【使えない?】転職エージェントを通さないで直接応募するメリットデメリット



こんにちは!


中小企業診断士でたまに使えない営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 転職エージェントが使えないから直接応募したい
  • 面倒くさい転職エージェントを通す必要性ある?
  • 直接応募するメリットデメリットを知りたい



上記のように転職エージェントに登録したけれど、使えない、面倒くさい等で直接応募しようか悩んでいるあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います。


私は今まで転職経験が7回あり、しかも40代で3回転職しております。


なので、転職エージェントを通すべきか直接応募すべきかで悩む気持ちは分かりますよ!

転職エージェントなんか通す必要あるか?
俺ならいきなり会社訪問するぜ!

反社の鉄砲玉と間違えられて、捕まるわよ?

鉄砲玉より頭がパチンコ玉っぽいでしゅけど。




特に転職エージェントを通しても受からない状況だと、

「ひょっとしてこの転職エージェントが悪いのでは?」

「直接応募したほうが受かるかも。。」


と思うかもしれませんね。


実際に私もそう感じたことがありますし。。


様々な意見があるとは思いますが、私は、

できれば転職エージェントを通したほうが良い

と考えていますが、なぜかは理由があるからです。

ということで今回は、

  • 転職エージェントは通さないほうが良い?
  • 直接応募は受からない?
  • 転職エージェントが使えない時の対処法



以上の内容をお伝えしますので、是非とも参考にしてください!


転職エージェントは通さないほうが良い?



転職エージェントを通す通さない問題は以前からあり、人の意見も様々です。

なので迷ってしまうんですよね。。


ということで、次からメリットデメリットをお話します!


転職エージェントを通さないメリット



転職エージェントを通さないメリットとして、

  • 面倒くさいやり取りをしなくて良い
  • 自分の力だけで転職活動ができる
  • 求人企業のコストが安く済む



以上のことが考えられます。

頼りない転職エージェントなんかより、俺のほうがよっぽど優秀だぜ!

さすがパチンコ玉面した鉄砲玉。
自爆するパターンね。

僕のパチンコ玉が採用されて嬉しいでしゅ!



転職エージェントを通すと、担当者とのやり取りや応募書類の修正等、色々とやることが増えて面倒くさいですよね!?


転職エージェントを通さなければ、「あれやれ、これやれ!」と言われなくて済みますし、受からないでも自分のせいなので納得感があります。

なので、自分のやり方に自信がある人には独力が向いているかもしれません。


また、求人企業側からすれば転職―エージェントを通さないほうが “仲介料” がかからないので、採用されやすいというメリットがあります。

同じ能力であれば、コストが安い方が企業側からすればいいですもんね。。


1億円プレーヤーの俺には関係ない話だな!

こいつ、薬までやっちゃってるよ。。

妄想と現実の世界を間違ってるでしゅね。。




ということで、転職エージェントを通さないほうが良いですね!


と言いたいところですが、、現実はそううまくいきません!

次にデメリットをお話します。


転職エージェントを通さないデメリット



先ほど、転職エージェントを通さないメリットとして、面倒くさいことを挙げました。


でも、転職活動を7回も経験している私からすれば、転職活動はそもそも面倒くさいことですし、楽して受かるとは思えません!

出た出た。
苦労は買ってでもしろタイプ。
古臭い人間はほんと嫌だね。

まあ昭和の人でしゅから。。



。。。


勘違いして欲しくないのは、無駄な苦労はする必要はないですし、逆に転職エージェントを使ったほうが効率的です!

なぜなら、転職エージェントは求人企業の詳細を知っており、どんな人材を求めているのかを把握しているからなんですね。


もし、独力である求人に申し込もうとしても、求人企業の情報が浅ければ、どのように応募書類を作成すれば良いのか分かりませんし、時間が掛かってしまいます。

しかも応募書類作成に慣れていない人はかなり苦労すると思いますよ!


実際、私は転職回数は多いですが、転職エージェントの助言に従った応募書類を作成しております。

どのような応募書類かは下記記事を参考にしてください。

リクルートエージェントだと書類選考が通らない?結果期間は?実際に試してみた!



そして、私が重要視しているのは “本当の会社の姿” です!


残業のことや給料が上がりやすいのかどうか、社内の雰囲気等を把握しなければ、自分と合わない会社である可能性があると同時に、実は隠れブラックという場合もありますからね。。

こういった話を面接で聞けるでしょうか!?

聞けるけど、それが何か?

空気を読まない人は強いでしゅ。



。。。


転職エージェントを通せば、聞きにくいことも聞けるんです!


私はよく担当者に残業のこと、社内の雰囲気を聞いてブラック度を測っていました。

面接では本音で話してくれませんからね。。


しかも、転職エージェントは年収交渉までしてくれるんです!


下のメールは実際に私と「リクルートエージェント」とのやり取りメールです。



面接でさすがに「お金」の話はしづらいですよね。。

別に聞けるけど?

さすがっしゅ!
この無神経男はやっぱり最強でしゅよ!!

。。。



転職での面接では一番聞きにくい「年収」のことも交渉してくれますし、詳細情報を入手できないのは、転職エージェントを通さないデメリットです!


情報を得られないのは本当に致命的です。

過去、転職エージェントを通さずに転職した私はおかげさまで、ほとんどブラックの会社に入社して1ヶ月で辞めましたからね。。


また、転職エージェントを通さないほうが「求人企業」にとっては確かにコストが安く済みますが、その分、手間がかかると共にリスクが高くなります。


転職エージェントを使えば、まず一次面接みたいにエージェントが選抜してくれますし、求人企業に合っている人材を選んでくれます。

そしてヤバそうな人を紹介してしまうと、転職エージェントは求人企業から信頼を無くすため、無理には転職させませんし、フィルターをかけるんですね!


そもそも、求人企業は応募書類と1,2度の面接だけでしか求職者を知ることができないため、本当に自社に合っているのかを判断しづらいんです。

また、求人企業は転職のプロではないので、能力を見誤ったり私情が入ることもあります。


なので、コストは高くなりますが第三者を介入させることで、求人企業が手間やリスクが少なく、より多い人材を選抜でき、しかも自社に合った人材を採用できるんですね!


つまり、求人企業はあえて転職エージェントに頼っているんです。



転職エージェントを通すと受かりにくいこともありますが、それはミスマッチを防ぐためであり、求職者と求人企業の双方にとってもメリットがあると私は思います。

運よく転職できたとしても、その会社に合わないほうが求職者は地獄ですし、逆も然りです。


なので、転職エージェントを通さないほうがデメリットやリスクが大きいことを知っておいて欲しいです。


直接応募は受からない?



私は “凄い経歴の持ち主” 以外は転職エージェントより直接応募の方が難しいと考えています。


なぜなら、前述しましたが「応募書類」の書き方に雲泥の差が出るからです!


凄い経歴の持ち主なら、応募書類が雑でも転職できる可能性は高いです。

誰もが欲しがる人材ですからね。。

俺のこと?

うっせーわ。



はっきり言いますと、30代以上で凄い経歴の持ち主以外で、応募書類作成に慣れていなければ、一発で落ちます!

面接もしかりですね。


なぜなら、求人企業が求めている人材が自分であることを表現することなく、経歴を並べただけであったり、独りよがりの文章になりがちだからです!


私も慣れていない時に転職エージェントの「JACリクルートメント」に書き方を教わった時には感動すらしました。。

今までの私の書類は何だったのか?と。。


【参照】 JACリクルートメントの履歴書・職務経歴書ノウハウが凄い訳 体験して分かった!



なので、もし同じ経歴なのであれば、書類の書き方や表現の仕方で優劣が決まります!

それほどプロの力って凄いんですよね。。



転職以外で例えれば分かりやすいかもしれません。


例えば、スポーツですが、野球でもサッカーでもスキー、ゴルフでもいいです。

独力で練習するより、自分より上手な人に教えてもらったほうが上達が早くないですか?


勉強もそうです。

独力で勉強しても、やり方が合ってるか分からないし、どれをどの順番にやれば良いのかも分からず、解けない問題を聞くこともできません。



なので、私は何をするにしても誰かに頼るようにしています!


中小企業診断士の勉強は専門学校に通うことで、ストレート合格できましたし、経営コンサル方法を学ぶためにコンサル会社に転職もしました。

IT知識を得るために、コンサルタントを雇うことでレベルアップできました。


お金と自由はなくなるかもしれませんが、専門家に頼ることこそが最短方法であることを私は知っていますし、できる人は皆そうしています。

そのほうが早いし時間は有限だと分かっていますから。。

それは間接的に、おめぇができるって言いたいのか?
俺よりも優秀だってかい?

こっちゃんよりは優秀だと思うでしゅ。




そうではなくて、、

独力も良いですが、「ライバルである他の求職者に勝つためにも、プロに頼ることは必要だと思います!」ということです。


リクルートエージェントの口コミはひどいし最悪?いえ、30代以上のあなたが使うべき理由

転職エージェントが使えない時の対処法



転職エージェントが使えない場合、ほとんどの理由が「転職エージェント」ではなく「担当者」の問題です!


なので、まず担当者を変更してもらうことが対処法になりますが、ついでに転職エージェント自体の見直しも行った方が良いと思います。

転職エージェント自体のレベルが低いのであれば、担当者全体のレベルも低くなりますからね!


学校と同じで、偏差値が60と30の学校ではレベル自体が違いますから。

言い方は悪いかもしれませんけどね。。

俺には関係ねーからいいや。

仕事偏差値20のあんたのことだよ。




本当にあなたに合った転職エージェントなのか?

求人数は多いのか、実績は豊富なのか?


私は30代以上であれば、求人数や実績は非常に大事だと考えています。

なぜなら、30代以降になればなるほど求人数自体が減っていきますし、確率論で分母(求人数)が小さければ、それだけ選択数が減るからです。


通過率が同じ1%であっても、分母(求人数)が1000社なら10社、100社では1社となり、全然違いますからね。。


なので、求人数が多い大手転職エージェントのどこかには登録すべきだと思いますが、私のおすすめは求人数 No.1 で支援実績も No.1 である「リクルートエージェント」です。

  • リクルートエージェント 公開求人数:約10万件 非公開求人数:約14万件
  • doda(デューダ) 公開求人数:約6万件 非公開求人数:非公開
  • マイナビエージェント 公開求人数:約2万件 非公開求人数:約7万件



上記のように求人数は圧倒的であり、大手なので教育がしっかりされており、担当者の全体レベルも高く私も経験済みなので、まず「リクルートエージェント」は抑えておくべきだと思います。

➡リクルートエージェントの公式サイトはこちら




そして、優秀な人であれば「JACリクルートメント」みたいなさらにレベルが高いエージェントがあなたに合うと思います。


ハイクラス求人にハイクラス案件。。

想像するだけでワクワクしませんか?(笑)


先ほど応募書類のレベルの高さの話もしましたが、自己分析や面接でも本当に役に立つので、力試しも含めこちらの登録もおすすめします!

【公式サイト】JACリクルートメントの無料登録はこちら



【関連記事】JACリクルートメントで年収アップのハイキャリア案件に転職できる理由


最後に




今回は「転職エージェントを通さないで直接応募するメリットデメリット」として、

  • 転職エージェントは通さないほうが良い?
  • 直接応募は受からない?
  • 転職エージェントが使えない時の対処法



以上の内容をお伝えしました。


転職エージェントを通さずに直接応募の方が受からない可能性が高いです。

なぜなら、応募書類の作成方法が難しいうえ、求人企業の求めている人物像や詳細情報が入手しにくいからです。

また、ブラック企業への転職リスクも高くなります!


なので、転職エージェントは必ず活用して欲しいですし、まずは大手転職エージェントに登録しておいてください!


そして、転職活動には「自己分析」は必須です!


自己分析とは、自分の強みや得意なことが何かを把握して、どこでどのように活かせば良いのかを把握することです。


私は自己分析するかしないかで人生が変わると考えています!


なぜなら、自分を知らなければ実は苦手なことに一生懸命になっているとか、強みを活かせない職場で苦しんだ結果、精神的に病んだりする可能性があるからです!


実際に私は超ネガティブですが、自分を活かせる職場で成績を上げれるようになり、コンサルタントになることもできました。


また、転職においては自分に合わない会社やお金につられてブラック企業に転職してしまう可能性もあります!


自己分析をすれば職務経歴書や自己PRの内容も変わりますし、自分の強みが活かせる希望の会社を転職エージェントに伝えることもできますので、転職活動がスムーズに進みます。

なので、是非とも自己分析を行ってあなた自身を知り、自分に合う会社を知っていただきたいと思います!


転職活動に必須の自己分析は下記記事を参考にしてください。


【30代以上の転職者必見!】SWOT分析で自己分析のやり方と事例を紹介します



今回の記事があなたの転職に少しでもお役に立てれば嬉しいです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA