【体験談】転職に失敗すれば人生終わりは妄想である理由



こんにちは!


中小企業診断士で人生失敗だらけの営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 転職に失敗したと感じている
  • もう再転職できないと思っている
  • 転職に失敗したしもう人生終わりだと思っている



以上のことで悩みまくっているあなたに今回の記事を読んでいただきたいです!


あなたは今、社長の考えについていけないし、会社も嫌で仕方ないから転職に失敗したと考えているのではないでしょうか?

そして会社を辞めたいけど、すぐの転職も難しいし人生終わりかも。。と。

確かに再転職はきついし、人生終わりかもね。

ほんと他人事だと冷たいでしゅね。。

あなたはリストラされるのにね。。



でも、大丈夫です!!


私が7回の転職経験がありますし、転職したばかりの会社が嫌になって、1ヶ月で辞めことがありますから!

しかも40代でですよ!?


「いえい!」

いえいじゃねーよ。。
1ヶ月で辞めるって、おめぇは学生バイトか?

今の時代、学生の方がしっかりしてるでしゅよ。




学生じゃなくておっさんですけど。。

まあ普通に考えれば1ヶ月で再転職って、転職失敗ですよね。


しかも40代。。

人生終わりだと周囲に言われてもおかしくないと思います。


でも、、

社長や会社が嫌って、もう辞めるしかないです!



なので、私は40代でしたがさっさと辞めましたし、辞めて後悔はありません!

なぜなら、嫌な会社に居続ける方が人生では失敗だからです!



なので、本当に嫌なら今すぐ辞めたほうがいいと思うんです!


ただ、すぐの再転職だと、次の転職先が決まるかどうか心配ですよね。。

もうどうせ次の転職先なんかあるわけないし、人生終わりだ!と思う気持ちも分かります。


でも、そんな状況でも大丈夫ですし、人生終わりにしない方法をお話します!

  • 私が40代で転職に失敗した理由
  • 転職に失敗すれば人生終わりは妄想だった!
  • 転職失敗でも再転職先を見つける方法



以上の内容となっていますので、是非このまま読み進めてください!


私が40代で転職に失敗した理由



私は40代にもかかわらず安易な転職活動を行い、転職先選びに失敗し、結局1ヶ月で辞めることになった経験があります。

理由は、会社がグレーで社長の考えについていけなかったことと、重鎮おばちゃんのいじめです!

そんな理由で辞めたのか?
ちょっとぐらい我慢しろって。。



。。。




それはいつまでですか?

社長ですよ!?


上司だったら変わるかもしれないし、辞めるかもしれないけど、社長が辞めることあると思います?

死ぬまで待てって・・!?


いらっ。

ブチ切れられたでしゅね。。




社長は上司と違います!

大企業の社長なら会うことはまれでしょうが、中小企業の社長なんか嫌でも会いますよね。。


なので、社長と私の考えが全然違う会社で仕事をするのは苦痛ですし、嫌な社長と会う毎日が地獄になります。


そして、社長の考えについていけない、嫌な社長の下で私は一生働かなければならないので、もう私の人生は終わったも同然です!

そう言われると確かに地獄かも。。



私はアパレル会社からコンサル会社に転職したのですが、コンサル会社の社長の考えがグレーで、金のためならクライアントのことなんか考えませんし、違法スレスレのことまでする社長だったんです!


ある時は、クライアントから先に金をぶん取ってから、とんでもないくだらないレポートを提出してクライアントからブチ切れられたこともありますし、コンサルをしたことがないおばちゃんにコンサルをさせたり。。


また、ある時は私に指示した後に、こっそりと

「ただこの方法は明らかにグレーで違法スレスレだから注意しろよ。。」

だって。。


。。。


だろうね。。




そんな社長と一緒に働けるわけがない!!

考えが合わないというか考えがヤバい社長の下では、何よりヤバすぎるって!


経営方針も結局は社長の考えと一緒です。

なので、私は「社長の考えについていけない場合は辞めた方がいい」と思います!


そして、私が1ヶ月で辞めたもう一つの理由が、重鎮のおばちゃんのいじめです!


入社した当初、私は仕事未経験だったので当然、私は右も左も分からないまま、言われた通りに従って業務を行っていました。


ただ、私の隣がパートのおばちゃんだったんですが、このおばちゃんはどうも社歴が長く重鎮みたいで、会社に対して影響力を持っている人だったんですね。

しかも見るからにも喋り方からも性格がきつそうなのは分かりましたし、実際に怖いのなんのって。。


このおばちゃんは思ったことを口に出すタイプで、私は分かりやすく嫌われてしまいました。。

まあ、私の “がさつ” さにも原因があるのですが、ほんとめちゃ怒られましたよ!


電話の置き方、話し方、ドアの閉め方、椅子の引き方、机の上、引き出しの中、掃除の仕方、お茶の入れ方、上司への接し方、外から戻る前に消臭すること。。

うわ、こまか。。
俺も無理かも。



もうノイローゼになるかと思いました。(笑)

私はいい歳したおっさんなのですが、身分は新卒入社組みたいな感じなので、もうフルボッコでしたね。。


結果、1週間で辞めることを決意したんです!


おばちゃんにいじめられるし社長も信用できない、従業員からも嫌われている。

もう残って頑張る選択肢はありませんでした。


なので、私は1ヶ月で辞めることにしたのです。。


転職に失敗すれば人生終わりは妄想だった!



私は40代のおっさんのくせに、転職したばかりの会社を1ヶ月で辞めました。

なぜなら、

合わない会社に居続けることは時間の無駄!



と思ったからです。


理由は前述した通り、嫌な社長の下で仕事をしても楽しくもなければやりがいもなく、嫌で仕方ないしリスクも高い。

しかも、おばちゃんからのいじめ。。


ほんと、残るだけ時間、いや人生の無駄ですよね。。


なので、私は1ヶ月ではなく、ほんとは1週間で辞めたかったのですが、次の会社が決まってなかったため、1ヶ月我慢しました。

我ながら、よく1ヶ月も我慢したと思います!(笑)

自慢することじゃねーだろ。

辛抱足らんでしゅね。




ただ、合わない会社に居続けることは時間の無駄と思ったのはいいのですが、辞めると決断した時、「人生が終わってしまうかも。。」と不安でいっぱいだったんです。

なぜなら

  • 長年のアパレル業界から、さよならしたばかり
  • 今のグレーコンサル会社に入るのにも苦労した転職活動
  • お金の不安で焦って今の会社に転職してしまった
  • 1ヶ月で退職
  • しかも40代のおっさん



という状況で転職した経緯があり、しかも転職活動にめちゃ苦労した挙句、お金の不安や人生の心配もあって焦って転職してしまったんです。

なので、「もう転職できないかも。。」と思ってましたし、またお金がなくなるという絶望感がありました。。

まあ、もう初老だから人生詰んだ感があるわな。

こっちゃんも見た目は初老でしゅけど。

ムカッ!



1ヶ月で辞めるなんて恥ずかしいとは思いませんでしたが、さすがにもう転職は無理かもと思ったんです。

なんせ前回の転職活動でめちゃ落とされまくりで、しかも1ヶ月で再転職ですから。。


ただ、、

私は勝手に「転職に失敗すれば人生が終わり」だと妄想していただけで、勘違いだと後で分かったんです!



“転職に失敗して人生終わり” だと思う理由は、

嫌で嫌で耐えられない会社に残っているから



マイナス思考だらけになることであり、そして、

もう次がないという妄想というか勘違い



この2つだと私は思うんですね。


私は過去に仕事が嫌で嫌で、うつ病みたいな感じで絶望を味わった経験があります。

ただ、後ほど分かったのは、”今が絶望的” なだけだったんです!



次の職場に行って何年も働けば、「なぜあの時はあのような絶望感を抱いていたのだろう?」てな感じになるんですね。

過去の苦い思い出みたいな感じだと思います。


つまり、あなたに合った転職先が見つかれば、今の悲劇的な妄想は消えてなくなるということです!

次の職場が良い会社なのであれば、転職失敗ではなく転職成功になります!!



なので、「転職に失敗して人生終わり」だと悩むのであれば、もう次に切り替えて転職活動することをおすすめします!

それは分かるけど、1ヶ月で転職すれば警戒されるだろ?
それに仕事しながら、転職先を探すのも大変だろうし。。


そうですね、経歴の心配がありますよね。。

ただ私の場合、1ヶ月ぐらいの転職であれば履歴書に書かないですし、退職理由は別に嘘をついてもいいと思ってます!

言ってることがむちゃくちゃだな。。



それぐらいは大丈夫ですよ!


求職者の目的は、合わない会社を辞めて合う会社、能力が活きる会社に行くこと。

求人会社の目的は会社に必要な人材を手にすること。


この2つが合えばいいだけで、経歴や退職理由の少しなんてどうでもいい話です!

もちろん、いい加減なつもりで言ってるわけではなく、本気ですよ!



なので、遠慮なく転職活動をしていただきたいのですが、すぐに私の転職先が決まったのはもちろん理由があるんですね。


次にお話します!


【関連記事】“40代でも3回転職できた秘訣” 転職したい!と思った時に読んで欲しい


転職失敗でも再転職先を見つける方法



いくら7回の転職経験を誇る私でも、40代でしかも行きたい会社を短期間で見つけることはかなり難しいです。

でしょうね。
あんた、いいおっさんだし初老だもんな。



こっちゃんみたいに未来がない場合は別ですが、あなたにはまだ未来があります!

仕返しされたでしゅね。

。。。




すぐにでも転職先を見つける場合でも焦らないで、行きたい会社よりも自分の能力が活かせられる会社を選ぶことがポイントになります。


ある程度の年齢になると求められるのは経験と人脈です。


特に営業職の場合は人脈が大事で、同業種であれば自分の人脈を次の会社に引っ張ってこれるかが重要となります。

営業であれば顧客、企画職であれば仕入先や工場等ですね。


つまり、即戦力でないとすぐに採用されづらいということです。

なので出来る限り経験や人脈を活かせる会社を探していただきたいと思います!


スムーズに転職する場合は同業種がおすすめなのですが、どうしてもやりたいことがある場合や他の業界へ行きたいのであればそれも良いと思いますよ!

私も経験があるので言えますが、40代でも決して未経験で異業種に転職することは不可能ではありません。

そうなの?



ただし、条件があります。

もし、特別なスキルや経験がない、前職の人脈が使えないのであれば、、

大幅な給料ダウンを受け入れること



これが未経験で転職する方法であり、受け入れることができれば、意外とあっさり転職できる場合もあります!

マジでか~。
せめて前と同じぐらいの給料にならないの?

「ブー!」

このガキ。。
首元の金のネックレスが腹立つわ~。

お金持ちのおぼっちゃまに対して口が悪いでしゅよ!




大丈夫と言いたいところなのですが、残念ながら現実的に難しいですし、私が体験済みなんです。。


いくら社会人経験が豊富だとしても、未経験ですからね。。

営業を例にすると今まで売ったこともない商品、しかも前会社の取引先の人脈も使えない、まして私みたいなおっさんにある程度の給料を払う会社は残念ながら少ないんです。。

むぅぅ。。



いわば、第二新卒ぐらいの扱いでもいいぐらい、いや、変な癖がついている分、会社にとっては第二新卒を雇った方がいいかもしれません。

ということは、未経験であれば第二新卒と同じぐらいの給料でも文句が言えないのです!


未経験で給料を上げたいのなら、実績で示すしかありません!

最初は給料が安くても、実績を上げれば給料は上がります。


逆を言うと、異業種でも前職の知識、仕事経験や人脈が活きるのであれば、転職時に給料は下がるどころか上がる可能性もあるんです!


でも、未経験であれば大半は給与ダウンすると思います。

大手企業からの転職であれば、給与を聞いてびっくりするかもしれませんね。。


残念ながら、これが未経験や異業種への転職の現実です!


ただ、もし今の会社がブラックで給料が低すぎるのであれば、給料はUPする可能性はあります。


未経験で40代の私が異業種に転職できた理由



では、ここから私がアパレル会社からグレーコンサル会社に転職し、1ヶ月で辞めてすぐに別のコンサル会社に転職した話をします!


先ほど私は、40代未経験で転職する方法として、「大幅な給料ダウンを受け入れること」が条件だと言いました。

この方法をとったおかげで、私は40代にもかかわらず、未経験バカでも異業種へ転職できたんです!

ほんとかよ?




厳密に言えば、前述のグレーコンサル会社の経験はあるのですが、1ヶ月では無いも同然ですね。

コンサル的なこともほとんどしてませんし。。(笑)


なので私の場合は、アパレル業界の営業からコンサル業界のコンサルタントということになりますし、業界も違えば職種も違い、かなり異色な転職となるんですね!

職種が違うので当然、仕事内容も全然違います。



ただ、私はどうしても「本物のコンサルタント」になりたかったんです!

グレーじゃなくて。。


でも、面接時に給料の額を提示されたとき、、


目に加え鼻血まで出てるでしゅ。

そんなにヤバかったのか?



マジでびびりましたね。(笑)


「ほんと、この安月給で生活できんのか?」

「下手すりゃ、家庭崩壊かも。。」


ていうぐらい、提示された給料はヤバかったです。。

でも、私は受け入れて転職しました!


ただ、給料が低いとはいえ、40代で未経験のおっさんをよく雇ってくれたと思います。

まあ、タイミングが良かったこともありますが、転職サイトでコンサル求人をチェックしていたおかげですね!


そして、未経験ながら必死に頑張ったおかげで半年で給料も大幅に上がり、アパレル時代を超えましたし、さすがコンサル業界!と思ったものです。


でも結局、このコンサル会社は2年で辞めてしまいましたが。。

なんじゃそら。
じゃあ、結局転職はまた失敗だったわけだな。。



いえ、大正解でした!!


私は中小企業診断士という資格を取得してからずっと「コンサルタント」になりたくて実務経験を積みたかったですし、それが叶ったんですよ!


しかも、たった2年でしたが、知識と経験を手にしたんです!

おかげで今は一人で経営支援や起業支援等を行えるようになりましたから。。


何より、今は会社員ではありますが、コンサルとしても活動しているので、仕事の考え方や働き方もかなり変化してんですね。

これのどこが失敗ですか!?

でもこっさんの場合、「中小企業診断士」っていう訳の分からないクソ国家資格を持っていたから出来たことじゃねーの?

クソ。。



。。。


そう思われるかもしれませんが、実務経験のない国家資格なんぞ転職には、こっちゃんの言うように「クソ」ほどにも役に立ちません!

それに資格を取得する前の私はめちゃバカでしたし。。


【参考記事】俺は成長したいんだよ!バカな30代の私が勉強して資格を取り転職した話

俺の真似すんなよ。
クソって、、ほんとにコンサルタントかよ。。

クソ、クソ!




20、30代であれば資格はかなり転職に有利だと思いますが、40代のおっさんでは実務経験がないとほとんど意味がないんですよね。。


それが証拠に、私は前述のコンサル会社に入るまでに、コンサル会社や経営企画的な仕事を求人している会社の100社以上に書類を送りました。


でも、すべて落ちたんです。。


後ほど、転職エージェントに理由を聞くと、40代であれば、「実務経験がない資格」より「資格はないけど実務経験がある人」のほうが何十倍も採用されやすいと言ってました。


当然ですよね。。

営業であれば、面接で「営業の知識はありますけど、営業経験はありません!」って、私みたいなおっさんに自信を持って言われても。。


なので、40代未経験の私が異業種に転職できた理由は、

  • 営業経験がある
  • びっくりするぐらいの安月給を受け入れたこと
  • 転職サイトで求人を逃さなかったこと



以上が要因となります。


異職種で未経験者の私ではありましたが、多少、営業経験は加味してもらえました。

まあコンサルタントは一応、お客さんと話もしなければならないですし。


また、私の場合は異業種に加え異職種でもあったので、大幅な給料ダウンを受け入れたことも転職できた要因です。

私もそうですが、大概の人は前職よりも給料がダウンすると、生活に困ることもあり受け入れがたいと思います。


なので、どこまでのダウンを許容できるかが未経験転職の重要ポイントだと思います!


ここまでは未経験の話をしましたが、未経験ではなく経験業種であれば、当然、条件は未経験よりも良くなります。

ただ、経験業種とは言えベテランの場合、特別な人脈やノウハウがないのであれば、多少の給料ダウンは覚悟しておいた方がいいと思います!


給料が下がるのは誰でも嫌ですよね。。


でも、給料だけにこだわってその他を軽視すると、私みたいにグレーな会社に入ってしまう可能性もあります。


また、おそらくベテランの転職であれば大体の人が給与以外も条件が悪くなることが多いんですね。

なので、理想ばかりを追いかけるのではなく、自分が活きる会社や職場環境も考慮し、妥協できるところは妥協して自分に合う会社に入る方が、長期的に見ても良いと思うんです。


何より、転職に失敗して人生が終わりだと考えている今の状態を脱出できますし、後で笑って話ができると思います!


私が焦って自分に合わない会社に転職した反省も込めてそう思いました。。


転職サイト・転職エージェントは必須!



私自身、40代で転職に苦労してましたが、若い、もしくは同業界であれば私ほど苦労しないと思います!

ただ、再転職失敗のリスクを抑える、できるだけ給料を下げたくないのであれば、”転職サイト、特に転職エージェントを使うことは必須” だと私は思うんですね。


なぜなら、私みたいなボンクラでもすぐに転職先を見つけられたのは、転職サイトに登録して、自動メールがくる設定にしていたからであり、自動メールで来た求人を常にチェックして、チャンスを逃さなかったからです。


そして「転職エージェント」を活用し続けたことで、万全の体制を築いていたことが、私が40代でも短期間で再転職できた理由なんですね!



万全の体制は何かと言いますと、私は以前に転職エージェントの担当コンサルタントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わっていたんです。


特に会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PR等、職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

ただ単に自分の特徴の羅列ではなく、求人企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


そして、担当コンサルタントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。


【転職体験談】JACリクルートメントの評判は最悪?場違いな私でもJACで転職相談できた話



なので、私はいつでも求人企業に合った応募書類を書く能力を身につけていたんです。


応募書類の書き方は重要ですからね。。

特にベテランともなると、今までの知識や経験をどのように書類に落とし込むことや求人企業に合わせた内容にすることがなかなか難しいんです。

私は担当コンサルタントに教わって初めて書類の内容のひどさに気付きましたから。。


この書類作成能力があったことも大きな要因ですね!


また転職エージェントはあなたに合った求人を紹介してくれますし、求人会社とあなたの間に入って本音を聞き出してくれるんです。


私が転職エージェントを使った時の話ですが、求人企業は少し私のパソコン能力を不安視していると担当コンサルタントに連絡があったんですね。

そして私は担当コンサルタントと話し合って、少し給与を下げると共にパソコン教室で能力を上げるということを担当コンサルタントから求人企業に連絡してもらった結果、内定をもらうことができました。


内定時は給与を下げることにしましたが、実は元々私は給与条件を事前に求人内容以上に上げてもらうよう担当コンサルタントにお願いして、給与額を年収ベースで100万以上も上げてもらっていたのです。

なので、少し給与が下がりましたが、元々の額よりは高い条件での内定でした。


このように、求人に対するアドバイスから給料の交渉までしてくれるんです!


ここまでを無料で行ってくれる転職エージェントを使わないのは逆にもったいないですし、転職でリスクを軽減することは必須なので、是非とも下記記事を参考にして転職活動をしていただきたいと思います。


➡ベテランで転職を考えておられる方はこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら


【関連記事】40代転職の実体験談 リクルートエージェントが評判より意外と良かった件


最後に




今回は「【体験談】転職に失敗すれば人生終わりは妄想である理由」として、

  • 私が40代で転職に失敗した理由
  • 転職に失敗すれば人生終わりは妄想だった!
  • 転職失敗でも再転職先を見つける方法



以上のお話をさせていただきました。


会社や社長が嫌で仕方がないのであれば、残る理由はありません!

そんな社長の下で働いたところでメリットはありませんし、人生を無駄にしてしまうことになります。


時間は有限です!


転職に失敗したと思いつつ仕事するぐらいなら、さっさと転職した方が何倍も価値がありますし、何より本当に「人生終わり」となってしまいます!


なので、時間を無駄にしないためにも今すぐ転職活動したほうがいいです。


私は40代で転職失敗しましたが、さっさと1ヶ月で辞めて全然後悔していないですし、時間の無駄にならなくて良かったと心底思っているんですね。


“今となっては” です。


転職に失敗したとか後悔しているとかは、現時点での話。

新しい職場が良い会社なのであれば、決して転職は失敗ではありませんし、その良い会社に行くまでの過程であって、むしろ失敗して良かったことになります!


結局、人生終わりかどうかなんて、後になってみないと分からないんです。


悩んでいないで、良い会社にさっさと転職してしまえば、人生は終わりではなく始まりになるんですね。

なので、あなたにも是非、転職活動を頑張っていただき、良い転職先を勝ち取って欲しいと思います!!


そして、今回の記事が少しでもお役に立てば本当に嬉しいです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA