【実践済】無能なパワハラ上司を追い込む具体的で賢い方法教えます



こんにちは!


中小企業診断士でパワハラ上司が大嫌いなアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 無能なうえにパワハラ上司が嫌すぎる!
  • パワハラ上司は悲惨な末路になるはずだ!
  • パワハラ上司を追い込んで悲惨な目に遭わせたい!



以上のような怒りを抱え、早まる前に是非とも今回の記事を読んでいただきたいです。


カス上司は大して能力もないくせに、毎日グチグチ嫌みを言ってくると共にパワハラを受け続けて、あなたのストレスは限界だと思います!

俺もパワハラ上司がムカついてしょうがないんだよ!
いっそ殴って辞めてやろうかと考えているんでぃ!

小心者がやれるもんならやってみな。

はい、すんませんでした~。

早い。。




分かりますよ!

私はアパレル営業を18年以上しており、過去に無能なカス上司から売上のことでガミガミグチグチ言われた経験はありますし、パワハラを受けた時には、、


こいつの顔やばくね?
それに、そこまで怒らなくても。。

最後は呪いみたいになってるでしゅね。。



ほんと、呪ってやろうと本気で思いましたね。(笑)

なので、いつか復讐をしてやりたかったんです!



また、無能なパワハラ上司はワンマン社長の犬の場合も多いですね。。

中小企業の場合、社長が全権限を持っている場合がほとんどなので、無能であるがゆえに社長に逆らうことはクビを意味しますから。。


特にブラック会社の場合は、クソ上司のパワハラはもっとひどい!

クソだの犬だの、口が悪いぞ。

こっちゃんは口が臭いぞ。

ムカッ。



なんせ会社がブラックなので何をしてもお咎めなしですから。。

ひどいと机を蹴ってきたり、皆の前で怒鳴り土下座させたり、脅してきたりしますからね。


そんなクソ上司でも追い込む方法はいくつかあるのですが、悲惨な末路に追い込むようなやり方は賢くありません!

なぜなら、無茶な追い込みをすると逆襲を食らったり恨まれてしまい、後々面倒臭いことになるからです。


なので、正当法で

ひれ伏させる・屈服させること



が賢いです!

では、その方法とは!?


ということで今回は、

  • 無能なパワハラ上司は悲惨な末路にならない!賢く追い込む方法
  • パワハラ上司を追い込む方法を間違うと地獄を見る!
  • 私がクズ上司を追い込んだ実際の話



以上の内容となっていますので、是非とも参考にしてください!


無能なパワハラ上司は悲惨な末路にならない!賢く追い込む方法



無能かつパワハラ上司はやっかいですし、ほんとクソですよね。。

“正義は勝つ” ではないですが、「悪であるパワハラ上司は悲惨な末路を迎えるのが当然だ!」と思う気持ちも分かります。


ただ、残念ながらパワハラ上司が自滅することはあまりないです。


なぜなら、パワハラ上司は無能ですが会社で生きる術を身につけており、何が何でも生き延びようとします。

なので今まで、今の会社でパワハラをしても残っているわけです。


なので、自滅を待っていると先にこちらが精神的にやられてしまうんですね。。



ほんと腹が立つし、パワハラは許されないことなので、殴りたい気持ちは分かるのですが、それをしてしまってはあなたの負けです!


カス上司であり社長の犬なので、告げ口され社長にクビにされることはもちろんですが、訴えられる可能性もあります。

なので、絶対に手を出したり法に触れることはしてはダメです!

え、ダメなの?
ちっ。。

やる気だったんでしゅね。。



。。。


パワハラ上司を賢く追い込む方法は下記が考えられます。

  • 上司と話し合いを行いお利口さんになってもらう
  • 社長に訴える、第三者機関に相談する
  • 成績や地位で上司を上回る
  • 会社を辞めて上司の評価を下げると共に尻ぬぐいさせる



順番にお話しますね!


上司と話し合いを行いお利口さんになってもらう



1つ目は上司と話し合いの場を設けるというものです。

そして直接、面と向かって上司のパワハラに悩んでいるので止めて欲しいと伝える。

そんなの伝わるわけないじゃん。
だからパワハラ上司なんだろ?



私もそう思います。(笑)

なんだそりゃ。
じゃあ言うなよ。。



ただ、パワハラ上司だって1人の人間です。

なので、最初は話し合いの場というものでもいいのですが、コミュニケーションを増やせば少しずつ打ち解けていく可能性があります!


私もそうなのですが、人は嫌いになると避ける傾向にあるんですね。

なので、相手も自分のことを好きでないと感じて攻撃してくるわけです。


よくある話が、無能な上司が出世するというもの。


言い方は悪いですが、無能な人は上司の犬となりご機嫌を伺うようになります。

そうしないと生きていけないことを知っているからですね。


ご機嫌を伺うということは、よくコミュニケーションをしているわけであり、理由はどうあれその上司も悪い気はしないわけです。

誰だって嫌われたくないですし、肯定されたいと思っていますから。


結果、無能だけど上司のお気に入りとなって出世するわけです。

なるほど、俺も犬になるか!

それは間違っていると思うでしゅ。。




犬になるかどうかは置いといて、、コミュニケーションを重ねると相手も肯定的にとらえることになり、パワハラが減る可能性があります。


なので私は苦手な人でもできるだけ会話をするようにしているんですね。


すると、苦手だった人が意外と良い人だったり、私に対しては優しくなったりすることがよくあります!

なんせ、嫌われている人は周りも避けがちですし、誰も相手にしてくれないので、口には出しませんが嬉しいのだと思います。


また、私の過去のコンサル会社で社長と従業員の仲がめちゃ悪い顧問先がありました。

全然会話をしないせいでお互いが憎み合っており、社長はノイローゼ気味になった結果、売上が減少し経営が悪化していたんですね。


そこで社長に会話をするように1年かけて説得して、何とか会話するようになりました。

すると、共に行動するようになり売上が改善して経営が改善したことがあります。


このように会話すると意外と改善することもあるので、一度コミュニケーションを増やしてみることも考えてみてください!


社長に訴える、外部に相談する



次に考えられる方法は、社長に上司のパワハラを訴える方法です。

これは社長がまともで上司のパワハラを知らない場合、かなり有効的な方法となります。


実際に私の同僚が営業上司からかなりきついパワハラを受けていたことがありました。


「売上が悪いクセに定時で帰るのか!」

「お前みたいなヤツは辞めちまえ!!」


と私の横で大声で怒鳴っていたのですが、、




聞いている私も地獄でしたね。。

私はまだ売上を上げていたので、この時はパワハラを受けていませんでしたが、同僚はもう辞めたいと言っていたので、これはさすがにマズいと思い私は社長にこそっとチクったんですね。

チクるんじゃねーよ。
面白いのはこれからなのに。。

さすが、人の不幸話が大好物なこっちゃんでしゅね。



。。。


社長がいない時にパワハラをしていたため社長は知らず、びっくりしていました。

そして、社長はパワハラ上司と話し合いを設け、社長自ら同僚を教育するということでパワハラが減少することになったんですね。


ただ、この話はレアなケースだと思います。

だいたいの社長は上司がパワハラをしているのは知っていますし、社長も腐っている場合はパワハラだと思っていないうえ、社長自らもパワハラしている場合が多いからです。


その場合は社長に訴えても無駄になると思いますし、ここで考えられるのは外部機関である「総合労働相談センター」等に相談することですね。

もしくは弁護士も考えられます。


そして的確なアドバイスをもらうことで解決する方法をとるのです。


上記のような専門家は労働問題の相談には慣れていますし、法的な視点からアドバイスしてくれます。

そのために証拠を集めておく方が良いと思いますが、特に音声を録音しておくのがいいと思いますよ!


成績や地位で上司を上回る



パワハラ上司が憎くて会話どころではないし、社長もブラックなので当てにならない。。

その時に最も有効なのが、上司の上に行くことです!


つまり、営業であれば上司より上回ることや上司に認めさせるぐらいの成績を叩き出すことが有効打になります。


実はこの方法が私が取った方法なんですね。


私は上司とうまく喋るのが得意ではありませんし、絶対に見返してやろうと考えていたので、めちゃ売上を上げることに集中したんです。

経験上、営業上司であればパワハラ上司であっても売上を上げれば “必ず” 大人しくなります。


実際に先ほどお話した同僚にパワハラしていた上司も最初は私もパワハラを受けていました。

ただ売上で上司を追い抜いた途端、ピタッと止まりました。

分かりやすいですよね。(笑)

コロッと変わるんだな。。



実際、売上を上げていると社長も動かざるを得なくなります。


私の過去の違う会社の話ですが、社長はめちゃブラックだったのですが、私が売上を上げるようになってから手のひら返しで急に優しくなりました。

私の肩を揉んで、「頑張ってるな~」とニコニコ。

ほんと、気持ち悪いぐらいでしたね。。(笑)


一方で、成績が悪い人には容赦なく罵声を浴びせる。

ほんとに成績次第で天国と地獄なんだなと当時は感じていました。



なので、営業であれば成績で黙らせられるのですが、営業以外であれば重要人物になることが考えられます。

たとえば、その人がいないと会社が回らないぐらいのスペシャリストですね。


これは特別、専門的でなくてもいいと思います。

私の会社でスーパー事務員さんがいるのですが、その人がいないと会社が回らないため、社長もパワハラ上司も頭が上がりません!


私もめちゃ怒られていますし、その人の前では大人しくしています。(笑)


このように上司より上に行く、あるいは重要人物になることがパワハラ上司を黙らせる正当法となるんです。


会社を辞めて上司の評価を下げると共に尻ぬぐいさせる



最後はパワハラ上司を黙らせると言いますか、もう黙るしかない方法です。

なんせ会社を辞めていなくなるんですからね!

会社を辞めたら逆に負けになるんじゃね?



そんなことはありません!

会社を辞める時に、わざと泣きながら上司にパワハラを受けたから辞めるのだと伝えれば社長も同情するかもしれませんし、クズ上司の評価が下がるかもしれません。

ひょっとしたらパワハラ上司が社長からパワハラを受けるかもしれませんし。。(笑)


そして引継ぎ先や引継ぎ仕事を上司に振れば、無能さを露呈しさらに上司の評価が会社内で落ちて悲惨な末路を迎えるかもしれません。


ただ、上司の評価を下げる方法や嫌がらせみたいに引継ぎ先を振るような行為は、出来る限り使わない方がいいと思います。


理由は後述しますが、同じ業界であればバッタリ会う可能性もありますし、恨みを買う可能性があります。

ただ、違う業界に行ったとしてもあまり良い方法とは思いません。


なぜかは次にお話します!


転職しようかな。転職活動は何から始めるのがいいか分からない人へ


パワハラ上司を追い込む方法を間違うと地獄を見る!



ここまで、パワハラ上司を黙らせる方法として

  • 上司と話し合いを行いお利口さんになってもらう
  • 社長に訴える、第三者機関に相談する
  • 成績や地位で上司を上回る
  • 会社を辞めて上司の評価を下げると共に尻ぬぐいさせる



以上の方法をお話しました。


ただ、上記の方法では “追い込む” ことはできても悲惨な末路に追い込むことは難しいと思いますし、追い込むべきではありません!

恨む気持ちは分かりますが、悲惨な状況にまで追い込むことは相手の恨みを買うだけです。


仏教の教えに「恨みに報いるに恨みをもってすれば永遠に恨みの尽きることなし」という言葉があり、恨みを相手に返せば、連鎖作用がおこって永遠に恨みは続くというものがあります。


なので、上司に恨まれ続け最悪、地獄を見ることになるかもしれません。

どういうことだよ?
パワハラのクソ上司は成敗されて当然だろ?

こっちゃんも口が悪いし、気を付けたほうがいいでしゅよ。。




例えば、社長に告げ口をして上司を辞めさせるぐらいに追い込んでしまう。

結果、上司は辞めることになったとしても路頭に迷って全てを失えば、相当恨まれ最悪、事件になってしまう可能性もあります。

そ、そんな大げさな~。
辞めさせただけだろ・・?

こっちゃんも刺されないように気を付けるでしゅよ。。



人は追い込まれ過ぎたり、失うものが無くなれば何をしてくるか分かりません!

実際に世の中でそんな事件が起きてますから。。


また、先ほどは外部に相談する方法をお伝えしましたが、できれば外部から指導が入ることや訴えることも私はやめておいた方がいいと思います。


なぜなら、メリットよりデメリットが大きいからです!


外部から会社に指導が入れば、本人は会社に居づらくなりますし、会社的にもどちらかには辞めてもらわねば会社がうまく回らなくなります。

その場合、事件性がなければ地位的に上の上司が優先されますし、結果、あなたが会社を辞めなければならない場合があり得るんです。


そうなると、同業他社に転職しようとしても社長や上司の方が人脈がある場合、変な噂が回っているので敬遠されてしまいます。

まあ確かに社長同士の話だとそうなってしまうかも。



実際に私の過去の同僚が社長と揉めて辞めた後、同僚に悪評が立ったことがあります。

ほんとは社長の方が悪いのですが、社長は自分を正当化するため、知り合いのメーカーや取引先に嘘を言っていたからですね。


「死人に口なし」とまでは言いませんが、要は影響力がある人間が言ったことが本当の話になってしまうんです。



また、これは在職中でも辞めた後でも言えることなんですが、訴えることもよくありません。


多少、慰謝料的なものを得るかもしれませんが、弁護士費用はかかりますし、闘争中は給料をもらえない可能性もあります。

たとえ、勝った場合は多少のお金の獲得と満足感はあるかもしれませんが、所詮は自己満足です。


先ほどの話と同様で、カス上司に恨まれてさらにややこしいことになり、仕返しされる可能性も大いにあります。

下記の記事はパワハラ社長からの仕返し話ですが、参考になると思いますよ!


【参考記事】ワンマン社長に仕返ししたい!パワハラでも復讐がダメな訳



このように恨みを伴うやり方は地獄を見ることがあり得ますので、違う方法がおすすめですね!


実際に私がとった方法ですが、次にお話します。


【こちらの記事もおすすめです】
私が年収1000万稼げる職業に転職でJACリクルートメントを使った理由


私がクズ上司を追い込んだ実際の話



営業の私がパワハラ上司を追い込んだ具体的な方法は、上司より上の立場になること。


つまり、上司よりも売上を上げることでした!


そんな簡単に言うなって。
俺のカス上司は売上凄いんだから。。



ほんとにこっちゃんのカスでパワハラ営業上司は凄いですか?

一度、あなたの上司の仕事を冷静に見てください!


あなたの上司の仕事は今のあなたではできないでしょうか?


できないのであれば、確かにあなたの上司は優れています。

う~ん。
そう考えると、俺でもできるかな。。



実際、私はアパレル営業マンでしたが、私の上司は御用聞き営業が多かったんですね。


なんせ、昔はあまり何も考えなくても売れる時代でしたから。

ただ単にお客さんのところに顔を出して注文を取るだけの営業が多かったし、それでも充分に売上を上げれたんですね。


その売れる時代のおかげで「昔の自分はもっと売っていたぞ!」といった、トンチンカンなことを言う上司だったんです。


一方、今でも売上を上げていて偉そうにしているパワハラ上司もいますね。。

その上司も実際に優れているのでしょうか!?


私ははっきり言って、年配で優れた営業マンはそんなにいないと思っています。

これは私の営業経験もありますが、コンサル会社時代の様々な業種の営業マンを見ていて実感したことです。


今でも売上を上げている理由の大半は先行者利益だけだからですね。


先行者利益とは、新たな市場にいち早く参入したり、新製品をいち早く導入したりすることにより市場を独占する等のメリットをいいます。

まあ、上記のような経済用語的に言うと格好いいのですが、私が言っている先行者利益はちょっと違って、バカ上司が良い取引先を独占するといった悪い意味ですよ!

そうそう、うちの上司も良い取引先は絶対に離さないし、なんかコソコソしてるんだよな。




そうなんです。

売上が小さいお客さんであれば上司は営業するのが面倒くさいので、譲ってもらうというより押し付けられるのですが、それなりに大きいお客さんは譲ってもらうことは無いと思います。


なぜなら上司も売上予算がありますし、売上が取れるお客さんを渡せば自分の予算達成が難しくなると共に、部下に売上を抜かされると自分の立場が弱くなり、偉そうに言えなくなりますからね!


実際に私はコンサル会社時代を含め今までかかわった会社で、取引先を独占して威張ってるおっさん営業マンを何人も見ています。

また、そのおっさん営業マンが開拓したお客さんではなく、たまたま大きくて楽なお客さんを引き継いだだけの場合もあるんです!


私の場合、私でもできるレベルのお客さんを持って偉そうにしていたパワハラ上司は、仕事ができる人っていうより、ただ単に運が良かっただけだと思ってます。


私の今の上司もそうですが、昔の人脈で繋がっているだけの場合が多く、相手会社の担当者が変わった瞬間に売上が激減することがあるんですよね。

つまり、過去のことで今も何とか売上を上げている状態。


そんな能力もないカス上司にパワハラされれば、そりゃあ腹も立ちますし、仕返しで殴りたくもなりますよね!



また、私のカス上司は能力がないために、会社に内緒で変な条件で取引をしている場合もあったんです。

例えば、値引きとか返品をこっそり受けたり。。

それか!
俺の上司がコソコソしてんのは。



まあ、そうとは限りませんが、そういう人もいるってことです。

現に私の過去の上司でコソコソがバレて結果的にクビになった人もいますから!


なので、私はそんなクソ上司を尊敬することもなかったですし、特に仕事を真似るまでもありませんでしたね。。



先ほども言いましたが、先行者利益は先に入社したもの勝ちです。

大して能力がない人間が先に手がかからない、値段も安くない、条件が良い、といったお客さんを確保しておき、面倒くさいところはやらないというかやる必要がない。


面倒くさいところをやらなくても自分の売上が確保できますからね。

そして、自分のテリトリーに入ることを許さない、縄張りを作るのも先行者の特徴です。



私の今の会社がまさにそうなんですよ!

私が入社する時には入社前に聞かされていた話と違って、上司の陰謀で売上が上がらない地域を任されたりしましたし。。


ただ、そんなバカ上司は部下に売上を抜かれるとびっくりするぐらい大人しくなります。(笑)

でも、上司も売上が抜かれることを黙って見てないだろ。
嫌がらせしてくるんじゃね?



そうですね。

パワハラ上司にもプライドがあるので、最初は邪魔をしてきたり、抜かれないように必死で抵抗してきます!


なので、圧倒的に差を付けることが大事なんです。

もうコテンパンにするぐらい!!


私は過去に経験済みですが、売上が上がらないときは上司からのパワハラに加え、社長からもめちゃパワハラされてました。

そして、上司の売上に接近すると雑用を押し付けたり新規先を横取りする等、パワハラ上司も必死で抵抗してましたが、ある月に2倍の売上の差を付けた時点でそのカス上司は諦めたんです。


そこからの態度は本当に笑ってしまうぐらい、手のひら返しが凄いんですよ。(笑)

私に雑用は振らないようになりましたし、パワハラ上司は気を使ってご機嫌取りを行うんですが、私も面倒くさいから無視。(笑)


とうとう、私はやってやりました!

パワハラ上司をひれ伏させたんです!!




売上を上げてるため、辞められると社長から激怒されるので、当然パワハラもなくなりましたしね。

結果、社長も私に気を遣うようになり、社長のストレス発散先が私ではなくパワハラ上司になったんです!


ざまあみろですよね。(笑)

ひひ。。


おめぇ、ちょっと狂ってるな?

ちょっと狂ってるでしゅね。。




別にいいじゃない。。

正当な手段でパワハラ上司に仕返ししたんだから。。


もう、こういう状態になれば、今まで腹が立っていたパワハラ上司は眼中にありませんし、営業も楽になります。

しかも、正当なやり方なので恨まれることもありません!



なので、あなたも上司よりも2倍、少なくても1.5倍は差を付ける必要があり、そうすれば殴るよりも効果的な方法になるんですね!


ちなみに具体的に売上を上げる方法は下記記事を参考にしてください。


【参考記事】営業の仕事ができる男になるには?できるようになりたい人がすべき3つの考え方



私は営業マンだったので上記の方法をとりましたが、前述した通り、会社の重要人物になる方法も一緒です。

この場合も上司をひれ伏させることができます!


とにかく、上司の上を行くことや上司も頭が上がらない存在になることが正当法で恨まれない、一番の良い方法だと思ってるんです。


違う部署もしくは他社に行く



では、上司より上に行くのが無理であれば、我慢するしかないのでしょうか!?

それは無理。
血尿が出ちゃうもん、俺。

めちゃガラスのハートでしゅね。




私も無理ですし、売上が上がらないまま我慢しても今の状況が改善されることはなく、一生カス上司からパワハラを受ける可能性があります!


私は過去にストレスでボロボロになって会社を辞めたことがありますが、ボロボロ状態で辞めると次が大変なんですよね。。

精神的に立ち直るまでに時間がかかりますし、状況がひどければ立ち直ることに何年もかかる場合があります。


なので私はその場合、会社を辞めることにしています!


【関連記事】仕事辞めたら人生楽しすぎ!でも退職してから再就職できるの?



上記記事でも記載してますが、私は若いころに海外に一人旅をしたことがあり、会社ストレスで精神的におかしくなった人を何人も見ました。

また、コンサル会社時代の顧問先でも鬱になっている人も多く見ましたね。。


そんな精神的に良くない状態をずっと続けていても心が持たないですし、”石の上にも三年” の前に倒れてしまっては意味がないです。


なので、今の部署ではパワハラが続くと思うのあれば、異動することをおすすめします!


異動すれば上司は変わりますし、環境も変わるので状況は好転する可能性がありますから。。

でも、俺の会社は小さいから部署って言うほどのもんがないんだよな。。



私の今の会社もそうですが、こっちゃんと同じく部署というものがありません!

もしあなたの会社に部署がある場合でも、規模が小さい会社であれば、異動できてもあまり意味がない可能性もあります。


また、上司ではなく、社長が腐っていて社長からパワハラを受けているのであれば部署移動しても全く意味はありませんよね。。


そういう場合はもう、転職を考えてください!


カスでパワハラ上司に潰される前に転職活動だけでもしておいて、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくのがいいですね。

そして、いざとなった時に「転職すると言う選択肢」を使えばいいんです!


パワハラ上司がいる今より環境が良い会社なんて、もうゴロゴロあります。

これは転職経験が7回もある私だからこそ言えるんですね。


今の会社でパワハラを受けているのであれば我慢する必要はありませんし、辞めることに罪悪感を抱く必要は全くありません!

転職することでパワハラ上司に面倒くさい仕事を押し付けたり、取引先を引き継いでもらい、能力のなさを露呈させてやったらいいんですよ!


そうなれば、転職でも少しは仕返しができます!

転職してしまえば、恨まれることもありませんし、その上司からパワハラを受けることもなくなりますしね。


なので、転職もパワハラ上司を賢く黙らせる方法だと思います。


もし少しでも転職を考えているのであれば、下記記事を参考にしてください。


➡転職を考えておられる方はこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら


最後に




今回は「【実践済】無能なパワハラ上司を追い込む具体的で賢い方法教えます!」として、

  • 無能なパワハラ上司は悲惨な末路にならない!賢く追い込む方法
  • パワハラ上司を追い込む方法を間違うと地獄を見る!
  • 私がクズ上司を追い込んだ実際の話



以上のお話をさせていただきました。


あなたのカスでパワハラ上司の能力は案外大したことがないかもしれません。

能力がないからこそ、パワハラをして叩き潰そうとしているんですよ、きっと!


なので、一度冷静に見て、追い抜けるかどうか判断してみてください。


冷静に見ると、上司は大したことないからこそ虚勢を張っているだけだと気付くかもしれませんし、意外とあっさり売上を追い抜けるかもしれませんよ!


そうすれば、パワハラ上司を正当な方法で追い込むことができますし、いや、もうそうなれば追い込む必要すらないのかもしれませんね。。


あなたが成長してしまえば、もう眼中にないですし、逆に哀れだと感じると思います。


もしそれでも追い抜くのが無理だと思うのであれば、転職を視野に入れてください。

パワハラされる状態で頑張るぐらいなら、次の職場で頑張ったほうがよっぽどいいです!


パワハラ上司に気を使うのはもうそろそろ終わりにしましょうよ!

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです!!


【関連記事】私の転職の実体験談 リクルートエージェントが評判より意外と良かった件


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA