アクセンチュアは評判悪いしやめとけ?使い捨てで転職を後悔するは本当か



こんにちは!


中小企業診断士で評判を気にするネガティブコンサルタント、ことまです。

こっさんと呼んでください。                 


  • コンサルタントになりたい!
  • アクセンチュアが採用募集していて気になる
  • アクセンチュアの評判は大丈夫?



上記のようにあなたは「コンサルタント」になりたいからアクセンチュアの募集が気になるけれど、評判も気になってどうしようか迷っているのではないでしょうか!?

アクセンチュアと言えば、超有名な会社だけど、コンサル会社自体の評判があまり良くないような。。

社内の評判が最悪なあなたが、そんなこと気にしなくていいって。

もう捨てるものがないでしゅね!




私は中小企業診断士で、現在は個人事業主としてコンサル活動を行っています。


また、コンサル未経験の40代で経営・財務コンサル会社に転職して実務経験もあるので、コンサル会社の大変さはよく分かっているつもりです!

また、、

コンサル会社の評判はよくない!

ということも知っています。

やっぱり?
評判が悪いのならやめておこうかな。。

評判気にする前に、そのブサイクな顔面を気にすれば?

評判より整形でしゅね。

ノラえも~ん。




正直、アクセンチュアだけでなく、コンサル会社はどこも仕事量が多く、忙しいので激務になりがちですし、能力がないと付いていけずに退職せざるを得ない場合があります。

なので、コンサル会社の評判は良くないんですよね。。


でも、、

私は「コンサル会社」をおススメします!

なぜなら、学べることが多すぎるからであり、超有名な「アクセンチュア」であれば尚更ですね!


でも、本当に「アクセンチュア」の評判は悪いのか?

転職を後悔するのは本当なのか!?


検証したいと思います!


ということで今回は、

  • アクセンチュアとはどんな会社なのか?
  • アクセンチュアは評判悪いしやめとけ?
  • アクセンチュアは使い捨てで転職を後悔するは本当か



以上のことを解説します。


今回の記事をご覧になれば、アクセンチュアの評判やコンサル転職について分かると思うので、ぜひこのまま読んでください!


アクセンチュアとはどんな会社なのか?



まず、アクセンチュアとはどんな会社かを知る必要があります!

コンサル会社でも色々とありますから。。

コンサルってよく分からないんだよね。
俺でも通用する?

するわけないだろ。
ブサイクが夢見てんじゃねーよ。

ブサイクなんだから、夢ぐらい見させてあげるでしゅよ。




「アクセンチュア」は、言わずと知れた「コンサル会社の最高峰」な会社です。


アクセンチュア出身で有名企業の代表取締役も多いので、やはりアクセンチュアでの経験が活きているのだと言えますね!



そして、アクセンチュアは「総合系コンサル会社」になります。


「総合系コンサル会社」とは、全体の経営課題に対してコンサルティングを幅広く行う総合コンサル会社のことです。


一方で「戦略系コンサル会社」とは、会社の経営上の課題・問題を解決するための戦略策定やアドバイスを行うことを主要業務としているコンサルティングファームです。

有名なのがマッキンゼーですね!


ただ、「アクセンチュア」は総合コンサル会社ではありますが、「IT」に強いため「IT系コンサル会社」とも言えます。


アクセンチュアは、「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域を保有し、幅広いサービスを提供しています。

クライアント企業の経営課題を解決するシステム導入を提案するだけではなく、ITを用いた企業戦略を考えるのがアクセンチュアの主な業務です。


その上、自社でシステム開発を担うエンジニア部門を保有しているため、一貫したサービスが可能なのが強みなんですね!



ちなみに私が所属していたコンサル会社も一応、総合系ではありましたが、財務・金融支援が得意だったので、ほとんど「財務系コンサル会社」でした。

難しそうだけど、スカウトされたらどうしよう。。

こいつの妄想癖、マジやべーよ。。

ある意味、ポジティブでしゅね。。




確かに難しいかもしれませんが、、下図を見てください!

参照:エン・ジャパン
参照:OpemWork




こちらがアクセンチュアの給料です!


エン・ジャパンとOpemWorkの両方を掲載しましたが、少し年収が違いますね。

あくまで口コミを掲載した人たちの平均年収なので、記載する人によりますが、参考程度に見てください!


ただ、両方の年収範囲を見ていただきたいのですが、エン・ジャパンでは、350万円~2000万円、OpemWorkでは、なんと、288万円~4500万円!

つまり、年収が4500万円もある人が実際にいるんです!!


4,500万円!?
やっぱりスカウト待つしかないな!

ブサイクはひっこんどけ!
4,500万は私のものよ!!

お金が絡むと、みっちゃんは怖いでしゅ。。




アクセンチュアの平均年収は公開されておりませんが、およそ800万円~900万円です。

入社5年の平均年収は推定700~1,000万円で、入社10年の平均年収は推定1,000万円~1,500万円と言われていますね。


そして、成果次第では年収1,500万円以上のエグゼクティブクラスに到達することも十分あり得るんです!

1,500万円!?
残りの3,000万円はどこへ行った!?

お前か!私の3,000万を盗んだヤツは!?
吐かねーと、海に沈めてやるからな!!

お金は人生を狂わすでしゅ。。



。。。


超一流な知名度と人材を誇るアクセンチュアは、やはり年収も超一流の水準ですね!


数は限りなく少ないですが、エグゼクティブクラスまで昇りつめれば、4,500万円以上の年収も可能になります!


スタート時点から一般サラリーマンとは全然違いますし、20代で年収が1,000万円に到達する人もいるって、ほんと羨ましい限りですね。。


ただ、年収が普通の会社と2倍以上も違うということは、仕事内容や仕事量、評判までも普通の会社とは全然違うことが想像できます。

楽に稼げる会社なんて存在しませんから。。


次にお話します!


アクセンチュアは評判悪いしやめとけ?



アクセンチュアみたいな超一流コンサル会社には優秀な人が多く集まります。

なんせ、人気で給料も良いので、誰しもが憧れる会社だからです。


まあ、優秀ではない私には無縁な会社でしたが。。

無能は引っ込んどけ!
で、仕事内容はどうなんだよ!?

おまえも引っ込んどけ!
で、どうすれば4,500万円手に入るのよ!?

まだ言ってるでしゅ。



。。。


これだけははっきり言えます。

給料が凄いコンサル会社は心身ともにしんどい!!

ということです!

うっせー、このボケ!
そんなの聞いてねーんだよ!

4,500万円手に入るのなら、多少の犯罪もするわよ!

それはダメでしゅよ。

あ~ん!?

ごめんなしゃい。。




保険会社もそうですが、成績や評価が高ければ給料もうなぎ登りです。

ただ、競争が激しいですし、成績や評価が悪ければ、精神的に病む可能性もあります!


しかも周囲は優秀な人が多いので、その優秀な人たちに負けないようにしなければなりませんし。。


コンサル会社は有名であればあるほど依頼が多く、基本的に仕事量が多いです。


また、レポート1つでもレベルの高いものを求められるため、優秀でなければかなり苦戦します!

時間もかかりますし、時間をどれぐらいかけるべきなのか、ひどい時だとどうすればいいのかすら分からないですし。。


これは何もアクセンチュアに限った話ではありません!

実際に私が所属していたコンサル会社は小さかったですが、優秀な人が多く仕事のレベルも高く付いていくのがやっとでした。


なので、事業計画作成も他の人より時間がかかりましたし、簡単なフォーマットはあるのですが、細かい部分は自分で考えなければならないため、めちゃ遅くまで仕事をしていましたね。。

しかも、どれぐらいの完成度を求められているのか分からないため、必要以上に時間をかけてしまったり。。


ただ、忙しいのは何も優秀でない人に限りません!

いや、どちらかと言うと優秀な人ほど忙しくなります。


なぜなら、会社としては優秀な人に仕事を振った方が早くて、お客さんの信頼を得ることができるからです。

つまり、会社にとってコストパフォーマンスが高いということです!


当然ですよね。。

あえて優秀でない人に仕事を振る場合は “育成” 以外に考えられないですから。


なので、逆に優秀でない人ほど仕事が回ってくることが少なくなって激務ではなくなります!

あ、そう?
じゃあ、俺優秀じゃなくていいや。

それ、たぶん違うと思うでしゅ。




仕事で忙しいとなれば、当然、評判や口コミにも響いてくるんですよね。。

では、少し見てみましょうか!

働き方改革を推進しているが、実際は管理職以上にしわ寄せがいっている。また、プロジェクトによってはスタッフレベルも長時間残業しており、なかなか改善されていないのが現実的なところである。
外向けに発表している内容と、まだまだ差があるのが実態。

引用元:エン・ジャパン

そうなんですよね。。

コンサルの仕事ってクオリティが高いのが当然だと思われており、薄っぺらい書類だと仕事をしていないとお客さんに思われるんです。


なので、プロジェクトによっては無駄に分厚い資料を作ったり(もちろん根拠のある資料ですが。。)、クオリティを追い求めたりしてしまうんですよ。。


プライベートとの調整のしやすさはプロジェクトの内容やプロジェクトのマネージャーによるところが大きい。
会社全体としては残業を減らそうと取り組んでいるが、まだ社員の意識としては「このプロジェクトはスケジュールがタイトなのである程度の残業は仕方ない」「高めの給料をもらっているので残業にも応じる必要がある」というようなものが暗黙のうちに潜んでいる。

引用元:OpenWork




そうそう!

私も経験があります。


凄く細かい上司と一緒に仕事を取り組んだとき、やり直しの連続で毎日終電でした。

スキルが不足しているわけではありませんでしたが、とにかく細かくて。。


しかも、最後の方は疲労でおかしくなって、やり直す前の内容でOKとなりましたし。(笑)

おめぇの話なんてどうでもいいんだよ。

友達いないから聞いてあげるでしゅよ。



。。。


一方で、


コンサルティングファームの中ではトップクラスにワークライフバランスが確保しやすいと思う。土日出勤は1年間で数日あったが、その分代休を取得していたので、基本的に土日はフリーに過ごせている。

引用元:エン・ジャパン

ワークライフバランスはプロジェクトに寄るの一言。健全なプロジェクトでは自分の裁量でタスクの進め方をコントロールし、残業ゼロにすることも可能。一部炎上プロジェクトでは自分の頑張りではどうしょうもないところがある。

引用元:OpenWork

昨今のこともあってか、休暇は取りやすい環境だと思う。お盆や年末年始は給与取得推奨期間などもあり、現場内で呼びかけあって、休みをとる風潮もある。
ただ、本当に現場によるようで、過去に、休みたい旨を上司に伝えたら、「何があるかわからないから、まだ待って」と言われ、一向に休みがとれないと言っていた人もいた。上司の管理能力が低いと、そんなことが発生してしまう現場もある模様。

引用元:OpenWork

昔は長時間労働も当たり前という社風であったが、現在は競合他社も同様に業界全体として働き方改革が進んでいる。
そのおかげかやはり長時間労働の割合は入社してからも年々下がっている様に感じており、自分や周囲の声も鑑みて労働条件は著しく改善していると感じる。

引用元:OpenWork

お、意外と良さげ。
アクセンチュアで決まりだな!

誰がお前みたいな無能を雇うかよ!!

みっちゃんが入社する気満々でしゅ。




口コミを見ていると、悪口が少ないのが意外でした!


普通、コンサル会社は激務なので悪い評判や口コミを書く人が多いのですが、アクセンチュアはそうではありません。

仕事内容や上司次第なところもあるみたいですが、アクセンチュアは他コンサル会社と比較しても健全みたいですね!


実際にアクセンチュアは、2015年より社長自らが音頭をとって「プロジェクト・プライド」と呼ばれる働き方改革を行いました。

ワーク・ライフ・バランスの適正化を推進して、2017年より本格的に労働時間の改善が行われ、月45時間以上の残業は原則禁止になったんです!


これにより大幅な残業時間の削減が達成できたとしています。


なので、

アクセンチュアは評判が悪くないのでやめとけどころか良いコンサル会社である!

と言えますね!


このように激務でないし、給料も良く評判も悪くないアクセンチュアはさらに人気になりそうですが、中途入社は難しいのでしょうか?

使い捨てで転職を後悔するのは本当でしょうか!?


次にお話します!


アクセンチュアは使い捨てで転職を後悔するは本当か



アクセンチュアは使い捨てにするという噂ですが、おそらく採用人数が多いため、そう言われるのだと思います。


では、中途転職は比較的難しくないという話がありますが、本当でしょうか?

私はそう思いません!


コンサル会社で、しかも人気コンサル会社であれば、そもそも倍率自体が高いため厳しくなります。


ただ、20代といった若手であったりIT関係に強い人であれば、未経験であっても30代以降の人よりは中途でも転職の困難性は低くなります。


そして、使い捨てと言われる理由に、離職率の問題があります。

マネージャー以上になると、プロジェクトによって波はあるが、平均60h以上の残業は覚悟した方がいい。(酷い人は100hが数ヶ月続くこともザラである)

引用元:OpenWork




アクセンチュアでは、このようにマネージャー以上となると人材の流出入が激しくなるんですね。

激務であれば、当然、離職率は高くなります!


そして、離職率が高いと「使い捨て」といった噂がたってしまうんです。

でも、離職率が高いってブラック企業じゃね?




普通の会社であれば、離職率が高い場合、確かに使い捨てのブラックという可能性があります。

でも、アクセンチュアの場合は少し違うんです!

基本的に仕事はプロジェクト単位。仕事は、資料作りと毎週のお客さんとのミーティングがメイン。はじめてのプロジェクトは、資料のつくりかたやまとめかたもわからないままはじまるが、プロジェクトによっては頼れる人がいない。ここで潰れてしまう人もいるらしい。なのではじめのプロジェクトは、しっかり考えて選ぶ必要がある。また、事業会社から来た人は、まず仕事のやり方進め方に慣れるまである程度時間がかかる。ここで戸惑う人も多い。

引用元:OpenWork

人材を育てる・大切にする文化がないことに違和感を感じた。
大量に採用するものの育成はプロジェクト任せであるため、最初のプロジェクトで使えないと思われて放置されるケースも少なくない。
人数が多い会社とは言え、スタッフの能力に関する噂はすぐに広まるため、最初に放置されて必要なスキルを得られないと、以降生き残っていくことが難しい。

引用元:OpenWork

スコープ、役割、期間が明確に決まっており、物足りなさを感じたため。あくまで大手企業の1部署の1テーマ(○○業務の改善)に対して、一定期間(短いと数か月~半年)で、一定のアウトプットを出し、プロジェクトは終わる。その後の実行・結果確認・改善フェーズまでは携わらないことが多い。経営全般に関わりたい、提案だけではなく実行まで伴奏したい、継続的にクライアントの成長に関わりたいという場合はフィットしにくい。

引用元:OpenWork

コンサルティング部門にいるが、海外のソリューションを活用した経営改革のプロジェクトが型化されてきており、頭を使わなくても提案・プロジェクトデリバリーができるようになってきている。特にここ数年は採用拡大による社員の品質劣化が著しく、ソリューションを元にしたコンサルティングプロジェクトを増やすことで知見を溜め、誰でも回せるような標準化が進んでおり、他のプロジェクトの事例を焼き直すことでもはや頭を使わなくてもプロジェクトが回せるケースが出てきている。
結果として、コンサルタントとして求めていた成長ができず、あるソリューションに詳しいだけになってしまうリスクもある。

引用元:OpenWork




アクセンチュアの離職率が高い理由は、上記の口コミがヒントになるのですが、

  • 厳しい選考をくぐり抜けた精鋭メンバーで優秀な人が多い
  • 育成する文化がないため、優秀な人でも困難な仕事で潰れることもある
  • 大量採用のため、仕事が細分化されており面白みに欠け成長できない




特に一番最後の、仕事が型にはまりすぎて成長できないと考え、辞める人が多いということなんですね!


私もアクセンチュアほどではないですが、経験済みなのでよく分かります。

実際、私が所属していたコンサル会社は小規模だったため、全て一人で行うことができましたが、私が辞めてからは大量採用で仕事が細分化されてしまいました。


私の後輩に話を聞くと、細分化されているため仕事の面白みが欠けるうえ、一人で仕事を完結することができないため、成長することができず、いざ独立しても仕事を受注できない状態になると言っていました。


なので、私が所属していた時代の方が良かったと嘆いていましたね。。


また、コンサルタントって優秀な人が多いので、自分の能力の無さが嫌になることがあります。

私の場合、優秀な人と一緒に仕事をしてもついていけず、夜遅くまで仕事をしていましたし、プレッシャーが凄い仕事ばかりだったので、精神的にもかなりきつかったですし。。


小さいコンサル会社の私ですら、こんな感じなので、コンサル最高峰のアクセンチュアなら人材やら仕事の質は凄まじいでしょうし、凄い世界だと想像できます。

私ならプレッシャーで逃げてしまうかも。。(笑)

実際、お前は逃げただろ!?
ヘタレはクソして寝とけ!!

戦闘モードのみっちゃんを誰か止めて。。

言葉遣いもやばいでしゅ。。




コンサル会社って、使い捨てというより、仕事についていけないから辞める人が多いんですね。

優秀でなければ結果的に仕事が遅くなって体を壊したり。。


優秀な人にはかなわないと分かりますしね。。


アクセンチュアは上司次第で育成の丁寧さも違うみたいなので、変な上司に当たれば仕事で潰される可能性もあります!



なので、アクセンチュアを使い捨てのクビになるってことはあまりないと思いますし、自分から辞めざるを得ない状況になるんです。

私もそうでしたが、仕事のレベルと仕事量に能力が付いていけず、精神的にも辛くなって逃げるようにして辞めましたから。。


また、アクセンチュアの離職率の高さは別にもあります。

アクセンチュアだけでなくコンサル会社に共通していることなのですが、そもそも、

長く働く気がない!

ということなんですね!


私もそうでしたし、知人もそうですが、コンサル会社は基本的に学ぶ、ノウハウを得るための経由地的な会社であり、独立するための手段でもあります。

なので、私の感覚だと、3~5年で辞める人が多いですね。


コンサル会社は基本、激務だということもあり、長い間働く場所でもないと思っています。

まあ、コンサル会社側も優秀な人にだけ残ってもらいたいので、あまり気にしてないのかもしれませんが。。


なので、コンサル業界自体、去る者を追わずみたいな雰囲気なので、私も含め、コンサル会社で使い捨てという感覚もありません!



では、アクセンチュアに転職すれば後悔するのでしょうか!?


私はそうは思いません!

アクセンチュアを含め、、

コンサル会社で得ることは本当に多いです!

優秀な人間が多いうえ、レベルの高い仕事、仕事の進め方、ノウハウ、人脈等。。


私は普通の会社からコンサル会社に転職したので分かるのですが、もうレベルが全然違ってびっくりしました!

そして、コンサル会社に私は2年間しか所属していなかったですが、激務だけあって5年ぐらいいた感覚です。


最後は心身ともにボロボロになって辞めましたが、得るものは非常に多かったですし、能力が飛躍的にUPしたので、私はコンサル会社に転職して後悔どころか、逆に良かったと思っています!


なので、アクセンチュアへの転職は後悔するからやめとけ!ではなく、、

アクセンチュアで働けるのなら、絶対に働くべき!!

だと言いたいです!


私が所属していた小さいコンサル会社でも得るものが多いのに、最高峰のアクセンチュアであれば、得るものは半端ないと思います!

しかも入るのが難しい試験を突破できるのであれば、あなたの能力は相当高いはずですし、断る理由がありません!!


私なんて書類で落とされると思いますし。。

入りたいなんてとても言えません。(笑)



それほど、アクセンチュアはハードかもしれませんが凄い会社だということを示しています!

求める人には伸びる場であると思います。自分がどんな人生を歩みたいか、どれくらいのスピードで昇進したいか、何を実現したいか、に向き合えます。フェアに評価はされると思います。人がすべての会社なので人が財産であり、その人その人にあった、成長、キャリアパスを構築する事に腐心していると思います。

引用元:エン・ジャパン

成長環境は素晴らしいの一言。勉強会はかなり盛んで、学ぼうと思えばなんでも学べる。
英語は当然のこと、データアナリシスの二日間にわたる勉強会も月1で催されていたり、各業界の勉強会もある。前職ではなかった、ビジネスの基礎である、エクセルの効率的な使い方、関数モデルルーム作成の講義だったり、パワポのつくりかた、提案の仕方、リサーチの仕方、など、ほんとうに学ぼうと思えばなんでも学べる。

引用元:エン・ジャパン

常にストレッチ目標を課されているため、非コンサルに勤めている同年代の友人たちに比べると、レベルの高い仕事ができていると感じる。また、ITの先端技術を積極的に取り入れている会社なので、ITに関する感度が高まっていると感じる。

引用元:OpenWork

ネームブランドもあるため、有名企業のプロジェクトに関わることが殆どであり、アクセンチュアに所属しながらクライントの業務が行えてスキルが身につく点が良い。
定期的にプロジェクト替えもあるため、一社にいながら複数社の仕事ができ専門性も身につく為社会人としての能力はついていく。

引用元:OpenWork

優秀な同僚も多く、グローバルなテーマや規模の大きな案件を取り扱うことが多いため、案件によっては日経新聞によるようなものもあり、社会的意義ややりがいを感じることができると考える。クライアントからの期待値が高い場合もあるが、それも楽しめる人であれば最高の環境である。

引用元:OpenWork




上記の評判、口コミが全てを示していると思います!

なので、もしアクセンチュアに入れるチャンスがあるのであれば、絶対に逃すことがないようにしてください!!


コンサル会社に転職する際の注意点



ただ、今からアクセンチュアも含め、あらゆるコンサル会社を視野に転職活動をするのであれば、応募書類は当然ですが、コンサル会社面接対策が必要です!


私は何社も面接を受け経験済みですが、普通の会社とはかなり違うと思います。

ある会社ではクイズ形式の問題を出したり、めちゃ難しい筆記試験を受けさせたり、特殊なのが多いんですね。


ただ、共通しているのは「論理性」を求めてくることです。

まあ、コンサル仕事には論理性が重要なので当然と言えば当然ですが。。


なので、コンサル会社に強い「転職エージェント」を選び、一緒に転職活動をするぐらいでないと難しいコンサル会社に受かるのは至難の業だと実感しています。

応募書類の書き方は重要ですし、コンサル会社向けのものが必要ですから。



JACリクルートメント」は私も実際にお世話になったこともあり、おすすめの転職エージェントです。

実際、応募書類の書き方は凄いですし、面接対策もかなり参考になりました。


JACリクルートメントの良いところは、コンサル会社に強いことに加え、その他のハイクラス案件にも強いところですね!

なので、仮に難関なコンサル会社に転職できない場合でも、コンサル的な仕事である経営企画やマーケティング仕事にも可能性が広がります。


コンサル会社に転職できれば良いですが、できない時の保険も必要だと思います。

実際に自分が向いている、合っている仕事がコンサル会社でないこともありますから。。


もちろん他の転職エージェントも併用すべきですが、とりあえず JACリクルートメントは抑えておいてください。


JACリクルートメントで年収アップのハイキャリア案件に転職できる理由



結論、アクセンチュアの中途は厳しいけれど、別にヤバくはないし得ることが多いので、やめとけどころか行った方がいい!ということになります。


なので、アクセンチュアは難関中の難関ですが、チャレンジできるのであればしてみてくださいね!


最後に




今回は「アクセンチュアは評判悪いしやめとけ?使い捨てで転職を後悔するは本当か」ということで、

  • アクセンチュアとはどんな会社なのか?
  • アクセンチュアは評判悪いしやめとけ?
  • アクセンチュアは使い捨てで転職を後悔するは本当か



以上の内容をお話させていただきました。


アクセンチュアに限らずコンサル会社の年収は良いのですが、どこも激務で仕事は大変です。

なので評判が悪くなったり、変な噂が飛びかったりもすることもあります。


でも、コンサル会社で得られるものは、他の業界よりも多いですし、仕事の進め方や考え方も非常に勉強になります!


何より、コンサルティングの基礎が身に付くうえ、ノウハウやフレームワークも手に入れることができるのですから!


私は40代でしたが未経験のコンサル会社に転職し、結果2年で辞めましたが、転職して良かったと思っています。

たった2年でも成長度は半端ないですし、次の会社に転職するにも独立するにしても絶対に役に立つはずです!


逆に、コンサルタントになりたいのに転職しないほうが絶対に後悔すると私は思うのです!!


なので、迷っているのであれば、是非とも挑戦したいただきたいと思います。



以上となりますが、今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!


【特徴と強み】JACリクルートメントでキャリアアップ転職できる理由


【関連記事】コンサルについていけない、向いていない人の特徴!コンサルきついは本当か?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA