40代転職でブラック企業は人生どん底だ!見分け方と対策を経験者が教えます



こんにちは!


中小企業診断士でブラック営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。


40代で転職を考えているあなたは、絶対にブラック企業に行きたくないはずですよね。。

というか、言ったら人生どん底状態になります!

ブラック企業に行きたいヤツなんかいないだろ。。 

あんた、ブサイクでブラック顔なんだから、ブラック企業に行きなさいよ。

ブラック顔・・
でしゅね。




私は40代でブラックに近いグレー会社に転職してしまい、危うく人生を終わらせかけてしまいました!

私は人生終わった状態で仕事するのが嫌なので、1ヶ月で辞めましたが。。

絶対にブラック企業は嫌だ。 

だから、ブサイクはブラック企業に行けって。



ただ、求人内容やあっさりとした面接ではブラック度は分からないんですよね。。

なので、ブラック企業に転職してしまう私みたいな人が多いのだと思います!


死んでもブラック企業は嫌だ。 

ブラック企業に行けっつってんだろ、このボケ!
もしくは海に沈めたろうか!?

ひ~。
なんでなんでなんで~? 




あなたには是非とも私の真似をせず、ブラックを避けてください!


入社してみたら実はブラック会社だったとなれば、またすぐに転職活動スタートしなければならなですし。。


ということで今回は、

  • 面接でブラック企業を見分ける方法
  • 人生どん底にしないためにブラック企業へ行かない対策



以上のお話をしますが、ブラック度以外で鋭い質問や質問数についてもお答えします!


面接でブラック企業を見分ける方法



転職面接ではよく、”面接官の質問にどう答えるか” にスポットが当たります。

そりゃそうだろ。
なんせ、面接なんだから。



確かに採用されるためには面接官の質問に答えなければなりませんし、
うまく答えた方が良いに決まってますが、もっと気にした方がいいことがあります。


それは、会社のブラック度です。


いくら面接官の質問に答えられて採用されたところで、転職先がブラックであれば意味がないですよね。

なので、転職面接では絶対に確認しなければならないことなんですよ。


面接で良い子ちゃんのまま採用されても、実は思っていたのと違う。。

となれば、元も子もないです。


面接は、「あなたも面接官」なのですから、ここでブラック度を見分ける必要があります!


面接官にブラック質問攻めをする



実際の面接の場でブラック度を見分けるためのポイントは、”面接官に質問攻めすること” です。

質問攻めってなんぜよ?



そう、こちらから質問しまくるってことですね!


もちろん、相手の質問にも多少は答える必要はあるのですが、基本的に9:1ぐらいの割合でこちらの質問を多くします。

9:1。。
ほとんど全部。



大丈夫です!

なぜなら、ブラック度を確認するには、こちらのペースにすることが大事なんですね。

でも、ほんとにそんなことが可能なのかよ?




中小企業であれば簡単です!


最初の質問は当たり障りのない内容にして、面接官が答えた内容をさらに深掘りして再度質問します。

それを繰り返してブラック度の核心に迫るんですが、質問を繰り返せば、会話が段々弾んでくるんですね。


ポイントは話をしっかり聞くことと、面接官をヨイショすること!

すると、段々面接官も心を許して、色々と話をしてくれるんです。



もし面接官が営業部長で、ブラック懸念が社長だとすれば、


「部長は何人も部下を持って大変ですよね。。」

「部長になるまで凄い売上を上げておられたんでしょうね!御社でどうやれば部長みたいに売上を上げられるんですか?」

「よっぽど社長から信頼されているんですね!」


等、ヨイショしながらも、気になる営業方法も聞きます。

そして、


「その信頼されている社長ってやっぱり凄い人なんですか?何が凄いんですか?」

「すごいカリスマ社長なんですね。カリスマ社長の下で部長も大変なんでしょうね。。」

「部長みたいに社長に認めてもらおうと思えば、どうすればいいんでしょうか?」


てな感じで聞きます。

普通であれば、ここまで深堀りできないかもしれませんが、こちらのペースでヨイショしながら質問を続けて、相手の苦労話も聞いてあげれば、時間が経った時点でかなり打ち解けているはず。。


そして、打ち解けたと感じた時に核心に迫るんです!


実際に私は、何度もこの方法を使って相手から特に質問されることなく、色々と聞き出してました。

話しすぎて面接官からの質問がゼロの時もありましたし。。


また、私は状況によって、直球で「社長の噂が色々とありますが、本当ですか?」って聞くこともありました。


実際、その面接官は口を濁しながらも、かなりワンマンであることを愚痴っておられたので、「これはやばそうだ。。」と感じて、私は結局断ったことがあります。

断るときに面接官には謝りましたが、「社長がワンマンだからしょうがない」って言ってました。(笑)



このように求人企業の情報を集めて、面接官を質問攻めにすれば、ブラック度が見えてきますので、是非とも試してください!


人生どん底にしないためにブラック企業へ行かない対策



先ほど、私は質問攻めをするのでほとんど質問が来ないと言いましたが、それでもたまに面接官から質問が来ることがあります。


こちらを試すような質問や矛盾を突いてくる質問ですね。

あるある、意味が分からない質問。



そんなどうでもいい質問はさらっとかわし、早くブラック質問に戻ることが大事です!

そしてひたすら質問するんですね。

でも、そんなにさらっとかわせねーよ。。



それではマズいです!

相手に質問されまくると相手のペースになり、しどろもどろになってしまう可能性がありますから。。


相手のペースになってしまうとブラック度を探ることができなくなります。


なので、面接前に何通りもの質問内容を考えておいてください!

内容はフォーマットにして、どの会社でも対応できるようにするのもありです。


志望動機や面接でミスらない方法は下記記事も参考にしてください。


【参考記事】40代の転職で志望動機は嘘でもいい?転職7回の例文も紹介


私の場合は質問内容をある程度想定した内容を暗記し、ある程度答えれるように事前に準備していました。

ここでつまずいては、肝心の目的であるブラックかどうかを探ることができませんからね。。


そして、ブラック度を知るための質問も多く用意してましたが、ブラックかどうかを知るために一番いいのは会話形式です。

つまり、私の質問の答えの内容をさらに質問するといった、逆面接方式ですね!


私は職場環境を確認するために、女性の方はお昼ご飯はどのようにして食べているのか?から始まり、抑えておかないと怖い重鎮の女性は誰か?まで聞き出します。


大企業であれば堅い面接となるので少し難しくなりますが、中小企業であれば、問題はありません。

面接官の経歴を聞くことから始めてもいいですし、こちらがとにかく聞きたいことを聞きながら面接官も気持ちよくさせて、徐々にブラック度を知るための質問を投げるようにしてください!


そして徐々に核心に迫る。


面接官も人間であり従業員ですので、思いっきり愚痴を聞いてあげましょう!


俺もブラック度は気になるけど、直接聞くのはちょっと。。



そうですよね。。

面と向かって聞くのはためらう人には下記方法も試してみてください!

  • 口コミサイトで情報を得る
  • 転職エージェントから情報を得る



以上が私が使っていた方法なので、順に説明しますね!


口コミサイトで情報を得る



まずは応募企業の評判を調べることです。


もし、口コミサイトに登録していないのであれば、登録しておいた方がいいと思います!

おすすめは私がよく使っていた転職会議です。

でもよー、口コミサイトって何だか怪しくね?



正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりました!

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなるんです。


かなり面白い内容もあるので、是非登録はしておいた方がいいと思います。

【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

転職エージェントから情報を得る



転職の口コミサイトで情報を得た後にすべきことは、「転職エージェント」からブラック度情報を得ることです。


口コミだけでは嘘の情報や古い情報が混ざっている可能性もありますので、転職エージェントのキャリアアドバイザーから生の情報を得るようにしてください。

転職エージェントにそんなブラックなことを聞いても大丈夫なのかよ?



求職者の中には転職エージェントに遠慮して、あまり質問しない人もいるのですが、転職エージェントのキャリアアドバイザーは面接官ではありません!


いわば転職活動のパートナーなので、遠慮は全く必要ないんです。

私はキャリアアドバイザーに率直に聞いてました!


「この会社は転職会議でこんな悪い噂があるのですが、本当ですか?」


こんな感じですね。

えらいストレートだな。



なんなら、嘘をついて聞いてもいいです。

例えば、口コミには書いてなかったけれど、「残業が多いって噂ですが、本当ですか?」


と誘導するのもありですね。

俺よりも悪どい。。



ただ、キャリアアドバイザーによっては正直に答えない人もいますが、本当であれば、求人会社をフォローしながらも話をしてくれます。


転職エージェントは嘘をついて無理やり転職させても、すぐに辞められたら評判が下がるため、ある程度のことは喋ってくれます。

なので、転職エージェントには遠慮なく、直球でブラック度を聞く方がいいですよ!


私の場合は、もっとド直球で、

「ここの会社ヤバくないです?もし噂が本当なら、速攻辞めますけどね。」

と半ば脅しみたいな感じで聞いてました。(笑)


このように事前に言っておけば、キャリアアドバイザーもビビるので、知ってる限り本当のことを言ってくれましたよ!

何がパートナーだよ。。
言ってることがむちゃくちゃ。



まあ、キャリアアドバイザーによって言い方は変えてますけどね。

優秀な人にはもう少し柔らかく。(笑)


とにかく、もし転職エージェントにまだ登録していないのであれば、登録も相談も無料なので絶対に登録しておいたほうがいいと思います。

➡おすすめの転職サイトと転職エージェントはこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら


【関連記事】40代転職の実体験談 リクルートエージェントが評判より意外と良かった件


最後に




今回は「40代転職でブラック企業は人生どん底!見分け方と対策を経験者が教えます」をお伝えしました。


私のブラック度を確認する方法は、

  1. 面接官に質問攻めをする
  2. 口コミサイトで情報を得る
  3. 転職エージェントから情報を得る



以上の3つです。


40代でブラック企業に入ってしまえば人生どん底ですから。。

なのでしっかりと情報を集め、ブラック度を探る準備をして面接に挑む必要があります!


私は、面接はこちらが相手企業を面接するつもりで挑むことが大事だと思ってるんですね。

転職先のことをあまり知らずに入社すると後悔する可能性がありますから。


なので、ガンガン質問しちゃってください!



そして、転職企業を選ぶ前に大切なのは、自己分析です。

自己分析と転職先の分析の両方をしっかり行うことが転職成功のポイントになります。


つまり、”敵を知り己を知れば百戦危うからず” ですね。


【参考記事】おすすめの自己分析方法と診断例 シート・ツールを転職7回の私が紹介します!



今回の記事を参考にしていただき、40代のあなたがブラック企業に転職しないことを私は祈っています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA