もうやばいですよね。。(笑)

さすがプー太郎!
計画性のなさが凄いぜ!

プープー。



。。。


ただ、、履歴書だけでも100社は落とされこともありましたね。。

しかも、軍隊ばりの営業会社やグレー、ブラック会社にも入社したこともありましたし。。

さすがプー太郎!
裏社会にようこそ!!

プープー。



。。。


「ガッデ~ム」

すんまへん。。
さすがプー太郎様!

顔が怖すぎてうんち漏れそうでしゅ。。




しょうがなかったんですよ。

私は精神的に弱いところがあり、すぐに心が病んでしまうとガラスのハートですから。。


ただ、私の転職歴を見てもらえれば分かりますが、転職7回中、5社は2年以内で退職しています!

しかも1年以内で退職したのは3社!!


まあ、1年も1年半も同じですけどね。。


なので結論的には、

転職後1年でも再転職は可能!



ということになります。

ただし、条件があるんです!

  • 退職してから半年以内に就職活動を再開する
  • 根拠をつくり面接では前職のことを隠さない
  • 高い条件を求めない
  • 転職サイト、転職エージェントに登録する



以上となりますが、順番に説明しますね!


退職してから半年以内に再転職活動を再開する



退職してから半年以内で再転職活動することが、私が転職を7回も繰り返した経験から言えます。


再就職活動は早ければ早いほどいいのですが、もし精神的に病んで辞めた場合はあまりにも早過ぎると、心の状態はあまり回復していないのでおススメできません。

でも、状態によりますが一応、半年を目途にしてください!


この半年が、再転職面接において言い訳できる範囲の期間だと私は感じているからです。


もちろん会社によるとは思いますが、半年以上も経つと「この人はヤバいかも」と敬遠される可能性が高くなります。

そうなの?
ちみは経験してないのに、なんでそんなことが分かるんだよ?



分かりますって!

私はコンサル会社の顧問先の人事担当として面接に加わってましたし、そこで雇う側である経営者や幹部の実際の声を聞いていますから。。


また、転職経験が7回もあると数々の転職エージェントを使っていますし、裏話も聞けますからね。

そして、実際に私の履歴書でも半年近く空白があるので、私自身も体験済みです!



なので実体験として、半年以上となると話は別ということを感じたのです。


ただ、半年以上の空白を就職活動と言ってしまうと、”半年以上も就職活動をしているけれど採用されない人” と見られて、かなり警戒されます。

なので、私の場合は半年間を「2ヶ月間旅行をして、その後は就職活動です。」と言って何とか切り抜けました。


本当の病気ならば長い期間の治療が必要なのでしょうがないのですが、病気でないのであれば、私の経験上、何とか半年を目途にしてもらったほうがいいと思います!


退職後の旅行もそうですね。


息抜きで行くのはいいのですが期間を決めておかないと、仮に一人海外旅の場合、ダラダラと1年以上放浪することもあり得るので、半年以内を目途で切り上げてください!

何事もほどほどがいいです!


根拠をつくり面接では前職のことを隠さない



ここでは細かい面接対応の話はしませんが、前職のことを隠さないということも大事です。

ただ、何も正直にすべてを語る必要もありませんし、別に私は多少の嘘もありだと思ってますしね!

嘘はいかんだろ!
嘘は!

嘘だらけの人生のくせに、よう言うわ。。

あい~ん。



まあ、嘘が良いと声を大にしては言いませんけどね。。

でも、嘘も方便。

例えば旅行2ヶ月を3ヶ月と言っても大した問題ではないです!


てな感じですね、私は。。

あ、これは私独自の考えなんで、会社にチクるのはやめてくださいね!

俺は許さん!
絶対にチクってやる!

自分には甘く、他人には厳しいでしゅね。。




ただ、退職理由に無理やりにでも根拠をつくることが大事です!


もし、前職で心が病んで辞めたのであれば、「仕事内容がきつすぎて」とか、「夜遅くて身体を壊しました」と言えばいいんです!

あまり正直に精神病と言ってしまうと、雇ってくれない可能性が高くなりますから。。


私は残業が多く毎日終電で体を壊したという理由はよく使うのですが、この理由はいいですよ!

なんせ、それでは仕方ないとなりますし、それ以上聞くことがなくなります。


さらには転職先では残業が多いのかどうか分かりますからね。。

退職理由が残業で相手がかなり突っ込んでくる場合、かなりの確率で残業時間が多くブラックの可能性がありますので、逆にやめたほうがいいです!

なるほどね。。
確かにその理由は使えそうだな。



仕事環境が悪いことを誇張するぐらいならありですし、別に嘘じゃないですからね。


実際に転職回数が多い私が2年弱でコンサル会社から転職するときに行った理由は下記です。

  • コンサル会社では毎日終電で精神的に追い込まれ体を壊した
  • 私はチャレンジ精神があり成長したいとずっと考えていた結果、自然と転職回数が多くなった
  • 転職回数が多いおかげで、規模が大きく成長企業である御社の面接を受けることができた
  • 転職していなければ今の自分はないし、今の自分には誇りを持っている
  • ただ、もう40代なのでそろそろ1社で落ち着きたい
  • 御社では経営企画だけでなく海外含め様々な仕事をチャレンジしたいし、できる環境であること
  • 自分の今までの経験の集大成を御社でと考えている



こんな感じです!

退職理由というか、志望動機みたいになってるな。。



そうなんです、退職理由を無理やり志望動機にも変えてしまえば、根拠のある退職理由となり相手に響くんですね!

結果、私の熱意が通じて面接には受かりました。



ただ1つ注意点があるのですが、会社の悪口は絶対にダメです!

ちっ。
ダメなのかよ。。

。。。



悪口はただ単なる愚痴と捉えられますし、何のメリットもありません!

なので、面接では前会社の悪口を言うことなく、かなりこき使われていたことをアピールして、空白期間を根拠ある理由に変換して伝えれば大丈夫です!


面接時の退職理由や志望動機、応募書類の書き方等は下記記事が参考になると思います。


【参考記事】40代転職の実体験談 リクルートエージェントが評判より意外と良かった件


高い条件を求めない



そして、再転職先には高い条件を求めないこともポイントですね。

嫌だ!
俺は給料が高くないと入ってやらないから!!

あんたみたいなバカでブサイクを、どこの誰が高い給料で雇うのよ。。
鏡を5回見て出直したら?

男前男前男前男前、男前にな~れ。



自信があるのであれば、高い条件を提示してもいいですが、採用されてから周囲の評価も厳しくなります。

周りよりも給料が高いと求められることが当然多くなりますから。。


何も低すぎる条件を提示する必要はありません!


ただ、前職の給料が高い場合、転職すると一からのスタートとなるため、求人企業も多くは提示できないんですね。

なので、多少給料が低い条件でも「頑張って増加させてやる!」という気持ちでいた方が求人企業の数や幅も広がり、入社した後も過度なプレッシャーがなく気も楽です。


そして、慌てずにゆっくりと自分を成長させて、給料も上げていきましょう!


転職サイト、転職エージェントに登録する



慌てる必要はありませんが、まずは「転職サイト」に登録しておいてください。

なぜなら、あなたが忙しくなったり、過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、時間が経つと登録すら忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いつでも転職活動ができるという状態」を作っておくんです。

そうしておけば、再就職したくなった時にすぐに動き出すことが可能になります。



そして本気で再就職をする気になったのであれば、そのタイミングでと「転職エージェント」にも登録してください!

転職サイトの企業情報だけでは不十分なので、相談や助言、良い条件を引き出すためにも転職エージェントは必須です。


転職エージェントとは対面で話をするので、転職の相談に乗ってくれますし、自分に合った求人やネットでは非公開の求人も紹介してくれたりします。

転職エージェントに聞けば、会社の雰囲気や残業の有無も教えてくれますよ!


私も履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わりましたし、面接企業の情報も教えてもらったりと、何かと役に立ちました。

下記記事を参考に是非、うまく活用してくださいね。

➡おすすめの転職サイト、エージェント記事はこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職記事ならこちら



以上の条件を満たせば、たとえ1年以内の再転職でも大丈夫です!

実際、私は7回も再転職できていますから。。


1年で退職しても問題ない理由



さきほど、1年で再転職は可能だと言いましたが、1年で退職してしまっても問題ないのでしょうか?

ダメだろ。
人生の落伍者みたいだし。



では逆に、無理して1年間我慢する理由はなんでしょうか?

ただ単に “一年我慢した” という実績を得るだけです。




そんな実績は必要でしょうか!?


1年間ずっと仕事のことで悩み、モヤモヤを抱え、ダラダラ意味もなく残っているぐらいなら、さっさと辞めてバイトを一生懸命やる方がよっぽど良いと私は思うんですね!


たぶん、再転職に支障があると考えると思います。

ただ、私は転職を7回経験しているので分かるのですが、たった一年では意味がありません!


転職を有利にしたいのであれば、せめて三年は必要です!


実際に私は転職後一年ちょっとで再転職しようとしたとき、書類でよく落とされましたが、「まだ一年しか経っていないから。。」という理由が多かったんですね。

逆に一年は中途半端だと私は思ったぐらいです。

だからといって、とりあえず三年も意味ありませんし、無駄な期間が延びるだけなのでやめておいてください!


時間は有限です!


“とりあえず” で無駄な一年を過ごすぐらいなら、さっさと転職して次の職場で頑張った方が長い目で見れば、正解だと思います。


次の職場が良いのであれば、前職が一年だろうが一カ月であろうが大して意味はありません。

大切なのは、”今のあなた” です!


今頑張れていない、頑張る気がない、後悔しているのであれば、貴重な時間を無駄にせず次に進んでいただきたい!と、私は経験上そう思います。


実際に、“私が1年でも短期間で転職して良かったこと” 下記です。

  • やりたいことができた
  • 凄い人になれたかは分からないが成長した
  • 心にあったモヤモヤが消えた



以上となるのですが、順番にお話しますね!


やりたいことができた



特に短期間で転職した良かったことは、やりたいことができた満足感です。


私は40代で3回、短期間の転職経験がありますが、40代であればもうベテランの歳ですし、やりたいことより会社のためであったり、自分の地位や給料を維持するためにも、自分の想いを押し殺したり我慢することが多いと思います。


それが悪いという意味ではなく、40代以降になると、「やりたいことをする」ことが難しいのが普通だということなんですね。


なので、そのやりたいことを実現できた私は運が良かったと思います!


ちなみに、私がやりたかったことは「コンサルタント」でした!


私はコンサルタントの唯一の国家資格である「中小企業診断士」を取得したのですが、アパレル会社では役に立たない、資格をどう活かせばいいのか分からない状態だったんです。

このままでは資格が役に立たないし、コンサルタントになることもできない。。


なので、実務経験を積むためにコンサル会社に転職したんですね!

そして私がやりたかったコンサルタントとして仕事ができましたし、凄い経験をさせてもらいました。


ただ、そのコンサル会社に入る前の会社は1ヶ月で辞めています。


もし意味もなく我慢して短期間で転職していなければ、得ることができなかった経験です!


コンサル会社は2年で辞めることにはなりましたが、やりたいことができたという満足感を得ると共に、コンサルタントとしての能力や実務経験を得たことが私の自信となりました。


凄い人になれたかは分からないが成長した



先ほど言いましたが、私はコンサル会社に転職することで能力的にかなり成長できたと思っています。

プーちゃんのくせに?

また怒られるでしゅよ。。



コンサル会社ではプレッシャーは半端なく激務でした。

経営が苦しくなった会社を再生支援する仕事だったのですが、毎日終電まで仕事をして休日出勤もしており、2年間でしたが気分的には4.5年ぐらい所属していた気分ですね。。


しかも私はコンサル未経験だったので、教わることは多く、50ページもある再生事業計画を作成できた時は感無量でしたし、自信にもなりました!


しかも、苦手で会社の数字に詳しくなりたかった私が、決算書を見ながら経営診断や事業計画を作成したり、社長や銀行員、税理士と財務会計の話をしたり、顧問会社の従業員に数字の勉強会を開催したりまで。。

まだ半端者ですが、それでも私が昔から欲しかった財務能力を少しは得ることができたんです!


また、物事の考え方、論理的思考(今でも苦手)、資料作成能力、エクセルやパワーポイントの使い方まで、今までアパレル仕事ではできないことをさせてもらった経験は貴重だと思っていますし、本当に感謝しています!

そして、コンサル会社での経験が今の営業にも活きていますしね。



ただ、短期間で転職を繰り返していなければ、絶対に辿り着けなったかったと思います。

やりたいことがなくフラフラした時期もありましたが、モヤモヤを抱えながらも転職を繰り返し頑張った結果、「私のコンプレックスであった、バカを卒業できた!」はずです。(笑)


心にあったモヤモヤが消えた



ここまでお話した、「やりたいことができた」「成長した」ことに加え、私の心のモヤモヤが消えたことが一番、転職して良かったと私は思っています。


私の心のモヤモヤとは、

私はこのままでいいのか?

という、漠然とした将来の不安だったんです!

俺もある。
モヤ~ッとした将来の不安が。

急に真面目でしゅね。




私はアパレル業界の時からずっと、

  • 今の私の能力でこの先大丈夫なのか?
  • アパレル業界にずっといて大丈夫なのか?
  • 今の内に何かやっておかないとマズいのではないのか?



こんなことを考えており、ずっとアパレル業界でいいのか、何か能力を身につけたい、凄い人になりたい、、でもどうすればいいのか分からない。。

こんなモヤモヤをずっと抱えていました。


なので、私は英語や簿記、中小企業診断士といった資格に挑戦したんですね。


でも、資格を取得しても何も変わらない。。

モヤモヤである将来の不安が消えない。


そして、転職で

  • アパレル業界以外のことを知る
  • やりたいことをする
  • 自分で満足できるほど成長する



以上のことを得ることで “将来の不安であるモヤモヤ” が消えたんです!


転職を繰り返してコンサル会社に辿り着いたことで、アパレル業界以外の様々な業界を知ることができたのでアパレル業界しか知らない不安は消えましたし、やりたいこともできたので後悔もありません。

また、コンサル能力を得たことによって、会社員でありながら個人事業主として活動できるようにもなりました。


転職によって、私が今まで頑張って勉強したこと、勉強習慣が身に付いたことによって中小企業診断士の資格を取得したこと、コンサルタントになったこと、全てが繋がったんですね!

頑張ってきたことが無駄ではなかったんですよ!


それが一番うれしかったですね。。


つまり、資格や転職でモヤモヤが消えた上に、転職が私の人生を変えたと言っても大げさではありません。


【体験談】30代でやりたい仕事へ! 転職サイトと転職エージェント比較します


短期間転職での注意点とデメリット



では次に短期間の再転職で失敗したことやデメリットの話をします。

先ほど、転職は私の人生を変えたと言ってるぐらいなのであまり無いのですが、失敗を強いて言えば、

  • 焦って転職先を決めたので失敗した
  • 自分の能力には合わない会社で苦労した



以上が挙げられますね。

つまり、上記のことで失敗すると “ただ転職を繰り返す人” となる可能性が高くなるんです


私はアパレル会社からグレーのコンサル会社に転職したことがあるのですが、そもそも転職先を決めずに退職するとしてしまったのが失敗でした。


転職先が決まっていないので当然焦りますし、無理やり転職してしまったんですね。

なので、私は1ヶ月で辞めてしまいました。


もし在職中に転職活動をしていれば、グレーコンサル会社に入ることはなかったと思ってますし、それは失敗かなと思います。



そしてもう一つは、自分の能力に見合わない会社に転職したことですが、私の場合は再生支援の財務コンサル会社に転職したことですね。

私としては失敗だとは思ってませんし、能力が飛躍的にUPしたので良かったと思ってますが、辞める時に私の周りの中小企業診断士からは「もったいない」とか「違うコンサル会社であれば違った結果になっていた」とよく言われました。


確かに、もう少し難易度が低いコンサル会社であれば、ひょっとしたら今もコンサル会社で働いていた可能性もあります。

ただ、何が正解かは分かりませんが、私はコンサル会社向けではないと思っていますし、自分に合った会社に行くことは大切だとも思っています。


そして短期間再転職のデメリットですが、

  • リスクがある
  • キャリアを捨てることになる



この2つですね。

選ぶ転職先によって当たり外れがあり、転職にはリスクがあります。


私の場合は、グレーのコンサル会社に入社してしまい地獄を味わいましたが、幸い次の転職先が決まったので良かったです。

もし次の転職先が決まっていなければ、私はしばらく地獄のままでしたから。。


また、転職によって今までのキャリアを捨てることになりますね!

私はアパレル営業15年のキャリアを捨ててコンサル会社に転職しました。


私みたいに異業種はまれだと思いますが、同じ営業にしても他社へ転職する場合は、会社での今までのキャリアや過去の栄光を捨てて一からのスタートとなります。

それがプラスになる人もあれば、残念ながらマイナスとなってしまう人もいるんですね。。

俺の過去の栄光は捨てたくないな~。

そんな栄光あったでしゅか?




なので、短期間の転職は良いことばかりではありませんし、リスクもあり実際の転職は難しいことを知っておいて欲しいです!


【40代でも3回転職できた秘訣】転職したい!と思った時に読んで欲しい


転職を繰り返すとどうなるのか?



私は7回転職経験がありますが、アパレル会社からコンサル会社へ転職し、40代で転職を3回経験した後、結局アパレル業界に戻ってきました。


周囲から見れば、明らかに転職に失敗して戻ってきた “悲惨な人生” 的な感じですよね!

お帰り!
負け犬でも、俺の下僕として歓迎するぜ!

それは地獄でしゅね。。

あんたの下僕になるぐらいなら、私ならいっそ死を選ぶわ。。



確かにそうかもしれませんが、私はそう思っていないんです。

意外とすっきりしたんですよ!


コンサルタントからアパレルの営業マンに戻ったので、お客さんは経営者からバイヤーや店長といった仕入れ担当者になったのですが、やることは変わりません。

自分の強みを活かし、商品の魅力を伝えてお客さんに買ってもらい、そして喜んでもらう。


ただ、考え方や営業のやり方は変わりました!


前は自分一人でがむしゃらに頑張って何とかしようとしてましたが、今はどうすれば自分の強みが活きるのか?お客さんは誰なのか?誰と組めばいいのか?等、様々なことを考えるようになったんですね。


前述しましたが、私はコンサル会社で成長することができましたし、アパレル業界で私みたいな変わった経歴を持っているヤツはあまりいません。

コンサル業界では私の中小企業診断士の資格や経歴は大したことありませんが、アパレル業界であれば他者と差別化できるんです。


また、自分一人でもやっていけるという自信と能力を身につけることができたと思っています。


何より、若い頃バカで勢いだけの私が、転職を繰り返しまさかコンサルタントをやるだなんて想像できなかったと思いますし、昔に憧れていた数字の理解やコンサル能力を身につけるとは思っていなかったはずです!

就職氷河期での屈辱や昔からのバカというコンプレックスがなくなったのは転職を繰り返したおかげですね。


転職を繰り返した後、私はだいぶ変わりました。


世間的に見れば悲惨な人生に見えるかもしれませんが、少なくとも私は満足していますよ!(笑)


転職後にどうなるかは自分次第ですし、失敗したり後悔するかは自分の考え方次第だと、今の私だからこそ、そう思えるようになりました。


今の姿が転職後の私です!


最後に




今回は「【7回転職有】転職後1年で再転職は可能!1年で退職しても問題ない理由」として

  • 転職後1年でも再転職は可能!
  • 1年で退職しても問題ない理由
  • 短期間転職での注意点とデメリット
  • 転職を繰り返すとどうなるのか?



以上のお話をさせていただきました。


短期間での再転職にはリスクがありますが、メリットもあります。

私は短期間の再転職で失敗もしましたが、今の自分には満足していますし後悔はしていません!


もし私みたいに自分の可能性をまだ諦めていないのであれば、まずは転職活動をおすすめします。


そして、再転職後が悲惨になるかどうかは転職活動のやり方次第です!

なので、転職エージェントを有効活用してください。


是非、1年で辞めるのに躊躇して後悔しないようにしてください!


今回の転職を繰り返した私の経験談が少しでもお役に立ったのであれば嬉しいです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA