コンサルについていけない、向いていない人の特徴!コンサルきついは本当か?



こんにちは!


中小企業診断士でコンサルに向いていない人、ことまです。

こっさんと呼んでください。                 


  • コンサルタントになりたい!
  • コンサル会社に転職したいけど、きついらしいし大丈夫かな?
  • コンサル会社についていけない、向いていない人って?



上記のようにあなたは「コンサルタント」になりたいけれど、不安と心配でコンサル会社に転職しようかどうか迷っているのではないでしょうか!?

俺はコンサルにピッタリの人種だと思うけど?

あんたは能力以上に顔面が無理。

残念でしゅ。




私は中小企業診断士で、現在は個人事業主としてコンサル活動を行っています。


また、コンサル未経験の40代でコンサル会社に転職して実務経験もあるので、コンサル会社の大変さはよく分かっているつもりです!

なので、

中途半端な気持ちなら、コンサル会社に転職はやめとけ!

と言いたいです。

中途半端?
俺のポテンシャルは半端じゃねーけど?

確かにブサイクのポテンシャルは計り知れないわね。

無念でしゅ。




でも、やる気があるのであれば、、

コンサル会社の経験は絶対に役に立つのでおすすめです!

と私の実体験でそう思っていますし、理由もお話します!


ということで今回は、

  • コンサルについていけない、向いていない人の特徴
  • コンサルはきついからやめた方がいい?
  • それでもコンサル転職したほうがいい!



以上のことを解説します。


今回の記事をご覧になれば、コンサルに向いているのかどうかやコンサル転職について分かると思うので、ぜひこのまま読んでみてください!


コンサルについていけない、向いていない人の特徴



私は中小企業診断士を取得したとはいえ、40代の未経験でコンサル会社に転職しました。


なので、今回の記事は経験者ではなくコンサル未経験の人に向けた話になります。


そして、私の体験やコンサルタントの知人等から得た情報で、「コンサルについていけない、向いていない人」は下記です。

  • プレッシャーや精神的に弱い人
  • 責任感が薄く長時間労働に耐えられない人
  • 論理的思考がなく効率的でない人
  • 年齢が高いうえ専門性がない人



順番にお話しします!


プレッシャーや精神的に弱い人



コンサルに向いているかどうかの重要な要素としては「精神面」が挙げられます!


はっきり言って「プレッシャーや精神的に弱い人はやめとけ!」と言いたいですね。。

なので、超ネガティブで精神的に弱っちい私は辞めました。(笑)

負け犬はひっこんどけ!
俺はおめぇみたいに弱くないからな。

実はめちゃ弱いくせによく言うでしゅね。




コンサル会社に依頼する人は、たいてい、かなり困っている人なんですね。


なぜなら、少しぐらいの問題であれば、取引している銀行や税理士に相談すればある程度解決するからです。

それに、ちょっと困ったぐらいで、高額なお金を出してまでコンサルに頼る経営者はあまりいませんからね。。


売上が激減、資金繰りがやばい、借金が返せない、起業したいけれどどこもお金を貸してくれない、等。。


特に私が在籍していた会社は「お金」系の問題が多かったので、かなり切羽詰まった案件が多かったですね。。


お金以外の問題であれば、ほとんどが売上を上げる方法になります。


相手はかなり困った状況なので、かなり無茶なことを言ってきますし、プレッシャーがやばいんです!!

あ、そうなの?
えっと、どうしよっかな。。

。。。




しかもコンサルタントは何でも知っていると思われていますし、無能だと思われないように期待に必死に応える必要があります。


コンサルタントが大したレベルでないと分かると、速攻で契約破棄してきますから。。

私がコンサル会社の補佐時代、能力の低さが原因で顧問先の社長にバカにされたり苦情をいただいたことも多々ありますが、本当に悔しかったですね。。


ただ、クライアントは切羽詰まっている状態なので結果を出さなければ会社が傾き、最悪、経営破綻する可能性もあるので当然ではありますが。。

実際に私のコンサル会社の顧問先で経営難のため、自殺した社長もおられましたからね。。

あ、やっぱり俺、今の会社が好き。
転職したかったけど、残念だな。。

断念するのが早いでしゅ。。




また、激務の中、数々の難しい案件をこなさなければならないので、精神的にタフでなければ、私みたいにストレスで頭が爆発します!

激務のことは次にお話しますね。


責任感が薄く長時間労働に耐えられない人



責任感がない人はコンサルに向いていないと思います。

コンサル会社は常に膨大な仕事量を抱えていますが、責任をもって最後までやり遂げなければなりません!


失敗しても何とかなる依頼であればまだいいのですが、緊迫した依頼であれば、やり遂げるしかないという事情もありますけどね。。


なので、責任感がないとクライアントの要望に応えられなくなります!

長時間労働であっても、放っておけばクライアント会社の存続に関わってきますから。。

長時間労働は、仕事能力が低い人の話じゃね?




それもあります!

私の場合がまさに、能力が低いために長時間労働だったんです。


でも、仕事ができる人には難しい案件がバンバン回ってくるので、結局、能力が高かろうが低かろうが長時間労働になってしまうんですよね。。

確かにコンサルって、長時間労働のイメージがあるけど、何をやってんの?




もちろん、得意なジャンルによって仕事内容は変わります!

戦略系が得意であれば、事業計画やマーケティングが主体となりますし、私みたいな財務系であれば、再生事業計画や資金調達案件が多く、営業なら営業、ITならITみたいな。


実際に私の当時の仕事内容と仕事時間は下記です。

【案件数(常時の平均)】

  • 経営改善計画書:8件
  • モニタリング報告書作成:4件
  • 経営相談:随時
  • 提案書作成:経営相談先に随時
  • 資金調達案件:1~2件
  • 顧問先:4件
  • 経営診断先:1件
  • 執筆(会社メルマガ等)
  • たまに補助金申請書作成も



【主な1日のスケジュール】

  • 9:00  業務スタート スケジュールの確認経営改善計画書の作成、銀行との電話でのやり取り、他の会社の経営診断資料作成のため、従業員に電話で確認する
  • 11:00 昼から顧問先訪問のため、資料作成(BS,PL,CF、売上分析表)
  • 13:00 顧問先訪問
  • 15:00 新しい訪問先や様々な会社案件で必要な書類を揃えるための電話、様々な経営改善計画書作成のため、税理士や社長、銀行に電話、経営診断報告書作成
  • 18:00 同僚とペアで支援している、難しい案件の打ち合わせ
  • 19:00 この時間から集中して経営改善計画書を作成しまくる
  • 23:30 終電に間に合わなくなるため、慌てて会社を出る



毎日これの繰り返しですが、当然間に合わないので、土曜も休日出勤や持ち帰って仕事をしていました。

うわ、ゲロ吐きそう。。
でも、こんなに多くの仕事できるのかよ?




特に、経営改善計画書(企業再生のための事業計画)作成がめちゃ多く、案件が重いのもまざってますし、複数あるので金融機関とのやり取りが多いんです!


もちろん、経営改善計画書の全てが急ぎではないのですが、何件か急ぎの計画書を仕上げた瞬間に、少し猶予があった案件が急ぎ案件になっています。


つまり、常に緊急案件を抱えていることになるのですが、日中は緊急案件ではない他の案件の資料手配や修正、電話でのやり取り、打ち合わせ等が多すぎて、緊急の計画書作成は通常時間中に集中して作成できません。


なので、定時過ぎにやっと集中して作成できるんです。


また、クライアントは経営が厳しい会社が多く、失敗すると倒産する可能性のあるものも含まれているため、計画を雑に早く仕上げるわけにはいきませんし、プレッシャーがきつい状態が継続されます。

結果、ずっと追われまくってるストレスフルな状態であり、ほぼ毎日終電帰りでした。


おそらく、優秀なコンサルタントであれば、うまいことさばけるんでしょうが、能力がそこまで高くない私ではついていけず、正直無理でした。。

あ、そう。。
なんか大変だね。
俺には関係ないけど、頑張ってちょ。

もう完全に他人事でしゅね。。




もちろん、財務系でなければ違う内容になるとは思いますが、仕事量が多いことはコンサル会社に共通していることです!


私はコンサル転職の時、コンサル会社のほとんどを調べましたし、面接も受けました。

面接官は残業を隠すことはしなかったですし、中には徹夜自慢をしていた人もいましたね。。


まあ、大手コンサル会社であればコンプライアンスがうるさいので、ここまで酷くないかもしれませんが、長時間労働は覚悟しておいた方が良いと思いますよ!


論理的思考がなく効率的でない人



よく言われますが、コンサルタントであれば「論理的」であるべきです。

論理的とは、簡単に言うと “きちんと筋道立てて考えること” です。


例えば、

  • A = B
  • B = C
  • なので、C = A である



ということを筋道を立てて考え伝えることがコンサルタントです。


つまり、適当に感情や思い込みで伝えるのではなく、一貫性があり根拠がなければなりません。

根拠とは、数字であったり過去の実績、他社比較ですね。


根拠がなければ、クライアントも納得しませんし、、




とか、




と陰でバカにされるかもしれません!

誰のこと?
まさか俺に言ってるんじゃねーだろな。。

たぶん、いや、気のせいでしゅよ。。




そして、コンサル会社では効率的でなければ、ついていけず仕事がパンクして頭までパンク状態となってしまいます!


“コンサル会社では” 1つのクライアントにあまり時間をかけないで、時には冷徹に物事を進める必要があるんですね。

熱意や感情が入れば、色々と手を加えてしまって1案件に時間がかかり、仕事が溜まるからです。


経営者の味方のコンサルタントなのに、残念ではありますが、、仕方がないんですよね。。

誤解を恐れずに言えば、コンサル会社は経営者がどう困っているかより、報酬になるかどうか、労働生産性の方が重要なんです。


全部のコンサル会社ではないですが、これが現実です!


なので、能力のないうえ、感情で動く私にはコンサル会社は無理でした。


ただ、私みたいに報酬や効率だけのコンサルが嫌な人は個人でコンサルを行い、報酬は少なくなりますが、地道に熱意を持ったコンサルタントも多いことを知っておいてくださいね!

最後は自画自賛か?
ほんと、自分好きなヤツには困ったもんだよ。。

自分は偉いって言いたいんだから、黙って聞いてあげればいいでしゅ。
でないと、可哀想で哀れでしゅよ。。



。。。


年齢が高いうえ専門性がない人



最後の「コンサルについていけない、向いていない人」は、専門性がない人です。

ただ、これは年齢が高い人の話になりますね。


若ければ未経験であってもポテンシャル採用されて、実務を通じて成長する時間がありますし、給料も安くてこき使う、、いや働いてもらえますし。。

なので、若ければ専門性がなくても何とかなるのですが、年齢が高い人、特に40代以上になるとそうはいきません!

なんで?
死が近いから?

こら!
40代以上の人たちに失礼でしゅよ。。




まあ、私も死が近いと言えばそうなんですが。。


40代で未経験の場合、何らかの専門性がないと雇うメリットが少ないんです!

専門性がない未経験であれば、給料が安くて動ける20代の方がいいですし、何より職場の雰囲気が悪くなるんですよ。


実際に私がコンサル転職で面接した会社から言われましたし。。


確かに、実務で経験を積んでいる若手の中に、未経験のおじさんが入ってくればやりにくいですよね。。

なので、何らかの専門性がないと、ただの足手まといのうざいおじさんになってしまいますし、雇うメリットがありません。


ただ、コンサル未経験であっても金融機関出身やIT出身者は採用されやすいんですよね。

顧問先の資金繰りや資金調達は重要案件ですし、ITに弱い会社が多いので重宝されます。


私は中小企業診断士を持っていましたが、専門性が低く実務経験がないためコンサル転職には相当苦労しました。

なので、専門性がない40代以上はコンサルに向いていないというより、コンサル転職自体が難しいと認識しておいた方がいいです!

でも、そんなオンリーワン的なヤツなんてそうそういないだろ?




こっちゃんの言う通り、専門性と言えばオンリーワンな特殊技術や天才的な知識等だと勘違いしてしまいそうですが、そうではありません!


例えば、営業職の人であれば「営業」は立派な専門性ですし、「企画」「経理」「生産」等も専門性ですよね?


実際に私がコンサル転職ができたのは、営業だったことが理由の1つなんですね。

転職先のコンサル会社は財務には強いのですが、営業やマーケティングにあまり強くなく、今後力を入れたいと考えていました。

結果、営業出身である私が採用された経緯があります。


このように自分の得意分野がコンサル転職に生きる可能性はあるんですね!

なので、難しく考えず、あなたが今まで行ってきた仕事や、得た経験の中に専門性がないかを探してみてください!


案外、本人は気づいていないけれど、専門的な知識や経験を持っている人は多くいますし、何らかの強みは絶対にあります!!


「自分には専門性は何もない。。」と勝手に決めつける前に、是非とも自己分析してみてください!

自己分析は転職にも必ず役に立ちます。


もし、自己分析のやり方や考え方が分からない場合は、下記記事を参考にしてください。


【30代以上の転職者必見!】SWOT分析で自己分析のやり方と事例を紹介します


コンサルはきついからやめた方がいい?



はっきり言います。

コンサルタントは相当ハードできついですし、優秀でなければ挫折しやすいと思います。


例えば商工会議所や○○支援みたいな公的な場所でコンサル仕事をする場合は、言い方は悪いかもしれませんが、能力が高くなくても何とかなります。

なぜなら公的支援のため相談や支援は無料だからであり、支援を受ける側は、たとえうまくいかなくても無料なので文句を言わない人が多いんですね。


でも、コンサル会社は民間企業が相手でそれなりのお金が発生するため、うまくいかなければ、めちゃ文句を言われます!


切羽詰まった会社が多いと前述しましたが、中にはお金があって余裕はあるけれど、今後の投資として営業コンサルやITコンサル、人事コンサル等を入れる会社ももちろんあります。

そういう余裕がある会社だとあまり文句を言わないからいいんですけどね。。



ただ、コンサル会社に依頼する会社は基本、どの会社も結果にシビアです。

私は能力が低かったため、プレッシャーで押し潰されそうでしたし、毎日の仕事量過多も加わり、私にはコンサル会社は無理だと思って辞めることにしました。

まあ、無能は去れってことだよな。



。。。


でも、本当にコンサルタントって優秀な人が多いんですよ!

私の元同僚や上司はなぜこんなに凄いんだろうといつも思ってましたし、尊敬してましたから。。


なので、コンサルタントが高給なのも私は当然だと考えています!

で、コンサル転職に失敗した落伍者のこっさんは後悔してるのかい?

こら!
落伍者に落伍とか言っちゃダメでしゅよ!



。。。


いえ、私は全然後悔なんかしていませんし、失敗だとも思ってません!

むしろ、コンサル転職して良かったと心底思います!!

なぜなら、コンサルタントになりたかった私が、未経験の40代にもかかわらずコンサル会社に転職できて、実際に経営財務のコンサル仕事をしたんですよ!?


コンサル転職できなかったら、ずっとコンサル仕事をしたいとモヤモヤしながら、やる気もなく仕事をしていたと思います。

ましてや、コンサル転職するチャンスがあるのに自ら辞退していれば、逆に一生後悔していたと思うんです!


なので、2年間という短期間ではありましたが、本当に転職して良かったと思っていますし、それなりにスキルアップもできました!


何より、やりたいことができたという満足感がありますね!


もちろん、今に満足することなく、さらにスキルアップして個人でのコンサル仕事に活かしたいと思っています。

落伍者が失敗を美化したい気持ちは分かるけど、結局コンサル転職は失敗するんだったらやめた方がいいだろ。

昔の記憶を美化するおじいちゃんと一緒でしゅね。




おじいちゃん。。


失敗を恐れていては何もできませんし、やりたいことなのであれば、挑戦すべきだと思います!


とは言っても、やはりコンサル転職で失敗するのは誰でも嫌ですし、コンサルに向いているのかも分からないため、不安は尽きませんよね。。

でも気になる。。


その場合は、失敗しない方法がありますので、次にお話します!


それでもコンサル転職したほうがいい!



前述しましたが、「コンサルタント」になりたいのであれば、なるべきだと思います!


なぜなら、やりたいことをやらずに人生を過ごすと、いつか必ず後悔すると私は考えているからです。


そして、私はいきなり独立するよりコンサル会社に転職して実務経験を積んだ方がいいと思っています。

やはりノウハウを含め、得るものが大きいですから。



ただ、そうは言っても失敗はしたくないですよね。。


コンサル転職に失敗しないためには、「絶対にコンサルタントとして成功してやる!」という気合と精神力、長時間労働でも頑張る根性が必要です!

根性かよ。。
ほんと、昭和の人間って精神論の話するから嫌なんだよな。

昭和だから仕方ないでしゅよ。




昭和は関係ありません!

もちろん、最初から精神的に強く優秀な人なのであれば根性は必要ないと思いますが、普通の人であれば、精神面も含めかなり覚悟しておいた方がいいです!


そして、自分に合ったコンサル会社を選ぶ必要があります。

大手と小規模コンサル会社は全然違いますからね。


私は小さいコンサル会社に転職しましたが、人数が少ないため多くの案件や何でもすることができたので良かったと感じています。

また、コンサル会社の方針によって合う合わないもあると思いますし。。


なので、コンサル転職に失敗しないためにも、転職エージェントを使って転職活動をすることをおすすめします!

転職活動?転職エージェント?
嫌だよ、面倒くさい。。



コンサルタントになりたいんですよね!?

コンサル転職が気になっているのであれば、不安やリスクで動かないより、とりあえず動くことでしか解決しません!


もし、転職エージェントでおすすめのコンサル会社があれば面接を受けてみれば良いですし、転職エージェントに断られるのであれば、今はまだコンサルタントになれる知識や能力がないということが分かります。

能力がない場合は、諦めるかコンサルスキルを上げる等、次のアクションが必要だということも知ることができるんです!


なので、まずはコンサルに向いているかどうかを知るためにも転職活動をすべきなのですが、当然、コンサル転職に強い転職エージェントの方が良いと思います。


おすすめは、私もお世話になった「JACリクルートメント」です


「JACリクルートメント」の良いところは、コンサル求人に加えハイクラス案件が多く、担当者のレベルも高いところなんですね!


【特徴と強み】JACリクルートメントでキャリアアップ転職できる理由



もちろん、JACリクルートメントサイトの中にコンサルタント専門のサイトがあるので、コンサル転職に適した転職エージェントなのですが、JACリクルートメントを使うメリットとしては、コンサル業界以外の求人も視野に入ることです。

つまり、たとえコンサル会社に向いていない場合でも、他のハイクラス求人に向いている可能性があるんですね!


たとえば、経営企画。

「経営企画」とは、今後どういう企業を目指すかや経営目標を達成するためにはどうすべきかを中長期的に考え立案し、経営をサポートする仕事です。


会社の成長に貢献できる職種なので、年収も高く、大きなやりがいを感じることができると共に、経験を積めばコンサル転職も視野に入ります!


また、マーケティングもそうですね。

マーケティング力があるのであれば、マーケティング会社に転職して専門性を磨いた後にコンサル会社に転職もありです。


なぜ、コンサル会社以外の話をするのかと言いますと、コンサル転職できなかった場合でも違う道があると言いたいからです!

コンサル会社だけがコンサルタントではありませんし、専門性を身に付ければコンサル転職への道が開けるうえ、もしコンサル会社以外の仕事が転職だと分かればその道を進めばいいわけですから。


専門性を身に付ければ、コンサル転職を経由せずとも、コンサルタントとして独立することも可能になります!


なので、「JACリクルートメント」であれば、コンサル転職はもちろん、他の選択肢も一緒に考えることができるんですね!


JACにはコンサル会社出身の優秀な担当者も在籍しているため、あなたがコンサルに向いているかどうかも判断してもらえますし、向いていない場合は残念ながら案件を紹介してくれないので、失敗のしようがありません。(笑)


他の転職エージェントであれば、無理やりにでも「コンサル会社」を勧めてくるかもしれませんが、JACリクルートメントはハイクラス求人企業が多く、信頼が重要なので無理に勧めてくることがないのもリスクが少なくて良いですね。


また、JACリクルートメントで転職活動をすると、かなり転職レベルが上がります!

なぜなら、応募書類作成のレベルが高く、じっくりと自己分析を行うので、コンサル転職にも非常に役に立つんです。


応募書類が雑な場合、とてもコンサル転職なんて無理ですし、慣れていない人は鍛えてもらえると思いますよ!(笑)

私も相当鍛えてもらいましたし、今でもJACで教わったものが応募書類の原型になっていますから。


コンサルに向いているのかを知ると共に、年収やスキルアップしたい、あなた自身の可能性を知るためにも、まずは行動することをおすすめします!


【参考記事】 JACリクルートメントで年収アップのハイキャリア案件に転職できる理由


【公式サイト】JACリクルートメントの無料登録はこちら

最後に




今回は「コンサルについていけない、向いていない人の特徴!コンサルきついは本当か?」ということで、

  • コンサルについていけない、向いていない人の特徴
  • コンサルはきついからやめた方がいい?
  • それでもコンサル転職したほうがいい!



以上の内容をお伝えしました。


コンサル転職に失敗したくないし、不安になる気持ちは分かります。

私の場合、未経験で40代でしたし、子供も小さくお金の面でもかなり不安でしたから。。

でも、失敗を恐れて何もしないでは、絶対に後悔します!

何も無理に転職する必要はありません!


自分はコンサルに向いているのか?

転職できる可能性はあるのか?



それだけでも知れば納得感は得られるはずです。


一番後悔するのは、何もしないこと。


「あの時に、行動していれば。。」


と思わないためにも、取りあえず行動だけでもしてみてください!

行動すれば次に何をすべきかも分かるので、自己投資だと思えば損はありませんから。


今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです!


【公式サイト】JACリクルートメントの無料登録はこちら




【コンサル転職ブログ】中小企業のメーカー営業から財務コンサルになった話



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA