転職エージェントはいらない?使わないほうがいい?失敗しない賢い使い方



こんにちは!


中小企業診断士でいらないと言われるのが怖い、ネガティブ営業マンのことまです。

こっさんと呼んでください。


  • 転職エージェントは使わないほうがいいと考えている
  • 転職エージェントはいらないのでは?と疑問を持っている
  • 転職エージェントの失敗しない使い方ってあるの?



以上のように転職を考えているけれど、転職エージェントに疑問を抱いているあなたに、今回の記事を読んでいただきたいと思います!


私は今まで転職経験が7回あり、しかも40代で3回転職しております。


なので、あなたの転職エージェントに対する不安や不信は凄く分かりますよ!

転職エージェントなんて訳が分からんヤツらが役に立つのかよ?

こっちゃんみたいなクズよりはマシだろうけど、確かに怪しいわね。

こっちゃんか、転職エージェントか。。




なぜ、「転職エージェント」はいらないのかですが、、

転職エージェントは役に立たないと思っているからではないでしょうか!?



だから、いらないという話になっていると思うのですが、果たして本当に「転職エージェント」は役に立たないし使わないほうがいいのか!?


ということで今回は、

  • 転職エージェントはいらない、使わないほうがいいのは本当か?
  • 転職エージェントの失敗しない賢い使い方



以上の内容となっていますので、是非とも参考にしてください!


転職エージェントはいらない、使わないほうがいいのは本当か?



そもそも、なぜ「転職エージェント」はいらない、使わないほうがいいという話が出てくるのでしょうか?

理由は色々とあります。

  • 対応が遅いし連絡が来ない
  • 見当違いの対応と求人を紹介してくる
  • 興味のない求人に無理やり応募させようとする
  • 求人企業のことを何も知らない
  • 応募書類や面接のアドバイスがない
  • 交渉をしてくれない 等



全部ではないかもしれませんが、上記の数個が該当しているからだと思います。


私は7回転職経験があり、メジャー系からマニアックな転職エージェントにお世話になったのですが、「いらない、使わないほうがいい」となる真の理由は3つだと考えているんですね。

  • 自分や希望をうまく伝えられていないから
  • 担当者に問題があるから
  • 転職エージェントに問題があるから



以上のどれかです!

いえ、違います。
理由は、ブサイクなくせに自分を格好いいと勘違いしているハゲ坊主のせいですね。

加えてバカでしゅ。

まさか、俺のこと?




順番にお話します!


自分や希望をうまく伝えられていないから



例えば、あなたが今まで何をしてきたのか?何ができるのか?

これらのことを伝えきれていないのであれば、転職エージェントの担当者もどの求人を紹介すればよいのか分かりませんし、応募書類の助言も行うことができません!


なので、転職エージェントが役に立たないことになります。

ちゃんと言ってるけど?
仕事が楽で残業なしの給料がめちゃ良くて、おまけにカワイ子ちゃんがいっぱいいる職場が希望って。

。。。

きもいし、マジで消えてくれ。




特に、応募書類である「職務経歴書」はうまく書けなくても、自分なりにしっかりと書いて提出する必要があります!

逆に職務経歴書すら書かない場合、担当者がやる気なしと見なして、冷たくあしらわれる場合があるんです!


私は転職エージェント慣れをしているので、事前に何を聞かれるのか分かっていますし、応募書類を仕上げてから、担当者と面談を受けることにしているんですね。

なぜなら、「やる気あり」と見られますし、今までの経験や希望職等の話がスムーズに進み、応募まですぐに辿り着くからです。


そうなると、担当者もやりやすいですし、転職への道が早くなるので担当者の成績も上がる可能性があります。



つまり、転職への準備をしっかりしている人ほど、早くに転職が可能なうえ、転職できる可能性も高くなるので担当者もやる気が出るわけです!!

俺の優秀さと男前さを見れば、納得すると思うけど?

うっせーわ、ブサイク。




理論は簡単ですね。

転職の可能性が70%でやる気のある人と、可能性が30%でやる気があるのか分からない人とでは力の入れようが違うということです!

俺の優秀さと男前さは 1000% だけど?

おまえはオメガドライブか。

「君は1000%」でしゅね。
古臭くてもう誰も知らないでしゅよ。。



。。。


勘違いして欲しくないのは、「あなた」がやる気がないと言っているわけではありません!!


ただ、うまく担当者に伝わっていない可能性があるということです!


俺の男前な顔を見れば分かるけど?

もうやめて。。
聞いてる僕が地獄でしゅ。。




例えば、希望が伝わっていなければ、担当者は見当違いの求人を紹介してきます。

また、希望は伝わっていても自分の強みや経歴が伝わっていなければ、こちらも見当違いな会社を紹介してくるんですね。


結果、転職エージェントは役に立たないので、いらないし使わないほうがいいということになるんです。



なので、まずはしっかり自己分析をして担当者に自分を知ってもらう必要があります!

自己分析とは、自分の強みや得意なことが何かを把握して、どこでどのように活かせば良いのかを把握することです。


私は自己分析するかしないかで転職もそうですが、人生が変わると考えています。


なぜなら、自分を知らなければ実は苦手なことに一生懸命になっているとか、強みを活かせない職場で苦しんだ結果、精神的に病んだりする可能性があるからです!

実際に私は超ネガティブですが、自分を活かせる職場で成績を上げれるようになり、コンサルタントになることもできました。


また、自分に合わない会社やお金につられてブラック企業に転職してしまう可能性もあります!


自己分析をすれば職務経歴書や自己PRの内容も変わりますし、自分の強みが活かせる希望の会社を転職エージェントに伝えることもできますので、転職活動がスムーズに進みます。

なので、是非とも自己分析を行ってあなた自身を知り、自分に合う会社を知っていただきたいと思います!


転職活動に必須の自己分析は下記記事を参考にしてください。


【30代以上の転職者必見!】SWOT分析で自己分析のやり方と事例を紹介します


担当者に問題があるから



しっかりと自己分析を行い応募書類も作成して、希望も伝えやる気もある。


この状況で転職エージェントは使えないのは、もう、、

担当者がボンクラ!!

「あ、俺のこと?」



ということです!

だろ?
俺のせいじゃねーよ。

こっちゃんのせいだと思うでしゅけど。。




はっきり言いますが、大手であっても「転職エージェント」の担当者レベルの差はあります!

これは、転職エージェントを数十社経験した私が断言できるんですね!


優秀な人もいれば、残念な人もいる。。


なので、さっさと担当者を代えてもらってください!


もし、担当代えができないくらい小さい転職エージェントなのであれば、次にもお話しますが、転職エージェント自体を代えた方がいいです!


あなたの人生です。

残念な担当者にあなたの人生を台無しにされる方が絶対に後悔しますので、遠慮なく代えてもらってください!



先ほど、大手でもレベルに差があると言いました。

であれば、担当者は運だと思ってその転職エージェントの強みに着目したほうが良いと思います。


そこで私のおすすめは「リクルートエージェント」です。


大手の中でも求人数は NO.1 なので、選択肢は広がりますし特に30代以上の人は求人数の多さが重要となります。

私もお世話になっており担当者の平均レベルも高いので、1社目の転職エージェントとしては抑えておくべきだと思います!

➡【公式サイト】リクルートエージェントの無料登録はこちら



➡リクルートエージェントの口コミはひどいし最悪?いえ、30代以上のあなたが使うべき理由


転職エージェントに問題があるから



最後の「転職エージェント」がいらない、使わないほうがいい理由は、

あなたが優秀すぎる

ということです!

だろ?
知ってるけどね、えへへ。

おまえじゃねーよ、租チンハゲ。

乙女がそんなこと言っちゃダメでしゅよ。。




自分の強みや経歴をしっかりと把握しており、担当者があなたのレベルに合っていない。

担当を代えても一緒なのであれば、もうその転職エージェントに用はありません!


さらにレベルの高い転職エージェントを選ぶべきです!


今の転職エージェントでは時間の無駄なうえ、良い求人は得られないと思いますし、後悔する可能性があります。

なんせ、担当者のレベルが低く求人企業を把握していないため、あなたが思っていた会社ではない可能性があるので危険です!


なので、グンとレベルを上げるために「JACリクルートメント」を活用すべきだと思います。


30代以上のハイキャリア案件については質と量共に間違いなくトップレベルであり、専門性が高いコンサルタントが在籍しているんです。

私も利用しましたが、マジでレベルが高かったですね。(笑)


求人企業もハイクラスが多いため、当然担当者のレベルが高くないと求人企業が寄ってこないので当然ですが。。


私はJACリクルートメントで応募書類の書き方を徹底的に学びましたし、レベルの高い求人も紹介してもらえました。


下記記事を参考にして欲しいのですが、今の転職エージェントのレベルに満足しない、年収を上げたい、スキルアップを図りたいのであれば、おすすめですよ!

一度試してみるのはありだと思います。

【公式サイト】JACリクルートメントの無料登録はこちら




【参考記事】JACリクルートメントで年収アップのハイキャリア案件に転職できる理由



もしレベルが高かったとしても、リクルートエージェントに戻ればいいだけですから。(笑)


転職エージェントの失敗しない賢い使い方



いらないと思われている転職エージェントですが、本当に使わないほうがいいのでしょうか?

必要ないだろ。
信じられるのは自分だけだからな。

その自分が間違っているんでしゅけど?

イラッ。




私は、転職エージェントは必須だと考えています!


ただ、必要のない状況はあります。

紹介の場合ですね。


紹介であれば、もうすでに転職エージェントの役割は終えていますし、情報も紹介者から得ればいいので、特に必要はありません。


ただ、転職エージェントは必須と言いましたが、失敗しないために賢く使うべき状況とは、

  • 年齢が30代以上
  • 未経験業種に転職したい
  • 転職に慣れていない



この場合は使うべきと言いますか、使わないとヤバいことになる可能性があります!

転職先にバカでブサイクに加え、モーホーにすら好かれないタートルネックボーイのK君がいたりとか?

さらに、クリリン君よりハゲのこっちゃん君がいたりとか?

もう俺の名前出しちゃってるじゃねーかよ。。




30代以上の転職となると、今までの経歴や経験、蓄積されたスキル、人脈が必要となってきます。

もし持っていたとしても、求人企業に伝わらなければ持っていないと同然になってしまうんですね!


そして、経歴等を表現するのが「職務経歴書」であり「自己PR」になるのですが、求人企業に合わせたものに仕上げる必要があります。

あなたの強みや能力を伝えるかつ、自身が求人企業が求めている人物像であることを根拠を持って証明しなければなりません。


なので当然、求人企業に合わせた応募書類の書き方と、求める人物像の詳細情報を得ることが重要になるんです!


なかなか難しいんですよね。。

応募書類のレベル差ははっきり出ます!


私は所属先の会社でもそうですが、コンサルタントとして顧問先の面接官も行います。

正直「これは酷い。。」と思った書類はいっぱいありました。


応募書類の書き方は慣れていない人には難しく、ただの経歴を羅列したものになりがちで、転職に慣れていない人は特にそうなります。


私も最初は酷いものでしたが「JACリクルートメント」で、一から教えてもらった時には衝撃が走るほどでした!

JACリクルートメントの担当コンサルタントは本当に細かく大変だったのですが、おかげで私の今の職務経歴書の原型となっています。

参照:私の実際の職務経歴書


JACリクルートメントの履歴書・職務経歴書ノウハウが凄い訳 体験して分かった!



また、面接対策でも必要なのですが、求人企業の詳細を担当から聞くことができます!

参照:私とリクルートエージェントとのやり取りメール


リクルートエージェントに登録し使ってみた!流れと応募後面接までの体験談



上記は「リクルートエージェント」になりますが、電話でもさらに突っ込んだ話が聞けます。

残業とかブラック度であったり、また給与等の条件交渉までしてもらえるんです!


面接官には聞きにくいですが、エージェントであれば聞きやすいですからね。。


ここまでお話したことが「独力」で可能でしょうか!?


確かに。。
ちょっとなめてたかも。




ほとんどの求人企業は点数で決まる絶対評価ではなく、例えあなたが優秀でも、他にそれを超える人がいれば採用しないという相対評価をします。

独力だろうが転職エージェントを使おうが関係ありません。


であれば、少しでも情報をもらえるうえ、応募書類の採点や面接対策まで行ってくれる転職エージェントを使わないメリットはあるでしょうか?

しかも、無料で無理に転職する必要もないんです。


こんなにリスクのないものはないと思います!

なので、実際に私は転職活動時には必ず転職エージェントを活用するわけですね!


別に私は「転職エージェント」で仕事をしているわけではありませんが、使わない理由が分からないです。


登録が面倒くさいとか、メールが多いからうっとおしい等あると思いますが、相手も仕事ですし、無料であれば多少の我慢も必要だと思います。

担当が嫌なら代えてもらえばいいですし、転職エージェントを代えれば何のリスクもありません。



それより、転職に失敗するほうが、あなたの人生にとってよっぽどのリスクだと思います!


面倒だ、うっとおしいから独力で転職活動をしてしまったために、転職後、「こんなはずではなかった。。」となれば悲惨です。

転職先が実はブラック企業だった時には、もう人生終わったと思うかもしれません。


実際に私は転職エージェントを使わずに焦って転職して失敗したため、1ヶ月で辞めることになった経験があります!


転職エージェントを使わないほうがいいと思うのであれば、「使ったほうがいい」状態にするにはどうすればいいのか?を考えれば良いだけです。


そして、何から何まで転職エージェントを使い倒すのが、失敗しないと共に賢い使い方になります。


➡30代におすすめの転職サイト、エージェントはこちら

➡40代におすすめの転職エージェントはこちら


最後に




今回は「転職エージェントはいらない?使わないほうがいい?失敗しない賢い使い方」として、

  • 転職エージェントはいらない、使わないほうがいいのは本当?
  • 転職エージェントの失敗しない賢い使い方



以上の内容をお伝えしました。


転職エージェントに自分のことや希望をしっかり伝えているのに、いらないと感じるのであれば、担当を代えるかエージェント自体を変えるべきです。

役に立たないから使わないとなると、転職確率が落ちるうえ、転職後に後悔する可能性があります!


なので、人生に後悔しないためにも、賢く「転職エージェント」を活用しまくってくださいね!


今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです!


【公式サイト】JACリクルートメントの無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA