就職氷河期世代の年齢の我々40代を応援するブログ 少し凹んでいるときに読んでください 



こんにちは!


中小企業診断士で40代ロスジェネの申し子、ことまです。

こっさんと呼んでください。


「就職氷河期世代。」

「ロスジェネ世代。」


嫌な言葉ですね。。

あなたも就職氷河期を恨んだ世代の一人なのではないでしょうか?


私がまさにそうです。

「就職氷河期世代」の40代なのですが、当時は悲惨で就職するのに苦しみましたし、就職氷河期を恨んだもんです。。

たまに聞くけど、就職氷河期っていつのこと?

戦時中じゃない?

違うでしゅよ!
信長が明智光秀にやられた時でしゅ。



。。。


んなわけねーだろ。。




無残・悲惨・恨みいっぱいで、正直、売り手市場の時代の人は羨ましいです!

そんな就職氷河期世代の私がどう感じ、どのように立ち向かったのかを、同じ40代であるあなたにお話ししたいと思います!


ということで今回は、

  • 就職氷河期世代は地獄だった!
  • 就職氷河期世代の年齢である40代の恨み
  • ロスジェネ世代の私の逆襲
  • 氷河期世代が40代転職で人生を切り開く!
  • 氷河期世代をバカにしたやつらを見返してやろうぜ!



以上の内容となってますので、懐かしついでと今後のご参考までに少し見ていってください!


就職氷河期世代は地獄だった!



一応、簡単におさらいしておきましょうか!


就職氷河期とは、バブル崩壊後の1993年(平成5年)頃から2005年(平成17年)頃までの時期のことを言い、日本全体が社会的に就職難となった時代を指します。

金融不安、消費税引き上げとアジア通貨危機で、さらに求人数がやばくなった1990年代後半~2000年頃を「超氷河期」ともいい、1999年が有効求人倍率の底で「0.48倍」という数値だったんです。


そう、まさに我々がその底の歳に就職した、運が悪い人間ですよね?(笑)

悲惨だな。。




そして、就職氷河期世代とは、高卒では1975年から1985年頃、大卒者では1970年から1980年に生まれた人たちが該当し、40歳前後~50歳の人です。

この世代は、ロスジェネ世代(ロストジェネレーション世代)ともいわれ、バブル崩壊後の失われた約10年間に就職活動をした世代で、特に酷かった時代。。


私が大学に入る年には「神戸大震災」もあり、かなりツラいことが重なってましたね。。我々の世代は。

もう運が悪いとしか言えません!

俺、この時代の人間じゃなくて良かった。。

でもロスジェネって響きは格好いいでしゅね!




ただ、就職活動をする前は、私がバカだったせいもあり、のんきにしてました。

しばらくして、就職活動の苦しさを知ることになるのですが。。



就職氷河期は、求人倍率が1を切っている状態がよくあったのですが、1を切るって「内定が1つもない」ということが起こりえる状態でした。


少し前では考えられないことでしたが、コロナショックの今後はまた就職氷河期になることが予想されるので、今の世代もかなり可哀想ですね。。


過去、私の学生の頃の知人でも就職が決まらない者がいましたし、わざと就職浪人して学校に居続ける道を選ぶといった、就活生にとって非常に過酷な現実がありましたが、あなたはどうだったでしょうか!?


また、正社員で就職するのが目標である就活生が多かったため、会社のランクをかなり下げざるをえなかったケースもあり、それでも内定が取れない状況が多々ありましたよね。。

結果、就職氷河期でさえなければ、もっと良い会社、例えば大手企業に行けたような人材が小さな会社に行くことありました。


小さな会社にとっては優秀な若手を採用できたため、良い時代だったかもしれませんが。。


ただ、就職できずフリーターやニートになってズルズルと歳をとってしまった人も多いのですが、だからといって積極的に中途採用される歳でもない。

問題の多い世代と言われますが、日本の悲惨な情勢に巻き込まれた「不運な世代」と少しは分かって欲しいんですけどね。。


就職氷河期世代の年齢である40代の恨み



そして、ロスジェネの申し子である我々40代の恨みです!

そりゃあ、もういっぱいありますよね!?

ご老人たち、かなりストレスが溜まってるご様子で。。

老人じゃないでしゅ!
おっさんたちでしゅよ!!

歳は取りたくないわね。。



。。。


私の超氷河期の就職活動はもう大変でした!


新卒なのに50社ぐらい応募して、内定もらえたのはたったの1社ですよ!?

悲惨じゃないですか!?

おっさんストレスが爆発寸前でしゅね。。



しかも、ようやく入社できた会社が1年半で倒産!


「おら~!!」

あーやだやだ。
ヒステリーおっさんて、ほんとうざい。



。。。


だって、倒産したんだもん。。

それにおっさんは関係ないでしょ。。


そこから私の転職人生が始まったんですけど、次の転職先は軍隊みたいな営業会社で3ヶ月もたず、その次はうつ病みたいになり1年持たない。。

その後、ブラック社長の会社でこき使われるわ、社長には殴られるわ自殺も考え、挙句自分探しの旅には出るわ。。


お金がなくなる不安で頭がおかしくなりそうなときもありましたね。。


でも、私が苦しんでいる同じ頃、氷河期でない新卒者は希望通りの会社へ。

しかもVIP待遇と聞くじゃないですか!


「ふおぉぉぉぉぉ!!!」


「いいね。。」

泣くなって。。
もういいおっさんなんだから。



あなたもそう思いません!?

なんか、我ら世代ってたまたま就職するときが不運だっただけで、ずっと冷遇され続けましたし、今度はリストラ対象って、、世の中不公平だと思いませんか!?


「悔しいぃぃぃぃ!!」


って思ってましたし、心が病んでいたことが多かった私なのですが、このままではマズいと考えるようになったんです。


【関連記事】失業で40代無職は死ぬしかない?絶望生活から今すぐ脱出する方法


ロスジェネ世代の私の逆襲



「不幸のままなのは嫌!」

「見下してきた奴らを見返してやる!」


あるとき私のモヤモヤが爆発し、私は世の中に振り回されることがない自分になろうと決心したんです!

「超氷河期」だろうが「不景気」だろうと、自分の力で打開できる能力を身に付けようと。


そこで、なぜか英語を始めたんです!

なぜかって。。
無計画にもほどがあるわ。



まあ、なぜかっていうのは大げさですが、取りあえずこれからは世界、”世界が相手” だと、、

「がちょーん。」



私はそう思ったわけなんですよ。

超、かっちょいいっす。。

バカだろ。。



ただ、英語は何年も頑張ったんですけど、どうも私には向いていなくて、あまり上達することもなくやめちゃいました!

やめたんか~い。



しかし、超氷河期世代の私はそこで諦めなかったんですよ!

そこから簿記2級を取り、次に「中小企業診断士」という資格を “2000時間” 勉強して、ストレート合格で取得したんです!

ほう。。
興味ないけど中小企業診断士ってなんじゃらほい。



中小企業診断士とは、簡単に言いますと「国が認めた唯一のコンサルタント資格」です。

つまり、私は国から認められた経営コンサルタントになったんですよ!


資格の詳細が気になる方はこちらの姉妹サイト記事をご確認ください。


【参考記事】中小企業診断士とは役に立つ資格?需要があるのかを本音で語る




そして、ここからロスジェネである私の逆襲が始まったわけです!


氷河期世代が40代転職で人生を切り開く!



私は「氷河期」等の不景気に左右されない能力を身に付けたかったんです。

そのために中小企業診断士という資格を取得したのですが、より資格を活かすため、実務経験を積むために経営コンサルティング会社に転職したんですね。


40代でコンサル未経験者が、しかも私の苦手分野である、財務、金融支援に特化した「経営コンサル会社」に転職って。。

無謀というか、度胸があるっていうか。。



そのコンサル会社での悪戦苦闘ぶりは、こちらの記事「中小企業診断士の転職 私がアパレルからコンサル会社に就職した話」でご確認いただきたいのですが、2年で辞めました。

でまた、やめたんか~い。



まあ、辞めたというオチにはなってしまいましたが、結果的には、転職にて自分の人生を切り開いたと思っているんですね!


なぜ、切り開いたと思っているのかは次にお話します。


現状を嘆いていたら何も始まらなかった



人生を切り開く = 外部環境のせいにしない人生


持論ですが、今では私はこのように考えています。

でも結局、転職は失敗だったんだろ?
で、人生切り開くって偉そうに言うんじゃねーよ。

詐欺師の手口でしゅね。



。。。


確かに結果だけ見るとそうですよね。。

ただ、40代のおっさんが未経験で新たな挑戦を試み、やりたいことで転職して悪戦苦闘をした結果、能力が上がって成長できたと思っています。


何より、劣等感や妬みであったり、何かをやらねばならないといったモヤモヤとしたものが消えたんです!


まあ、厳密に言えば消えたわけではないのですが、、劣等感にしてもレベルが上がった感じですかね。

劣等感を持つ対象が下から中になった感じと言いますか。。(笑)

まだ中なのかよ。。
まあ、人って簡単に変われないもんな。



ですね。(笑)

ただ、以前よりは前を向いていますよ!


氷河期のことを恨むことはなくなりましたし、外部環境のせいにすることなく、今は会社員兼コンサルタントという道を選びました。

偉そうに言うのなら、コンサルタントとして独立すればいいんじゃね?



まあそれはよく言われましたが、結局はコンサル会社の激務から逃げた私がコンサルタントだけで生きていくことは、能力的に無理だと分かりましたし、そうしたいとも思わなくなったんです。

たぶん、私はコンサルタントになりたかったわけではなく、ただ単に憧れていただけだと思います。


ただ、それでもここまでやってきたことに後悔はありませんよ!


ここまで「就職氷河期」の話と私の「就職氷河期の恨み」や転職した話をしてきました。


で、私の場合、

就職氷河期時代のことを嘆いたら何も変わらなかった



ということです。

そんなこと言われても、こっさんはコンサルタントになって転職もできたからで、他の氷河期世代の人とは違うんじゃね?



確かに私は、中小企業診断士で転職してコンサル実務を積んでコンサルタントになれました。

ただ、それは結果論で、私も元々は氷河期のロスジェネ世代なんです。


ここまで転職を7回も繰り返しながら、1ヶ月や3ヶ月で逃げた会社や鬱で悩んだり、社長に殴られ死にたくなったこともあります。

転職にも苦労しましたし。。


過程だけを見れば地獄ですよね?

はい、地獄です。



私も過去に戻りたいと思ったことがありません。(笑)


私は就職氷河期のことを嘆くだけでなく、行動した結果、人生が少し変わっただけなんです。


【関連記事】40代の転職ブログ 私が40代で3回転職してよかったこと・失敗したこと、転職後まで


氷河期世代をバカにしたやつらを見返してやろうぜ!



氷河期のことを嘆いても恨んでも現実は何も変わりません。


ただ私は「過去のことや周りのことにブツブツ文句を言うな!」という、どこかのネット情報みたいな綺麗ごとを言いたいわけではありません。


実際、私は「過去に縛られずに頑張ろう!」っていう前向きな理由で色々と挑戦したわけではないんですよね。。

  • 劣等感・コンプレックス
  • 凄いと思われたい
  • 将来の不安
  • お金が欲しい 等



もちろん、能力を高めたいという理由もあったのですが、根底には特に劣等感というか、自分はバカだと思っているけど、バカにされたくないという想いはずっとありました。

たぶん、就職氷河期で苦労したり、会社でバカにされたりしたからですかね。。


なので、凄い人になっていつか周りを見返してやる!!


という歪んだ理由で頑張って勉強したり、仕事をしてました!

めちゃひねくれた考えだな。。
人間としてどうなの?

こっちゃんも相当ひねくれてましゅよ。



動機は何でもいいんですよ!

理由は金でもいいしモテたいとか何でもいいんです。


要は、

過去は就職氷河期で苦労したけど、今はどうなのか!?



だと思うんですよね。。


ただ、今が政治家や独立した社長、稼ぐ人である必要はありません。

たとえ今がプー太郎であったり、コロナでリストラされたとか、失業中であったり現状がひどくてもいいと思うんです。


肝心なのは、今

過去や周りに心が支配されていないか!?



だと思います!


私は今でも精神的に弱く愚痴は言いますし、凹むことも多く大した人間ではありませんが、過去を嘆くことはなくなりました。

なぜなら、私は自分の力では変えることができない過去や周りに振り回されない人間になるように、バカにされないように行動したからです!


「俺をバカにしたヤツ、見ておけよ!」


元々はこんな歪んだ理由でしたが、そのおかげで今の自分があると思えるようになったんですね。


なので、見返してやりましょう!

氷河期世代の我々をバカにしたヤツをぎゃふんと言わしてやりましょうよ!

なんか盛り上がってきたね。。

おっさんパワーは怖いでしゅ。




もし、今のあなたの現状が思わしくない、理想と違う、こんなはずではなかったと思っているとしても、まずは今の自分を受け入れる。

私は今でも凹んだ時にはアル中になってしまうほど弱いです。


でも、そんなアル中である私も私なんです!

おっと、アル中の私を美化しちゃってるよ。

ただの酒好きおっさんでしゅね。。



。。。


そして、今からでも決して遅くないですし、行動してみてはいかがでしょうか!?


嫌な会社だけど、もう少し頑張って社内の人間を見返してやる!

転職して、今のクソ会社をおさらばしてやる!

絶対に就職先を見つけて頑張ってやる!



別に見返さなくてもいいですし何でもいいと思います。

自分が満足できるかだと思いますから。。


60歳のおっちゃんが中小企業診断士を取って独立した話もありますし、何を始めるにも考え方次第です!


もし転職を考える場合は、下記記事を参考に頑張っていただきたいと思います。


➡40代で転職を考えておられる方はこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら


氷河期である我々は今まで冷遇されながらも頑張りました。。

でも、まだ人生は続くんです!


我々の世代が頑張らなければ日本経済はよくなりません!

とまでは言いませんが、氷河期世代である我々は今からも頑張るしかないんです!


頑張るという言葉を使うなと言われますが、、

頑張れ 頑張れ! 頑張れー!!

頑張れが嫌なら、諦めるな!でもどっちでもいいです。


愚痴を言いながら人生を終えるのは私は嫌なので、私はたまにサボりながらですが頑張ります。(笑)

あなたも一緒にどうでしょうか!?


元々能力があって時代にも恵まれていて、いつでも転職できるような優秀な人はどうでもいい。

今の自分や劣悪な環境から抜け出すために頑張っている人を、心底私は応援したい!


今回の記事が少しでもあなたの起爆剤になれば嬉しいです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA