定時退社は悪ではなく当たり前!定時ダッシュで私の人生が激変した話





こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。

  • 勉強してスキルアップしたい
  • 定時に退社して勉強したい
  • 定時にうまく退社する方法ないの?



こんな人に今回の記事を是非読んでいただきたいです。


あなたはスキルアップを図りたいと前向きにもかかわらず、勉強する時間がないのではないでしょうか。


最近、「残業が美徳」という風潮は減ってきましたが、それでもやはり残業が当たり前の会社は多いですよね。

あなたの会社もそうですか?

そうそう、うちの上司が残業好きで、ほんと困ってんだよな~。

そのクソ上司を私の前に連れてきなさいよ。
ボッコボコに論破してあげるから。
あ、灰皿で殴っちゃうかもしれないけど♥

ぞ~っ。。

あ、嘘です。。
うちの上司、残業が嫌いでした。。



私が過去に所属していたアパレル会社も残業が好きでした。

ほんとアパレル業界って残業が好きなんですよね~。

お客さんのお店が遅くまで営業してるって影響もあるんでしょうが、残業代も出ないですしね。


まあ、コンサル会社ではもっと遅かったですが。。

サービス残業は悪だと思います。



そう!

残業を強要するような会社は、悪です!

そんなクソ会社なんか、、

辞めちまえ!!



とまあ、そんな簡単でもないですよね。。


私は資格勉強時間を確保するために残業時間をなくしました。

なので、あなたもうまく残業しないようにするしかないです!


そして、浮いた時間で勉強してスキルアップしちゃいましょう!


ということで今回は、

  • 定時退社は悪ではなく当たり前!
  • 定時にうまく退社する方法
  • 定時ダッシュで人生が激変した私の話
  • それでも定時退社できない場合



以上の内容をお話しますので、ご参考にしていただければ幸いです!

定時退社は悪ではなく当たり前!



残業が大好きな会社って、

定時退社 = 悪



みたいな感じになってますよね。

私の過去の会社でもありました。


残業が大好きというか、美徳だと思っている古参営業マンがいたのですが、少しでも売上が下がると、、

「定時退社するぐらいなら、もっと売上をあげろ!」

「営業マンに定時なんかない!!」


こんなことを大声で怒鳴ってました。(笑)


ほんと、言われる方は地獄ですよね。

ほんとだよ。。
うちの上司もほんと何とかならないかな。

だから、、
その上司を私の前に連れてきなって!

こっちゃん、上司のこと言ったらだめでしゅ!
灰皿で頭をかち割られるでしゅよ。

かち割るって、どういう意味?

なんでもないですぅ。。



とにかく、残業は悪です!

逆に言えば、定時退社は悪ではありませんし、当たり前の権利なので堂々と帰ったらいいんですよ!!


私は中小企業診断士の勉強で学びましたが、「労働基準法」というものがあります。

詳細は避けますが、36協定がない場合に限り、労働時間は制限されているんです!


なので、法的にも定時で帰ることは当たり前で問題ありません!!

て言っても、うちの上司が、、

しっ!!

あ、、うちの上司は残業が嫌いなので、問題ないっす。。

ちっ。。



ただ、法律論で反論したところで、クソ上司には通用しないでしょうね。

逆ギレされて、ボコボコに殴られるかもしれませんし。(笑)


なので、別の方法が必要ですね!

定時にうまく退社する方法



よく定時退社するには、仕事を効率化するといった話が出てきますが、それは自分の仕事量が多い、または仕事能力が足らないことであって、ちょっと今回の話とは違ってきます。

もし、仕事ができない等の問題で残業しているのであれば、下記の記事を参考にしてください。



今回の場合、定時で帰ろうと思えば帰れるけど、上司の問題や会社風土の問題で帰れないというものです。

その場合にどうすれば、うまく定時退社できるかですが、一番手っ取り早い方法は、、

  • 会社で実績を上げる
  • 会社内で変えの利かない人間になる



この2つが一番分かりやすいですね。


営業マンの場合、会社で誰よりも実績を上げていればさっさと帰ることが可能ですし、上司も文句は言えないでしょう。

営業マン以外の場合は、どんな分野でもいいですし、会社で代えの利かない人になることです。


実際に私の過去の会社で、ウルトラ有能な事務員さんがいたのですが、正社員にもかかわらず、一人だけ自在に勤務時間を変えて会社に来てました。

仕事がめちゃくちゃできるし、その事務員さんが居なければ仕事が回らないので、上司も周りも何も言いませんし、逆にご機嫌を取ってましたね。(笑)

あ、それ私のこと?
私そんな感じだけど。
まあ、誰にも文句言わせないけどね。。

なんせ、頭かち割られるもんな。。

しーっ!でしゅよ。。



ただこの場合、優秀な社員でないと早く帰れません。

なので、私が使った方法をご紹介します!

周囲の視線を無視して宣言する



私が使った方法ですが、もう無理やり周囲に宣言してしまうことです。

私の場合は、中小企業診断士の資格を取得すると宣言して、次の日から毎日定時で退社してました。

しかも1年半もの間、ずっとです。

思い切ったことしたな~。
周りから何も言われなかったのかよ?



私に向かって直接は言わなかったですけど、言葉の端々から不満が感じられましたし、他人から間接的には聞きましたね。


でも、もう無視しました!

なんせ、私には中小企業診断士に合格するといった目標がありましたから。


そして、周りからの批判にも耐えたおかげで無事に一発合格できました。

まあ、合格後も定時に帰ってましたけど。(笑)


宣言することの良いところは、定時退社が当たり前ということになるので、時間が経てば諦められること、言っても無駄だと思ってもらえることです。


デメリットとしては、自分の業績が落ちれば袋叩きにあうか、最悪辞めさせられる可能性があること。

そうだろうな。
なかなかリスクは高い。



なので、相当の覚悟がいります。

周囲の批判に耐えられるかどうか、批判されても成し遂げたいものがあるかです。

私の場合は資格の取得でした。


ただ、私にとってこの「資格の取得」が人生を大きく変えることとなったのです。

定時ダッシュで人生が激変した私の話



試験勉強中、会社内では肩身の狭い思いをしましたが、結果的には我慢して正解でしたね。

残業ゼロで勉強して資格を取得した結果、私の人生は激変しました!


ただ、資格取得後に資格を活かせられないことで、しばらく社内で悶々とした日々を過ごしていたのですが、会社の業績がマズい状態もあって私は退職することになったんです。

そして、私は未経験であるにも関わらず、40代でコンサル会社に転職しました。


最初のコンサル会社はグレーであったため、一カ月で辞めましたが、次の財務コンサル会社で2年近く働きました。

結果的には、私が自分は能力不足と感じたことと過労で辞めてしまうことになりましたが、転職したことは非常に満足しています。


なんせ私がバカだった時には予想もできなかった、まさかのコンサルタントになって経営支援をしていたのですから。

中小企業診断士になるだけでなく、実際にコンサル会社でコンサルタントとして働いた経験は貴重であり、悪戦苦闘しながらもコンサルタントであった私を誇りに思ってます。


そして、コンサル会社でコンサルタントして生きていくことではなく、会社員をしながら個人でコンサル活動をする決意をしましたし、コンサル会社に何の未練もありません。

実際、今は会社員ながらコンサルタントとしても活動はしております。


何より、以前の私と比較してはるかにスキルアップしたことに、私自身がびっくりしているんですね。

でも、ここまで自分がやってこれたのは、定時ダッシュのおかげです。


あの時に周りに躊躇して定時ダッシュをしていなかったら今の私はいませんし、絶対に後悔もしくは愚痴を言うだけの人生になってると思います。


なので、あなたも「定時退社は悪ではない!」と割り切ってもらい、勉強してキャリアアップを図り、自分が満足する人生にしていただきたいと切に祈っています!!

それでも定時退社できない場合



私の場合は、定時退社宣言して周りの冷たい視線に耐えながらも定時ダッシュしてましたが、それも難しい場合があると思います。

だからといって、社内で飛びぬけて優秀ではないので、わがままが通用しない。


この場合はどうすればいいのか?

そうだそうだ!
俺みたいに優秀でもなければ、周りからもすでに嫌われてるヤツは定時に退社なんかできねーんだよ!

言ってて恥ずかしくないのかい。。



こっちゃんみたいな場合は、もう天秤にかけるしかありません。

天秤?



そう!

今のクソ会社で残業をし続け、勉強もできずスキルアップできない人生か、今の会社を辞めて自分を成長させる人生を取るかです。

え~。
そこまでしないとダメなのかよ。。



おそらく、今の会社に居続けても、社内体質は変わらないと思います。

ということは、残業体質はそのままで勉強もできず、今のキャリアを固定化することになるんですね。

であれば、今の会社に居続け、ずっとしがみつかなければなりません。


もし今の会社に満足しており、一生同じ会社でもいいのであれば良いのですが、そうでなければ地獄だと私は思います。


そんな人生でいいですか?

それを言われるとちょっと考えてしまうな。。



もし、今の会社でキャリアの固定化されるのを少しでも悩むのであれば、転職を視野に入れて活動するのもいいと思います。

え、いきなり転職しちゃうの?



いえ、転職を視野に入れるだけなので、無理に転職しなくてもいいんですよね。

転職活動をすることによって他の会社を見ることができるので、今の会社と天秤にすることが可能になります。


もし転職を少しでも考えるのであれば、最後の項に詳細があるますので、ぜひ読んでみてくださいね。


最後に




いかがでしたでしょうか?

今回は、「定時退社は悪ではなく当たり前!定時ダッシュで人生が激変した経験談」ということで、

  • 定時退社は悪ではなく当たり前!
  • 定時にうまく退社する方法
  • 定時ダッシュで人生が激変した私の話
  • それでも定時退社できない場合



以上のお話をさせていただきました。


私は定時ダッシュして資格を取得、転職たことで人生が激変しましたし、今の自分に満足しています。

あの時に残業ばかりしていたらと思うとゾッとしますね。。


あなたも残業生活から抜け出して、是非とも自分の人生のための時間を確保してください!

転職しようか悩んでいる時にすべきこと




転職しようか悩む。。


もし、今の状態で転職してしまうと、逃げの転職になってしまうとか、会社に迷惑をかけてしまうとか、今後の人生についても考えてしまうかもしれませんね。


ただ、私は逃げの転職が悪いとは思ってませんし、実際に私は何度か逃げております。


でもね、会社を辞めてしまえば、意外とすっきりしますよ!

まあ、会社を辞める前はすっきりするかどうか分からないですし、もう辞めれば人生が終わりみたいな考えになってしまいますよね。


私がそうでしたが、心が疲れているときは、冷静に考えられる状態ではありません。

冷静に考えられないと共に周りが見えていない状態なので、今の会社が全てだと勘違いして自分にプレッシャーをかけてしまうわけですね。



勝手に自分を追い込んでますが、実際はそうでもないんですよ。

会社は1人いなくなってもどうってことないですし、ましてや営業で成績がいまいちなのであれば、会社も引き留めませんから。(笑)


残念ながら会社ってそんなもので、7回も転職している私が感じたことです。


そして、今の会社を辞めても人生は終わりませんし、むしろ今よりも自分の能力を活かせる場所であれば、今後の人生は間違いなく好転します!


実際、今の会社に固執しなくても他に会社はいくらでもありますし、良い会社も多いんです。

私は気付くのが遅かったですが、今では本当にそう思ってます。


なので今の会社に固執する必要はありません!

成績を上げても評価されない、今の会社が嫌いなのであれば残る方が危険です!


逃げるが勝ち!




だいたい、逃げの転職が失敗かどうかは、次の転職先次第です。

次の転職先でやりがいを見つけたり、今よりも幸せなのであれば、転職は失敗どころか成功ですから!


なぜ転職しまくっている私が今の自分に満足できているのか?

それは、転職することで自分がやりたいことをしてきましたし、転職で私は成長できたからです。


でも、何も考えずに転職したわけではなく(若い時は何も考えていないときもありましたが。。)、転職のことでエージェントに相談したり情報を集めて再就職先を探したりして、転職先をしっかりと選んだことが大きいんですね。


その方法として私は、転職サイトに登録して、転職エージェントも使い、自分に合った会社を選んだのです。


特に、転職エージェントはかなり使いました。


企業情報から残業がどれぐらいとかまで、面談と電話の両方でかなり話しました。

もちろん、転職エージェントのアドバイザーもすべてを包み隠さずに言うわけではないのですが、参考になる情報が多くかなり役に立ちましたね。



もし、あなたはまだ転職に迷っていたり、今は転職する気がなくても、まずは転職サイトに登録しておいたほうがいいです。



なぜなら、あなたの仕事が忙しくなったり、さらなる過度のストレスがかかると転職サイトに登録する気は失せますし、忘れている可能性もあります。


そうなる前に登録だけでもしておいて、気になる求人やめったに募集しない企業の求人をストックしておき、「いざとなったら転職できる!という選択肢」を手にしておくんです。

そして、仕事がつらくて逃げたくなった時や辞めたくなった時、転職したくなった時に「転職する!と言う選択肢」を使えばいいんですね。



転職サイトは無料で登録できます。



無料で、しかもあなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめ求人がメールで自動的に届くので、今すぐには転職できない場合でも転職したい気持ちがあるならぜひ登録しておくべきです!

私が逃げの転職でも成功できたのは、転職サイトに登録しておいて求人をマメにチェックして、たまたま募集をしていた優良求人を見逃さなかったから。


なので転職サイトは登録はしておいたほうがいいのですが、おすすめは私も使っていた「リクナビNEXT」です。





また、先ほども言いましたが、逃げ転職で成功したのは転職エージェントの力が大きかったです。


私が独自で再就職活動をしていても全然決まらないときがありました。

精神的に疲れ途方に暮れていた時、転職エージェントのアドバイザーに親身に相談に乗ってもらいアドバイスを受けたおかげで、余裕を持って面接を受けることができ、未経験ながら希望のアパレル企画職に就くことができました。


上記とは違う話ですが、私がコンサル会社で毎日深夜まで仕事をしていて心身の疲れと能力的にも、今の会社では今後厳しいと感じた時にも転職エージェントに相談に乗ってもらいました。

そして非公開求人で残業が少ない有名会社を紹介してもらい、本音で残業がどれぐらいなのかや職場の雰囲気を求人会社から聞き出してもらうと共に給与交渉までしてくれて、求人内容より給与がUPしましたね。


また、転職エージェントに履歴書や職務経歴書の書き方を一から教わったのですが、特に大手企業の求人に対する職務経歴書の書き方は凄く参考になりました。

大手企業という会社が求めている人物像の把握や求人内容の分析方法、自己PRの書き方まで。

ただ単に自分の強みの羅列ではなく、大手企業が何を求め、求めていることに対して自分の強みがどのように活かせられるのかを論理的に表現する。


転職エージェントはアドバイスだけで終わらず、何度も書き直した書類を添削してくれましたし、この時に作成したものが今でも私の職務経歴書のベースとなっています。



このように転職エージェントは親身になって転職の手助けをしてくれますし、何かと役に立ちますので、活用しないともったいないですね。


そんな利点が多いのに、転職エージェントは無料っていうのがいいんですよ!


登録していないのであれば、まずは「リクナビNEXT」と連携している大手で非公開求人90%の「リクルートエージェント」がおススメです。





なぜ転職サイトと転職エージェントなのか?

なぜリクナビNEXT、リクルートエージェントなのか?

の詳細は下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。


【参考記事】転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?30代のおすすめはこれだ!




もう一つ、ご紹介したい転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

30代以上のハイクラス案件については質と量共に間違いなくトップレベル!


私はこのエージェントもよく使いましたね。

しかも、めちゃくちゃお世話になった会社です。


最初に訪問した時は、接客の丁寧さにびっくりしましたし、転職のイロハを教えてもらいすぎて申し訳なかったなと思ってるぐらいです。(笑)


しかも、紹介してくれる求人は有名企業やハイクラス求人も多いのですが、普通の求人もあるのがいいですよね。


ネットを見てると、年収600万以上の方向けとか、なにか敷居が高いような書き込みがみられますが、そんなことありません!

私の場合、年収なんか500万もなかったですし、アパレルだったので、汚い私服で訪問したにもかかわらず丁寧に対応してもらい、しかもいい求人を紹介してもらえました。


私はJACリクルートメントに訪問する以前に何回か転職していたのですが、それでも色々と知らないことを教えてもらったおかげで転職力もさらに上がりましたね。


なので、年収とかハイキャリアにこだわる人はもちろんですが、普通の求人でも活用したほうがいいと感じた転職エージェントです。

無料なので、是非とも登録しておいてください!






また、転職サイトや転職エージェントを使いながら、別の方法で応募企業の評判を調べることも大事です。

調べる方法は「会社の口コミサイト」です。


気になる会社を調べることは当然、応募する前にしておいた方がいいので、今の内に登録して情報を集めることをおすすめします!


そして、おすすめ口コミサイトは「転職会議」です。






正直、怪しい口コミ内容もあるのですが、私はめちゃくちゃ使ってましたし、かなり参考になりましたね。

小さすぎる会社の口コミはあまりないのですが、中ぐらいの会社なら大概口コミがあるので、かなり役に立つはずです。


実際、私は面接が決まった会社の口コミを見たのですが、社長の評判が悪すぎて辞退したことがあります。(もっと早く見るべきでした。。)

すべての口コミを信用する必要はないですが、”火のない所に煙は立たぬ” と言いますし、評判が悪いところほど口コミが多い傾向にあるので、ブラック度を図るのにはかなり有効なツールとなります。


私の反省もこめて、是非登録はしておくべきだと思います!



【公式サイト】転職会議の無料登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA