テレアポは病むからやめとけ!個人宅テレアポのコツを知るより重要なこと



こんにちは!


中小企業診断士でテレアポで病んだ経験がある営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


今回は、

  • 個人宅のテレアポにコツなんかない!
  • 個人宅は辛いし病むからやめとけ!
  • 個人宅へのテレアポ仕事から早く脱出したほうがいい!



以上のお話をさせていただきます。


テレアポは法人(会社)と個人がありますが、個人宅へのテレアポは難しいですね。。


なぜなら、会社なら誰かがいるので、決裁者がいない場合でもいつ帰ってくるのか等、ヒントを得ることができますが、個人宅であれば誰もいない場合、いつ家にいるのか分からないですし、何度も電話をする必要があり、無駄な時間が多くなります!


しかも今の時代、携帯で事足りる中、固定電話に電話がかかってくること自体、怪しい電話である可能性が高く警戒感が高まりますよね。。


結果、

「間に合ってます!」

「結構です!」

のオンパレードです。


これじゃあ契約はおろか、先に精神が病んでしまうことになります。

なので、私は個人宅へのテレアポ仕事は辞めた方がいいと思うんです!


ただ、テレアポはやめとけ!と言えばここで終了してしまいますので、まずはテレアポのコツの話をさせていただき、その後になぜやめた方がいいのかのお話をします!


個人宅テレアポにコツなんかない!



個人宅へのテレアポでアポを取るには、どれだけ多くの自宅に電話できるかが勝負です!

もうこれしかありませんね!


喋り方や心理を読む努力をしても、はっきり言ってあまり役に立ちません。


なんせ、しっかりと話を聞いてくれる人なんて100人中1人ぐらいしかいないですから。。


なので、個人宅へのテレアポは、話を聞いてくれる人、たまたまタイミングが合う人をひたすら探す作業となります。


電話電話、休憩なしでひたすら電話!


もう電話しまくるしか方法はないんですよ。。

固定電話にかかってくること自体、すでに怪しいですし、振り込み詐欺等の電話もあり、用件を聞いた瞬間に90%以上切られてしまいます。


なので、個人宅へのテレアポのコツははっきり言ってありませんが、強いて言うならいかに多くの個人宅へ電話できるかと、ほぼすべて断られる毎日に耐えられるかなんです!


でも、これってコツとは言わないですよね?(笑)


ただ単なる拷問、良いように言えば修行。。

なので、個人宅へのテレアポにコツはないんです!



下記記事は営業成績を上げるための必須の考えになりますので、是非とも参考にしてください!


【参考記事】営業の仕事ができる男になるには?できるようになりたい人がすべき3つの考え方


先ほど言いましたが、個人宅へのテレアポのコツは多くの電話と耐えられる精神力を持っているかです。

でもほぼすべて断られる個人宅へのテレアポは、はっきり言って、

時間の無駄!



あまりにも確率が低すぎるんです。

しかも、個人宅は出る頻度も少なくほとんどが最初の段階で断られるため、トークのスキルアップも難しい。


なので、一攫千金や精神的に強くなりたい以外に目的がないのであれば、時間の無駄になるので、個人宅へのテレアポだけの仕事はやめておいた方がいいですね!


【関連記事】テレアポで取れる人と取れない人の違いはたった1つ


個人宅は辛いし病むからやめとけ!



個人宅へのテレアポはとにかく、うざい、しんどい、つらいだけですね。

毎日毎日断られることを目的としたような仕事。。


なので耐えれる人は私は凄いと思いますし、尊敬します!

冗談抜きですよ!


ただ、90%以上の人間が3年も持たず辞めていく世界ですし、辞めて当然の世界です。

世間では営業の離職率は高いと言われていますが、原因はこのようなテレアポ業界であってルート営業は離職率は低いんですね。


それだけ辞めていく人間が多い世界で残る自信があればいいですが、大抵の人は辞める前に病んでしまいます。

なんせテレアポ業界は精神的に追い込まれますし、しかもブラックな会社が多く、軍隊みたいな風土のため、アポが取れなければボロカスに叩かれるんです。


下記記事で詳細をご確認いただければと思うのですが、私もコピー機のテレアポ営業は3ヶ月も持ちませんでした。。

たった3ヶ月だけでしたけど、本当につらかったー!!

ほんとにもう、毎日が地獄でしたね。。


思い出すだけで嫌な気分になります。(笑)



私の経験も踏まえて、あなたがもし個人宅へのテレアポが仕事をしようか迷っているのであれば、マジでやめておいたほうがいいと思います!

もし、個人の生命保険の仕事は報酬が高いので気になるのであれば、営業力と人脈に自信があるとか、お金のためなら何でも我慢できる!のでなければ、おすすめできません。。


報酬にこだわるのなら下記記事を参考にしていただきたいと思います!


【参考記事】私が年収1000万稼げる職業に転職でJACリクルートメントを使った理由


個人宅へのテレアポ仕事から早く脱出したほうがいい!



はっきり言って、個人宅へのテレアポばかりしている会社、しないと成り立たない会社に明るい未来はないと私は思っています。


なぜなら、継続性がないからです!


ビジネスの基本は「ゴーイングコンサーン」、つまり継続性であり、会社が倒産せず将来にわたりずっと企業活動を継続するということなんですね。


契約の確率が限りなく低い会社、ブラックな会社では辞めていく人間が多く、常に新しい人材を採用しなければなりませんし、人材が育ちません!

そんな人の入れ替わりが激しく、確率が低い個人宅へのテレアポが唯一の集客手段である会社が、継続的に売上を上げることは難しいと思います。


わざと最初は精神的に鍛えるためにテレアポをさせるのならまだ分かりますが、永遠と個人宅にテレアポをしている会社に長くいるのは時間の無駄だと思います。


なのでそもそも、そんな会社に入る必要はないのですが、間違って入社したり、精神的に強くなりたいから入社したとしても、さっさとテレアポから脱出する必要があるんですね。



そして、テレアポから脱出する方法は、「売れる仕組みを作ること」です。


売れる仕組みとは電話しなくても集客出来るようにすること。


生命保険の営業マンはテレアポもしますが、売れる営業マンになるには紹介がポイントで、出来る人は何もしなくても向こうから客がやってくる状況を作っています。


紹介が増えれば、テレアポをする時間も減少しますし、向こうから是非とも話を聞いて欲しいとやってくれば、当然契約率も上がります。

なので、この集客システムを構築できるかが売れる営業マンになれるポイントでです!


そこで非常に重要なことは、誰と組むのか?なんですね。



ある生命保険の営業マンの話ですが、その営業マンはライフプランナーとして住宅販売説明会に参加して、ライフプランの相談に乗ることで保険の見直しを行っていました。

実は私もこの作戦にまんまとはめられて、保険の契約をしたんです。(笑)


そりゃ、家の支出状況を説明して親身に相談に乗ってもらえれば、悪い話は持ってこないと思うようになりますし、信用しちゃいますよね。。

まあ別に悪い人ではなかったので、私は保険の契約をしたことを後悔はしてません。


また、私が過去にいたコンサル会社ではある金融機関と組むことで次々と紹介が来ていたので仕事がなくなることはありませんでした。


このように、確率が悪すぎる個人宅へテレアポを重視するのではなく、集客システムを自分で作るしかありません。

ただそうは言っても、自分で集客するのは大変なので、もともと集客に困っていない会社に転職する方が勉強にもなりますし、会社の業績も安定しているので、私は転職をおすすめします!


もし転職を考えるのであれば下記記事を参考にしてください。


【参考記事】転職しようかな。転職活動は何から始めるのがいいか分からない人へ


最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「テレアポは病むからやめとけ!個人宅テレアポにコツはない」として、

  • 個人宅のテレアポにコツなんかない!
  • 個人宅は辛いし病むからやめとけ!
  • 個人宅へのテレアポ仕事から早く脱出したほうがいい!



以上のお話をさせていただきました。


個人宅へのテレアポのコツは、とにかくひたすら電話することと折れない精神力ですが、はっきりいって時間の無駄です。

だいたいの人は精神的に病んでしまうので、テレアポ会社に入社することはおすすめしません。


なので、もしすでに入ってしまっているのであれば、下記記事を参考にしていただいて、さっさと転職することをおすすめします!


30代でやりたい仕事へ! 転職サイトと転職エージェント比較します

大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら



今回の記事でテレアポ地獄から脱出できるヒントを得ていただけたのなら嬉しいです!


【関連記事】リクルートエージェントの口コミはひどいし最悪?いえ、30代以上のあなたが使うべき理由



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA