仕事のやる気ない30代は必見!解決方法は実にシンプルだった【仕事つまらない病】






こんにちは!

中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。


仕事のやる気ない30代のあなた!

「やる気がないのは、あまったれた証拠だ!」

「やる気がないなら、辞めてしまえ!」

「こっさんは仕事でやる気がでないことなんかないぞ!!」


おっ、いつになく強気だな!
いいぞいいぞ、やれやれ!




嘘です。

私もやる気がないとき、めちゃくちゃあります。(笑)

なんじゃそら。
応援して損したわ。。




まあ、やる気ないことなんか、誰にでもありますよね。


私もそんなことしょっちゅうでしたし、そのたびに酒ばっか飲んでましたよ!

なので、酒浸りでないのであれば、私なんかよりよっぽど健全です。(笑)


でも、やはり仕事のやる気がないままでは、ちょっとまずいですね。

30代はとても大切な時期なので、無駄にしてほしくないと私は思ってます。


そもそも、


「なぜあなたは、仕事のやる気がないのでしょう?」


真剣に考えたことがあります?

なんとなくだったらあるかもしれませんね。



そして、やる気ないときの解決方法は、とてもシンプル。

本当に簡単なんです。


解決策は、、

やる気をだす

「ふん!ふん!」



これです!


凄い!
革命的な解決策でしゅ!!

イラッ。




「やる気ないって言ってんだろが!」

「やる気があるのなら、この記事見てねーよ!」

「バカか!?おめーは!」


こんな感じでフルボッコのこっさんですが、まあまあ、ちょっと落ち着いて聞いてくださいよ~。


やる気ないのを、色々なテクニックを使ってごまかしたところで、解決しません!

結局は、やる気がでなければ、” 根本的 ” に解決しないのです。


なので、

どうすればやる気がでるのか?



を真剣に考える必要があるのですね。

物事の本質は非常にシンプルです。


やる気が出ないのなら、やる気が出るようにする

そして、

やる気がでるように、やりたいことをする



これが答えになります。


やりたいことをするために、


現状を知り

問題の原因を把握し

解決方法を考え

実行する


やる気が出るようにするには、これしかありません。

ということで今回は、

  • 仕事がつまらない、仕事のやる気ない原因は何か?
  • 仕事のやる気ない30代が、やる気がでる方法
  • なぜ仕事のやる気ないあなたに、具体的な行動計画が必要なのか?



以上を解説していきます。


今回の記事を読めばきっと、30代を無駄にすることなく、充実するためのヒントが見つかると思いますので、是非、このまま読んでみてください!


仕事がつまらない、仕事のやる気ない原因は何か?


あなたは、まだ30代、こっさんはすでに40代。。

30代で仕事のやる気が出ないなんて、非常にもったいない。

「もったいないですよ!」


。。。



まあでも、仕事のやる気がでない原因は人によって様々ですよね。

  • 仕事がつまらないから、仕事そのものが飽きた
  • 上司と部下の板挟みで疲れている
  • 出世レースから外れてしまった
  • 人間関係がしんどい
  • 自分の能力が低くて嫌になる



などなど。

ほんと、項目を挙げればキリがないですね!


こっさんも前はよく、仕事のやる気がない時がありましたが、理由は、

「将来への不安」



でした。


このまま、この仕事をしていていいのだろうか?

もっと自分を成長させるには、この仕事ではだめなのでは?

こんなことを考え、もやもやしてるけど、何をどうすれば良いのか分からない。

結果、” 出張で営業中に漫画喫茶で酒を飲む ” という暴挙をよくやってました。

これ、本当です。(笑)

こんな感じです



今思えば、本当に何をどうすれば良いのか分からず、自暴自棄になっていたのかもしれませんね。

ちょっと鬱っぽかったかも。

今はこんなおちゃらけているこっさんですが、実は以前はナイーブだったのです!


将来の不安に関しては、下記記事も参考にしてみてくださいね。



とまあ、私の話は置いといて、あなたのやる気がないのは何が原因ですか?

一度書き出してみてください!


ところで、従業員のやる気がない、最も多い原因は何かご存知ですか?

私独自の統計では(偏見ではなく、コンサルでの経験統計です)、1位はなんと、、

「お金の問題」



です!

何となく想像できましたか?

本当に、お金(給料)でやる気をなくしている従業員の多いこと。


私のコンサル会社時代の顧問先では、バカ上司が間違って、自分の給与明細を従業員に誤って見せてしまうという、あり得ないトラブルが起きました。

「あの無能な上司が、凄い給料をもらっている!」


ということが、全従業員にバレてしまい、従業員は皆、やる気をなくしてしまいました。

これは昔の顧問先の実話なのです。

本当にあり得ない話ですよね。(笑)


でも、ありがちなのが、” 他人の給料 ” との比較でやる気をなくすことです。

同僚はもちろん、社長の給料も含みます。


分かりますよ。。

他人の給料は気になりますもんね。


私も昔、毎日ネットサーフィンばっかしていて、社長が〇千万の年収をもらっているのを知って、愕然としましたよ。。


でもね、

他人の給料と比較しても、私も含め、あなたの給料は上がらないんですよ!


それは分かるんだけど、やっぱり他人の給料は気になるんだよなー。
仕事できない同僚が俺よりの給料高いとショックだし。

こっちゃんより仕事できないバカっているの?
そっちのほうが気になるわ。

みっちゃん砲、さすがでしゅ。。

仕事できないバカで、さーせん。(すみません)

当たり前のことなんですが、その通りですよね。

他人の給料を知って、落ち込んで、やる気をなくしても、

「一銭にもならん!」

このことに気づくのに少し時間がかかりましたよ。


私は現在、全然気にならなくなりましたが、

「あなたはどうですか?」

他人の給料が気になっているのであれば、要注意です!

恋人の携帯チェックと同じで、同僚の給料をチェックするのはだめですよ!


他人チェックは、” 百害あって一利なし ” ですから。


では、次から、解決方法を探ってみましょう。

仕事のやる気ない30代が、やる気をだす方法


何だかんだ言っても、やはり、給料は良いほうがいいですよね。

ましてや、営業の人の場合、自分より売上が低いのに、

「あいつと給料が全然変わらん!」



と不満を持っている方も多いと思います。

そら、当然だろ。




実際に私もそう思ってましたしね。


なので、そう思うこと自体は普通のことですし、悪いことではありません。

問題はそれで、やる気をなくしてしまうとマズいわけです。


あなたは頑張ってます。


頑張ってるから、もっと給料をもらってもいいはずだと思っています。

そう思うからこそ、やる気が出ない状況なんです。


であれば、解決策はシンプルですね。

  • 給料が上がることをする



はい、これが答えです。

そのために選択肢があります。

  • 営業成績を今の倍にする
  • 事務処理を今の3倍にする
  • 新しい仕事をしてアピールする
  • 転職する



他にもあるかもしれませんが、大切なのは、

どの選択肢が、自分にとってやりたいことなのか?



ここを徹底的に考えてみてください。

あなたには趣味や好きなことがありますか?




「ない!」と言われると、ここで話が終わってしまうので、それは勘弁してください。。


あるとの前提で話を進めますが、例えばゲームやスマホが好きとしましょう。


好きなことって、嫌じゃないですよね。夢中になってやりますよね。

仕事と趣味を一緒にすんじゃねーよ。
甘いな、こっさん太郎は。。

こっちゃんはゲームばっかやってるでしゅ。

ゲームバカが偉そうに言ってんじゃないわよ。

はい、ばっかで~す。




好きなことと仕事は別って、、


正気ですか!?


本当にそう思ってますか?

そう思っているのであれば、やる気が出なくて当然です!


だって、あなたは ” いやいや ” 仕事をしているんですよね。

そこまででなくても、やりたくない仕事をしているんですよね。


そんな状態だからこそ、やる気がなくなって当然です!

「そんな仕事、辞めちまえ!」

「辞めろ、辞めろ、辞めろー!」

おめー、言い過ぎだろ。




すみません。

冗談ですよ、私はそんな鬼ではありません!


あなたの言いたいことは分かります。

私も実際にそんなことを思ってましたし、普通はそう考えるはずです。


でも、” 仕事はやりたくないことをするのが当たり前 ” みたいなこと、誰が決めたんですか?

あなただって分かってるはずです。

やりたいことを仕事にしたら、どんなに良いことかと。


だったら、すればいいんです。


こいつ、なんか腹立つわ~。




やる気がでないのは、何も給料だけの問題ではありません。

仕事内容がたいくつ、面白くないからやる気が出ない人にも当てはまります。

人間関係もそうです。


やりたいことをやっていれば、人間関係は悩みになるかもしれませんが、” やる気がでない ” なんてことはありません。

だって、やりたいことをやっているのですから。


職場環境もそうですよね。

好きなゲームをやってたら、時間を忘れていた。

深夜まで夢中にやっていたとかあるはずです。


普通、深夜まで仕事をさせていたら、超ブラックですよね。

そのうち、体を壊すかもしれないので、長時間労働は避けた方がいいですが、やりたいことであれば、寝食を忘れる例として出しました。

つまり、

やりたいことを仕事にすれば、やる気ないという問題の大半は解決できるのです。



なぜ、大半といったのかは、病気や鬱等でやる気がでない場合は別だからです。

その場合、やりたいこととか考えている余裕はないはずなので、会社を辞めるか、一旦休養してください。


冷静に考えられるようになってから、やりたいことを考えましょう。


やりたいことを仕事にするには?

やりたいことを仕事にするのが良いのは分か
るけど、なかなか難しいんだよなー。

私は、イケメン多くて、楽で、お金いっぱいもらえる仕事なら、贅沢言わないわよ!

そんな仕事、ないと思うけど。。

あ?
なんか文句あんの!?

はい、ごめんなさい!
あるある、絶対あるよね!!

よわっちぃでしゅね。。

言いたいことは分かりますよ!

やはり会社は組織なので、自分だけが好き勝手にする訳にはいかないですもんね。

しかし!

それでも、あなたはやりたいことを仕事にすべきだと思います。

理由は、あなたは今、やる気が出ない状態だからです。


そんな状態の方が、会社や同僚に迷惑ではないですか?

であれば、あなたがやる気を持ってやりたいことをして、会社の業績に貢献するほうがよっぽどお互いのためだと思うんですよね。


なので、気にせずにバンバンやっちゃいましょう!


しつこいんだよ!




ただ、30代であれば、やりたいことをさせてもらえるほどの権限がない人もいるでしょう。

やりたいことがすぐできる状況でもない人もいると思います。


でも、そこで諦めてはいけません!

そこで、考えていただきたいのは、

  • やりたいことは何か
  • やりたいことをするにはどうすれば良いか



例えば、会社で今やりたいことがあるけど、そこまでの知識や能力がない場合。

その場合、しっかり現状把握ができているので、後は、やりたいことをするには、何の知識が必要で、どのような経験を積む必要があるのかを把握します。

そして、その知識や経験を積むためには何をすべきかを考えるのです。

もし、会社でやりたいことが見つからない場合は、「転職」も考えてみるべきだと思います。

違う会社であれば、きっとあなたがやりたいことができる会社が見つかるかもしれませんしね。

そして、次に行うことは、

やりたいことをするための、具体的な行動計画をつくる

行動計画?
なんか、面倒くせーな。。



分かります。

計画って、時間かかりますし、面倒くさいですよね。

でも、その行動計画がひじょ~に重要なんです!

そしてポイントは、より “具体的 “ であることです。

具体的でなければ、行動することができません。

行動しなければ何も変わりません。


なので、次に詳しく解説します!

なぜ、仕事のやる気ないあなたに、具体的な行動計画が必要なのか?


ここまで、

仕事のやる気ないあなたには、やる気を出す必要があり、やる気をだすためには、「やりたいことをする」ことをお伝えしました。



そして、やりたいことを仕事にするには、具体的な行動計画が必要だと言いましたね。

理由は、具体的でなければ、決して、「行動すること」ができないからです。

例えば、ダイエット。

仮に100キロのあなたは、30キロ体重を減らすことを決意したとしましょう!

そして、なんとな~く、計画をたて、なんとな~く、行動することにしました。

「できるだけ野菜を食べて、米を減らすぞ!」


これで痩せれると思いますか?

いけるでしゅ!
痩せれるでしゅよ!

んな訳ねーだろ。。




こっちゃんの言うとおり、「痩せるわけがありません!」

「え、そうなの?」

なぜなら、具体的でないからです。


具体的でなければ、

” 何をどうすれば良いのか ” 


分からないですよね?

なので、本当に痩せたいのであれば、

  • 平日の朝は、フルグラだけ、昼は○○カロリー以下、夜は米なしで野菜を2品以上食べる、そして、1日のカロリーは、全体で○○以下。
  • 通勤時は○○~△△駅までは毎日徒歩、会社ではすべて階段を使う。
  • 休日は、少しのお酒はOK、缶ビール1本のみ、でもつまみはだめ。
  • 以上を1カ月続ける、そして、体重次第で2カ月目の行動計画を作成する。



正直、この方法が正しいかは知りませんが、これぐらい具体的な行動計画を作成しないとだめだと思います。

でないと、何も考えず適当にやって終わっちゃいますね。


プラス、数値目標もたてましょう!

計画が具体的かつ数値目標まであれば、あなたはもう、やるしかありませんね。


「やる気ない」という言い訳はもうできません!

そんな~。
逃げ道なくなったら困るな、俺。。

最初から逃げる気満々でしゅね。。

具体的な行動計画と数値計画が必要なのは、もちろんダイエットだけではありません。


営業でも事務仕事でもそうですよね。

仕事を効率よくする、売上を上げるためには、具体的な行動計画がなければなりません。

「誰が、何を、いつまでに、どのように行うか」

実際にここまで、” 具体的に ” 計画をたてる人は少ないです。

なので、これをやるだけで、やる気がみなぎり、あなたは抜きんでた人材となるでしょう!


でもなぁ。。

なんか、ありきたりでしゅよね。

それに、できたらいいんだけどね~。




ここまでは、中小企業診断士として、コンサル会社での経験で、「問題解決のセオリー」をうだうだ解説しました。

確かに、本や雑誌等でこういった内容はよく売れてますよね!

具体的な行動計画をつくって、それを実行して、見直して修正する。


いわゆる「PDCA」っていうやつです。

まあ、でもこれができたら、誰もがうまくいきますよね。。

しかし現実は、9割の人がやらないし、継続できません。


では、なぜ計画を立てて実行すれば良いのが分かっていながら、それをしないのでしょうか?

答えは、

「本当はやりたくない」


からですね。

えっ、やりたいことをしたいための計画なのに?




その通りです。


本来は「やりたいことのための計画」なのですが、実際は、本当にやりたいと思っていない、できればいいな~的な感覚なので、計画を立てなかったり、立てたとしてもやらないのです。


私は中小企業診断士として、会社の「事業計画」や「経営改善計画書」を作成することがあるので、このことを凄く実感しております。

もちろん、経営者や幹部らと計画を立てるのですが、計画通りにうまく実行してくれない場合が多々あるのです。


理由は、

「こうなれば良いのは分かっているけど、たぶん無理だろう」

と考えているから。


また、人間は変化を嫌う生き物なので、少しでもやりたくなければやらないんです。

それでは実行できないのは当然ですよね。


なので、具体的な実行プランが作れない、実行しない場合は、もう一度、

やりたいことや自分の理想が何


を徹底的に掘り下げて考えてみてください。


私の場合は、

  • 中小企業診断士となって、コンサル業界で格好つける!


でした。これ、マジです。(笑)

なんせ、私はバカだったので、かしこい風になって、ブイブイいわせる!

イメージです



ブイブイはともかく、コンサルタントに強い憧れがあったので、

  • 本当になると決意する
  • コンサルタントになった時の自分を想像する



このことを意識して、計画を立て、毎日実行しました。

具体的には、

  • 仕事をしながら毎日3~5時間勉強する
  • ○○までにこの教科を終わらせる
  • ○○までにこの問題集を終わらせる
  • 土曜日は10時間勉強する



本当はもっと細かいですが、これを1年以上続け、約2000時間の勉強をしたのですが、うそか本当かはこちらの記事「中小企業診断士の勉強時間 私のリアル勉強時間を公開!」←でご確認ください。

結果、確率が約4%である、ストレート合格を果たしたのです!


。。。

きも。。




確かにこんな感じで、全然もてないんですよね~。

しかも、、

「中小企業診断士て何?」

「名前がなんか気持ちわるーい!(笑)」

「でも、こっさんは相変わらず、バカだよね。」

「本当に合格したの?嘘でしょ!」

こんなことまで言われてしまう始末です。(笑)

でもね・・

理由はなんだっていいんです


お金が欲しい?

モテたい?


いいじゃないですか。

格好悪い理由でも、やる気が出るのであれば。

目的を達成できるのであれば。


私からすれば、理由は立派でも、達成できないほうが、よっぽど格好悪いと思ってますから!

ということで、具体的な行動計画の必要性を、” 少しは ” 理解いただけたのではないかと思います。

少し、で大丈夫です!


まずは、あなたがやりたいことを本気で考えてみてくださいね!

最後に




いかがでしたでしょうか?


今回は、

「仕事のやる気ない30代が、どうすればやる気がでるのか?」として、

やる気がないなら、やりたいことを仕事にする

ことを解説しました。

そのためには、

  • 現状を把握
  • 原因を把握
  • 解決方法を考える
  • 実行する



ことが必要であり、具体的な実行計画が重要だとお伝えしました。


私は、本当にやりたいことを仕事にすべきだと考えてます。

もちろん、仕事は1人ではできませんし、上司やお客さんからも嫌なことを言われて、へこむこともあるでしょう。

でも、やりたいことであれば、そんな細かいことは気にならないはずです。

やりたいこと、目的を持って仕事をしている限り、いつでもやる気がみなぎっているわけではないでしょうが、少なくとも、やる気がないことはありません。

やりたいことをできるようになるために、時には、やりたくないこともする必要があるかもしれません。


でも、それは、やりたいことのための ” 必要な仕事 ” なのです。


今日から、あなたはきっと、やる気が出るために、やりたいことを探すと思います。

その時に、この記事がお役に立てば、これ以上、嬉しいことはありません。


まずは行動です!

今日から早速、行動に移しましょう!!


応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA