一生食いっぱぐれない資格、仕事とは?40代から食える資格も紹介!



こんにちは!


中小企業診断士の資格を持つ営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。

  • 今の会社では先行きが心配
  • 資格を取得しようと考えている
  • 食いっぱぐれのない資格ってあるの?



上記のように資格について悩んでいるあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います!

食いっぱぐれのない資格を取得したい、仕事をしたい!



今の会社では先が見えているし将来が不安で仕方がないけれど、だからといって転職できるのも心配。

なので、資格を取得しようと考えているけれど、どんな資格や仕事が食いっぱぐれがないのか分からない。。


俺も会社の先行きが心配だから、資格が気になる。

会社の心配する前に、そのブサイクな顔、なんとかしなさいよ。

会社かブサイクの人生のどっちが先に終わるか、よーいドン!

最近、ブサイクネタが多いでしゅね。。




分かります!

私も自分の人生の先行きが不安になって仕事のやる気が無くなりましたし、結果、中小企業診断士とい国家資格を取得しましたから。。


でも、大丈夫です!

先行きが心配ということは、あなたは現状を何とかしたいと考えているからです!


普通の人は先行きが不安だと思ったとしても、こうしてネットで情報を集めたりしませんし、行動に移すこともありません。

なので、このサイトに辿り着いたあなたは情報を得て、後は行動するだけです!


では、国家資格者の私が考える、食いっぱぐれのない資格や仕事とは何なのか?


ということで今回は、

  • 一生食いっぱぐれのない資格や仕事とは?
  • あなたの役に立つ資格の条件
  • 国家資格者がおすすめする資格や仕事を紹介!



以上の内容を私の経験談も含めお話します!


一生食いっぱぐれのない資格や仕事とは?



冒頭から結論を言いますが、、

一生食いっぱぐれのない資格や仕事なんてありません!!

なんじゃそりゃ。。
ここまで読んで時間の無駄だったわ。帰ろっと。。

僕もネットでドラゴンボール見るでしゅ。




少し待ってください!

私は決して資格に意味がないとか、役に立たないと言っているわけではありません!


役に立つかどうか、一生食いっぱぐれがないかどうかは、あなたの環境や使い方次第ということなんです!

例えば、弁護士の資格を持っていたとしても、営業の仕事をしていれば役に立つでしょうか?

まあ全く役に立たないことはないでしょうが、一生食いっぱぐれのない資格になるでしょうか?


また、実務経験がない弁護士に弁護の依頼をするでしょうか!?


つまり、どんな凄い資格であっても、活かせられない環境や実務経験が無い限り、食いっぱぐれがある資格となってしまうんです!



逆にあまり評価が高くない、人気のない資格であっても例えば、あなた一人だけがその資格のスペシャリストであれば、食いっぱぐれのない資格となります。

なので、どんな資格がということではなく、あなたがどう使うか、使いこなすかによるんですね!

ふ~ん。。

熱弁したわりに、こっちゃんには響いてないみたいでしゅ。



。。。


仕事も同じです。

食いっぱぐれがない仕事かどうかは、仕事の種類ではなく、あなたの能力次第になります!


例えば営業。

何でも売れるスーパー営業マンであれば、一生営業で食っていけると思います。


でも、今は食いっぱぐれがない仕事と言われているものをしていたとしても、能力が低ければ誰かに取られる可能性があります。

食いっぱぐれがない仕事と言われるぐらいなので、他の人が気が付けばすぐに奪い取ろうとしますからね。。



牛丼業界でもありました。

あるチェーン店が焼いた牛丼を提供して一世風靡していましたが、大した技術が必要ではないので、大手が真似をして一瞬にして大手に潰されましたね。。

あっそ。。

もうこっちゃん、帰りたいそうでしゅよ。。




。。。


でも、資格も仕事も自分が活かせられる環境でスペシャリストまでいけば、一生食いっぱぐれのないものとなり、お金を稼ぎ続けることが可能になるんですね!

お金?
ほー、なるほど!

あ、お金に食いついた。

きゃー!
お金?どこどこ?

。。。




なので、資格名や仕事名に飛び込むのではなく、あなたに合った資格や仕事を選ぶんで突き詰めることが結局、あなたにとっての食いっぱぐれのないものになります!


では次に資格の前提条件のお話をしますね。


あなたの役に立つ資格の条件



では、いったいどのような資格が、会社員のあなたにとって仕事で一生役に立つのか!?


こればっかりは、先ほどの話と重複しますが「今の仕事が何か」「あなたが今後何をしたいのか」によります。

ありきたりな答えだな。
で、お金はどうなる?

お金の話はまだでしゅよ。




仮にあなたの今の状況を無視して言えば、中小企業診断士社会保険労務士は役に立ちます!


経営全般の知識をつけ、管理職の人や会社の経営に携わりたい人、経営コンサルタント的な仕事がしたいのであれば、中小企業診断士はおススメです。


一方で、労務と保険に関して深く学び、人事総務のスペシャリストとなりたいのであれば、社会保険労務士がかなり役に立つと思います!



ただ、結局は資格を取得したあなたが役に立つようにできるか、一生食いっぱぐれがないようにできるかどうかです。


役に立たせる能力、状況がなければ、どの資格を取得しても一緒ですし、能力がある人は、役に立たせるようにどうすればいいのか考え、実行します。


世間では、どちらも役に立たない資格だと言われることもありますが、決してそんなことはありません!


役に立つかどうかは結局「あなた次第」です!



中小企業診断士と社労士を例にしてお話をしましたが、その他の資格も一緒ですね。

せっかく苦労して資格を取得するのであれば、その資格を取って、何に活かすことができるのかといった「目的」をはっきりさせることが大事になります。



また、取りあえず取得したら役に立つだろうみたいなノリでは、世間がよく言う「食えない資格」になってしまいますので、資格選びは慎重に行う必要があります!


一生食いっぱぐれがない資格かどうかはあなた次第ですが、資格の前提条件は下記です。

  • 国家資格のような難関資格であること
  • あなたの仕事に活かせること
  • 会社で実務経験を積めること



この3つの条件が必要ですが順番にお話します!


国家資格のような難関資格であること



まず、資格は難関資格でないと意味がありません!


大学生が就活のために取れるような資格を社会人のあなたが取ったところで差別化はできないですし、時間がもったいないです!

ただ、転職等に関係なく、今の実務で役に立つのであれば難関でなくてもいいとは思います。


例えば簿記ですね。

簿記程度では食いっぱぐれがない資格にはなりません、管理職になるには数値が分かってないと恥ずかしいですし、説得力のある事業計画なんかとても作れません。


なので、簿記は社会人が数字を理解するには良い資格だと思います!



でも、食いっぱぐれのない資格や仮に転職を考えるのであれば、国家資格のような難関資格を取ることをおすすめします。


ただ、弁護士や税理士、司法書士といった超難関資格はおススメしません!

会社員をしながら取得できるほど甘い資格ではありませんし、独占業務的な仕事なので会社員を辞めなければ活かすことができませんから。。


なので、会社員でも勉強すれば何とか取れる難関資格がおすすめです!


あなたの仕事に活かせること



そして、あなたの今の実務で活かせられる資格です。


例えば、経理の仕事をしているのに、マーケティングの資格を取っても自己満足にはなりますが実務で使わないため、あまり役に立たないと思いますし、実務経験を積むことができません。

しかも、知識だけなので机上の空論の話しかできませんし、そのうち知識も忘れると思います。


資格取得はただのスタートラインであり、実務経験を積まなければ意味がないんです!

そして、実務経験を何年も積むことでスペシャリストになれるんです。


そのためにも今の仕事と並行して行えるようなものでなければ、継続できず失敗と言うか役に立たなくなってしまいます。



私の英語勉強がまさにそうですね!

英語を一生懸命勉強したのですが、実務で使ったのはほんの少しで、もう今ではすっかり忘れてしまいました。(笑)


何年も勉強したのに、ただの趣味資格みたいになってしまったので、もったいなかったですね。。



あなたも私のようにならないためにも、今の仕事で行かせられる資格を取得してください!


会社で実務経験を積めること



先ほどの続きになるかもしれませんが、取得した資格で実務経験が積めることが非常に重要です!

資格があれば別に実務経験がなくてもいいんじゃね?
知識はあるんだし。。



私も実は中小企業診断士を取得する前はそう思ってました。

ただ、甘かったですね。。


知識はあっても、実際にその知識をどのように活用したらよいのか分からない。

また、現場の動く数値を理解し分析することもできない。。


何より、経験がないため、どうコンサルしたらよいのか分からないので、自信がない!

とにかく、ないないづくしで何もできなかった経験があるんですね。


なので、実務経験を積むために転職を考えたんです!


ただ、私はアパレル会社から未経験のコンサル会社に転職しようとしたのですが、相当苦労しました!

この時にもネックになったのが経験でした。。


20代ならポテンシャル採用されたかもしれませんが、40代のおっさんではダメ!


そりゃ、

「コンサルタントの資格はありますが、コンサル経験はありません!」

しかも即戦力でないおっさんではリスクしかありませんし。。



で結局、受かった会社はグレーのコンサル会社の1社だけでした。(笑)


まあ、その後は転職サイトのおかげで普通のコンサル会社に入れましたが。。

逆を言えば、実務経験が豊富な資格であれば、とてつもない武器となります!


例えば、今の私みたいに、営業経験が豊富でコンサルタントの国家資格を持っていて、コンサルタントの実務経験もある、みたいな人材はかなり貴重です。

しかも財務に強いコンサル会社だったので、社長より数値や銀行との交渉は得意なので、転職でも有利になります。


自分で言うのもなんですが。。

ほんっと、嫌みなヤツ。。



もし、資格を取得して実務経験を積むために転職を考えるのであれば、下記記事も参考にしてください。


【参考記事】転職は悪いことじゃない!メリットとデメリットを7回転職者が語る


資格取得を考えているのであれば、下記サイトから一括で資料請求ができるので便利ですよ!

【BrushUP学び公式サイト】67,000以上の資格・スクール情報を無料で一括資料請求はこちら

40代から食える資格、おすすめ仕事とは?



一生食いっぱぐれがないかどうかはあなた次第ですが、国家資格者の私が個人的に40代におすすめの資格は「中小企業診断士」です!


なんで?



中小企業診断士のことは先ほどから説明しましたが、経営全般の知識が身につきます。

経営、財務、マーケティングといった知識を学びますので、今後管理職になるにあたっては必須の知識であり、役に立たないことはありません!


私が持っていることもあるのでよく分かるのですが、一番のメリットは数値面の把握です。


実務経験を積まねば、キャッシュフロー計算書等の細かい組み立て方法は身につかないのですが、一通りの知識は身に付くので、決算書も少しは見れるようになります。

管理職でよく数値のことが分かっていない方もおられますが、はっきり言って恥ずかしいですからね!



そして、中小企業診断士を受験する人は年齢層が高いのが特徴ですが、年齢が高くなっても活きる資格なんですね。

なぜなら、若いコンサルタントは能力があればいいのですが、舐められがちだからです。


実務経験があまりない若造に経営のことを偉そうに語られたくないですよね!?

なので、歳を取ればとるほど説得力も増していくので、特に40代から食える資格になり、実務経験を積めば食いっぱぐれのない資格になります!


実務経験があれば転職にも良い影響がありますし、独立も視野に入るんですね!


実際に、40代はもちろん、50代、60代で取得して独立する人も多いですよ。


中小企業診断士の資格は無駄ではない!必要性や魅力、働き方の話


おすすめの仕事とは



そして、おすすめの仕事ですが、、

  • コンサルタント
  • 営業
  • ネット集客



以上となりますが、コンサルタントは先ほどの中小企業診断士と連動しますね。


コンサルタントはこれから先も無くならないですし、スペシャリストになれば、間違いなく一生食いっぱぐれがないと断言できます!


なぜなら、困っていない会社などありませんし、会社には何かしらの問題があるんです。

私はコンサル会社に所属していたので分かるのですが、依頼が多くいくらでも仕事はありましたし、絶対に必要とされる存在なんですね。


しかも、能力が高いコンサルタントはもう引っ張りだこで仕事がなくなることはありませんし、お金もめちゃ稼げます!

そんなに凄いのか!
俺もコンサルタントになる!

うきゃー!
お金はどこ!?

また出てきたでしゅ。。




いや、本当に凄いですよ。。

なんせ、私の周りにいっぱいいますから。(笑)


でも、本当に凄いコンサルタントはマジで能力ヤバいですし、私には無理でした。



ただ、別に私みたいに「経営コンサルタント」である必要はありません!

自分が得意としている分野を専門にコンサルティングをすれば良いんですね。


例えば次にお話をする営業でも良いですし、経理でも工場勤務であれば生産管理等。。


コンサルタントの良いところは自分の経験を活かせることです。


なので、40代以降でも問題ありませんし、逆に経験が豊富なのでコンサルタント向きの年代と言えます!


また、営業もおすすめですね。


ただ、1つの業界ではなく、どの業界でもどんな商品でも売れる営業マンになれば、こちらも一生食いっぱぐれがない仕事です。

分かりやすいのは、保険の営業マンですね!


給料はめちゃいいですけど、競争が激しくてほとんどが辞める仕事なので、かなりの実力がないと生き残れません。

ただ、生保業界で生き残れるのであれば、どんな業界でも営業することが可能なぐらいの実力なので、一生食いっぱぐれがないと思います。


また、先ほどの話になりますが、営業のスペシャリストであれば、営業コンサルタントの道もありますね!


あと、営業と似ていますが、ネット集客の仕事もスペシャリストになれば一生食っていけます!


“集客” はどんな業界でも悩んでいる問題です。

商品は良いけど集客方法が分からない、お客が来ない、といった話はよく聞きます。


なので、集客ができる人は強いのですが、リアルよりもネットであればなおさら最強です!


アフィリエイターなんかそうですね。

アフィリエイターは他人の商品をネットで集客して販売して手数料をもらう仕事ですが、この仕事で稼げるのであれば、一生食っていけると思います。


詐欺的な手法を行うアフィリエイターはともかく、正当なやり方で集客をするのは大変です!

しかも対面でなく、ネットで行うので普通の営業マンより大変ですし、より営業力やマーケティング能力が必要となるんですね。


なので、もしネットで集客し販売できる能力があるのであれば、どんな商品でも販売することができますし、コンサルタントとして会社のネット集客を支援することも可能です。

しかも今後はさらにネットの重要性が増していきますので、ある意味、リアル営業マンより食いっぱぐれがないのかもしれません。


ネットの良いところは “会う必要がないこと” です!


なので、例え今はネットが苦手であっても、仕事をしながら経験を積むことができますし、ネットスペシャリストになれば、40代でも苦手な人が多いのでコンサルタントとしても活躍できると思います。



以上がおすすめの資格と仕事でした!


何度も言いますが、資格や仕事の種類が大事なのではありません。

資格も仕事も実務経験を積み、スペシャリストにならなければ、一生食いっぱぐれのないものにはならないんです!


なので、あなたの仕事で活かせられ、実務経験を積めるものにしてください。


今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!


一生食いっぱぐれのない資格の資料請求は下記からどうぞ。

【BrushUP学び公式サイト】67,000以上の資格・スクール情報を無料で一括資料請求はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA