仕事は適当で大丈夫?なわけない!勘違いするとクビになるよ





こんにちは!


人生が適当な中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。


仕事がつまらならいなら、

仕事は適当で大丈夫!



あなたはネット等でこのような言葉を見て、


「あ、仕事はいい加減でいいんだな!」


って信じていませんか?

え、だめなの?

さすが、いい加減男でしゅ。



なわけねぇだろ!!


はい、こっちゃんサヨナラ~。
もう会わないと思うけど、お元気で。

あひ~ん。



と私は言いたいですね。


私もたまにネットや雑誌で「仕事は適当でいい」というものを見ますが、中身を見ると?な内容が多かったです。

なぜこんなひどい内容になるんだろうかと、違和感がありましたね。


でも、なぜかが分かったんです!


ということで今回は、

  • なぜ仕事は適当で大丈夫なのか?
  • 仕事を真面目にしないのがなぜいいのか?
  • 適当な仕事をしてるとクビになっちゃうよ!



以上のお話をさせていただきます!

なぜ仕事は適当で大丈夫なのか?


ネットや雑誌でよく「仕事は適当でOK」みたいなものを見ますが、何を根拠に言ってるんでしょうかね?


調べてみると、「仕事は適当で大丈夫な理由」は、主に下記のようです。

  • ストレスを溜めないようにするため
  • プライベートを充実させるため
  • 副業のため
  • 仕事を適当にしてさぼるほうが気楽
  • 100%の仕事はできないから
  • 仕事は頑張ったではなく、結果が大事だから
  • 無理をしないことが大事
  • 仕事の納期を守れば大丈夫
  • 真面目にしても報われないから



上記を見て、さらに違和感が増したんです。

何か言っていることがバラバラだと。。


プライベート充実のために仕事を適当にしたり、さぼるとか、でも納期は守らねばならないとか、どういうこと?

と思ったんですね。


でも、なぜ上記のように「適当」の内容で言っていることがバラバラになっているのかが分かりました!

お、頼むぜ!
俺のクビがかかっているんだから。

クビ問題になってるでしゅか。。




「適当」の意味を各人でバラバラにとらえているからです。

どういうことだよ?



「適当」には意味が2つあります。

  1. 状況に適しているさま。程よく調整されたさま。
  2. 対応がいい加減で、その場しのぎである様子。



つまり、仕事をきちんとしている適当と、いい加減にしている適当の両極端の意味合いがあるんですよ。


1の適当は、程よくなので、100%ではないかもしれないけど、70、80%ぐらいの出来といったところですかね。

2の適当は、いい加減にするのでむちゃくちゃな仕事になる可能性があります。

そうなの?
俺、いい加減な意味しか知らなかったし。



そうなんです。


この2つの意味の情報が混ざっているから紛らわしいんですよね。

中には「適当」の意味が2種類あることすら分かっていないのもあります。


特に、適当は「いい加減」という意味で使われる場合が多いので。。


なので、あなたはもし、「適当」を「いい加減」と勘違いして捉えているのであれば、そのうちクビになってしまいます!


つまり、世間的に「仕事を適当に」と言っているのは、「いい加減に仕事をしろ」と言ってるわけではなく、70、80%でやれと言っているので気を付けてくださいね。

もし、「最初から知ってるし!」であれば、無視してください。(笑)

仕事を真面目にしないのがなぜいいのか?


また、仕事を真面目にしないというものもよく見ますね。

真面目過ぎると、ストレスが溜まりやすく、うつになる可能性がありますから。。

俺、真面目過ぎるから、ほんと損な人生だよ。。

うっせーよ、バカ。



仕事で無理をせずにストレスを溜め込まないことは、良いと思いますし、副業であったり勉強をするために、残業することなく帰るのも私はいいと思ってます。



ただ、世間での「仕事を真面目にしない」とはどんな解釈なのでしょうか?


私は、無理をしないとの解釈なのですが、もし仕事を70%~80%の力に抑えてするという意味で、世間は「仕事を真面目にしない」と使っているのであれば、私の場合、「仕事を真面目にする」というのは100%以上の力でやることになります。


なので、頑張っても報われないからとか、さぼるほうが気楽だから、仕事を真面目にしない(70、80%の力で仕事をする)のはちょっと違うかなと私は思いますね。

なぜなら、あなたの未来につながらないからです。


あなたは将来、何がしたいのでしょうか?どうなっていたいのでしょうか?

報われないから仕事を適当に続けていたり、さぼっていれば時間の無駄ではないですか?


そんな状況なら、転職してしまったほうがいいと私は思いますね!


また、将来の目的がないからって、仕事を適当にするのももったいない話です。


そもそも、なぜ適当に仕事をしたいのでしょうか?

仕事がつまらない、飽きたからだと思います。


仕事が面白い、やりがいがあるのなら、おそらく全力で仕事をしているはずですからね。。


もし、仕事に飽きてしまっているのであれば、下記の記事をご確認ください。



前述しましたが、「真面目にする」と「無理をする」とは違いますし、「真面目にする」とは、精神的におかしくなるまで、深夜まで頑張るということではありません。


決して無理をする必要はありませんが、仕事は真面目(100%の力)にしたほうがいいと私は思います。

理由を次に説明しますね。


仕事は適当でいい!の勘違いが怖い


「仕事は適当でいい」=「70、80%の力でいい」


仕事は70、80%の力でOK!

というのはネットでも雑誌でもよく見かけるので、一見正しいと思うかもしれません。


相手が100%満足する仕事が無理なのは分かってますから。

であれば、70、80%ぐらいの力で書類作成や営業等をやってしまえば楽ですよね。

そうそう、真面目よりやっぱ適当が一番っすよね~。

だから、その考えがダメなんでしゅって。。



でも、あなたは勘違いをしている場合があります。


仕事ができる人であれば、適当(70%と仮定)で仕事をすればいいのかもしれませんが、あなたは仕事ができる人ですか?


例えば、仕事ができる人の力をMAX100として、仮にあなたを70とします。

そして70%の力で仕事をすれば、仕事ができる人の完成形は100×0.7で70になりますね。

一方、70の力のあなたは70×0.7で49になってしまいます。


つまり、あなたは100求めらている仕事に対して、完成度は約50%の出来となってしまうわけです!

これで仕事を依頼した人は満足するでしょうか?


私なら、いい加減の方の意味で、「仕事を適当にするな!」って言いますね。

あ、うぅぅ。。

はい、やっぱクビ~。



仕事ができる人の70%とそうではない人の70%は違うんです。

これが世間で言われている、「仕事は適当で大丈夫」っていう安易な考え方が危険だと私は思っている理由です。

また、何を根拠に誰が70%の仕事でOKと決めるのでしょうか。


書類作成であれば、誤字脱字等のチェックをしないのが70%の仕事?

文章の見直しをしないこと?リサーチを70%?文章構成?


ところで、70%の基準は仕事依頼人に確認しましたか?


「私、70%の力でやろうと思っているので、どの部分を削ったらいいですか?」

とちゃんと確認しました?

そんなの聞くわけないだろ。。



普通しないですよね。

であれば、あなたが考えている70%と相手がOKレベルの70%の相違が出てきます。


その相違がかなり危険なんですよね。。


適当な仕事をしてるとクビになっちゃうよ!


先ほど、

仕事を適当=70、80%の力でする

この危険性の話をしました。


つまり、あなたは完成度が70%だと思っていたとしても、相手によっては50%以下の出来の可能性があるんです。

そんな仕事を続けていれば、信頼をなくし、会社を去らねばならない場合もあります。


ネットや雑誌、本の情報を信じて70、80%の力で仕事をしていいのは、依頼された仕事を何回もしたことがある、または仕事ができる人がやっていい技です。


初めて依頼された仕事であったり、お客様への資料、仕事ができる人ではない人が「適当な仕事」をしていると信頼を損なってしまいます!

前述しましたが、仕事ができる人(100の力)の完成形は100×0.7=70で、70の力のあなたは70×0.7=49ですからね。

ただ、あなたが100%の力で完成度が約50%になってしまったのであればしょうがないですが、手を抜いての50%の出来なら、

仕事をなめている

としか私は思いません。

そんな適当な仕事をしていて、成長するでしょうか?

次に仕事の依頼がくるでしょうか?


私なら仕事を頼みませんね、なんせ仕事をなめてるから。


私の同僚にもいましたが、仕事を舐めてて、手を抜いてるのが丸分かりの資料を提出してきた日にはめちゃくちゃ怒りましたね。

ちなみに、その同僚は「こいつ↓」です。



なので、もしダメ上司からの依頼であっても、上司が求めている以上のものを出す。

お客さんなら、もっと真剣に100%以上の力で取り組む。


100%以上の力で取り組むことで、仕事に対する成長が早くなりますし、成長することによって、新しい難しい仕事を頼まれるようになる。

結果、会社では必要な人間となることができますし、仕事ができる人間になれば、自分にとっても将来のことを考えても良いですよね。

給料が上がる可能性もあり、上がらなければ転職することも可能になりますから。

なんせ、仕事ができる人ですからね。


ただ、100%以上の力で仕事をすることと、深夜まで残業することは違いますし、勤務時間内でです。

もし、勤務時間内でできないのであれば、仕事の依頼者に報告すればいいだけです。


報告すれば、時間内にする方法を教えてくれたり、必要でない部分を削ってくれたり、期限を延長してくれるはず。

できないのは、あなたのせいではなく、依頼した上司や会社の責任ですから!


なので、もし文句を言ってくる上司がいるのであれば、社長にチクるなり、会社を辞めるほうがいいと思います。

理不尽な上司や会社の中で働いても、心が病んでしまうだけですし、そんな会社に未来はありません!

もし、アホ上司やアホ会社でないのであれば、100%以上の力で仕事に取り組んでください。

手抜き仕事ばっかりしているようでは、周りもフォローしようがないですし、仕事をやる気がないと見なされ、最悪、クビになってしまう可能性もあります。


なので、適当な仕事はやめた方がいいと思いますよ!

最後に



いかがでしたでしょうか?

今回は「仕事は適当で大丈夫?なわけない!勘違いするとクビになるよ」として、

  • なぜ仕事は適当で大丈夫なのか?
  • 仕事を真面目にしないのがなぜいいのか?
  • 適当な仕事をしてるとクビになっちゃうよ



以上のお話をさせていただきました。


心が病むまで、深夜まで残業する必要は全くありませんが、適当な仕事は信頼を失ってしまう可能性があるので、全力で取り掛かることを私はおすすめします!

適当な仕事は、会社のためにもあなた自身の将来を考えてもよくありません。


もし、仕事がつまらないから適当に仕事をしてしまうのであれば、新しい仕事をするか、環境を変えるしか、おそらく改善しないと思います。

なので、仕事がつまらないのであれば、転職活動をするのも良いと思いますね。


いい刺激になりますよ!


【参考記事】転職しようかな。。転職で悩みすぎる前にやるべきことは1つ!




そして、転職するときにも、あなたが全力で取り組んだ姿勢が評価されますので、今からでも全力で仕事をしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA