7回転職した私が伝える30代 転職面接のコツ 質問で緊張しない方法と対策





こんにちは!


7回の転職経験を誇る「転職マイスター」のことまです。

一応こう見えて、中小企業診断士でありますが、気軽に「こっさん」と呼んでください。


  • 面接での自己紹介ってどこまで話したらいいんだろう
  • 退職理由は正直に言ったほうがいいのか?
  • 質疑応答はどう対策したほうがいいんだろう



以上のことで悩んでおられるあなたに、今回の記事をみていただきたいと思います。


面接って緊張しますよね?

私は7回転職しておりますが、本命の会社ではいまだに緊張します。


ただ、20代の頃は緊張している姿は初々しくていいのですが、さすがに30代のおっさんが緊張しているのは気持ち悪いですし、格好悪いです。

気持ち悪いって。。
言いすぎだろ。



なぜ緊張するのかと言いますと、はっきり言って

準備不足



だからなんですね。

なので、7回転職した私が伝える30代転職面接のコツは、

面接の準備をしっかりする

急に字がデカすぎ。。

どや顔で言いたかったみたいでしゅね。



仕事で例えると、営業もプレゼンもセミナーも準備次第で成功するかが決まります。

志望動機を暗記し、質疑応答に対して準備をしっかりしていれば、緊張はしてもしっかりと対策できるんです。


なので、今回の記事を読んでいただき、面接対策をばっちりしていただければと思います!

ということで今回は、

  • 30代転職面接の流れ
  • 転職面接の質問で緊張しない方法と対策



以上の内容になりますが、主に私が体験したことをお伝えします!

30代転職面接の流れ


先ほど、30代転職面接のコツは、「準備をしっかりすること」とお伝えしましたが、まず面接がどのような流れで行われるのかを把握する必要がありますね。

  1. 自己紹介
  2. 今までの職務経歴
  3. 現在の仕事内容
  4. 転職理由(退職理由)
  5. 志望動機
  6. 募集内容の説明
  7. 条件の確認
  8. 質疑応答



以上がだいたいの流れです。


自己紹介時の注意点



私の場合、1の自己紹介から3の今の仕事内容まで一気に喋ることが多かったですね。

ただ、面接でよく迷うのが、、


「では、自己紹介をどうぞ。。」

俺を勝手に面接官にするんじゃねー!

面接官をイジるのに最適な顔でしゅもんね。。



こんな感じのドヤ顔で自己紹介を求められても、どこからどこまで話をすればいいのか分からないんですよね。。

リクナビNEXTの例では簡単に1分~3分ほどで、

本日は、貴重なお時間をいただきありがとうございます。(挨拶)

〇〇と申します。株式会社XXXXにて、営業職を4年経験してまいりました。(氏名と略歴)

直近3年間は、新規顧客の開拓に注力し、自身で定めた行動目標を達成し続けることで成果へとつなげてまいりました。(強みやこだわり)

昨期には売上目標を151%達成し、全社内表彰においてMVPを獲得することができました。(成果)

この経験をぜひ御社でも活かしていきたいと考えております。(入社意欲)

どうぞよろしくお願いいたします。(結び)

リクナビNEXTの面接対策より



となっているんですが、面接官によっては、

  1. 自己紹介
  2. 今までの職務経歴
  3. 現在の仕事内容
  4. 転職理由(退職理由)
  5. 志望動機
  6. 募集内容の説明
  7. 条件の確認
  8. 質疑応答



上の内、1~3までを自己紹介と考えているおっさん(面接官)がいるんですよ。。

お、おっさん。。



そのおっさんは勝手に1~3までを自己紹介と考えているので、こちらが簡潔にまとめて話した場合、どうも物足りなさそうな顔をしてるんですよね。

そりゃ、こっちは1だけのつもりで簡略化してますから。。

なので物足りなさそうに、


「そうですか。。では、志望動機をどうぞ。。」


となるわけなんです。




「こっちは、その後じっくり話そうとしてとっておいた2の今までの職務経歴や3の今の仕事話を今から話すつもりなんじゃ~い!!」

と言いたいことが何度もありましたし、結果、自己PRが足りないまま終了してしまうこともありましたね。。


「自己紹介と自己PRを間違えるんじゃねーよ!」

おっさん面接官にキレすぎじゃね?



なので、私はリクナビNEXTの自己紹介セオリーを変えて、面接官が「簡潔に」と言わない限り、1~3まで長々と話すことにしたんです。

まあ、面接官によっては1だけの簡略自己紹介を求めている可能性があるので、「ながっ!」となるのは当然なんですが、足りないよりはマシかなと思ってます。(笑)


もちろん、親切な面接官は「自己紹介を簡単にお願いします。」と言ってくれるんで、その場合は簡略化バージョンでいいと思いますよ。


このように自己紹介には注意してはいただきたいのですが、勘違いしている面接官もたまにいますので、自己紹介は私みたいに長々と話することをおすすめしますね!


転職理由(退職理由)



転職理由(退職理由)は、前向きな理由であれば、正直に話せばいいと思います。


問題は、後ろ向きな理由ですよね。

例えば、上司が嫌だったとか、仕事に飽きたとか、鬱になったとか。。


結論を言えば、

後ろ向きな退職理由は言わなくてもいい

ほんとか?
でも、他になんて言えばいいんだよ?



なんて言えば?

そんなの適当なことを言えばいいんですよ。


「御社の将来性を感じて。。」


みたいな綺麗ごとを言っておけばOKです。

おめぇ、めちゃくちゃだな。。

まるで詐欺師みたいでしゅ。



詳細は下記の記事でご確認いただきたいのですが、後ろ向きな退職理由を言ったところで、良いことは1つもありません!

逆に不採用にしてくれって言ってるようなもんです。


なので、後ろ向き理由は隠しておくことをおすすめします!


志望動機は使い分ける



志望動機に関しては、私は大きい会社と堅い会社、小さい会社の場合では内容を変えてましたね。

大きい会社と堅い会社の場合、志望動機は教科書通りのかたっ苦しい内容にして、小さい会社の場合は、熱意とか感情を優先してました。


小さい会社の社長に、「会社の理念に共感しました」とか綺麗ごとを言ったところで、バカにしてんのか!ってなりかねませんし、社長にはあなたが今までしてきたことを話して、この会社ではこういうことができる、したい!と感情をこめて言えば大丈夫です。


ただ注意が必要なのは、中小企業、特に小さい会社に関しては、あまり実績や次の会社で出来ることを大げさにアピールしすぎないことです。

そうなの?
アピールしまくったほうがいいような気がするんだけど。。



最初の給料は多少良くなる可能性はありますが、期待され過ぎると反動が大きく、すぐに実績を残さないと会社にいずらくなって、辞めざるを得なくなります。

実際に私の会社でも、かなり偉そうにすぐに数字を作れると豪語していた人が入ってきましたが、全然ダメで周りからの視線に耐えられず1年以内に辞めました。

小さい会社では人件費に余裕がないので、言ったことをやってもらわないと必要ないんですよね。。

ふ~ん。
アピールにも注意が必要なんだな。。




そして、堅い会社でも公的機関には注意が必要です。

私は30代の時、公的機関に面接に行ったことがあるんですが、能力的にも採用される自信があったのですが、一次面接ではやる気を前面に出してアピールして合格したんです。

ただ、二次面接では偉いさんが何人も出てきて、一次面接と同じようにやる気をアピールしたのですが、全然だめで落ちちゃいました。


結果、合格したのは一人で能力的に低い人だったのですが、後ほど知り合いを通じて聞いたところ、どうも採用基準は能力ではなく、”言うことを聞きそうな人” だったみたいです。

つまり、上に逆らわず言われたことをやる素直な人。

なんじゃそら。
そんな基準がなぜ出てくるんだよ?



私も不思議に思ったのですが、前年に採用した人がかなり上にたてつく人で問題となっていることを聞きました。

能力があっても反抗的な人種を嫌うところは、さすが、天下りが多く税金が投入されている公的機関だと納得しましたね。

公的機関の全部がそうではありませんが、必ずしもやる気や能力がある人が採用されるわけではありませんので、ご注意ください!


では、次に8の質疑応答についてお話をしますね。

転職面接の質問で緊張しない方法と対策


ここまで、

  1. 自己紹介
  2. 今までの職務経歴
  3. 現在の仕事内容
  4. 転職理由(退職理由)
  5. 志望動機
  6. 募集内容の説明
  7. 条件の確認
  8. 質疑応答



以上を少し飛ばしながらお話をしました。

そして、問題は最後の質疑応答ですね。

そうそう、ここが一番の難関なんだよね。
何を聞かれるのかヒヤヒヤしちゃうんだよ。。


質疑応答までは、ひたすらこちらから話すことが多いため、極論を言えば暗記で対応が可能です。

ただ、質疑応答に関しては、聞かれたことに答えなければなりません。


私は面接官をしているとき、質疑応答まではスラスラ話をしていたのに、質問をすると急にあたふたする人がたまにいました。

つまり自己紹介や職歴等を暗記だけして、その他のことは何も考えていないんですよね。


例えば、売上や実績で数値を言ってきた人に、「具体的にどういうことをして実績が上がったのですか?」と質問しても、無言になったり、慌てて言ってることがよく分からない、論理的におかしい、といったことがあります。


また、緊張しすぎて無言になったり、言っていることが支離滅裂な人もいますね。

このように、面接官の質問に慌てたり緊張しすぎない方法と対策は、

  • 暗記できることは何回も繰り返して全て暗記する
  • あらゆる質問に対応できるように答えを用意しておく



以上の2つです。

自己紹介はどこの会社に面接に行こうが内容はあまり変わりません。

そして、志望動機も定型文を作っておき、すべてを覚え、会社によって最後の方にやる気をアピールするのか、実績を再アピールするのか、内容を変えるだけでいいんです。


そして、質疑応答は職務経歴書から聞かれそうな質問を想定して、解答集を作り暗記する。

なので、職務経歴書の作成方法が大切なんです。



質問されたいことを職務経歴書に書いておいて、質問が来たときに慌てないように準備しておく。


私がよく使っていた手ですが、職務経歴書の職務内容欄に聞きたいだろうなと思うことを少し内容を薄く書いておくんです。

私の場合、アパレルではめずらしい海外展示会の内容がそうなのですが、予想通り、だいたいの面接官が聞いてきましたね。

なるほどね。
相手を誘導するわけだ。



そうなんです!

質疑応答も戦略的に行う必要があり、大事なことは

自分の得意な土俵で戦うこと



つまり、自分が話したいことを質問させ、自分が突かれたくない質問をさせないようにすることです。

でも、質問させないなんて、そんなことが可能なのかよ?



可能です。

こちらから質問攻めにすればいいんですよ。


必ず質問はありますか?と聞いてくるので、その時に質問しまくる。

もちろん事前に質問することをいっぱい考えておく必要はあります。


先に質問された場合は、質問に答えた後にすかさずこちらから質問する、面接官が答えたらすかさず、こちらから再度質問するんです。

私はこの手をよく使うのですが、何が良いって、こちらとしては聞きたいことを聞ける上に、嫌なことは聞かれない、そして面接官は当社に興味を持ってもらっていると好印象になるんですよね。


例えば中堅会社の営業部長との面接では、


私「御社の営業スタイルはどんな感じですか?」

部長「各営業マンに任せてますね。」

私「凄いですね!普通、管理したがる人が多い中、任せるってよっぽど信頼感がある証拠ですね!でも、任せるのは逆に部長も大変でしょう?」

部長「そうなんですよ。私も・・」

私「各自に任せてるってことは、結構皆さん頑張ってると思うので、部長も営業の人も夜遅くまで仕事してるんでしょうね~。」

部長「まあ、うちは残業は少ない方だとは思うんですけど、各自に任せてますから。たまに遅くなったりしますけど。。」

質問攻めか、、なるほどね。
しかも何気に残業時間が多いのかも聞いているし。



そうなんです。


ポイントは “褒めながら” 質問することで嫌な気分にさせないこと。

こちらのペースに巻き込み、褒めながらも聞けば聞くほど質疑応答は和やかに進みますし、さらにブラック度も探ることが可能になります。


中小企業の社長であっても同じで、褒めながらも質問しまくれば、社長は話好きな人が多いので、めちゃくちゃ喋ってきますよ!

しかも話を聞いただけで、良い奴だと勘違いされますし。(笑)

確かに中小企業の社長って自慢話が好きだもんな。。



中小企業はこの質問攻め質疑応答でいっちょ上がりですが、大企業の場合は、質問攻めプラス相手の質問にも答えらえるように、さらに準備をしておいてください。

大企業の面接官は機械的に聞いておかなければならない質問がいくつかあるようなのですが、決まりきった質問内容が多いので、想定解答集で対応しましょう!

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「7回転職した私が伝える30代 転職面接のコツ 質問で緊張しない方法と対策」として、

  • 30代転職面接の流れ
  • 転職面接の質問で緊張しない方法と対策



以上のお話をさせていただきました。


30代の転職面接のコツは、

  • 暗記と想定解答集を完全に暗記すること
  • 質問攻めで自分のペースにすること



以上であり、準備不足だから緊張したり、質問にあたふたしてしまうんです。

なので、準備はしっかり行い、相手のペースに巻き込まれることなく撃破しちゃいましょう!


この記事があなたの面接の参考になれば嬉しいです!


転職しようか悩んでいる時にすべきこと




転職しようか悩む。。


もし、今の状態で転職してしまうと、逃げの転職になってしまうとか、会社に迷惑をかけてしまうとか、今後の人生についても考えてしまうかもしれませんね。


ただ、私は逃げの転職が悪いとは思ってませんし、実際に私は何度か逃げております。


でもね、会社を辞めてしまえば、意外とすっきりしますよ!

まあ、会社を辞める前はすっきりするかどうか分からないですし、もう辞めれば人生が終わりみたいな考えになってしまいますよね。


私がそうでしたが、心が疲れているときは、冷静に考えられる状態ではありません。

冷静に考えられないと共に周りが見えていない状態なので、今の会社が全てだと勘違いして自分にプレッシャーをかけてしまうわけですね。

勝手に自分を追い込んでますが、実際はそうでもないんですよ。

会社は1人いなくなってもどうってことないですし、ましてや営業で成績がいまいちなのであれば、会社も引き留めませんから。(笑)


残念ながら会社ってそんなもので、7回も転職している私が感じたことです。


そして、今の会社を辞めても人生は終わりませんし、むしろ今よりも自分の能力を活かせる場所であれば、今後の人生は間違いなく好転します!


実際、今の会社に固執しなくても他に会社はいくらでもありますし、良い会社も多いんです。

私は気付くのが遅かったですが、今では本当にそう思ってます。


なので今の会社に固執する必要はありません!

成績を上げても評価されない、今の会社が嫌いなのであれば残る方が危険です!


逃げるが勝ち!


だいたい、逃げの転職が失敗かどうかは、次の転職先次第です。

次の転職先でやりがいを見つけたり、今よりも幸せなのであれば、転職は失敗どころか成功ですから!


なぜ転職しまくっている私が今の自分に満足できているのか?

それは、転職することで自分がやりたいことをしてきましたし、転職で私は成長できたからです。


でも、何も考えずに転職したわけではなく(若い時は何も考えていないときもありましたが。。)、転職のことでエージェントに相談したり情報を集めて再就職先を探したりして、転職先をしっかりと選んだことが大きいんですね。


その方法として私は、転職サイトに登録して、転職エージェントも使い、自分に合った会社を選んだのです。


特に、転職エージェントはかなり使いました。


企業情報から残業がどれぐらいとかまで、面談と電話の両方でかなり話しました。

もちろん、転職エージェントのアドバイザーもすべてを包み隠さずに言うわけではないのですが、参考になる情報が多くかなり役に立ちましたね。

もし、あなたはまだ転職に迷っていたり、今は転職する気がなくても、まずは転職サイトに登録しておいたほうがいいです。

なぜなら、あなたの仕事が忙しくなったり、さらなる過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくんです。

そして、仕事がつらくて逃げたくなった時や辞めたくなった時、転職したくなった時に「転職する!と言う選択肢」を使えばいいんですね。

転職サイトは無料で登録できます。



無料で、しかもあなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめ求人がメールで自動的に届くので、今すぐには転職できない場合でも転職したい気持ちがあるならぜひ登録しておくべきです!

私が逃げの転職でも成功できたのは、転職サイトに登録しておいて求人をマメにチェックして、たまたま募集をしていた優良求人を見逃さなかったから。


なので転職サイトは登録はしておいたほうがいいのですが、おすすめは私も使っていた「リクナビNEXT」です。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら



また、先ほども言いましたが、逃げ転職で成功したのは転職エージェントの力が大きかったです。


私が独自で再就職活動をしていても全然決まらないときがありました。

精神的に疲れ途方に暮れていた時、転職エージェントのアドバイザーに親身に相談に乗ってもらいアドバイスを受けたおかげで、余裕を持って面接を受けることができ、未経験ながら希望のアパレル企画職に就くことができました。


上記とは違う話ですが、私がコンサル会社で毎日深夜まで仕事をしていて心身の疲れと能力的にも、今の会社では今後厳しいと感じた時にも転職エージェントに相談に乗ってもらいました。

そして非公開求人で残業が少ない有名会社を紹介してもらい、本音で残業がどれぐらいなのかや職場の雰囲気を求人会社から聞き出してもらうと共に給与交渉までしてくれて、求人内容より給与がUPしましたね。


また、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わったのですが、特に大手企業の求人に対する職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

大手企業という会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PRの書き方まで。

ただ単に自分の強みの羅列ではなく、大手企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


転職エージェントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。

このように転職エージェントは親身になって転職の手助けをしてくれますし、何かと役に立ちますので、活用しないともったいないですね。


そんな利点が多いのに、転職エージェントは無料っていうのがいいんですよ!


登録していないのであれば、まずは「リクナビNEXT」と連携している大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。

【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



なぜ転職サイトと転職エージェントなのか?

なぜリクナビNEXT、リクルートエージェントなのか?

の詳細は下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。


【参考記事】転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?30代のおすすめはこれだ!


もう一つ、ご紹介したい転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベル!


私はこのエージェントもよく使いましたね。

しかも、めちゃくちゃお世話になった会社です。


最初に訪問した時は、接客の丁寧さにびっくりしましたし、転職のイロハを教えてもらいすぎて申し訳なかったなと思ってるぐらいです。(笑)


しかも、紹介してくれる求人は有名企業やハイクラス求人も多いのですが、普通の求人もあるのがいいですよね。


ネットを見てると、年収600万以上の方向けとか、なにか敷居が高いような書き込みがみられますが、そんなことありません!

私の場合、年収なんか500万もなかったですし、アパレルだったので、汚い私服で訪問したにもかかわらず丁寧に対応してもらい、しかもいい求人を紹介してもらえました。


私はJACリクルートメントに訪問する以前に何回か転職していたのですが、それでも色々と知らないことを教えてもらったおかげで転職力もさらに上がりましたね。


なので、年収とかハイキャリアにこだわる人はもちろんですが、普通の求人でも活用したほうがいいと感じた転職エージェントです。

無料なので、是非とも登録しておいてください!

【公式サイト】JACリクルートメントの登録はこちら




また、転職サイトや転職エージェントを使いながら、別の方法で応募企業の評判を調べることも大事です。

調べる方法は「会社の口コミサイト」です。


気になる会社を調べることは当然、応募する前にしておいた方がいいので、今の内に登録して情報を集めることをおすすめします!


そして、おすすめ口コミサイトは「転職会議」です。

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら




正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりましたね。

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなります。


私の反省もこめて、是非登録はしておくべきだと思います!

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA