私が30代で資格を取り転職活動をして実際に感じたこと 資格は転職に有利?





こんにちは!


資格だけが取り柄の営業マンかつ中小企業診断士、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 転職したいけど資格を取ったほうがいい?
  • 30代の転職に資格は有利なの?



上記のことに疑問を持っておられ、資格を取得したほうがいいのか悩んでいるあなたなら、今回の記事は参考になると思います。


最初に結論を言いますと、、

30代で資格だけとっても転職には有利にならない

え、そうなの?
でも世間的には、「資格を取って転職を有利にしよう!」みたいな文字をよく見るけど。

こっちゃんはその手の言葉に弱いでしゅもんね。



それは完全に資格学校やその周辺にいる人たちの策略ですね。(笑)


私は30代で「中小企業診断士」というコンサルタントの国家資格を取得してからの転職活動経験があり、資格が転職に役に立つのかを肌身で感じました。

その実感が先ほど言いました、資格だけ取っても転職には有利とならないというものです。

じゃあ資格自体、意味がないんだな。



そうではありません!


私は資格は取ったほうがいいと思っています。

資格に意味がないのではなく、資格だけでは意味がないと言いたいんです。


ということで今回は、

  • 30代の転職は資格だけで有利になるほど甘くない
  • 資格はあるけど30代の転職で未経験の異職種は完全にアウト
  • でも資格はあったほうがいい!
  • 資格は実践経験が必要



以上の内容を転職活動をした私の経験を踏まえ、お話します!


30代の転職は資格だけで有利になるほど甘くない


資格学校や転職サイトでよく見る、

  • 資格は転職に有利です!
  • 資格があれば転職も安心!



みたいなキャッチフレーズは魅力的であり、あなたももし「資格が転職に有利なら取っておかねば!」というような気持ちになったのであれば、資格学校のマーケティングは成功ですね。(笑)

なんかバカにした言い方だな。
別にいーじゃねぇかよ、転職に有利になるんだったら!



残念ながら、資格だけで転職が有利になるのは、20代までです。

30代になったら資格よりも能力や経験が必要なんですよね。


例えば、同じ30代の転職者でも、

  • TOEIC900点で英語の仕事経験なし
  • 資格はないけど、今まで英語で仕事をした経験あり



であれば、後者の方が採用されるのは分かると思います。

前者のTOEICが900点だったとしても実際に喋れるかどうか分からないからです。


また、同じ年齢、コンサル会社への応募で

  • 中小企業診断士の資格はあるがコンサルティング経験なし
  • 資格はないが、コンサルファームでコンサルティング経験あり



であれば、もしあなたが社長の場合、どちらを採用しますか?

後者の経験がある人を採用すると思います。


では最後にもう一つの例で、同じ30代の人がコンサル会社への応募で

  • 中小企業診断士の資格はあるがコンサルティング経験なし
  • 資格もないし、コンサル経験もない



どちらが採用されると思いますか?

そりゃ、資格を持っている方だろ。



残念!


正解は、どちらも採用されません。

でした!

イラッ。

完全にはめられたでしゅね。。



よっぽど人が足りなければ採用される可能性もあるでしょうが、その場合は資格があるからではなく、ただ単に人材不足なだけです。


つまり、資格より30代の転職で重要なことは経験があるかどうかなんですね。


もし、あなたが経理の仕事をしていて、簿記の資格を取ったとします。

その場合、同じ経理の仕事で転職しようとした場合、資格は有利になると思います。


ただそれは、簿記の資格を持っているからではなく、経理の経験がある+簿記の資格があるからです。

この場合、資格はかなりプラス評価になるでしょう。


私の場合は、コンサルの資格はあるけれど、コンサル経験がないただのおっさん。

コンサル業界に100社以上、応募して全て落ちた時に「資格だけで転職できるほど30代は甘くない」と悟ったんですね。

資格はあるけど30代の転職で未経験の異職種は完全にアウト


20代であればポテンシャル要素が大きく、難関資格があれば資格が将来的に役に立つ可能性もあるため、経験がなくても転職にかなり有利です。

若者には未来がありますからね。


でも、30代、特に30半ば以降であれば資格よりも経験が重要であり、極論を言えば資格なんてどうでもいいんです。

実際、私が中小企業診断士を取って未経験ながらコンサル会社に転職を試みようと思いましたが、資格はないけど金融機関で働いていた同じ年代の人が採用されたことがありました。


理由は、資格は必要ないけれど、財務仕事経験は必要だったから。

私は財務知識はありましたが、仕事経験がなかったので落とされたんです。


なので、例えば私が、資格を取って営業から営業の転職なら有利になる可能性があります。

同じ年齢で同じ経歴であれば、私の方が資格がある分、少しはプラス要素になるからです。


ただ、アパレル業界から未経験のコンサル業界ということに加え、営業からコンサルタントという異職種であれば、ダブルの未経験で資格は何のプラス要素にもならず完全にアウトですね。



何度も言いますが、資格より30代の転職で重要なことは経験があるかどうか


現に、私は30代で中小企業診断士の資格を取得してから、100社以上、コンサル会社や経営企画的な仕事の求人に応募しましたが、経験がないから全部落ちました。

面接でも「資格があっても経験がないとねぇ。」と言われましたね。。


ショックでしたよ。

2000時間も勉強して必死の想いで資格を取ったのに、転職で役に立たないと感じた時には。


【参考記事】中小企業診断士の勉強時間 合格に必要な本当の学習期間!



でもその後、1社だけ合格しました。

グレーの会社ですが。。

一生懸命勉強して資格を取ったご褒美が、グレーの会社への転職とは泣かせるじゃねーか。。

哀れでしゅね。。



。。。


結局、そのグレーの会社は1ヶ月で辞めたのですが、理由は下記記事に記載してますので、ご覧ください!

資格はあったほうがいい!


資格だけで30代は転職できないと言いましたが、資格自体はあったほうがいいです。

なんじゃいそら。
あっても役に立たないとか、あったほうがいいとか。
どっちかはっきりしろ!

優柔不断なこっちゃんが強気でしゅ!



私は、資格だけで転職は難しいが、資格を取ることに意味がないとは言ってませんよ!

むしろあったほうがいいと思ってます。


理由は、難関資格であれば他社と差別化できますし、資格を活かして手に職をつけることもできるからです。

手に職資格についての詳細は下記記事にてご確認ください。



また、資格を取得し転職したことによって私の人生は激変しました。


なので、私は資格の取得と転職の両方を悪いとは絶対に言いませんし、そのことについては下の記事も読んでいただけると嬉しいですね。

資格は実践経験が必要


先ほどから私は何度も、30代の転職は経験が必要だと言ってきました。


私は転職する前は、経験はあったほうがいいけど、

「別に知識だけでもいいじゃん!」

「資格があればいいでしょ!」

と思ってました。

俺もそう思ってたけどな。



でも、やっぱり経験が必要なんですよね。

なぜ経験が必要なのかと言いますと、転職したコンサル会社で分かったんです。


私は中小企業診断士の資格を取って知識だけを持った状態で実際にコンサル仕事をしてみたんですが、全然通用しませんでした。

資格勉強で習ったキャッシュフロー計算書と生きたキャッシュフロー計算書とは全然違いましたし、経営改善するために何をしたらいいのか分からない、私が作成した事業計画の数値がなぜおかしな状態になっているのかもわからない。

もう分からない尽くしでした。


実際のコンサル仕事では資格試験と違って、答えのない状況でどのようなプロセスで答えを導き出すか、答えの根拠は何かは実際に仕事をしながらでないと学べないし、常に変化している経営状況に沿った支援策は現場を知らないと対処できません。

また、資格の知識が現場でどのように役に立つのかは実践で経験しないと分からないことも私は知ったのです。


なので、実践経験が少ないコンサルタントは現場無視で知識だけの教科書的な話をしてしまい、現実味のない助言となってしまうんですよね。


もし資格を転職に有利にしたいのであれば、上記のように資格が活きる経験を積んでください。

資格を活かした経験を積んで転職活動をすれば、30代でも資格は鬼に金棒となります。


資格を活かした経験がなければ、ただの知識で終わってしまうんです。



また、資格を活かした転職活動を行う場合は、必ず転職エージェントを使ってほしいですね。

転職のプロであり資格者の転職支援経験も豊富なので、転職エージェントは強い味方になります!


転職エージェントについては下記記事を併せてお読みいただくと理解が深まります。



異業種への転職に興味があれば、下記記事も参考になると思いますよ!

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「私が30代で資格を取り転職活動をして実際に感じたこと 資格は転職に有利?」ということで、

  • 30代の転職は資格だけで有利になるほど甘くない
  • 資格はあるけど30代の転職で未経験の異職種は完全にアウト
  • 資格はあったほうがいい!
  • 資格は実践経験が必要



以上のお話をさせていただきました。

私の経験上、30代の転職は資格だけで有利になることはないと感じましたが、実践経験があれば資格は鬼に金棒となります。


なので、是非とも資格を取った後には資格を活かした仕事をしてください。

そうすれば、あなたは手に職をつけることができますし、理想の転職や独立も可能になると思います。


「資格は役に立たない!」

なんて言わないで、是非とも積極的に取得していただきたいと思います!

転職しようか悩んでいる時にすべきこと




転職しようか悩む。。


もし、今の状態で転職してしまうと、逃げの転職になってしまうとか、会社に迷惑をかけてしまうとか、今後の人生についても考えてしまうかもしれませんね。


ただ、私は逃げの転職が悪いとは思ってませんし、実際に私は何度か逃げております。


でもね、会社を辞めてしまえば、意外とすっきりしますよ!

まあ、会社を辞める前はすっきりするかどうか分からないですし、もう辞めれば人生が終わりみたいな考えになってしまいますよね。


私がそうでしたが、心が疲れているときは、冷静に考えられる状態ではありません。

冷静に考えられないと共に周りが見えていない状態なので、今の会社が全てだと勘違いして自分にプレッシャーをかけてしまうわけですね。

勝手に自分を追い込んでますが、実際はそうでもないんですよ。

会社は1人いなくなってもどうってことないですし、ましてや営業で成績がいまいちなのであれば、会社も引き留めませんから。(笑)


残念ながら会社ってそんなもので、7回も転職している私が感じたことです。


そして、今の会社を辞めても人生は終わりませんし、むしろ今よりも自分の能力を活かせる場所であれば、今後の人生は間違いなく好転します!


実際、今の会社に固執しなくても他に会社はいくらでもありますし、良い会社も多いんです。

私は気付くのが遅かったですが、今では本当にそう思ってます。


なので今の会社に固執する必要はありません!

成績を上げても評価されない、今の会社が嫌いなのであれば残る方が危険です!


逃げるが勝ち!


だいたい、逃げの転職が失敗かどうかは、次の転職先次第です。

次の転職先でやりがいを見つけたり、今よりも幸せなのであれば、転職は失敗どころか成功ですから!


なぜ転職しまくっている私が今の自分に満足できているのか?

それは、転職することで自分がやりたいことをしてきましたし、転職で私は成長できたからです。


でも、何も考えずに転職したわけではなく(若い時は何も考えていないときもありましたが。。)、転職のことでエージェントに相談したり情報を集めて再就職先を探したりして、転職先をしっかりと選んだことが大きいんですね。


その方法として私は、転職サイトに登録して、転職エージェントも使い、自分に合った会社を選んだのです。


特に、転職エージェントはかなり使いました。


企業情報から残業がどれぐらいとかまで、面談と電話の両方でかなり話しました。

もちろん、転職エージェントのアドバイザーもすべてを包み隠さずに言うわけではないのですが、参考になる情報が多くかなり役に立ちましたね。

もし、あなたはまだ転職に迷っていたり、今は転職する気がなくても、まずは転職サイトに登録しておいたほうがいいです。

なぜなら、あなたの仕事が忙しくなったり、さらなる過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくんです。

そして、仕事がつらくて逃げたくなった時や辞めたくなった時、転職したくなった時に「転職する!と言う選択肢」を使えばいいんですね。

転職サイトは無料で登録できます。



無料で、しかもあなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめ求人がメールで自動的に届くので、今すぐには転職できない場合でも転職したい気持ちがあるならぜひ登録しておくべきです!

私が逃げの転職でも成功できたのは、転職サイトに登録しておいて求人をマメにチェックして、たまたま募集をしていた優良求人を見逃さなかったから。


なので転職サイトは登録はしておいたほうがいいのですが、おすすめは私も使っていた「リクナビNEXT」です。

【公式サイト】リクナビNEXTの無料登録はこちら



また、先ほども言いましたが、逃げ転職で成功したのは転職エージェントの力が大きかったです。


私が独自で再就職活動をしていても全然決まらないときがありました。

精神的に疲れ途方に暮れていた時、転職エージェントのアドバイザーに親身に相談に乗ってもらいアドバイスを受けたおかげで、余裕を持って面接を受けることができ、未経験ながら希望のアパレル企画職に就くことができました。


上記とは違う話ですが、私がコンサル会社で毎日深夜まで仕事をしていて心身の疲れと能力的にも、今の会社では今後厳しいと感じた時にも転職エージェントに相談に乗ってもらいました。

そして非公開求人で残業が少ない有名会社を紹介してもらい、本音で残業がどれぐらいなのかや職場の雰囲気を求人会社から聞き出してもらうと共に給与交渉までしてくれて、求人内容より給与がUPしましたね。


また、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わったのですが、特に大手企業の求人に対する職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

大手企業という会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PRの書き方まで。

ただ単に自分の強みの羅列ではなく、大手企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


転職エージェントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。

このように転職エージェントは親身になって転職の手助けをしてくれますし、何かと役に立ちますので、活用しないともったいないですね。


そんな利点が多いのに、転職エージェントは無料っていうのがいいんですよ!


登録していないのであれば、まずは「リクナビNEXT」と連携している大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。

【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



なぜ転職サイトと転職エージェントなのか?

なぜリクナビNEXT、リクルートエージェントなのか?

の詳細は下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。


【参考記事】転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?30代のおすすめはこれだ!


もう一つ、ご紹介したい転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベル!


私はこのエージェントもよく使いましたね。

しかも、めちゃくちゃお世話になった会社です。


最初に訪問した時は、接客の丁寧さにびっくりしましたし、転職のイロハを教えてもらいすぎて申し訳なかったなと思ってるぐらいです。(笑)


しかも、紹介してくれる求人は有名企業やハイクラス求人も多いのですが、普通の求人もあるのがいいですよね。


ネットを見てると、年収600万以上の方向けとか、なにか敷居が高いような書き込みがみられますが、そんなことありません!

私の場合、年収なんか500万もなかったですし、アパレルだったので、汚い私服で訪問したにもかかわらず丁寧に対応してもらい、しかもいい求人を紹介してもらえました。


私はJACリクルートメントに訪問する以前に何回か転職していたのですが、それでも色々と知らないことを教えてもらったおかげで転職力もさらに上がりましたね。


なので、年収とかハイキャリアにこだわる人はもちろんですが、普通の求人でも活用したほうがいいと感じた転職エージェントです。

無料なので、是非とも登録しておいてください!

【公式サイト】JACリクルートメントの登録はこちら




また、転職サイトや転職エージェントを使いながら、別の方法で応募企業の評判を調べることも大事です。

調べる方法は「会社の口コミサイト」です。


気になる会社を調べることは当然、応募する前にしておいた方がいいので、今の内に登録して情報を集めることをおすすめします!


そして、おすすめ口コミサイトは「転職会議」です。

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら




正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりましたね。

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなります。


私の反省もこめて、是非登録はしておくべきだと思います!

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA