営業が楽しくないのはなぜ?30代から営業を楽しくする方法





こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。

  • 中小企業で営業を何年かしているけれど、最近楽しくない
  • 営業成績が悪いわけでもないけれど、なぜかやる気がでない
  • 営業が楽しくないから転職するべきか悩んでいる



以上のような悩みを抱えているあなたに読んでいただきたいと思います。


あなたは20代の頃から営業を頑張ったおかげで、営業成績も職場環境も悪くないけれど、30代になってから営業が楽しくないと感じているのではないでしょうか?

だからといって今すぐ転職するべきか悩むしモヤモヤ感がある。

俺も営業が楽しくない!

こっちゃんの場合は成績が悪いからでしゅね。

情けないヤツ。。



分かりますよ!

私も30代の頃、営業が楽しくないときがありましたし、仕事が楽しくないと人生も楽しくなくなるんですよね。。

そうなると考えこんでしまい、悩んで悩んで、最悪、うつ病になることもあります。


なので、早急に対処する必要があるんです!

ということで今回は、

  • なぜあなたは営業が楽しくないのか?
  • 営業を楽しくしたいのなら環境を変えるべき!



以上の内容でお伝えしますね!

なぜあなたは営業が楽しくないのか?


あなたは今の営業成績が決して悪いわけでもなく、職場環境が劣悪でもないけれど、営業が楽しくないと感じています。


もし、営業成績が悪いせいで楽しくない、もしくは、営業が楽しくないのでなく、”つらい” “辞めたい” とまで考えているのであれば、すでに末期症状なので、こちらの記事ではなく下記の記事を読んでいただくことをおすすめします!


【参考記事】営業成績が悪いから辞めたい、辛い、やりたくない。。営業のコツを秘密で教えます

【関連記事】飛び込み営業が楽しい!つらい怖いから変化した理由



まあ仕事は絶対に楽しくなければならないわけではありませんし、好きでもない仕事をしている人は実際に多いです。

でも、どうせなら楽しくないよりは楽しい方が良いですよね。

なんせ、これからまだ30年以上も働かなければなりませんし、今の状況があと30年続いたらゾッとしません?

確かに、今の状況があと30年も続くと考えたら地獄だな。。



ですよね。

であれば、今のうちに状況を改善しておいたほうが良いと思います。


ただ、状況を改善するには、あなたがなぜ営業が楽しくないのかを知る必要がありますね。

原因が分からなければ改善のしようがありませんから。


そこでまず参考資料として、厚生労働省の「雇用動向調査結果の概況」の退職理由を見てみましょう。

参照:厚生労働省-平成 30 年雇用動向調査結果の概況-



こちらの表を見ると、男性は「出向等や定年・契約期間の満了」を除くと、「給料等収入が少なかった」「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」「会社の将来が不安だった」が上位を占めております。


ただ、上記の表は営業以外も含まれているんですね。

営業だけのデータは下の表をご覧ください。

参照:doda 転職理由ランキング

偉そうに言ってるけど、おもっくそdodaからパクってんじゃねーかよ。

パクリの天才でしゅね。



。。。


営業だけのデータを見ると、全体の退職理由である「給料」「労働条件」「将来不安」以外に、「ほかにやりたい仕事がある」があり、1位となっていますね。

この「他にやりたいことがある」という理由が、あなたの営業が楽しくないという原因にもなっていることが考えられます。

僕らを無視したでしゅ。



では次に、あなたの原因を考えてみましょう!

ちっ。

あなたの営業が楽しくないのはマンネリだから



営業が楽しくないという原因は、私もそうだったのですが、今の営業仕事がマンネリで飽きたことが考えられます。


私は7回も転職していますが、最初の数年は頑張るんですよね。

最初は仕事自体が新鮮ですし、数字を上げるためにがむしゃらになって頑張ります。


あなたも20代の頃はそうだったのではないでしょうか?


同じ会社で頑張って数字もそれなりに上げられるようになり、地位もそれなりになり、周りの同僚や上司とも仲良くなる。

そして営業の仕事内容もお客さんも毎年そんなに変わらない。


そうなると当然、刺激が無くなってきます。

刺激が無くなった結果、退屈で営業は楽しくなくなると共に、色々なことを考えてしまうんですよね。


「このままでいいのか?」

「この仕事を今後も続けていくべきなのか?」

「俺の将来は大丈夫なのか?」


そして、営業が楽しくないので、他の会社の仕事や他の職種に目が行ってしまい、

「俺は他にやりたいことがある!」


といった上記のdodaアンケートの結論に辿り着いて場合が多いんですね。


まあ、全員がそうではないですが、少なくとも私が「ほかにやりたいことがある!」で転職しましたね。

私の場合、アパレル営業から経営コンサルタントという思い切った転職でしたが。(笑)

俺も営業が楽しくないから、他のことがしたいな。。

こっちゃんの理由は成績が悪いからでしゅね。

いちいち、うっせーんだよ!
当たってるけど。。



私が経験済みなので分かるのですが、営業が楽しくない状態は、今の仕事のままでは改善しません。


私も色々とやってみました。

マインドの本を読んだり、プライベートを充実させようとしましたが、今の仕事内容が変わるわけではないんですよね。


考え方を変えてもプライベートが充実しようとも、今の仕事が楽しくないのは変わらないんです。

逆に楽しくない、つまらない状態がひどくなっていきます。



あなたが今の営業仕事が楽しくないのは、考え方でもプライベートの問題でもありません。

もうあなたは飽きている、成長して今の仕事では物足らない状態なんです。


なので、楽しくないを改善するには、環境を変えるしか方法はないんですね。


次にお話します!

営業を楽しくしたいのなら環境を変えるべき!


あなたは30代になって、もう今の営業仕事では満足できない状態になっています。

いくら楽しくするように今の営業を工夫したところで、大した変化はなく今後も楽しくなる可能性は低いです。


実際、あなたも色々と試した結果、今が楽しくない状態のはずです。

同じ仕事ばかりしていても面白くないし、成長はできないですからね。


なので、思いきって環境を変えたほうがいいと私は思いますし、変えなければこのままも楽しくもなければ成長もできない状態が続きます。

でも、いきなり転職はちょっとな。。



別に環境を変えることの選択肢が転職しかないわけではありません。

部署移動も考えられますし、今の営業部でも変えることは可能です。

今と同じ営業でも?



はい、できます!

営業だけではありませんが、下記が考えられることです。

  1. 成績をさらに上げるためにがむしゃらに頑張り直す
  2. 上の段階(マネジメントや経営層)を目指す
  3. 自分がやりたいこと(新規事業)をやる
  4. 新しい職場環境で頑張る



順番に説明していきますね。

成績をさらに上げるためにがむしゃらに頑張り直す



まず一つ目は、気持ちを改めてもう一度がむしゃらに頑張ることです。

例えば、思いっきり新規開拓を行うことが考えられますね。


もしテレアポが苦手なのであれば、逆に刺激になって良いかもしれません。

その場合、下記記事を参考が参考になると思いますよ。


【参考記事】テレアポで取れる人と取れない人の違い クビになる前にコツとやり方を教えます!


まあ、新規開拓はテレアポでないとダメなわけではありませんし、効率面を考えれば紹介してもらうことが一番良いです。

ただ、営業が楽しくない場合、今まで新規開拓に力を入れていなかったとか、最近はやっていないのであれば、初心に戻って新規営業をやってみることは営業環境を変えることになるのでおすすめです!

俺は新規開拓は嫌いだしパスだな。

上の段階(マネジメントや経営層)を目指す



次に考えられるのは上を目指すことです。

営業が楽しくないのであれば管理職や経営層を目指すことですね。

30代であれば上に行く資格はあるはずです。


マネジメントや経営に関わる仕事は営業とは違い、会社全体を見なければならないので知識が必要となってきます。

特に数値面で弱ければ話になりません。


例えば、営業利益の概念が分からなければ事業計画書を作るどころか読むことさえできないですから。

今まで営業だけの仕事をしていれば、売上総利益(粗利)だけ知っていれば何とかなったかもしれませんが、営業利益は当然、減価償却費や業種によっては原価計算もしなければなりません。


なので、勉強も含めて今までと違った環境や仕事になり、やりがいも多く楽しくなるかもしれませんね!

逆に嫌になってしまうかもしれませんが。(笑)

俺は数字に弱いから、これもパスだな。。

パスばっかでしゅね。。

もう辞めちまえ。



ただ、上を目指すにはある程度大きい会社でないと難しいです。

小さい会社であれば、会社の数字を把握することは難しいと思います。


なぜなら、小さい会社の社長は数字を従業員に見られたくないからですね。

役員は社長と身内だけの場合が多く、役員報酬を見れば社長の給料はバレてしまいますし、経費額がバレて突っ込まれたくないからです。

社長の車代から訳の分からない接待交際費、家族の経費等、突っ込みどころが満載ですから。(笑)


このような事情もあって、私がコンサルしている小さい会社は、例外なく従業員に決算書なんか見せることはないですね。


なので、小さい会社の営業マンであれば、違う方法が必要になってきます。


自分がやりたいこと(新規事業)をやる



私はこの新規事業を行うということが一番現実的なのではないかと思っています。

なぜなら、新しいことをすることは会社としても必要なことですし、社長も常に考えていることなんですね。


それに、それなりに売上も上げて会社に貢献してきたあなたなら、よほどお金がかかること以外はあっさりと認めてもらえる可能性はあります。

20代ではまだまだ経験や信用が足りない場合がありますが、30代であれば大丈夫のはずです。


実際、私は営業が楽しくないときに新しいことをしました。

私が何をしたかと言いますと、「海外進出」です!

ほう、なかなか面白そうだな!
俺も新しいことならしたいかも。

おっ、とうとうこっちゃんもやる気になったでしゅ!



なぜ私が海外進出を選んだかと言いますと、その頃ちょうど英語の勉強をしていたこともあり、英語を使いたかったんですね。(笑)

かなり自分勝手な理由だな。。



しかも私は以前から、海外を視野に入れたビジネスをやってみたかったこともあり、会社を利用しようと考えたわけです!


ただ、いきなり海外だとお金がかかってしまうので、まずはネット販売からスタートすることにしました。

もちろん私一人ではネット環境を構築できないので、ある会社を使ったのですが、費用もそこまでかからなかったため、会社からあっさりとゴーサインが出たんです。

まあ、その時の私の売上がまだ良かったことと会社に貢献してきたので文句はなかったですね。


そして、英文で商品を紹介したり海外との電話対応をしたのですが、これがまた大変!

なんせ今まで海外との会社とやり取りをしたこともありませんし、商品の出荷方法も分からない。

何より、私の英会話能力が低すぎて、相手が何を言っているのか分からない!


今考えれば、何のノウハウもないくせに海外の会社と商売をしようとすること自体が間違いだと思うのですが。(笑)

やっぱりやめようかな、俺。。

。。。



ただ、既存の営業仕事をやりながら海外事業も行っていたため、仕事はめちゃ忙しくなりましたが、刺激的で楽しかったですよ!

輸出の仕方もよく分からない私が、チリに商品を納品できた時には感動すらしました。

大した売上ではなかったですけど。(笑)


また、その後海外で展示会を開催することができて、念願の海外デビューを果たしました。


結局、海外事業は海外情勢の問題もあり継続できなかったのですが、海外事業を行っているうちは営業が楽しくなりましたし、同じ会社で新しい事業を行うことは私は良いと思います。


ただ、既存の仕事を捨ててまで新事業を行うことは会社にとってもリスクになりますし、あなたがもし失敗すれば職を失うことにもなりかねません。

なので、既存プラス新規の仕事が加わり忙しくなることはデメリットですが、刺激になり、営業が楽しくなり、しかも違ったスキルも身に付くといった多大なメリットがあります。


なので、今と違った仕事を経験することは、今後のことを考えてもプラスになるため私はおすすめします!


ただ、新規事業もさせてくれない、ちっぽけな社長の下であれば、選択肢はもう1つしか残っていません。

次にお話します。


残る選択肢は新しい職場環境で頑張るしかない!



環境を変えるために今の会社で頑張ろうとしたけれど、上のポストがない、社長や上司、周りの環境が新しいことをさせてくれないのであれば、もう選択肢は1つしかありません。


あなたは頑張りました。

会社のため、自分のため、最善を尽くしてきたはずです。

その結果が、今のあなたの実績になってますし会社にも貢献をしてきたので、後ろめたい気持ちを持つ必要はありませんし、逃げているわけでもありません。


あなたは次のステップに進む時がやってきただけです。

次の会社で今より新しくレベルが高い営業や楽しく仕事をしたいのであれば、気持ちよく転職活動をしてください!

そうすれば営業が楽しくないと言ってる場合ではないと思いますよ。


ただ、注意して欲しいことは「次の転職先を決めてから辞める」ことです。

今の会社に申し訳ないからとか、そんなことを考える必要はありませんし、しっかりと引継ぎを行えば問題ありません。


次の転職先を決めずに辞めると、こちらの記事「次の仕事決まってないけど辞める!デメリットと焦った私の悲惨話」にも記載していますが、悲惨な目に遭います。

なので、絶対に次の会社を見つけてから辞めてください!


転職するなら今のうちだと私は思います。

なぜなら、ダラダラと引き延ばしてしまっても、あなたのマンネリ感がなくなるわけではありませんし、モチベーションが上がらないまま営業活動を続けても何一つ良いことはないからです。

しかも40代になってしまっては転職自体が厳しくなりますし、30代のうちに転職して40代までに実績を積んでおいたほうが絶対に良いですよ!


転職活動については下記の記事を参考していただければと思います。

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「営業が楽しくないのはなぜ?30代から営業を楽しくする方法」として、

  • なぜあなたは営業が楽しくないのか?
  • 営業を楽しくしたいのなら環境を変えるべき!



以上のお話をさせていただきました。


今後まだ何十年と仕事をしなければならないのに、今が楽しくないのであれば今後は地獄です。

「営業は楽しくするもんではない!」


とおじいちゃん営業マンに言われるかもしれませんが、私はそうは思いません。

嫌々営業をしている人に来てほしくありませんし、やる気がない営業マンの提案内容が良いはずがないですしね。


嫌な仕事をする人生は苦痛でしかありませんし、私ならいつか絶対に後悔すると思って今まで7回も転職しちゃいました。(笑)

私はやりたいことをやってきたので今でも後悔はしてませんしね。



決して、楽しい=楽 と言う意味ではありません。


楽しいとは、やりがいであったり、使命感であったり、役になっているという満足感のこと。

仕事なので、時にはつらいことやしんどい時もあります。


でも、その時に頑張れるかどうかは仕事である今の営業が楽しいと思えるかどうかなんです。

「頑張ってるなー、お前!」

って自分で思えたら最高だと私は思います。


そんな楽しくなる、燃える営業をあなたにも取り戻していただきたいと、転職しまくってきた私は切に願ってます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA