テレアポがしんどいしメンタルがやばい。うざいと言われたらこの記事を読んで欲しい



こんにちは!


テレアポが大嫌いだった営業マンかつ中小企業診断士、ことまです。

こっさんと呼んでください。


テレアポってしんどいですよね。。


相手にはうざいと言われ、時にはボロカス言われ、しかもアポが取れない結果、契約はおろか、先にメンタルがやられてしまうことになります。


なので、もう嫌で嫌で、いっそ会社を辞めたい。。



そこまで追い込まれているのであれば、私はテレアポ仕事は辞めた方がいいと思うんです!


私は過去、コピー機販売時はでテレアポをしていて全然契約が取れず、3ヶ月もたなくて逃げた経験があります。

そのコピー機会社ではアポが取れないと犯罪者みたいな扱いをされましたし、ほんとつらかったです。。


今回は、「テレアポはしんどいしメンタルがやられるからやめとけ!」の話をしたいと思います!


つらいテレアポはしんどいし時間の無駄!



だいたい電話だけでアポを取るっていう行為自体が難しいし無謀なんですよね!


テレアポのコツは、どれだけ多くの自宅に電話できるかであり、これしか方法はありません。

喋り方や心理を読むコツもありますが、はっきり言ってあまり役に立たないんですよね。。


なんせ、しっかりと話を聞いてくれる人なんて100人中1人ぐらいしかいないですから。。


なので、テレアポのコツは、話を聞いてくれる人、たまたまタイミングが合う人をひたすら探す作業となります。


電話電話、休憩なしでひたすら電話!

もう電話しまくるしか方法はないですし、まさに地獄。。


私も軍隊みたいな会社でひたすらテレアポをしていたので、あなたが精神的に病む気持ちは本当によく分かりますよ!


【参考記事】ブラック営業会社は無理! 転職 3ヶ月で辞めた理由と退職方法



そもそも、知らない人から電話にかかってくること自体すでに怪しいですし、振り込み詐欺等の電話もあり、用件を聞いた瞬間に90%以上切られてしまいますよね!?

なので、人に断られる毎日に耐えられる精神力を持っているかが重要になります。


でもほぼすべて断られるテレアポは、はっきり言って、

時間の無駄!



って思いませんか!?


あまりにも確率が低すぎるんですよ!

しかも、個人宅や個人事業主の場合は電話に出る頻度も少なく、ほとんどが最初の段階で断られるし。。


なので、一攫千金や精神的に強くなりたい以外に目的がないのであれば、精神的に病んでしまうのでテレアポだけの仕事はやめておいた方がいいですし、つらいから辞めたいのであれば辞めていいと思いますよ!


テレアポ仕事はとにかく、つらいだけですから。。


毎日毎日断られることを目的としたような仕事。


そんな毎日を過ごしたあなたは今までよく頑張りましたよ。。

私なんか3ヶ月ですからね。(笑)


なので今でもテレアポを頑張っているあなたは、純粋に凄いと思いますし尊敬します!

冗談抜きですよ!


ただ、90%以上の人間が3年も持たず辞めていく世界ですし、辞めて当然の世界です。

世間では営業の離職率は高いと言われていますが、原因はこのようなテレアポ業界であってルート営業は離職率は低いんですね。


それだけ辞めていく人間が多い世界で残る自信があればいいですが、大抵の人は辞める前に病んでしまいます!


メンタルがヤバくなる前に辞めたほうがいい!



テレアポ仕事が主な会社はブラックなのが多いのですが、軍隊みたいな風土のため、アポが取れなければ今後もずっとボロカスに叩かれるんです!

そんなストレス過多な状況を耐えれる自信がありますか!?


私にはありません。。


なので、今後テレアポ仕事で生計を立てたい、夢のためにはテレアポノウハウが必要でない限り、テレアポ会社はマジでやめておいたほうがいいと思います!


それにテレアポ会社ではなくても、他社でテレアポノウハウを身に付けることは可能です!


もし、

「今の状態で辞めてしまったら、逃げることになってしまうし、会社に迷惑をかけてしまう。。」


と感じたとしても、心配する必要はありません!


逃げるのではなく、良い会社に変更する選択をしただけです。

そして、あなたは迷惑をかけるのではなく、会社から迷惑をかけれらているんです!

なんせひどい仕打ちを受けているわけですからね!


また、はっきり言ってテレアポばかりしている会社、しないと成り立たない会社に明るい未来はないと私は思っています。


なぜなら、継続性がないからです!


ビジネスの基本は「ゴーイングコンサーン」、つまり継続性であり、会社が倒産せず将来にわたりずっと企業活動を継続するということなんですね。


そして契約の確率が限りなく低い会社、ブラックな会社では辞めていく人間が多く、常に新しい人材を採用しなければなりませんし、人材が育ちません。

そんな人の入れ替わりが激しく、確率が低いテレアポが唯一の営業・集客手段である会社が、継続的に売上を上げることは難しいと思います。


わざと最初は精神的に鍛えるためにテレアポをさせるのならまだ分かりますが、永遠にテレアポをしている会社に長くいることは難しいでしょうし、時間がもったいないです!


なのでそもそも、そんな会社に入る必要はなかったのですが、間違いは修正すればいいですし、さっさと辞めても罰は当たりませんよ!!


ただ、計画もなく会社を辞めることは危険ですので、下記記事でリスクを抑えるようにしてください!


➡30代で転職を考えておられる方はこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら


うざいテレアポからさっさと脱出しよう!



もし会社を辞めるつもりがないとしても、早くテレアポから脱出する必要がありますね。

なんせ、うざいと言われるうえ、効率が悪く確率も低いですから。。


そして、テレアポから脱出する方法は、売れる仕組みを作ることです!


売れる仕組みとは電話しなくても集客出来るようにすること。


生命保険の営業マンはテレアポもしますが、売れる営業マンになるには紹介がポイントで、出来る人は何もしなくても向こうから客がやってくる状況を作っています。


紹介が増えれば、テレアポをする時間も減少しますし、向こうから是非とも話を聞いて欲しいとやってくれば、当然契約率も上がります。

なので、この集客システムを構築できるかが売れる営業マンになれるポイントでです!


そこで非常に重要なことは、”誰と組むのか” なんですね。



ある生命保険の営業マンの話ですが、その営業マンはライフプランナーとして住宅販売説明会に参加して、ライフプランの相談に乗ることで保険の見直しを行っていました。

実は私もこの作戦にまんまとはめられて、保険の契約をしたんです。(笑)


そりゃ、家の支出状況を説明して親身に相談に乗ってもらえれば、悪い話は持ってこないと思うようになりますし、信用しちゃいますよね。。

まあ別に悪い人ではなかったので、私は保険の契約をしたことを後悔はしてません!


また、私が過去にいたコンサル会社ではある金融機関と組むことで次々と紹介が来ていたので仕事がなくなることはありませんでした。


このように、確率が悪すぎるテレアポに頼るわけではなく、集客システムを自分で作るしかありません。


もし会社に残ってテレアポを頑張ると決意したのであれば、覚悟を決めて頑張ってくださいね!



【こちらの記事もおすすめです ↓ 】

テレアポで取れる人と取れない人の違いはたった1つ クビの前に取れるコツとやり方を教えます!


最後に



今回は、テレアポがしんどいしメンタルがやばいあなたに向けて、一生懸命記事を書きました!


テレアポのコツは、とにかくひたすら電話することと折れない精神力ですが、はっきりいって時間の無駄ですし、病んだら身も蓋もありません。

なので、私としてはさっさと転職することをおすすめします!


ただ、それでも残って頑張るのであれば、テレアポ以外で集客できるシステムを構築する必要がありますし、残るにしても保険として転職活動はしておいた方がいいと私は思いますよ!


今回の記事でテレアポ地獄から脱出できるヒントを得ていただけたのなら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA