「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」勝者は?体験した結果



こんにちは!


中小企業診断士で争いごとが嫌いな営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • マイナビエージェントの良いところを知りたい
  • リクルートエージェントの良いところを知りたい
  • 結局どっちが良い?



以上のように転職を考えていて「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」で迷っているあなたに、今回の記事を読んでいただきたいと思います!


私は今まで転職経験が7回あり、しかも40代で3回転職しております

そして、マイナビとリクルートの両方を体験しているんですね。


なので、今回は両方を比較したいと思います!


あなたはどちらが勝つと思うでしょうか!?

別にどっちでもいいよ。

低レベルの争いには興味ないわ。

嫌でも聞いてあげるのが親心でしゅよ。。



。。。


ということで今回は、

  • 「マイナビエージェント」の特徴・強み
  • 「リクルートエージェント」の特徴・強み
  • 「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」勝者は?



以上の内容でお送りしたいと思いますので、是非とも参考にしてください!


「マイナビエージェント」のメリット



実際に使ってみた私が実感した、マイナビエージェントを特徴と強みは下記です。

  • 若手向けの多彩な情報が満載
  • 若手に優しいトータルサポート力
  • 中小企業案件に強く、マニアックな求人がある



以上なのですが、順番に私の体験談と共にお話します!


若手向けの多彩な情報が満載



マイナビエージェントは大手のため求人数が多く、業界や業種も多岐にわたっているため、様々な業界の転職ノウハウがあります。

しかも、下記のように若手である20代、30代の人向けの転職エージェントと言えますね!

参照:マイナビエージェントHP



なので、企業側も利用者の傾向を見てマイナビエージェントに求人依頼を出すため、登録者が多く存在する20代~30代向けの求人が多くなります。


じゃあ、こっさんみたいな爺さんには関係のない話だな。

まだこっさんは40代でしゅよ。



。。。


また、若手に有効なノウハウや助言を求めることが可能です。

下記のように、専門領域に特化した支援をしているのも大手ができる技ですね!



そして、大手ならではの転職情報も満載なんです。


まずは初めての転職活動の進め方の記事 ↓



上記では転職者の実態や、転職の悩み、転職活動の基本的な流れまで多彩な情報が網羅されています。

もちろん2回目以降の転職情報もありますよ!




そして、20代・30代に特化した転職情報等、、

参照:マイナビエージェントHP




職務経歴書の書き方や面接対策ガイドまで、本当に情報が充実しまくりなんです!


どうせ、ボケた爺さんの日記みたいなもんだろ?

年配者を敵に回すでしゅよ。。




暇の人が書いたのかどうかは知りませんが、、初心者にとっては嬉しい内容ですよね?

転職活動初心者の人は、今の会社で周りに聞けないですもんね。。

ましてや転職したいとは言えないでしょうし。。


私の場合は転職回数が多いので見ることはなかったですが、初めてであれば参考になることが多いと思いますし、失敗しないためにも是非とも一読してください!


若手に優しいトータルサポート力



マイナビエージェント自身、強みを

  1. プロフェッショナル力
  2. 他社にはないマッチング力
  3. トータルサポート
  4. IT、メーカー、営業に強い



以上の3つだと言っております。


ただ、私が大手の「マイナビエージェント」を使うべき理由としては、3つ目の「トータルサポート力」だと考えているんですね!


マイナビエージェントは蓄積された転職のノウハウを基に求職者を専任制でサポートします。

各業界に精通しているとはいえ、ひとつの業界だけに特化しているわけではなく、全てのキャリアアドバイザーは様々な業界の転職市場にも詳しいので、求職者に他業界・業種を紹介することも可能です。


また、マイナビエージェントは職務経歴書の添削をしっかり行っており、求人数は多いですが、求人企業は書類のどこに注⽬しているか等を客観的にアドバイスしています。


担当者であるキャリアアドバイザーが対⾯や電話で求職者からヒアリングをして、書類に書くべき親和性の⾼いエピソードや求人企業にとって魅⼒となるスキルや経験をアドバイスすることで、アピール⼒のある応募書類の形を具体的に教えてくれるのです!


しかも転職に慣れていない若手に特化しているので、20~30代には親切で嬉しいサポートですね!

はいはい、嬉しいで~す。

そろそろ殴られるでしゅよ。。




そして、⾯接が苦⼿・不得意な⽅向けに模擬⾯接を⾏っていると共に、利⽤回数や期間に制限なく、求職者の都合に合わせて夜間や⼟曜の相談も受けています。


質問への受け答え、⾝だしなみのチェック、話す速度や強弱など、キャリアアドバイザーが様々な観点でアドバイスを⾏います。

また、過去に出た質問等から求人企業が何を知りたいのか、求職者が伝えるべき情報は何なのかも教えてくれるんです!

ふ~ん。。



。。。


⾯接⽇程などのスケジュール調整や給与等の条件交渉等も代⾏してくれますよ!

給料も交渉してくれんのか!

あ、お金に食いついたでしゅ。




そして、これはメリットでもデメリットでもあるのですが、マイナビエージェントは他の大手転職エージェントと比較するとまだ登録者は少ないです。

大手は1人の担当者が多くの求職者の担当をしなければならないのですが、マイナビエージェントは他の大手転職エージェントよりも1人の求職者に時間をかけられます!


なので、大手の割に他社より対応が迅速なうえ、丁寧で手厚いサポートが受けられるため、満足度が高いんです!


登録者が少ないのは転職エージェント側にとってはよくありませんが、逆のそのデメリットを我々が活かすことが大切ですね!


中小企業案件に強く、マニアックな求人がある



私は「マイナビエージェント」を使う1番の理由は、

中小企業求人が多いうえ、マニアックで面白い会社がある

これだと、実際に求人を見ていて感じました!

俺は超有名な大企業しか似合わないけど?

誰一人、そう思っている人はいないでしゅけどね。



。。。


正直、求人数自体は大手の「リクルートエージェント」にはかないませんが、中小企業の求人の量と質は比較しても決して引けをとりませんし、他にない案件を多数独占しています。


しかも、知名度の低い中小企業や、一般に知られていない中小企業の求人も多く、他社やハローワークでも見つけられない優良中小企業に強いんです!

なので、マイナビエージェントでしかないレアな好条件の求人紹介に出会う可能性があります!


いいよ、レアキャラは。
メジャーキャラの俺には関係ないし。

言葉の意味はよく分からんが、とにかく凄い自信でしゅ。。




なぜレア求人があると言いますと、「リクルートエージェント」みたいな超大手には、待っていても企業側から求人依頼があります。

でも、マイナビエージェントは大手とは言え、転職エージェント事業ではまだまだ新参者であり、自ら積極的に営業をかけなければ多くの求人を確保できません。


なので、マイナビエージェントは超大手と差別化を図るために、他社ではフォローしていない小さい企業までカバーして求人数を増やしているんですね!

結果、他社と求人のバッティング(同じ求人が色々なサイトに掲載される)も少なくなります。


実際に私が転職活動時、「マイナビエージェント」以外に「リクルートエージェント」や「JACリクルートメント」等を使っていましたが、一番面白い求人があったのが、マイナビなんですね!


特に中小企業の中に興味深い求人が多く、他転職エージェントには掲載されていないのですが、マイナビだけには掲載されており、「こんなマニアックな会社まで掲載されている!」と驚きました。

なので、マイナビエージェントの求人は見逃すことはできませんでしたし、実際に一番よくチェックしていましたね。


中小企業を狙っている方は要チェックです!


IT、メーカー、営業に強い



また、「マイナビエージェント」は、IT、メーカー、営業に強い転職エージェントです。




実際にメーカーで15.3%、ITで9.6%を占めており、職種では営業が一番の21.5%を占めています。

また、下図のように専門サイトもあります。




若手に強いという以外に特定ジャンルに特化することは、超大手に対抗するための手段なのですが、せっかくなので有効活用したほうが良いですね!

弱小は色々と大変だな。。

まあ、生きるためにはしょうがないでしゅよ。。




マイナビエージェントは IT、メーカー、営業に力を入れていることをあえて前面に出すことによって、該当する求職者の登録が増えると共に、イメージが定着することになります。

「新卒者に強い」という同様のイメージ戦略ですね。


一般受けしやすいけれど、特に特色を感じない「洋食ファミレス」なのか、洋食の「ハンバーグ」に特化した「ハンバーグ専門店」との違いと言うと分かりやすいかもしれません。


そして、当然、求職者から注目してもらうと共に、求人企業からも注目されます。

「IT」ならマイナビエージェントに IT求職者が多いというイメージがあるからであり、名ばかりにならないように実際に力も入れています。


なので、20代~30代で、IT、メーカー、営業の人や、中小企業が気になる人はとりあえず「マイナビエージェント」は抑えておいたほうがいいと思いますよ!

➡IT・通信系のマイナビエージェントはこちら ➡メーカー・エンジニア系のマイナビエージェントはこちら

営業系は下記からどうぞ!

リクルートエージェントの特徴と強み



実際に使ってみた私が実感した、リクルートエージェントの特徴は下記です。

  • 大手ならではの多彩な転職支援や情報が満載
  • 求人数や紹介メールシステムが凄い
  • メールの返信や対応が早い
  • 応募書類や面接の対応力が凄い
  • 条件交渉や質問対応が良い



以上なのですが、順番に私の体験談と共にお話します!


大手ならではの多彩な転職支援や情報が満載



リクルートエージェントは “転職支援実績No.1” であり、業界や業種も多岐にわたっているため、様々な業界の転職ノウハウがあります。

参照:リクルートエージェントHP



なので、どんな業界であれ有効なノウハウや助言を求めることが可能です。

また、「マイナビエージェント」同様、専門領域に特化した支援をしているのも大手ができる技ですね!




また、大手ならではの転職情報も満載なんです。


まずは転職活動の進め方の記事 ↓



そして、セミナーや面接対策、オンライン講座等、、




また、簡単に職務経歴書を作成できる「職務経歴書エディター」という機能があります。



こちらでキャリアシート情報を反映させて、記入していけば職務経歴書が完成します。

職務経歴書を作成したことがない人がどんなフォーマットにすれば良いとか、書き方が分からない場合はこちらを使うといいかもしれませんね。


求人数や紹介メールシステムが凄い



私が40代でリクルートエージェントを使った感想で一番感じたのは、求人数の多さです。

実際に、

  • リクルートエージェント 公開求人数:約10万件 非公開求人数:約14万件
  • doda(デューダ) 公開求人数:約6万件 非公開求人数:非公開
  • マイナビエージェント 公開求人数:約2万件 非公開求人数:約7万件



上記のデータがあり、リクルートエージェントの求人数が非公開も含め、圧倒的に多いというのが分かると思います。


本当に、紹介メールが半端なく多い!

どうせ、あみだくじで会社選んでメールしてんだろ?

考えがひねくれているでしゅね。。




私は実際、他の転職エージェントも使っていたのですが、40代では案件自体が少ないし紹介してくれる会社もあまりなかったので、本当にびっくりしました!

毎日毎日、私に合った案件をメールしてくるんですよ!


この求人の多さが「30代以上の転職」ではかなり重要な要素となります。

なぜなら、転職活動をすれば分かりますが、本当に30代以上になると求人数が少なくなっていくんですね。


実際、私は他社の転職エージェントを使いましたが、電話面談ではあまり前向きな話はされなかったですし、その後に紹介案件もありませんでした。。


「30代以上、特に40代で転職ってマジ大変。。」


と凹みました。

なので、このご時世で求人自体が多いというのは重要なことなんです!



そして私の条件に合った案件をメールにも書いてますが、下記のように「自動送信メール」で送ってくれます。

うわ、きたね。。



まあ、実際に私に来たメールなので、名前や会社名等は伏せておかないとね。。


こんな感じのおススメ求人が毎日来るんです。

ほんと、毎日です!


先ほども言いましたが、私が他に使っていた転職エージェントからは紹介案件どころかメールすら全然来ませんでした。

おっさんだと思ってバカにでもしてるんですかね。。


「おっさんに食わせる求人はねぇ!」

「お前に食わせるタンメンはねえ!」のことでしゅか?

クソつまんね。。



。。。


私の転職はかなり厳しいと実感していた時だったので、おっさんの私に毎日紹介メールが来ること自体、驚きと同時に戸惑いを感じたものでした。


また、リクルートエージェントではさらに良い機能として、下記のような “検討中の求人一覧と応募状況メール” が別で送られます。



赤〇部分が応募状況になるのですが、検討中〇名、応募済み〇名と記載されています。

上の赤〇企業は人気で「314名検討の41名」もすでに応募していますね!

まあ想定年収が800万~1200万なので人気なのも当然でしょうが、おっさんの私には無理でしょう。。


試しに応募してみたのですが、案の定、書類で一発アウトでした!

行く気もなくIT苦手な私が申し込む時点でどうかと思いますが。。(笑)


一方、一番下の赤〇企業ですが、検討中2人で応募がたった1人。。

めちゃ不人気企業ですね。(笑)

競争率が低いので書類で受かりそうですが、行く気もない会社だったので遠慮しておきました。


このようにライバルが少ない会社であれば、30代以上でも、おっさんでも転職できる可能性は高まります!

確かにライバルが何人いるのが分かるっていいよな。




ちなみに検討中の求人とは「お気に入りの求人」のことです。


私の担当キャリアアドバイザーも、気になった求人はお気に入りに入れておくことをおススメしてました。

お気に入りにいれておくと上記のような応募状況が分かるのと、下記のように求人企業からスカウトが来ることもあります。



お気に入りにするには、お気に入りボタンを押すだけなのでバンバン押していくのがいいですね!

ただ、私みたいに行く気もないのに押してしまうと会社が多くなりすぎて見なくなってしまうので注意が必要です。

どうでもいい会社をお気に入りにするのは、自己承認欲求が高いモテないヤツの典型だな。。

まるでこっちゃんみたいでしゅね。。

メールの返信や対応が早い!



リクルートエージェントは大手のくせに対応が早い!

いや、大手だらからこそ対応が早いのかもしれません。


私の経験では、他の中小転職エージェントでここまで対応が早かったことはなかったので、少し驚きでした。

何かメールで質問をすれば次の日には返事がきます。

実際のメールはこれですね。↓



しかもリクルートエージェントの凄いところは、担当のキャリアアドバイザーにアシスタントがいて、担当アドバイザーが不在の時にはアシスタントか代理対応者のどちらからか必ずメールが来ることです。↓



さすが大手ですね!

また、私の場合は夜に連絡することがほとんどだったのでメールにしていましたが、電話連絡も可能です。

ただ、電話だと相手の都合で繋がらないこともありますし、キャリアアドバイザーも求職者を多く抱えて忙しいと思うので、出来る限りメールにした方がいいと思います。


私の場合、電話で直接話したのは登録した時と面接前の2回しかありません。

メールで質問をすればすぐに返事が返ってくるので会う必要もなかったですし。。


もちろん、キャリアアドバイザーと直接会って話することもできると共に、電話やZoomの対応も可能です。

なので、遠方の場合でも気軽に相談することができます。


ついでに恋愛相談にも乗って欲しいんだけどー。

キモいでしゅ。

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

応募書類や面接の対応力が凄い!



正直、私はリクルートエージェントをなめてました。

なんせ初めて相談した時の印象が悪すぎたせいで。。


ただ、2回目の今回は違ったんですね!


今回は初回登録時にある面談を行くのが面倒だったので電話で行ったのですが、対応が丁寧!

前回と全然違う!!

良かったね。。
興味ねーけど。



電話面談では1時間ほど話をしたのですが、私の希望職種や経歴を聞いておすすめの求人の紹介と職務経歴書の内容の修正部分を細かく話し合いました。

転職回数が多い私の職務経歴書の内容には自信があったんですけどね。。


それでも修正内容が的確だったので、アドバイスをもらい作り直すことにしたんです。

そして職務経歴書を2度修正して何とか完成!


かなり良い感じに仕上がりました!

こんなに細かく書く必要あんのか。。
1枚で適当に書けばいいんじゃねーの?



まあ私の場合は転職回数が多いので3枚になりましたが、最低2枚は必要だと思っています。

なぜなら、書類審査はこの職務経歴書次第であり、話をしないで書類だけで自分の今までを語らなければならないからです。


1つの席を有能な人材や若手もまざって争う転職合戦。。

30代以上が参戦するのであれば、自分の今までの経験をアピールして若手を差し置いて採用するメリットが必要になります。


また、応募者も多いので真剣に書かなければ間違いなく落とされます!


なので私は職務経歴書は本当に重要だと実感しましたし、転職エージェントの助言を聞く必要があるんですね。


そして、私はキャリアアドバイザーのアドバイスのおかげで思ったよりあっさりと書類審査が通りました!

前回は書類審査でかなり苦しんだんですけどね。。


やはりリクルートエージェント、おそるべし対応力でした!


また、面接対策にも抜かりはありません。


私が書類審査に通った後に、面接対策めちゃメールが来ました!

めちゃ多い。。
まるでストーカーだな。



ですよね?(笑)

しかも、面接前にキャリアドバイザーと面談があるんです!


メールや動画等に加え面談までこなせば、もうバッチリですね!

おかげで私は面接も通過しました。


そして二次面接対策の助言と、ついでに社風も聞いたところ、、



かなり細かく丁寧に答えてもらいました。

一番下の2次選考のポイントみたいな有力情報もありますね!


確かにリクルートエージェントのメールをしつこいと感じるかもしれませんが、30代以上の転職活動は難しいうえ、時間の制約もあるので細かくアドバイスをもらうことは重要です。

有休を多く使ってむやみやたら面接に行くことはできませんし、少ない求人の中で自分に合った求人を勝ち取るには、転職エージェントの助言は必須になります。

かなり役に立つこと間違いありませんよ!


条件交渉や質問対応が良い!



面接等で面接官に直接、条件交渉の話、特に気になる年収については話しずらいですよね。。

転職回数7回を誇る私ですら聞きづらいです。(笑)


そんな時にリクルートエージェントが交渉してくれるうえ、聞きにくいことを聞いてくれるのでありがたいんですよね!

超エリートの俺でも、さすがに年収1000万くれとは面と向かって言いづらいな。
まあ言わなくても分かってるだろうが。。

分かるわけないでしょ。
クソして寝てろ。

みっちゃん、お下品でしゅよ。。



私も年収は当然気になるので、キャリアアドバイザーに聞いてみました!

そうすると、、↓



やはり交渉してくれるので心強いですね!

しかも内定時にモデル年収も提示してもらえそうです。


ただ、希望年収を高くし過ぎると採用されない可能性もあり難しいところですね。。

なので、キャリアアドバイザーに相談して希望年収を決めた方がいいです。


一人で転職活動をすると独自の判断で面接時に条件を細かく聞いてしまうこともあり得ますが、条件を後でも聞けて交渉もしてくれるリクルートエージェントはありがたい存在だと改めて思いました。

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら

「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」勝者は?



ここまで「マイナビエージェント」と「リクルートエージェント」両方の特徴と強みをお話しました。


で、結局どちらが勝者なのでしょうか!?

だから、別にどっちでもいいよ。

つまらない争いに興味ないっつーの。

ドキドキ。。




結果、勝者は、、

ドロー!!!

「ドローです!!」

・・・!!



。。。


あっそ。。

どうでもいいけど、ドローってなめてんの?

ドローで悔しいでしゅ!




どっちが勝ちということではなく、どちらが合うかは「あなた次第」なんです!

「リクルートエージェント」は支援実績NO.1だけあって、転職情報やノウハウは満載ですが、「マイナビエージェント」も負けてはいません。

また、担当者のレベルも同じぐらいですし、両社とも対応は早いです。


問題があるとすれば、転職エージェントではなく「担当者」の個々レベルの差ですが、どこの転職エージェントでもレベルの低い担当者は少なからずいます。

なので、担当者のレベルが低ければ担当変更してもらえばいいのですが、両社の強みを活かすことが大事です!


つまり、20~30代の若手であれば「マイナビエージェント」、30代以上のベテランであれば「リクルートエージェント」です!



ただ、30代がかぶってますよね。。

かぶったらダメだろ。。
タートルネックボーイになっちまうぜ?

下ネタかよ。

タートルネックボーイって何でしゅか?



。。。


30代の人で、

  • 中小企業で面白い会社を探したい
  • IT、メーカー、営業で転職したい



であれば、「マイナビエージェント」です!

➡IT・通信系のマイナビエージェントはこちら ➡メーカー・エンジニア系のマイナビエージェントはこちら

営業系は下記からどうぞ!




ただ、

  • 様々な業種で求人企業を探したい
  • 多くの会社を見て自分の可能性を探りたい



上記のように考えている30代であれば、「リクルートエージェント」ですね!

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら




でも、私が30代なら両方を登録しますし、実際にそうしてました。

なので、20~30代であればとりあえず、両方を抑えておくのがおススメです!


もし、ハイクラス案件に挑戦してみたい、転職したいのであれば、ハイクラス案件専門の転職エージェントを登録すべきだと思います。

「リクルートエージェント」も「マイナビエージェント」にもハイクラス案件はあるのですが、専門と比較しても少なくノウハウも十分ではありません。


なので、ハイクラス案件に興味があるのであれば、「JACリクルートメント」も追加で登録しておいてください。


詳細記事と無料登録は下記から可能です。


【参考記事】JACリクルートメントで年収アップのハイキャリア案件に転職できる理由

【公式サイト】JACリクルートメントの無料登録はこちら




以上となりますが、今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!



会社を辞めたくても辞めれない場合



今、もしあなたが、

  • もう何も考えれないぐらい精神的にヤバすぎる状態
  • 仕事がつらすぎるけれど人手不足等で会社を辞めれない
  • 会社がブラック過ぎて後が怖いし退職が言い出せない



上記の状況であれば、退職代行を使ってでも辞めたほうがいいと思います。


そんなヤバい状態で会社に残っていても絶対に良いことはありませんし、体と精神が崩壊するだけです!


私は基本、退職時は自分自身でしっかり伝えた方が良いと考えている古い体質の人間なのですが、それは通常の場合です。

伝えるのが無理な状況や聞いてくれない時は仕方がありません!


退職代行を使えば会社に出向くことなく退職できますし、しっかりとした退職代行業者を使えば退職後もトラブルもありませんので、心配無用です。



退職代行はただの「手段」にすぎません!

あなたの目的は無事に辞めることです。


であれば極論、直接伝えようが間接的に伝えようが、退職代行を使おうが何でもいいはずです!


あなたはもう頑張りました。。

頑張り過ぎたのです!


でも、会社は助けてくれませんでしたよね。。

苦しんでいるのに、、会社のために頑張っているのに。。


会社ってそんなものなんです!

良い時はヨイショしてくるくせに、ダメな時はあっさり切り捨てる!

冷たいもんですよね。。



そんな会社、今回はこちらから見限ってやりましょう!

なので、遠慮なく辞めてしまって大丈夫ですよ!

会社を辞めることは決して逃げることではなく、人生を変えることですから。

退職代行については下記記事を参考にしてください。


【参考記事】退職代行を使う人はクズで恥ずかしい?逃げでも利用すべき理由


【関連記事】退職代行SARABA(サラバ)だと失敗しない?特徴やメリットデメリット


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA