仕事でありえないミス連発はあなたのせいではない!辞めたいと思ったらすべきこと




こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。

  • なぜ最近、仕事でありえないミスを連発するのだろうか?
  • 仕事量のキャパオーバーを何とかしたい。
  • もう仕事をやめたい。。



と悩んでいるあなたに、この記事を読んでいただきたいと思います!


私も過去にミスを連発しすぎて

「俺って頭がおかしいんじゃないか?」



て真剣に悩んだことがありました。

俺も最近、ミスを連発するんだけど、何でなんだろ?

ただのブサイクバカだからじゃない?

なぜか、、涙が出ちゃう。だってブサイクなんだもん。。

アタックNo.1 でしゅね。



でも、私も後で分かったのですが、仕事でありえないミスを連発するのは、

「決して、あなたのせいではありません!」



では誰のせいなのかと言えば、、

会社の責任です!



なので、無理に仕事をやめる必要はないですし、気にする必要はありません!

ただ、そうは言っても何とかしたいですよね。。


ということで今回は、

  • あなたが仕事でありえないミスを連発する理由
  • あなたが仕事のミスをなくす方法
  • 仕事を辞めたいと思ったらすべきこと



以上のお話をしたいと思います!

あなたが仕事でありえないミスを連発する理由



では、まず「なぜ、あなたが仕事でありえないミスを連発するのか」ですが、ここでお聞きしておかないといけないことがあります。


もし、ありえないミスの連発がずっと前からとか、入社してからずっとなのであれば、今回の記事の対処法とは変わってきますので、その場合は下記の記事が参考になると思います。



もしくは病気ということも考えられるので、まずは専門医にご相談されることをおススメします。

先ほども言いましたが、仕事でありえないミスを連発するのは、

「決して、あなたのせいではありません!」



ミスは誰にでもあるのですが、ありえないミスを連発するのは、能力的な問題ではなく、精神的な問題です。


そして、その精神的な問題を引き起こしているのは、あなたのせいでなく、その状況を作り出している会社の責任なのです!


ただ、現状、あなたは精神的に参っている状態であることを頭に置いておいてください。

そして最近、精神的な疲労が原因で、急にありえないミスが連発している人の理由は下記が考えられます。

  • 仕事量がキャパオーバー
  • 仕事能力が追い付いていない
  • 職場環境のストレスが半端ない



順番にご説明しますね!


仕事量がキャパオーバー



一つ目は、「あなたの手に負えないぐらい仕事量が多すぎて、頭がパンクしている」状態であることです。


「あいつなら何とかなるだろう。」みたいに、過度の負担を考えずに仕事をふってきた会社がおかしいんですよね。

人は機械ではありませんし、できる仕事の量は決まっているのに。。


なので、ある一定量を超えると頭の中がフリーズし、もう何が何だか分からない状態になるんです。


私はコンサル会社に所属しているときにフリーズすることがありました。

最初の半年間は補佐でやっていたため、まだ仕事量の余裕があったのですが、人が辞めてメインとなった途端、経営診断や事業計画、資金調達案件、しかも難しい案件が一気に回ってきて、パンクした経験があります。


一度パンクしてしまうと、もう取り返しがつかず、焦って失敗ばかり。

その失敗の手直しの仕事が増えることで、さらに頭がおかしくなって、普通に考えることができなくなります。


結果、あり得ないミスが連発するという負の連鎖に突入しちゃいました。

俺もそうなのかな?

だからさー、ブサイクバカなだけだって言ってんでしょ!

苦しくたってー、悲しくたって~。。




そして次は仕事量と関係している、仕事の能力の問題です。


仕事能力が追い付いていない



二つ目は、「あなたの能力が足らず、現状の仕事に付いていけない」というものです。

能力は急には伸びません。

ただ、そんなことを考えず無茶な仕事をふってくる良くない会社はあります。

従業員のことを考えていない証拠ですね。


従業員はたまったもんじゃありません!

普通、能力曲線はゆっくり向上するものなので、急に自分の能力以上の仕事を任せされると対応することができず、ストレスで心がやられフリーズしてしまいます。

自分の能力の少し上の仕事であれば、やりがいを感じて頑張れるものなのですが、明らかに対応できそうもない仕事で、プラス他の仕事が加わることで完全にアウト!になるんですね。


私の場合、先ほどの仕事量の問題に加え、能力的な問題もありました。

コンサル会社では、急に仕事ができる上司が辞めたため、その上司の仕事を私がやらなければならなかったのですが、明らかに私には荷が重かったんです。

しかも仕事量も倍増。


しばらくは夜遅くまで仕事をすることで対応できていたのですが、さらに超難関案件が回ってきたところで、完全に終わりました。

今までの仕事と違い、何をどうすればいいのかの検討もつかない。

しかも相談できる有能な上司はもういない。


この超難関仕事のおかげで頭がさらにパンクし、ありえないミスの連発で精神的にも深刻な状況となり、結果的に退職することになった経験があります。


このように、能力が足らないことがパニックを起こし、脳が動かない状態を起こすとありえないミスを連発することになります。

やっぱり、こっちのパターンかな?

もういいっつーの。。

職場環境のストレスが半端ない



最後はどちらかと言えば、「仕事とは直接関係のない人間関係」でストレスが溜まりすぎて脳みそがフリーズすることです。


人間関係の問題は、上司や部下、同僚に女性等、複雑に絡み合っています。

そして様々な人間関係が円滑なことで仕事がスムーズに進むので、コミュニケーションが苦手な人にとっては、面倒くさいですし出来れば避けたいことだと思います。

まして職場でいじめられでもしたら、仕事どころではなく、ストレスが限界を超えたときに、ありえないミスが連発することになるんです。


よっぽどの悪どい従業員でないかぎり、そんな状況を放置している会社に問題があります!

ちなみに私の場合、重鎮であるパートのおばちゃんに嫌われたために辞めることを決断した過去があります。

あなたが仕事のありえないミスをなくす方法


ここまで、ありえないミスが連発する原因は精神的な問題であり、心が疲弊している理由は、

  • 仕事量がキャパオーバー
  • 仕事能力が追い付いていない
  • 職場環境のストレスが半端ない



上記の3つだとお話しました。

なので、これらの問題を解決し精神的な余裕を得ないと改善しないんです。

仕事能力が高すぎて仕事量がキャパオーバーだが、会社に必要不可欠な私はどうしたら良いのでしょうか?

うっさい。



そうですね、優秀なこっちゃんのためにもお話をしましょう!

。。。



ただ、仕事量と仕事能力については、鶏が先か卵が先かの話になりますので、セットでお話をしたいと思います。


仕事量が多い理由は、あなたが有能か人手不足、または仕事能力が低いからの3つの要因が考えられますね。

順番にお話します!


有能な人がキャパオーバーの場合



あなたが優秀で仕事が集中し、キャパオーバーの場合はまだ対策はしやすいです。

つまり、「仕事を断る」に限ります!

でも、仕事を断るって怖くね?
必要不可欠な俺でもクビになっちゃうかも。。

。。。

ほんとかよ。。
なんか、説得力ねーな。



優秀なのであれば、会社としても必要な人間ですし、何よりキャパオーバーであり得ないミスが続いてるのであれば、仕事量をセーブしないと精神的にやられてしまいますし、あなた自身が「仕事できない」人間の烙印をおされてしまいます!

ここは正直に話して、あり得ないミスを軽減させたいので、しばらく仕事量をセーブしたいと言えば、渋々認めてくれるはずです。


かつて私が売上絶好調の時にどうしてもキャパオーバーでミスが増えたため、助手を一人入れることを提案したら、あっさり認めてもらえました。

営業であれば売上が良い時はもう王様です。(笑)

何でも言いたい放題で、認めてもらいやすいので何でもお願いしちゃいましょう!

ただ、売上が下がれば叩かれますが。。


たとえ営業じゃなく補佐系の仕事をしていても優秀な人は分かりますし、周りからは認められているので、臆せずにお願いしてみてください!


人手不足でキャパオーバーの場合



人手不足の場合は少し難しくなります。

仕事を断っても、他にできる人がいなくなるので、必然的にあなたが担当せざるを得ないからです。

だからと言って、このまま放置していれば、あなたのありえないミスが続きますし、何よりあなた自身の心がパンクします。


なので、解決策は2つですが、人を増やしてもらうか転職するかのどちらかです。

上司や社長に正直に話をして、このままだと精神的にやばいこと、ミスが連発して大事になる可能性があると伝えるべきです!

そして何も対応してくれないのであれば、その会社を見切ってください。


ただ、計画性なく辞めることは危険なので、必ず転職活動をして辞めるまでに次の会社を見つけてください。

なぜなのかは下記の記事をご確認いただければと思います。

仕事能力が低いからキャパオーバーの場合



仕事の能力が原因の場合は、はかなり深刻な状態だと認識してください!

なぜなら、仕事の能力は急に上がらないからであり、早急な対処が難しいからです。

しかも、有能な人と違ってこの場合、「仕事ができない人」という烙印が押されている可能性が高く、あなたからの要望が聞き入られないといった問題があるんですね。


なので、上司から見れば、仕事量が多いからキャパオーバーになっているのではなく、仕事ができないからキャパオーバーになっているとしか見られません。

でも本人は仕事量が多いと感じているので、この上司とのギャップが大きく一向に改善されることがないんですよね。

なんせ、上司は仕事量が多いと思ってませんから。


そしてあなた自身はどんどん心の疲弊が溜まり、精神的にやられた結果、ありえないミスが連発するのです。

こうなればもう改善することはできません。


この仕事ができない状態を温かく見守ってくれる上司や社長であれば、仕事を軽減してくれ、成長するのを待ってくれるのかもしれませんが、そうでなければ、もう会社の責任ですし、あなたはもう退職するしか方法はないんです!

でも、それでいいと私は思います。


これ以上頑張っても、おそらく成長が先より、あなたが倒れるのが先だと思います。

また、そのような会社にいても今後、あなたにとってもメリットはないですね。


実際に私が仕事ができなくて精神的にやられた経験があるので、下記の記事もご参考にしてください。


なので、仕事ができないから仕事量が多い、結果、ありえないミスが連発している人は転職活動を開始してください。

なにもすぐに転職する必要はありませんが、転職サイトに登録するだけで、自動的に自分に合った求人のメールが来るので、いざとなった時に会社を辞めることができますし、何より心の余裕ができます。


ありえないミスが連発する原因が精神的なものである以上、心の余裕ができることでひょっとしたら今の状況が好転する可能性もあるので、転職サイトには今すぐ登録だけでしておいてくださいね!

また、仕事の能力が低い、仕事ができないで悩んでいるのであれば、こちらの記事を併せてお読みいただくといいかもしれません。

職場環境のストレスでキャパオーバーの場合



今回の記事は主に仕事量や仕事能力でキャパオーバーの話をさせていただきました。

なので、人間関係の話とは少し違ってきますし長くなってしまうので、もし人間関係でミスを連発しているのであれば、まずは人間関係を構築しましょう!

下記の記事を読んで実践してみてくださいね。

【参考記事】職場でいじめられるタイプ?孤立せず人間関係を構築する方法

仕事を辞めたいと思ったらすべきこと



あなたは今の会社でずっと頑張りたいと思っていますか?


給料が良いとか、今の会社でやりたいことがある場合、今の会社を辞めづらいかもしれませんね。

もし辞めたくないのであれば、全力で状況を改善してください。


ただ、冒頭でお話をしましたが、ありえないミスを連発しているのは、

あなたのせいではなく、会社の責任です!



これは中小企業診断士として、コンサルタントとして、様々な会社の支援を行ってきた私が実感していることなんですね。

なので、会社が改善してくれないのであれば、私は辞めるべきだと思います。

頑張ってる人を見捨てる会社に未来はないですし、いる必要もありません。

たとえ、あなたの能力が低くて迷惑をかけているのであってもです!



ただ、仕事でありえないミスを連発しているのは明らかに異常ですし、精神的には深刻な状況なので、早急に改善する必要があります。

なので、今の会社に執着がなく、仕事を辞めたいと思ったらすべきことは、「転職活動」であり、まずは転職サイトに登録することです!


私も経験があるのですが、転職サイトに登録して求人が来ると、「他にも会社がある!」と実感でき、「いつでも辞めてやる!」といった心の余裕ができるんです。

この「心の余裕」が、今の深刻な状況を緩和させ、転職するにしても良い状況で転職できます。


私の場合、仕事能力が低く仕事量をこなせなかったため、社長からかなりボコボコに言われて精神的に病んだ時がありました。

ただ、転職活動をすることで精神的負担が軽減され、良い転職先が見つかり、心の余裕を持って引継ぎができましたし、円満に辞めることができました。


ボコボコに言われて辞めた会社ですが、今でもたま遊びに行きますしね。(笑)


なので、会社を辞めたいと考えているのであれば、今すぐ転職サイトに登録してください!

後になると面倒くさくて登録しないですから。

そうなると、今の状況が続くことになるので、必ず登録だけはしておいてください!

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら




あなたのありえないミスがなくなることを祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA