もう無理!!仕事行きたくない病の営業マンはどうすればいい?【経験談】



こんにちは!


中小企業診断士で仮病が得意な営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。



あなたは今、

  • 営業成績が上がらないからつらい!
  • 商談で臨機応変な対応が苦手
  • テキパキとできず他の人と比べて仕事が遅いし細かいミスも多い



上記の悩みを抱えており、仕事ができない営業マンである自分が嫌だけど、どうすればいいのか分からない。。

もう無理だぁぁ!!!!




と、ストレスMAX状態で、もう仕事に行きたくない状態になっているのではないでしょうか?

俺も今、仕事が嫌で営業に行きたくないんだよね。。

仕事が嫌なら営業のやり方を変えたらいいんじゃない?
例えば、顔とか。
あとは、、顔かな。。

とにかく、ブサイクってことでしゅかね。。

あさひ美容外科~。



私もそんな状態がありました!


新規営業で全然アポが取れないこと、売上が上がらずに上からパワハラを受けたり。。

また、企画の仕事をしていた時は、細かい作業ができなくてミスばかりで、挙句、精神的におかしくなって退職した経験があります。


ほんと、仕事ができないと感じる時って自分で責めてしまうからツラいですよね。。

私も精神的にしんどかったです。。


でも、後ほど分かったことは、

営業ができない自分を認めて受け入れること

どうやって?
無理~。

すでの泣きべそMAXでしゅね。。



そうなんです。

私も情けない自分を認めるのは嫌でした。(笑)


でも降参して、今の自分を受け入れるしかないんですよね。。


私もそうでしたが、自分を情けないと思い続けることで精神は病んでいきます。

今はまだ「仕事行きたくない」で済んでいるかもしれませんが、放っておくと無気力の末期症状に進行しますので、早急に対処する必要があるんです!


あなたには、かつての私みたいにはなって欲しくないですから。。

ということで今回は、

  • 仕事ができない人とはどんな人?
  • 営業ができない人の生き方はどうなる?
  • 営業に行きたくないからの脱出方法



以上の内容となっており、今後の営業仕事のヒントになると思いますので、是非このまま読んでみてください!

仕事ができない人とはどんな人?



まず、仕事ができない人とはどんな人なのでしょうか?

こっちゃん。

ひ~ん。

真っすぐ超剛速球のどストレートでしゅね!



人によって仕事のできない人は違うでしょうが、営業マンにとって仕事ができないとは、

「売上を上げることができない」

これに尽きます。


残念ながら、営業マンは売上さえ上げれば、後は適当でも仕事ができる人と判断されるんですよね。。


さらに、仕事ができない人は売上に加え、

  • 他の人より仕事が遅い、テキパキとできない
  • 商談で臨機応変な対応が無理
  • 細かいミスが多い



上記のようなことが加わります。

ひ~ん。。

まだ何も言ってないだろ!

すでにハートが相当やられてしまってるでしゅ。




確かに、仕事はテキパキできたほうがいいですし、臨機応変に対応できる人は仕事ができるイメージですね!

また、ミスが少なくて営業成績も優秀。


言うことなしの、まさに「できる人」ですね!

え~ん。
どうせ俺は無理ですよ~。

いちいち泣くんじゃねーよ!!
うっとおしいわ!




では、次に営業ができないと今後どうなるのかをお話します!


営業ができない人の生き方とは?



先ほど、仕事ができないとはどんな人なのかをお伝えしました。


では、「営業ができない人の生き方」とはどんな感じなのでしょう?


はい、こっちゃんみたいに惨めな人生です。

とどめを刺すでしゅね。。

もう3回ぐらいとどめを刺されてんだけど。。



営業ができない人の生き方は、

  • 営業ができないと落ち込んだまま会社へ行く毎日
  • 周りから認められないストレスを抱えたままの毎日
  • 「あの人は凄いのに」と他人を軸に自分を評価をする人生
  • 自分が情けないと思い続ける人生



私の場合は特に4つめの「自分が情けないと思い続ける人生」を過去に送っていたんですね。。


会社近くのベンチに座って、

「仕事ができない俺は情けない!」

「営業が嫌でもう無理。。」

こんな考えを毎日、毎日!繰り返して、仕事に行くかどうか悩んでいたことを今でも思い出します。。


ほんと私にとって、思い出すのも嫌な過去ですね。(笑)

今は中小企業診断士のこっさんにも、そんな時があったんだな。。



今もネガティブな時がありますよ!

まあ、そんなネガティブ野郎な私でも受け入れるしかないですから。(笑)


なので、そんな情けない自分コンプレックスを解消するために私は中小企業診断士を取得したという経緯があります。



またある時は、営業成績が上がらず「営業が向いてない」と悩んでいた時もありました。

でも、そんなことを考えていても解決策にはならないんですよね。。


そもそも、


「営業のできない人の生き方」ってなんでしょうか?


私が聞いておいてなんですが。。

仕事ができない人の生き方って、仕事ができないと嘆き続ける人生だろ?
分かってるよ、俺の人生は終わってることは。。

はい、正解です。

でしゅか。。




それは、こっちゃんの解釈ですよね!?

私も営業成績が上がらず嘆きまくってました。。


でも、気付いたんです!


「営業ができない人の生き方」とは、私が決めた生き方だったんですよ!!

誰が決めた訳でもなく、私が勝手にそう解釈していたんです!

言ってることがよく分かりません。



簡単に言えば、「仕事ができない」と思っているのも、「営業ができない人の生き方」も私自身が勝手に決めているだけなんですね。


世間でいう「仕事ができない」という基準は各個人によりますし、完ぺきな人はいません!

営業成績が良い人も最初から良かったわけではありませんし、今後も営業成績がずっと悪いままと決まっているわけでもないんですよね。。


なので、解決策は私自身の考え方次第だったんです!


どういうことか次にお話します!



【↓こちらの記事もおすすめです】

営業に行きたくないからの脱出方法



先ほど、「営業ができない人の生き方」とは、私自身が勝手に決めていることだと言いました。

なので、その考え方、解釈の仕方を変えることが必要だったんです!


そして、仕事行きたくない病で、営業がもう無理だと思っていた私が取った行動とは、、

営業ができない自分を認めて受け入れること



この考えが非常に重要で、スタート地点だということに気付いたんですね!


ほんと嫌です、できない自分を受け入れることは。。

そんな自分を認めたくないですし、認めたらツラいですもん。。

俺には無理~。
立ち直れなくなっちゃうよ!



でも、受け入れなければ前に進むことはできません!


まあ私も自分を受け入れるのに時間がかかりましたが。。

で、やった順番を言いますと、

  1. 無気力になる前にまずは今の自分を受け入れる
  2. つまらないプライドなんか捨ててしまえ!
  3. 自分は急に成長しないことを知る
  4. 自分ができることをコツコツと積み上げる
  5. 職場環境を変えてみる



以上となるのですが、順に説明していきますね!


1.無気力になる前にまずは自分を受け入れる




私は自分自身、「仕事ができない」と嘆いていましたが、嘆くこと自体悪いことではないと思っているんです。

仕事ができないから悔しい、情けない、と思っていることは解釈を変えれば、


「周りの人の役に立ちたい」

「もっと成長したい!」


と思っているからだと思うんです。


ものは考えようですね!

つまり、過去の私は必死でもがいている時であり、成長しようと努力している証拠だったんです!


なので、自分は仕事ができないから情けない、等の負の感情を否定する必要はなく、努力している自分をそのまま受け入れました。

そうか~。
俺も頑張ってるもんな。。



そうです、こっちゃんも頑張っているんです!

自己中心的な人はそんなことを考えることはありませんし、周りのせいにしてしまうため、へこんだりしません。

ちょっと羨ましい性格ですけどね。(笑)

でも、やっぱり俺、人より劣ってるのが嫌だ。
認めたくない。



その気持ち、分かりますよ。。


でも、こっちゃんはコピーはできますか?

メールは送れますか?

ちぇっ、バカにして。
それぐらいできるよ。



でも、コピーをうまくできない人からすれば、あなたは仕事ができる人ですよね?

う、あぁ。
まあそういうことになるのかな。。



であれば、今のこっちゃんは「自分が思っている仕事ができる人」より、少し仕事ができていないだけですよね。

つまり、ある人から見れば、あなたは仕事ができる人であって、あなたから見ても仕事ができる人がいる。


それだけのことなんです!

あぁ、なるほどね。。




なので、「私の現状の能力はこれぐらい」と認めて、そんな私を許したんです!

そして、自分を受け入れる!


受け入れることで、

  • なぜ私は仕事ができないのか?
  • どのようにすれば営業をすればいいのか?
  • こんな自分でも営業をうまくする方法はないか?



今の自分ありきでの考えをすることができるんですね!

ここからが私の新たなスタートとなりました。


2.つまらないプライドなんか捨ててしまえ!



もし、あなたが「仕事はできないけど、教えてもらうのは嫌だし、恥ずかしい!」といったプライドが邪魔しているのであれば、そんなもの、


「カーッ!!」



と思いますし、私もプライドはありました。


でも、そんなつまらないプライドは必要なかったんですね!

僕は自分がブサイクと認めることができません。。

まあ認めなくてもいいけど、残念ながら事実だからね。

事実は変えられないでしゅ。。



。。。


仕事を最後まで全うするといったプライドであればいいのですが、過去の私は恥ずかしいとか言ってる場合ではなかったんです。

なんせ仕事ができない人でしたから。。


なぜプライドが邪魔するのかと言いますと、前述した1の自分の現状を認めていないから、認めたくないからです。


まず、私の現実の姿を理解し認めることで、余計なプライドはなくなりました。



例としてお話しますが、私は7回も転職しており、いい歳して何度も新人になった経験があります。

ある時は、私より1カ月前に入社したばっかりの新入女性社員(22歳)にアラフォーの私はずっと敬語を使ってましたし、頭を下げて色々と雑用を教えてもらうしかかなったんです。


また、ある時はパートのおばちゃんにクソ扱い。。

ボロカス言われ、泣きそうになりながらも電話対応やマナーについて教えてもらった経験もあります。



この時はプライドもクソもありませんね、必死でした。(笑)

おたくも苦労してるんだね。。



この時に、私の方がかなり年上で社会人経験が豊富なのにとか、新入社員に頭を下げることが恥ずかしいとか、パートがどうとか言っていたら仕事は覚えられません。

周りの人との信頼関係も築けませんしね。


ましてや、中小企業診断士としてのプライドも私には必要ないんです!


なので、年下とか同期だからとか、パートだろうが、仕事ができる人に教えを乞うことは恥ずかしくはなく当然のことだと考えれるようになりました。

私も成長しましたね。。(笑)


3.自分は急に成長しないことを知る



「営業ができる人になりたい!」


そう思うことは当然だと私は思います!

ただ、人は急には成長できないんですよね。。

人の成長は成長曲線として表すことができるのですが、”直線” ではなくて “曲線” なんです。

時間と労力を費やすほど真っすぐな直線で、すぐにでも成長すると多くの人が思っているのですが、実は違うんですね!


多くは、効果が現れるまでにはある程度時間がかかり、その後ぐっと成長するといったパターンを繰り返します。


この成長曲線が水平になっている時期を、プラトー(学習高原)と言うんですね。

この成長過程で成長が停滞する時期(プラトー)が誰にでもあると知っておくだけで、「理想と現実のギャップがなぜ大きいのか?」といった精神的ダメージを低く押さえ、自分が情けないとか、こんなはずじゃないといった挫折を回避できる可能性が高まりますよ!



注意点がありますが、この曲線は人によってバラバラということです。

優秀な人は真っすぐに近い線になりますし、プラトーが長い期間ある人もいます。


でも、人は頑張れば必ず成長するんです!

でも、優秀な人は短時間で成長できていいよな~。
なんか不公平だよ。



そうなんです!

世の中って、めちゃくちゃ不公平なんですよね。。

優秀な人は何をやっても優秀、男前や美人は何に対しても有利。


私はコンプレックスの塊だったので、不公平感に凄く不満を持っていました。


でも、不平不満を持ってるだけでは、どうすることもできなかったんです。

結果、落ちぶれた過去が私にはあります。


こっちゃんも私のように落ちぶれたいですか!?

はうぅぅ。。




なので、私は自分を受け入れてから、自分ならどうすればいいのかを考えるようになったんです。


私のように人の倍、仕事に時間がかかるんであれば、倍の時間かければいいと思うようになりましたし、時間を確保するためにはどうすればいいのか?

さらに私の場合は周りと比べてバカなんで、中小企業診断士の時は勉強時間を人の倍かけてやりましたし、仕事ではコンサルタントのくせして、いまだに仕事も遅く、人の倍時間がかかります。


【参考記事】俺は成長したいんだよ!バカな30代の私が勉強して資格を取り転職した話



それでもやるしかなかったんですよね。。

私は人よりも時間がかかると認めて、前に進むしかないんです!


自分を信じれるかは自分次第ですから。。


4.自分ができることをコツコツと積み上げる



1~3まで説明しましたが、ここまではどちらかと言えば精神論でした。

まずは考え方が重要なので、かなりしつこく説明しましたが、ここからは具体的な方法になります!


そこでもう一度、先ほどの成長曲線を見てもらいましょう。




今回は私ではなく仮にあなたとします。

その場合、左下が今のあなたの「現実」で、右上があなたの「理想」ですね。


そして成長は緩やかではありますが、あなたは成長していくことになります!


現実は何ができて、何ができないかをあぶりだし、「現実」と「理想」の間をどういった方法で埋めていくのかを考えるんです。


例えば、今営業成績が100万としましょう。

そして、理想は1000万。


この900万のギャップを埋める方法を段階的に考えていくんです。


200万にするための方法、300万にする方法を1つずつ、現実的な方法で。

200万を達成するため、新規開拓を3件とるという方法であれば、いつまでに何件電話する必要があるのか、具体的な行動範囲まで落とし込みます。



このように明確な目標と行動計画があれば、1000万いかないから現実逃避をする必要はなく、200万に向けた計画を一生懸命達成するように頑張れますよ!


急に1000万は無理ですけど、200万なら可能ですから。。

もし200万も難しければ、150万と刻んでいったらいいんです!



仕事ができないと現状を嘆いていた過去の私は、

現実から最終理想の自分しか見ていないから



先が見えず不安で仕事に行きたくなくなったのです。


つまり、先ほど挙げた売上の例で、現状100万の私が1000万をみていることですね。

現実と理想のギャップが大きすぎるから嫌になったんです!


確かに、俺も理想である男前の姿しか見えていなかったな。。

それは理想ではなく、叶わない夢でしゅけどね。。



なので、一気に理想の自分を見るのではなく、細かい理想(目標)を設定し、ゆっくりとコツコツ積み重ね、理想に近付くようにしたんです。


それで本当にできるのかよ。。
こっさんは中小企業診断士だから偉そうに言えるんだよ。



それは違いますよ!


私はかつて、かなりのバカでした。

それを克服するために簿記からスタートしたり、今ではまったく喋れなくなった英語を頑張ったり、無駄になったことも含めて10年以上コツコツを繰り返したからこそ、今の自分があるんです。


また、私は仕事で精神的におかしくなったことも多々あるぐらい、精神的に強いわけでもありません!

まあ、10年かかるのは人よりも長すぎますが、たぶん10年前のバカな私が、今の私の姿を見たらびっくりすると思います。(笑)

ふ~ん。
人生って分からないもんだな。。



それでも、まだ今の私は自分の理想には程遠いんです。

なので、もちろん、今の自分は仕事ができる人とも思ってません。


自分がどれだけ成長しても上には上がいますし、「仕事ができる人」が変わってきますので、いつまでも「仕事ができる人」追いかけることになってしまうんですよね。(笑)


でも、今の自分と理想の自分の間に何個も理想を挟んで達成していけば、自分の自信にもつながりますし、自信がさらなる成長へとなると信じてます!

なので、私みたいに10年かける必要はありませんが、是非、細かい目標を設定し、コツコツと達成して自信を深めてください!!


5.職場環境を変えてみる



ただ、どんなに頑張ろうとしても、どうしても合わない職場っていうものがあります。

私からすれば、「営業が無理で仕事に行きたくない」とここまで苦しんでいるあなたを放置している社長や上司が悪いと思うんですよ!

そうだそうだ!
会社が悪い!

こっちゃんは調子にならない方がいいでしゅよ。。


一生懸命頑張っても頑張っても、周りはせせら笑う、上司は助けてもくれない。。

そんな職場では、神経をすり減らしまくり末期症状となったら最後、再起不能になってしまう可能性もあるんです!


人には我慢の限界があります!!


私はかつて、アパレルの企画の仕事をしていたのですが、企画の細かい作業がどうしてもうまくできず、仕事も遅くてバカにされていた過去があるんです。

違う部署に飛ばされてからも細かい指示に対応できず、毎日怒られてばかりで精神的におかしくなりました。


もう無理だと思い、その会社を辞めて、転職先のアパレルの営業で自由にさせてもらったら、1年後に開花したんです!

どうも私は細かい作業と細かい指示には向いていないみたいですね。

まあ今もですが。(笑)


このように、仕事には向き不向きがあります。


なので、今の営業仕事に耐えられない、今の会社ではもう無理なのであれば、私みたいに転職して環境を変えてみることはありだと思いますよ!

その場合、下記記事も参考にしてください。


➡30代で転職を考えておられる方はこちら

➡大手企業や年収大幅UPを狙う転職ならこちら

最後に




今回は、「もう無理!!仕事行きたくない病の営業マンはどうすればいい?」ということで、

  • 仕事ができない人とはどんな人?
  • 営業ができない人の生き方はどうなる?
  • 営業に行きたくないからの脱出方法



以上の内容をお伝えさせていただきました!


まずは、今の自分の姿を認める、受け入れることがスタートでした。

それから、現実と理想のギャップを埋めるために、細かい目標設定をしてコツコツと達成していく。

どうしても職場環境がよくないのであれば、転職も視野に入れる!


あなたは決して、仕事ができない人でもなく、営業ができない人の生き方をしているわけでもありません。


現状が自分の理想より、少し低いだけなんです。

なので、焦らず小さな目標をコツコツと達成すれば、絶対に現状は良くなります!!


ただ、もし今の会社に残ることが不安なのであれば、保険として転職活動はしておいたほうがいいと思いますよ!

別に転職しなくてもいいですし、これも行動の1つですから!


もう、「仕事に行きたくない」と思う必要はありません!


今回の記事が少しでも、今後の営業としての生き方のヒントになれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA