営業が嫌、嫌だ、嫌い!嫌われる営業スタイルからの脱出法


こんにちは!


中小企業診断士で鬼の営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 営業が嫌だ、嫌でしょうがない
  • 毎日のテレアポ営業が嫌い
  • 毎月のノルマがきつくて吐きそう
  • 営業しても嫌われるから辛い



このように営業が嫌で嫌でしょうがないあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います。


あなたは毎日新規のテレアポがつらいし、ノルマのことで上司からボコボコに言われて心が折れており、営業が大っ嫌いになっているのではないでしょうか。

しかも売り込みの営業スタイルがお客さんから嫌われるし、もう嫌だ!

テレアポは嫌われるから本当に嫌なんだよな。。



私もかつてコピー機のテレアポ営業がきつくて2カ月で会社を辞めたことがあるので分かります!

なので、

そんなに嫌なら、営業なんかやめとけ!

辞めちまえ!



と言いたいところですが、あなたが営業が嫌なのは今の営業スタイルが原因です。

嫌がっている相手に売り込むスタイルですね。


なので、どうしても営業が嫌で嫌いなのであれば辞めても良いと思ってますが、営業を辞める前に営業スタイルの変更を試みることをおススメします!


ということで今回は、

  • あなたが営業が嫌、嫌だ、嫌い!になる根本的な理由
  • あなたの営業が嫌われるのは当然です!
  • 営業スタイルを変えて営業をしたほうがいい!
  • テレアポは時代遅れ?テレアポに頼らない営業スタイルへ
  • 最後に、どうしても営業が嫌な場合の対処法



以上のお話を私の経験も踏まえてさせていただきます!

あなたが営業が嫌、嫌だ、嫌い!になる根本的な理由


私がコピー機販売の営業を2ヶ月で辞めた理由の詳細はこちらの記事「ブラック営業会社 私が耐えられず2ヶ月で辞めた理由と退職方法」でご確認いただきたいのですが、

  • 毎日のテレアポ
  • 毎月のノルマ
  • 体育会系の職場風土



以上が営業が嫌になる3大要素であり、営業職の離職率を押し上げている要因です。

私も耐えられずに速攻辞めました。

毎日毎日、新規へのテレアポや飛び込みをさせられ、契約ができなければ皆の前で上司からボロカス言われて、ノルマが達成できないと犯罪者扱いをされる会社。

あなたの営業も似たような感じではないでしょうか。

俺の職場もきついけど、毎日のテレアポとか無理だわ。。



なので、あなたが営業が嫌いになるのは私も分かります。

ただ、あなたが営業が嫌で嫌いになる根本的な理由は、

ノルマが達成できていない



これが根本的な理由です。

もちろん、売り込みの営業スタイルが嫌いとか、職場環境が嫌だとか、他の理由もあると思います。


でも、もし仮にあなたが毎月のノルマを楽々達成していたらどうでしょう?


上司からは凄い凄いと皆の前で褒められて、営業に関して文句は一切言われないし、何をしてもOK。

しかもノルマがきつい営業は成果給が高い場合が多いので、入社当初の頃よりも給料は大幅にUP!

営業さいこ~!



となりますよね?


面白いもので、どんな仕事でも、自分が合うか合わないかは個人成績次第です。

自分の評価が低いとか成績が悪ければ嫌になりますし、自分には合っていないと思うんですよね。


私もこちらの記事「営業が向いてないと言われた私が営業が向いている人になった理由」に記載しておりますが、最初は営業が合っていないと言われてましたが、売れるようになったら営業が合っていると言われました。


なので、あなたは今、営業が嫌いで嫌いでしょうがない状態ですが、ノルマが達成できるようになったら嫌じゃなくなるかもしれません。

売上を上げたら周りからはチヤホヤされるし自由だし、営業は天国の職だと思いますよ!


もしテレアポに悩んでいるのであれば、下記記事をじっくり読んでいただくと今後のヒントになるかもしれません。

あなたの営業が嫌われるのは当然!嫌われてなんぼは古い


テレアポ営業マンって嫌われますよね。

でも、営業マンは嫌われてなんぼって聞くけど?



嫌われてなんぼ・・?

ムカッ!



「営業は嫌われてなんぼ」という言葉はかなり古いですね!

まあ、飛び込み営業が主流な会社で、嫌われても頑張れ、嫌われてもめげるな!みたいなノリの言葉です。

テレアポ営業は9割以上が断られ、嫌われることが多いので、そういう言葉が生まれたんだと思います。


でも、営業としては嫌われるよりもやっぱり好かれたほうがいいですよね?

そりゃ、誰だって嫌われたくねぇっつーの!



でも、あなたは嫌われる営業をしているのです!

どういうこと?



あなたは営業が嫌で嫌でしょうがない。

あなたがお客の立場なら、そんな営業マンからモノやサービスを買いたいと思うでしょうか?


私なら、営業が心底好きかどうかは別にしても、自分の商品に自信や誇りを持ち、私にどんなメリットがあって、少し大げさですが、購入後にどんな世界が待ってるかまで熱意を持って語って欲しいと思っています。


営業が嫌いで、嫌々仕事をやっている人が熱意を持って語れるでしょうか?

やる気がなくても商品の説明ぐらいはできるでしょうが、それであれば説明書があれば、営業マンは必要ありませんよね。


そして、テレアポの場合、大半は必要性を感じていない人に電話をすることになります。

やる気がない人が必要性やメリットを感じてもらえるように話ができるでしょうか。


私はできないと思ってますし、実際に私が嫌々テレアポや営業をやっていたときは、お客のことではなく、自分のことだけしか考えてなくて、いかにアポや契約を取ることだけしか考えてませんでした。


そんな自分のことしか考えていない営業スタイルが好かれるわけがありません!

なにせ、相手のことを考えていないのですから、売れるわけがない!


なので、営業が嫌いだとしても、少しでもお客さん目線になれば、あなたの営業の仕方は変わると思います。


次に説明しますね。


【関連記事】つらい飛び込み営業が楽しい!劇的に変化した私の体験談


営業スタイルを変えて新たな気持ちで営業をしたほうがいい!


過去の私がそうでしたが、営業が嫌で嫌でしょうがないときは、自分のことばかり考えてしまいがちです。

なので、いかに相手を言い負かすか、契約をさせるにはどう話したらいいのか。


極論、嘘を付く場合もありますね。

ま、まあ俺は嘘つかないけど、嘘も方便って言うしな。。



なんせ、目的が契約ですし、自分が契約をどう取るかしか考えておらず相手のことを考えないので、契約を取ることが難しくなります。

結果、営業が嫌、嫌だ、嫌い!になってしまうんですね。


そんな自分目線の営業スタイルではなく、顧客目線の営業スタイルに変える必要があります!



先ほどの話の続きになるかもしれませんが、お客さんが商品やサービスを買う理由は何か分かりますか?

分かりません!

  • 今、近々必要だから
  • 購入した後の理想の未来が欲しいから



以上の2つです。

近々必要なものは分かりやすく言いますと、今日、今週の食べ物や破れたシャツの代わり、壊れてちょうど取り替えようと思っていた家電製品等、どうしても今、買う必要があるものですね。


もう一つは、買った後の未来です。


例えば、今すぐは必要ないけれど、格好いい服やおしゃれな靴。

または、今もあるけれど新しくて便利そうなiPhone、格好いい車。


未来を買う人は、その服や靴、iPhone、車が欲しいわけではなく、買った後の理想であるステキな自分や利便性を手に入れたいのです。



車であれば軽とベンツを買う理由が違いますよね。

決して、車という鉄の塊が欲しいわけではありません。


安く移動手段として購入する場合は軽で充分ですが、ベンツに乗っている格好いい自分やステータスを手に入れたいのならベンツ(別にポルシェでも)を購入するはずです。


上記のことを踏まえて、自社の商品やサービスの特徴をしっかり捉えて理解し、誰にどんな未来を買ってもらうのかを考え、相手にちゃんと伝える必要があるんですね。

でもさ、うちの商品って特別凄いものでもないし、他社でも似たようなものがあるんだよな。。



言いたいことは分かりますよ!

うちの商品は特徴がない、だから売れない上に新規開拓も難しい。


ただ、今の世の中に革新的な商品はほとんどありません。

まあGoogleのiPhoneやSNS等の画期的な商品やサービスがあることはありますが、普通の会社であれば、今までの商品に新機能が加わったとか、他社商品の安い版とか、似たような商品ばかりだと思います。


実際に私がいるアパレル会社の商品も今までの焼き直し商品や二番煎じ商品ばかりですから。


でもね、どこかに特徴があるはずです!

他社よりも少し優れているものが。

こちらの記事「コンペチとは?営業マンなら知っておくべき使い方と3C分析」に記載しておりますが、他社というのは、会社の競合企業であって、大手企業ではありません。


ライバル会社より、少し優れているものが絶対にあるはずです。


私の会社で言えば、在庫量がそう。

商品は他社とそんなに変わらないし、全部の商品ではないけれど追加がきく商品がライバル会社より圧倒的に多いんですね。


今のご時世では在庫は悪だと言われてますが、当社は逆に悪を強みにしています。

在庫過多を可能にするにはキャッシュフロー等の問題がありますが、それはさておき、まずはこの強みを求めているお客さんにアプローチするんです。

それでも特徴がない、どうしようもない会社はどうすればいいんだよ?



特徴がない場合はどうするか?


探してください。

もっともっと探してください!


そして、探して探して、それでも無ければ、特徴を作ってください。


あなたが作れないのであれば、誰かに作ってもらうか、特徴を持っている会社に転職してください。


なぜなら、特徴のない商品やサービスを売るには、自分を売り込むしか方法がないからですね。

あなただから買う!というお客さんもいるでしょうが、その域に到達するには時間がかかりますし、営業が嫌な今の状態では無理だと思います。


自分を売り込む営業の前に、自分目線から顧客目線の営業スタイルに。

顧客は今何に困っているのか、どんな未来が欲しいのか。


一度考えてみてください。


案外、顧客目線の営業ができていないことが分かると思います。

過去の私もそうでしたが。。


顧客目線で提案し、購入してもらえれば嬉しさは今よりも倍増しますし、今まで嫌で嫌でしょうがなかった営業への考え方が変わるかもしれませんよ。

テレアポは時代遅れ?テレアポに頼らない営業スタイルへ



ここまでテレアポのでの営業スタイルをお話ししましたが、正直、テレアポは非効率の典型例です。


いくら顧客目線での営業スタイルでテレアポしても、限界があります。

そもそも必要と思っていない人に電話して、購入するとこれだけのメリットがあると説明しても伝わる人はわずかですし、その前に電話の大半が速攻で切られてしまいますから。


電話の9割以上が無駄。


これを効率的と言える人はいないと思いますね。


ただ、テレアポにも良いところはあります。

営業としての度胸や根性、心のメンタルを強くするには良いですし、電話だけでアポを取れば足を使って探し回るより手間が省けます。


ただ、テレアポでアポを取るまでの時間や精神的苦痛さが半端ないので、すぐに辞めてしまうデメリットの方が大きいのが現実です。

なので、テレアポに頼らない営業スタイルを確立する必要性があります。

テレアポに頼らないスタイルて、何じゃらほい?



それは、

向こうから(お客さんから)やってくる営業スタイルです。


つまり、こちらから売り込むのではなく、話を聞きたい、売って欲しいと思う人が来ることですね。

それは理想だけど、そんなことできるのかよ。



できます。

「お客さんを紹介」してもらえばいいんです。

あ~、紹介ね。。
俺も考えてるけど、なかなか紹介してくれないんだよな。



人の大半は損得勘定で動きます。

紹介してもメリットがなければ誰も紹介なんてしないですよね。


なので、あなたに紹介するメリットを相手に与えないと紹介なんてするはずがありませんし、最初は情けや同情で紹介してくれるかもしれませんが、当然続きません。

紹介してもらうためにはあなたが先にお客さんを紹介して、紹介される関係をつくる必要があるんですね。


もしくは、あなたの商品やサービスが他の誰かの追加商品、付随サービスとなれば、自然と紹介されることになります。


その場合、大事なのは誰と組むかです。

別に同業者である必要はありません。


例えば、生命保険の営業をしているのであれば、税理士や中小企業診断士と組むことが考えられますね。

税理士と組んで税理士の顧問先に節税対策として生命保険を紹介できれば、税理士は顧問先に喜んでもらえて信用がアップしますし、顧問先は節税対策ができて喜び、あなたは契約してもらえる。

誰もが喜び、誰も損しないんです。


しかもこの紹介や誰かと手を組むところの良いところは、すでに面識がある人を介して商品やサービスを紹介してもらえるので、怪しまれることなくあなたの話をじっくり聞いてもらえることにあります。

そして、あなたが熱意を持って顧客目線で商品やサービスを紹介できれば、契約率はテレアポの比ではありません。


この方法とテレアポとどちらが効率的でしょうか?



別の方法としては、自分でイベントを立ち上げ、経営者や会社員を集めてついでに当社商品やサービスを紹介する。

協会ビジネスを利用して、自社サービスと全く関係のないセミナーを行い、そのお客さんや人脈を活かすことも考えらえれます。

この協会ビジネスのセミナー集客手法は、実際に私が使った手です。



ただ、テレアポは私は今でもたまに使います。

どうしても紹介では辿り着けないお客さんや、小さいお店とかであれば電話するしか方法がないですからね。


でも、テレアポはあくまでも最終手段であって、最初に使う手ではありません。


テレアポに頼らない営業ができて、顧客目線で提案をすれば契約率は格段に上がり、ノルマは気にならなくなります。

結果、売り込む営業をする必要はなくなり、お客さんにも喜ばれ、おまけに会社でもグチグチ言われることもなく、給料も上がります。


この営業の醍醐味を知ってしまえば、営業が嫌で嫌でから「好きで好きでたまりません!」となる日が来るかもしれませんよ!

最後に、どうしても営業が嫌な場合の対処法




いかがでしたでしょうか?

今回は「営業は嫌、嫌だ、嫌い!嫌われる営業スタイルからの脱出法」として、

  • あなたが営業が嫌、嫌だ、嫌い!になる根本的な理由
  • あなたの営業が嫌われるのは当然です!
  • 営業スタイルを変えて営業をしたほうがいい!
  • テレアポは時代遅れ?テレアポに頼らない営業スタイルへ



以上のお話をさせていただきました。


営業が嫌いな根本的な理由は、売上が上がらないことです。

自分目線で営業をしてしまっているため、契約がとれない結果、営業が嫌で嫌でたまらないんですよね。


そこで必要なのは、あなたの営業スタイルを顧客目線に変えて、テレアポに頼らない集客をすることなんです。


ただ、どうしても自社商品やサービスに特徴がない、会社の上司や社長が腐っていてどうしようもないことや、根本的に営業みたいに人と接することが苦痛なのであれば、

解決策は転職しかありません!



商品に特徴がない場合、特徴を作るより特徴がある会社に転職したほうが早いですし、私の考えもそうです。

また、腐った会社にいるぐらいならさっさと転職したほうが良いのも、私の転職回数が7回になっている理由ですね。


もし転職を少しでも考えているのであれば、次項も読んでみてください。


今回の記事が、嫌われる営業スタイルからの脱出についてのヒントになれば嬉しいです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA