テレアポで取れる人と取れない人の違い クビの前に取れるコツとやり方を教えます!


こんにちは!


元々はテレアポが苦手だった営業マンかつ中小企業診断士、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • テレアポが苦手で全然アポが取れない
  • 担当者へ繋いでもらえない
  • 契約が取れないのでクビになるかもしれない



以上のことで悩んでいるあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います。


テレアポって、しんどいですしきついですよね。

テレアポってほんと嫌。
俺みたいなナイーブな人間には向いてないかも。

チンピラみたいな顔しといて、よくナイーブだなんて言えるわね。情けない。。

チンピラ風でいきなり出てきてごめーん、まことにすみまめ~ん。

懐かしのジョイマンでしゅね。



会社へ電話してもなかなか担当者や決裁者へ辿り着くことができず、新規開拓が思うように進まないし、新規取引先が増えない。

既存のお客さんだけでは売上が足らないけれど新規も取れないから売上が増えないし、このままではクビになってしまうかも。。


分かりますよ!

私はコピー機でテレアポをしていて全然契約が取れず、強引営業で警察にもお世話になりましたし、3ヶ月もたなくて逃げた経験がありますから!

その会社ではアポが取れないと犯罪者みたいな扱いをされましたし、ほんとつらかったです。。


ただ、私はコピー機時代の経験等でアポが取れるようになるにつれ、その後300件以上の新規取引実績があるのですが、テレアポで取れる人と取れない人の違いが私なりに分かるようになったのです。

そのことをお伝えしたいと思います。


ということで今回は、

  • テレアポで取れる人と取れない人の違い
  • テレアポが取れない理由はあなたにある!
  • 新規営業の電話のかけ方にコツはない!
  • テレアポで取れるコツとやり方を知ればあなたは大丈夫!



以上のお話をしていきますが、今回は会社へのテレアポ内容となっております。

個人宅へのテレアポや個人に直接販売する場合は、下記の記事へお進みくださいね。


【参考記事】テレアポのコツ 個人宅はうざい、しんどい、病むからやめとけ!

テレアポで取れる人と取れない人の違い


テレアポで取れる人と取れない人の違いはあります。

決定的な違いは、

多くの会社に電話しているかどうか



です。


テレアポで取れる人って、めちゃ凄いことをしていると思われがちなのですが、そうではないんですね。

そうなの?
なんか出来る人って凄いテクニックを持っていそうだけど。



実は違うんです。


特別なことではなく誰もができることをしているのですが、テレアポで取れる人は多くの会社に電話できるように、下記のことをしています。

  • テレアポする会社を選ばない
  • 決裁者に行くために無駄な時間を使わない
  • めげない諦めないように工夫している



順番にご説明しましょう!

テレアポする会社を選ばない



本格的なテレアポ会社やテレアポだけが仕事の職場では顧客リストがあると思います。

私が所属していたのブラックコピー機販売会社でもリストはあったのですが、テレアポ専門会社以外は普通、リストはないはずです。


なので、リストがない場合は自分でリストを作成して電話をすることになりますね。

その時に、この業種の会社はたぶん当社の商品は合わないだろうとか、この会社の規模では難しいだろうとか、勝手なイメージを持って悩まないことです。


例えば、当社が安価な商品を販売している会社であれば、同じような安い値段の会社に電話してしまうかもしれませんが、私なら高価格な商品を扱っている会社にも電話します。

なぜなら、安い商品を扱っている会社に安い商品の仕入れ先は “間に合っている” からです。


昔と違って商品も仕入先も溢れており、ロケットの部品みたいな特別な技術が必要なものを作っている会社は多くありません。

結果、競合他社も同じような商品やサービスであり、差別化が難しい世の中になっているので、違う目線からの開拓も必要になってきます。


なので、勝手なイメージで電話する会社を選ぶのではなく、とりあえずはどんな会社であれ電話をして実際に体験しながら、自分が得意な業種や会社を知る必要があるんですね。


やってみなければ分かりません!


電話しようかどうかを迷う時間があるのであれば、何も考えずに電話して、後で検証したほうが良いことをテレアポで取れる人は分かっています。


決裁者に行くために無駄な時間を使わない



テレアポが取れる人は短時間で多くの会社に電話できるように時間を無駄にしません。

なので、短時間で担当者や決裁者に行こうとします。

なぜなら、早く決裁者に行かないと何度も電話することになり時間の無駄になるからですね。


逆にテレアポが取れない人は、決裁者でない人とも長い間話をしたりするんです。

私にも経験がありますが、電話に出たおばちゃんの愛想が良かったので長い間話して、決裁者である社長に繋いでもらいましたが、一瞬で断られて切られました。

ほんと、秒殺でしたね。(笑)

それは虚しさしか残りませんな。



決裁者以外の人と話をしていると緊張感がないので話も弾みますが、はっきり言って時間の無駄です。

中には決裁者以外にキーマンがいる可能性がありますが、そのことは後述しますね。


基本的には決裁者以外との時間をなるべく排除して、短時間で決裁者に辿り着くにはどうすればいいのか?

テレアポで取れる人はその方法をずっと模索してきており、方法を知っています。


なので、テレアポ名人は短時間に多くの会社にテレアポをすることが可能なんです。


めげない諦めないように工夫している



テレアポが取れる人が決して断られることがないかと言えば、当然そんなことはありません。

周りと一緒で断られまくってます。

本当かよ。。
テレアポ取れるヤツはそんなに断られないんじゃね?



そんなことはありません!


でも、テレアポが取れる人は断られることを知っていますし、いちいち断られることで凹んでいません。

凹んでいる時間がもったいないですから。

このへんはある意味、マシーンですね。


感情を出すことなく、怒られようが怒鳴られようが、冷静に対処してすぐ次にいきます。

そして、何事もなかったかのように次々と電話をしてその内にアポを取ってしまいます。


なので周りから見れば、テレアポで取れる人は何の問題もなくアポが取れているように見えるんです。


でも実際は、皆と同じようにボロカス言われたりもしてるんですよ。


ちなみに冒頭で私はコピー機でテレアポをしていて全然契約が取れず、3ヶ月もたなくて逃げた経験があると言いましたが、詳細は下記の記事でご確認ください!

テレアポが取れない理由はあなたにある!


先ほどは、テレアポが取れる人は多くの会社に電話するために、

  • テレアポする会社を選ばない
  • 決裁者に行くための手段を知っている
  • めげない諦めないように工夫している



以上の話をしました。

テレアポが取れない理由は逆の話になります。


テレアポする会社でいちいち悩んでいたり、テレアポしやすい会社だけれど契約が取れそうもない会社に電話しても契約を取ることはできません。

また、決裁者に行く努力をすることもなく、受付の人といくら長く話をしても無駄です。


何より、断られていちいち凹んでいても時間の無駄で前に進みません。


テレアポが取れる可能性はだいたい10%です。

そんなに低いの?



そして、契約できるかどうかの確率はさらに低くなります。


なので、

テレアポが取れないは当然なんです。



優秀な人間であれば、確率を上げることはできますし、上げる努力もしています。

ただ、最初から確立を上げることは難しく、経験を積む必要があるんですね。


テレアポで取れる人は確率のことを知っているからこそ、まずはどうすれば多くの会社に電話できるか、早く決裁者に辿り着くにはどうすればいいのか?に集中するんです。


あなたも、テレアポが取れないは当然ということが頭にあれば、いちいち凹むこともないと思いますよ!

確かに可能性が低いんであれば件数を増やすしかないな。。

やっとやる気になったでしゅか?

新規営業の電話のかけ方にコツはない!

ていうかよー、俺にも新規営業電話の魔法みたいなかけ方を教えてくれよ!

結局、楽することしか考えてないでしゅね。。



新規営業の電話のかけ方にコツはありません!


魔法みたい言葉があれば私だって使ってますからね。

ちっ。



もちろん、はっきりとゆっくり話をして相手に伝わりやすくする必要はありますが、あくまで基本であってコツというほどではありません。

ただ、“電話のかけ方にコツはありませんが、テレアポでアポをとるコツ” はあります。

電話のかけ方ではなくアポをとるコツ?
なんかよく分かんねーな。。



テレアポで取れる人になる方法は、前述した話になりますが、いかに決裁者に辿り着くのかと、あともう一つ大事なことがあります。


そのことを次にお話しますね!


テレアポで取れるコツとやり方を知ればあなたは大丈夫!


テレアポのコツとやり方は、

  • 決裁者に辿り着く方法を知る
  • テレアポはタイミング!断れてからが勝負である
  • 結局は地道に電話できるかどうか



以上となります。

決裁者に辿り着く方法を知る



先ほど、テレアポで取れる人は短時間で決裁者に辿り着くことができると言いましたが、この方法を知らないとアポは取れないです。

いくら受付のおばちゃんと話してもアポを取れないですからね。


決裁者へ早く辿り着くには方法がありますが、会社の規模によって違います。


小さい会社は決裁者が社長なので分かりやすいです。

なので、社長へ辿り着く方法を考えなければなりませんが、中には高い壁である受付のおばちゃんが控えています。

高い壁のおばちゃんは、こちらの記事「迷惑電話・営業電話の断り方!テレアポの鬼が撃退方法と対策を教えます」で記載しているのですが、

「ご用件は?」

と用件攻めをしてくるのでややこしいですし、突破するのは至難の業です。


ただ、もしそのおばちゃんがかなり重要人物(例えば社長の奥さん)であれば、そのおばちゃんに商品説明をしてメリットを感じてくれれば社長を説得してくれることがあり得るので、全力でおばちゃんを攻略するのはありですね。


でも、重要人物でないただのおばちゃんであれば、違う方法を使うしかありません。


その方法とは、違う時間帯に電話することです。


特に夕方から夜はねらい目で、高い壁のおばちゃんが帰った後であれば、普段電話に出ないため電話営業慣れしていない営業マンが社長に繋いでくれる可能性はあります。

人数が少なければ、社長が直接電話に出ることもあり得ますね。


その場合、電話に男の人が出たのであれば、営業マンだろうが社長だろうが、


「あ、社長ですか!?」


でOKです。


多くの社長は営業電話に居留守を使うのですが、「社長ですか?」と言うと、「あ、あぁそうですが。。」と言ってしまうんですね。

もし営業マンだった場合は、社長と知り合いだと勘違いをして結構な確率で繋げてくれるのは私のテレアポで実証済みです。

なるほど。
確かに俺も普段、電話に出ないから思わず社長に繋げてしまうかも。。

情けないわね!
私ならボロカスに叩いて、二度と電話してこないように再起不能にしてやるわよ!

みっちゃんは富士山ばりに高い壁でしゅね。。



社長に繋がれば後はゆっくり話をしてアポを取るだけです。

もちろん、取れない場合が多いのですが、このように決裁者に早くに辿り着かないと、何度も電話することになり時間の無駄になります。


ただ、少し大きい会社になるとさらにややこしくなりますね。

まあ取引額が大きくなるので、新規開拓は簡単でないのはお分かりだと思いますし、ライバルも多くなります。


大きい会社の場合は社長が出てくることはないので、担当者になるのですが、辿り着くのが大変です。


大きい会社の場合、通常であれば、まずは総合受付に電話して担当部署に繋いでもらい、そこから担当者に行く必要があるので、2つの壁を乗り越えなければなりません。

さすがに2つの壁はしんどいので大きい会社の場合は、一気に担当部署と担当者の名前、できれば直通電話を知りたいですね。

でもよー、担当者の名前ってなかなか教えてくれないぜ?



そうなんですよね。

でも、せめて担当者が誰かを知っておかないと、担当部署の受付で警戒され突破できません。


逆に担当者の名前を知っていれば、大きい会社は色々な人がいるので、営業電話慣れしていない人も多く突破しやすいんですね。


担当者の名前を聞くことは別に難しくありませんし、担当部署で正直に新規の者だと言えば教えてくれます。

問題は教えてくれない場合やブロックされる場合です。


その場合は、意地でも聞き出す必要があります。

もし小売業であれば、どこかの店の店長に電話して、担当者の名前と電話番号を聞き出すことはできますし、教えてくれなければ違う店舗一件ずつ電話するんです。

メーカーであれば、先日展示会でお会いしたとか、先日電話でお話させてもらったとか、適当に嘘を付くこともありですね!


私は両方やって成功しました。(笑)

おめぇ、中小企業診断士のくせに悪徳業者みたいな手を使っていいのかよ。。



いいんです!


目的は担当者と話をすることですから。

なので、その辺の雑魚と話をしている場合ではないんですよね。。

雑魚。。
ほんと口が悪いな。

こっちゃんは口臭いでしゅけどね。



いいんです!

私の会社の商品を使ってもらうことが相手企業のメリットになるのですから、結果オーライですよ!


まあ、これぐらいの気持ちで行くことが大事だと私は言いたいです。


テレアポはタイミング!断れてからが勝負である



そして、テレアポは一度で取れることは少ないのが事実です。

なぜなら、タイミングがばっちりな時が少ないからですね。


たまたま欲しいタイミングでテレアポできれば良いのですが、そう簡単にはいきません。

何を売るにしてもだいたいその会社にはすでにあるものが多いですし、すでにあるものから代えてもらわねばならない。

なので、メリットの理解と信用を得る必要があります。


特に大きい会社は一度の電話ではまず無理で、信用を得るのにも時間がかかるため、断られてからが勝負になるんですね!

なので、一度断られたからといって諦める必要はありません。

というか、諦めてはいけません!

え~、俺には無理だよ。
そんな根性ないもん。。

なら、辞めちまえ!
このチンカス野郎。

チン。。
みっちゃん、ある意味すごいでしゅ。。



また、大きい会社はタイミングが非常に重要となります。

ちょうど他メーカーがミスって商品が足らなくなったとか、先日の会議で方向性を少し変えるように上から言われた等、必ずいつか隙間ができる時が出てきます。

そのタイミングを逃さないようにするためにも、何度も電話をすることで名前や顔を覚えてもらう必要があるんですね。


実際に私は電話をし続けて、1年後に先方から声をかけていただいたこともありますし、3年かかって大手企業と契約したこともあります。

何度も電話して会うことで顔を覚えてもらうと共に、信用を得ることが契約に繋がった事例です。


結局は地道に電話できるかどうか



最後は継続できるかどうかです。


先ほど、テレアポにはタイミングが大事だと言いましたが、いつその絶好なタイミングがくるか分かりません。

タイミングを知るには継続的に電話して情報を得ておく必要がありますが、なんせ面倒くさいので続かないんですよね。

そうそう、一回電話してダメだったらまた電話するのは億劫だし、忘れちゃうんだよな。



私はある社長から愚痴を聞かされたことがあるのですが、内容は新規営業のことでした。


社長「新規の営業電話は多いんだけど、断ったら二度と電話してこないんだよね。。こっちはもう一度電話してきたら、話を聞いてやろうと思ってるんだけど、ほんと最近の営業マンは根性がないんだよ。」


と呟いてましたが、私は当たってると思いましたし、上記の社長のように営業マンを試している人は多いと思います。

なんせ初めて電話してきた人間を簡単に信用することは怖いですから。


私が逆の立場でも同じ考えですね。

売り込みなんか、ロクでもないヤツが多いですし、売りつけてやろうとしか考えてない人間が多いですから、信用なんかできません!

おめぇが言うなって。



なので私は相手にどうすれば信用してもらえるのか?どうすればメリットを感じてもらえるのか?を真剣に考えてテレアポを行うことが大切だと考えています。


そして、時にはしんどいし、つらいし腹が立つテレアポに対して、感情的にならずに「テレアポは取れないもの」だと割り切って継続できるかに、テレアポで取れる人になれるかどうかが決まると思います。

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「テレアポで取れる人と取れない人の違い クビの前に取れるコツとやり方を教えます!」として、

  • テレアポで取れる人と取れない人の違い
  • テレアポが取れない理由はあなたにある!
  • 新規営業の電話のかけ方にコツはない!
  • テレアポで取れるコツとやり方を知ればあなたは大丈夫!



以上のお話をさせていただきました。


テレアポで取れる人は取れない人と違って、多くの会社に電話できるように時間を効率的に使っております。

なぜならテレアポでアポが取れる可能性は10%あればいいからです。

なので、できるだけ多くの会社に電話できるように、会社選びに迷わず決裁者へ繋がる方法を考え、感情に支配されないようにしています。


そしてタイミングを逃さないために継続的に情報を集める努力もしているからこそ、テレアポで取れる人になれるんです。


ただ、私もそうなんですが、ずっとテレアポだけで新規開拓をするのはつらいですし、限界があります。

なので、テレアポの最終系は「テレアポの頼らない新規開拓」にシフトすることです。


その方法は、集客の仕組みを作るか、テレアポに頼っていない会社に転職する2つの方法があります。


この方法は下記の個人宅の記事を参考にしてください。


【参考記事】テレアポのコツ 個人宅はうざい、しんどい、病むからやめとけ!



とにかく今はテレアポを頑張って、取れる人になってくださいね!


もしテレアポがもう、どうしても嫌とか向いていないと思う場合は転職を考えるのが良いと思いますが、その場合は下記記事をご確認ください。


今回の記事が参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA